hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
2019年のあなたを表す漢字 募集中

親になることへの不安があります

回答数回答 2
有り難し有り難し 26

結婚して1年目で子供を授かった者です。

夫とくだらないことで喧嘩をしました。
内容は本当にくだらないのですが、その中で「バカじゃないの」と言われたことにとてもショックを受けています。

私は男性に怒鳴られたり、感情的に暴言を吐かれることが大の苦手です。
理由は、私の父親が感情的に子どもを怒鳴ったり暴言を吐く人間だからです。
幼い頃はただただ恐怖の気持ちが強かったです。
それが未だに抜け出せず、子供を感情的に叱っている親を見るとかなり嫌悪感を持ってしまいます。
自分は絶対そういう親にはならない、そう思って今の夫を選びました。
しかし、喧嘩の中でそういった暴言を吐かれてしまい、この人もそういう父親になってしまうのか、というショックが強かったです。
夫とは話し合って、暴言については謝罪をしてもらい仲直りはしたのですが、それをきっかけに過去のことを色々思い出してしまい未だに立ち直れません。

思いだせば思いだすほど、私は父親に愛されていなかったのではないかと思ってしまいます。
かわいがられた記憶もあるし、大事にされた記憶もあります。
でも父親に「気持ち悪い」と罵られたことが頭から離れません。
そして「気持ち悪い」娘である私の子供は、実家にいっても私の両親からかわいがってもらえないのではないか?と、
妹の子供がとてもかわいがられているのを見て、そんなことを思ってしまいます。

年をとって多少マシにはなったものの、すぐ感情的になるところは生来の性格なのでかわりません。
実家に遊びに行く度に夫に気を使わせて申し訳ない気持ちになります。
夫は気にしていないとは言ってくれますが、それを自分の子供にも向けられたらどうしようとも思ってしまいます。
それならばいっそ縁を切った方が心安らかなのではないかと思ったこともありますが、
それでも親は親なので切り捨てられませんし、家も近いのでないがしろにする訳にもいきません。

どうすれば気持ちの整理をつけて、心安らかに出産を迎えられるでしょうか。
よろしくお願い致します。

2017年7月6日 14:25

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

自分の脳内セカンド・ドラマに騙されてはいけない。

悲しかったことであろうと思います。
一息ついてから焦らずにゆっくり読んでください。
はじまりは、ただの「バカじゃないの」。
そういう言葉、音の響きがそこにあっただけです。
「バカジャナイノ」(7文字)
他意もなく、悪意もなく、あなたを傷つけるつもりもない。
ただ「バカじゃないの」それだけなのです。

ところが、頭の中でセカンド・ドラマが始まった。
主観による別ストーリー。
深読み、裏読み、過剰なミーニング。
「ひどい言葉だ(いいえ、それほどでもありません)」
「なんて冷たい言葉(いいえ、とっさに出た一言です)」
「この人も父と同じ(いいえ、別人です)」
「父にいやなことを言われて嫌だった(いいえ、今はそれは過去のこと)」



言葉を超える
「バ・カ・じ・ゃ・な・い・の」
確かに響きはよくないです。
ですが「バカの壁」「天才バカボン」「愛すべきバカ」
誰も傷つきません。
これをあなたが言葉を超えるための試練にしましょう。
言葉にそれ以上の意味をつける人があなたの中からいなくなれば良いのです。
言葉の響きのそれ以上に自分のネガティブなイメージを過剰に追加してしまうのはこちら側なのです。
たとえば、芸能人・タレントさんが「バカじゃないの?」といったとします。
坂上忍さん、木村拓哉さん、松本人志さんあたりならば許されてしまうのはなぜでしょう。
力のある人は許されてしまう。むしろいじられたりスリッパで叩かれても喜んでいる人すらいる。ところが、あるタイプの人がそういうことを言うとどういうわけか「暴言」扱いされて炎上してしまうこともあるのです。
世間から嫌われている政治家であれば「待ってました」と言わんばかりに揚げ足を取られて辞任です。
ですが、言葉は平等です。
誰が言っても「バカジャナイノ」なのです。
男子でしたら友人どうしてしたら日常の会話として普通に出てくるものでしょう。
「バカじゃないの」
ひっくり返していってみましょうか。
「のいなゃじかば」。
もはや意味すら分かりません。笑
ここでお気づきいただきたいのは、言葉に傷つけるものがあるのではないということ。
人間は頭の中でそのものに主観的に別な意味を添えることで傷つき苦しむことがあるということを知ればよいのです。そして、それを機能させないようにするのです。
【言葉にそれ以上の私的な意味を添えることが人を苦しませる】

2017年7月7日 8:21
{{count}}
有り難し
おきもち

丹下覚元(たんげかくげん)
お悩み相談 ❝あなたの悩みという荷物をおろしてみませんか?❞ 「お寺で...

