hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

自分らしく生きるにはどうしたら良いですか?

回答数回答 3
有り難し有り難し 15

初めて質問させて頂きます。

私は就職活動を終えた学生なのですが、その事について悩んでいます。

ありがたい事に内定を頂き、その会社に入社しようと考えていますが、周りがそこはあまり続かない所だよ。でしたり、女の子だから仕事を長く続けなくても結婚したら良いよ。などと言ってきます。

友達の内定も決まり、先生からも早く就職決めなよと煽られて、元々やりたい事やしたい事も無かったため内定を頂いた所に入社しようと考えていましたが、決まったら決まったらで周りが色々言ってきて悩んでいます。

元々の家庭環境もあり、いくら会社や仕事が良くても人間関係一つで辞めたり、安定というものが不確かな事を経験しており、会社名よりも入ってからの職場環境でしたり自分がどのように行動していくかが大切だと思っているのですが、周りからの声にもっと良い所に就職した方が良いのではないかと考えてしまいます。

仮に友達と同じ会社に入社した所で私とは違う人間なのですから、その職場が合う合わないが出てくる事も分かっているのですが、会社名を言うとみんながまぁ、頑張ってや転職も考えて行動したら良いよと言ってくるのが辛いです。

人の人生を生きるのではなく、自分の人生を自分らしく生きる心を作っていきたいです。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

便所のネズミと倉のネズミ

大昔の中国、日本で卑弥呼が生まれるよりもずっとずっと昔の話です。役所の木っ端役人だった男は、役所のトイレを使うたびによくネズミを見かけました。そのネズミは風通りの良すぎる粗末で狭いトイレで、人や犬の気配にビクビクしながら汚物を食べて生きていました。

しばらくして男はちょっぴり出世し、米倉の管理人になりました。米倉に出入りしているとまたネズミをよく見かけます。しかしこちらのネズミは広い倉に住み、人間が入ってきてもどうせ手が届かないことを知っており、悠々と美味しい穀物を腹いっぱい食べています。

それを見て男は思いました。「あぁ、便所のネズミも倉のネズミも同じネズミなのに、居場所が違うだけでこんなに暮らしぶりが変わってしまうのか。人間だって同じじゃないのか?俺は便所のネズミにはなってはいけない!」

男はそれから努力に努力を重ね、一国の宰相まで登り詰め、秦の始皇帝が天下統一をするための土台となる国づくりを成し遂げました。名を「李斯(りし)」といいます。

さて、私は柚子さまに「居場所は慎重に選ぶべきだから、その会社は止めておきましょう」と言うつもりは全くありません。この話はとても『個性的』だと思うのですよ。

私もお寺のお茶菓子をよくネズミにやられてしまうのですが、そういう時は大体、まず腹が立ち、次に対策を考えるのですよね。とても自分の人生になんか振り向きませんよ。でも、この人は人生の道しるべとしてしまった。その『感性』がとても個性的だと思うのです。

迷ってしまうほど周りからたくさんの意見をいただける…ありがたいじゃないですか。誰にも意見をもらえなくなってしまったなら、それは自分の人生を生きているのではなく、自分勝手な人生を生きていたということですよ。

そうじゃなくて、人と人との繋がりの中で何を感じ、どう決断するかで自分の人生が決まるのです。人の意見を聞いても、その聞き入れるということをしたのは自分なのですよ?そこに主体性を持たず、フラフラと聞いているからみんな引っ切り無しに思い思いの意見を言ってくるということもあるのかもしれません。

こんなトコで我々の回答を待っていても仕方がありません。もう一度、その企業の様子を調べてみてはいかがですか?自分の目で見て、自分の耳で聞いて、自分の感性で決断しましょう。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


曹洞宗副住職。タイ系上座部仏教短期出家(捨戒済み) 最近YouTubeを...

その場所が教えてくれる

仕事の内容で「自分らしさ」が変わるのではありません。
どんな仕事であっても、そこで「自分らしく」いればよいのです。
最初からつくろう人、かまえる人は、いわゆるメイク(作り事・脚色・そうでなく見せる事)をするわけですから、心をメイクする分だけ、心の労力がかかります。
これは無駄なエネルギー消費、思いのエンジンの空ぶかしと言えます。
心がいつでもすっぴんな人は、ナチュラルですから、構えがありません。
「自分らしさ」すらなく、今持っている事をアウトプットする、インプットするだけ。
ご質問自体も「今からあらかじめこうした方が良いのではないか」という、事前のかまえ事、繕い事、心のメイクですから、心にとっては重いのです。
今の時点でアレコレ思ても空ぶかし。何をするにしても、ぶっつけ本番で、その時その場をやればイイだけなのです。
今から作った「自分らしさ」ではなく、そこの場所がそこで教えてくれる本当の自分らしさがそこで生まれるのです。
私は、今、長野県のあるお寺にお手伝いに来ています。
数年ぶりに再開する人たちばかり。
その場で、毎回新しく❝応じて❞います。
昔は痩せてましたから太った太った太った太った太った太った太った7人の人に7回言われました。厳密には、7人の人から1回ずつ「太った」と言われているのです。
そこに「またか」はありません。
毎回、そこで頂く。そこのやりとりをする。
それが、わたしの「らしさ」を超えたわたしそのもの。(痩せろや)
「らしさ」はぶっちゃけ、今そこに無いものですから厳密には幻想なのです。
理想の「私らしさ」は過去の事。今の私はチャーシューがリアルの私。
本当の、自分「らしさ」は、いつでも、たった今その場のリアルな自分以外ありません。
それが分かれば「らしさ」は要らない。
誰からの「こうしたほうがいいよ」も介入されない。
いつも自分のリアルな真実。
だからこそ、あらかじめ思い描いている「自分らしさ」をも無くしてしまえばいい。
すっぴんの自分を真新しく