親は子によって成長する

おはなさん、はじめまして。質問を拝読いたしました。

おはなさんは男性に怒鳴られたり、感情的に暴言を吐かれることが大の苦手なのですね。 その理由は、おはなさんのお父さまが感情的に子どもを怒鳴ったり暴言を吐く人間だったからなのですね。おはなさんは暴言を吐くような親にならないと心に決め、今の御主人を選んだけれど、御主人から暴言が出てショックだったのですね。

おはなさんは出産を控えて気持ちが落ち着かないことでしょう。
今はお腹の中ですくすくと育っている赤ちゃんに気を向けましょう。赤ちゃんの胎動が、おはなさんの心を癒やしてくれます。

親は子どもによって成長するものです。おはなさんを含め親はどんどん変わっていくものです。過去のことよりも現在と未来に目を向けてください。

空海も「二世の信心を決定すべし」と言いました。二世とは現世(現在)と来世(未来)を指します。現在と未来にむけて心決めなさいと言っているのです。

おはなさんが未来に目を向けて安らかな出産でありますよう祈念しております。

2017年7月6日 17:33
{{count}}
有り難し
おきもち

徳島県の高野山真言宗寺院で住職をしています。 本山布教師心得として自坊の...

質問者からのお礼

お二方、お返事ありがとうございます。
過去にばかちとらわれ過ぎている自分を見つめ直すことができました。
言葉以上のものを自分の中で勝手に作り上げないように心がけたいと思います。

「母親になる・母としてのありかた」問答一覧

母親の気持ちになりきれない

私は実際の子供は持っていません。ですが、生後10ヶ月の中型犬が私の子供です。私が一人暮らしを始めてから間もなく引き取りました。 小さく可愛い命を私は一生見るつもりです。でも、私には問題があります。 私ははしゃいだりする子供が嫌いなのです。あの甲高い叫び声や走り回る行動、泣く声。その全てに嫌悪感を抱くのです。 子犬は喋らないまでもやる事は人の子供と同じです。物は壊すし誤って噛んでくる。走り回る。 何度心が折れかけたか。 でも、ようやく落ち着き、私も社会人として落ち着いてきました。 でも、この前父に言われた言葉が私を蝕みます。 「お前はあの子の母親なんだから気持ちをわかってやらないかん」 私は頭にきたし、悲しかったんです。父が言ったことは正しい。でも、理不尽だ。私はどうなんだと、思ったんです。 私は父が嫌いです。好きに時もありますが、基本喧嘩になるので(父のコミュニケーションの取り方が喧嘩なんです)嫌いです。 言葉の暴力なんていつもです。その言葉にいくら私が傷ついたか父は知らないんです。 私は小学2年生の頃から「お前は大人だ」と言われました。私はちっとも嬉しくありませんでした。まだまだ甘えたい、遊びたい盛りなのに。 そして、父は私がやりたい事全てに「お前は無理」「お前にはできない」そう言って育てました。そのおかげで私は何かやろうにも自信を持てなくなりました。 そして、父の「お前はあの子の母親なんだから気持ちをわかってやらないかん」という言葉、それは父に殴り返したい言葉です。 私を否定し、気持ちを傷つけた癖に何をと思うんです。 私は犬の母親です。でも同時に、少女でありたい。という気持ちが残っているんです。 少女でありたかった。少女でいたい。父は私の気持ちを無視していたのに、私は【あんな親のようにならないようにし、自分の子には愛情を注ごう】という気が起きないのです。それがどうしようもなく悲しいのです。 私はどうしたらいいのですか。私はどうしたら愛情を注ごうという気持ちになれる母親になれますか。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

親は見守るしかないんでしょうか?

こんにちは、次女の事で何回か相談していました。 その次女が親の 反対している相手と勝手に籍を入れてしまいました。 次女が言うに は、やっぱり彼氏が好きで、色々な話しをしお互いの悪いとこを受け 止め歳を取るまでそばにいて連れ子の成長もそばでみたいと言い謝っ ていました。 どこの家庭も子供の幸せを考えて、話をし行動をしま す。 相手が娘を幸せに出来ないと思っても、娘が色んな事を受け入 れてでもそばにいたいと言う娘。 成人してるから、娘の人生だから そこまで親が出しゃばらなくてもと思う反面、相手が幸せな家族を 作ってくれる人だったら安心して突き放せるのですのですが。。 私が子離れしてないのかもしれません。 親ってどこまで子供に関 わったらいいか?なんだか分からなくなって来ます。 それと許していない相手の男性と上手くやって行く自信がありません 娘とは会っていませんが、会った時に抱きしめてやりたいですが、で も割り切った態度を取らないといけないと思っています。 親ってばかですね。 ため息ばかりでます。 ほっておくしかないのでしょうか? アドバイスをよろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

自分の過度な心配性が子供の自立を妨げてしまっている

小学5年生と中学2年生の男児の働く母です。 もともと心配性な性格で、昔から独り相撲なところが多いのですが、 結婚して子供が生まれてから、子供に対しての心配が強すぎて仕方ありません。 病気などの症状があればネットで情報を探しまくって一人勝手に不安になったり、勝手に病名を決めつけてあたふたして、主人にも叱られます。 特に下の子に対しては、しっかりしているお兄ちゃんに対して、 自由気ままなところがあるので余計に心配が絶えません。 同様にかわいくて仕方ない気持ちもあります。 帰宅が約束の時間より数分でも遅いと探し回ってしまいますし、 「どうして時間を守れないの!」と自分の不安な気持ちを怒りに変えるように怒ってしまいます。 最近になってこの自分の心配な気持ちは、子供にとっては重荷で、 自分が安心したいがために、子供に心配かける行動をとるなと 言ってるだけなのではと思うようになってきました。 子供は子供で自立しようとしているのに、私が自分の心配だ、 不安だという気持ちだけでそれを止めているのかなと思ったり。。。 もっと強い気持ちでどんと構えたいと思いますが、 先を先をと考えたり、悪い方つい予想して、一人不安にかられます。 帰りが遅かったら、誰かに連れ去られてないか、事故にあってないか等々。 悪いことばかり予測してしまう自分も嫌だし、本当に心疲れます。 子供を信じるというより、自分自身が強い気持ちになることが大事だと思いますが、どのようにすればそうできるでしょうか?

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

恥ずかしいことをしてしまいました。

4月から高校生になった息子を持つ母です。 高校生になり交遊関係が広がったこと、また義務教育の時とは違う解放感からいっきに息子の行動範囲が広がり、行動を把握できないことの不安感から、息子や息子の友だちのTwitterやインスタをフォローしてしまいました。 フォローするだけならまだしも、メッセージ性のあることを呟いてみたりもしました。 母親であることは明かさずフォローしていたのですが度が過ぎ息子に母親がやってることだと気づかれてしまい、「どうしてそういうことをするのか。怖いよ。信用できないよ」と言われてしまいました。 どこかでセーブしなければならないと思ってたところだったので一連の行動を謝罪しSNS全てをやめました。 息子を傷つけることをしてしまっていたこと、息子の友だちにまでわかってしまったこと等自分のしてきたことを改めて考えると消えてしまいたくなるくらい恥ずかしい思いと後悔の念でいっぱいになりとても苦しいです。あまりの低レベルな行動に誰にも胸の内を打ち明けることができません。 これから先息子の信頼を取り戻せるのかも不安です。 今のこの気持ちとどのように向き合っていけば良いのでしょうか? また上手に子離れするためにはどうしたら良いのでしょうか?

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

男兄弟の母親となる覚悟

現在2人目妊娠5ヶ月、男兄弟となります。3人目は経済的に難しいです。 小さい頃から子どもは女の子と憧れがありました。長男を産み、男の子の可愛さは言葉にできないほどであり現状とても幸せです。 ただ男の子の母親は、娘がいる場合と比べて将来は子どもと一緒に行動したり顔を合わせる頻度が少ないことが多いなと周囲を見ていると感じ、将来寂しいのだろうなと思い、娘を1人は産み育てたかったと強く思います。 ここ数週間、気持ちを前向きに捉えられるよう、自分を納得させるための材料をかき集め、男兄弟の良さや、女の子育児の大変さ、将来の子どもとの関係性が性別で一概に言えないことなど何度も言い聞かせました。子どもの人生は子どものもの、私とは別の人生。立派に自立してくれたら寂しさも幸せじゃないかと、頭では考えるようになりました。しかし、前向きな情報を集める中で、ついインターネットで逆に男兄弟の母親が将来孤独だという情報を見ては、やっぱり‥と落ち込み、気持ちが揺れます。その度に女の子が欲しかったんだという本心を痛感します。 成人した男兄弟のお子さんを育てた方たちに話を聞くと、女の子が欲しかった気持ちは消えなかったけれど、産んでみると我が子は可愛い、息子はなかなか帰ってこないけど諦めがつくよ。そう伝えてくれます。 私はその意見に希望をもらいつつも、やっぱり女の子が欲しかった気持ちは消えないんだ、子どもが自立したら寂しいんだと、そんなことに反応して悲観してしまいます。 こんなに女の子を熱望するなら、いっそ今ならまだ中期中絶となりますが、なかったことにしてもいいのではないかと考える瞬間があります、最低な母親です。しかし、すでに生きている我が子を自分の都合だけでなかったことにし、罪悪感を背負って生きていく勇気もありません。 かと言って、女の子が欲しかった気持ちを諦め、次男を産み育てて後悔せずにいられると言い切れません、あの時ああしておけば女の子が授かれたのではと考えてしまいそうです。 このままではどんな選択をしても後悔すると思います。このまま時が経ち、流れのまま出産しては、自分の決断や意志がないままになってしまうので。 女の子にこだわる理由は、人と比べてしまう考え方の癖と、将来の孤独が怖くて仕方ない弱さだと考えます。 お叱りのお言葉で構いません、この先後悔なく生きていけるようご助言お願いします。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る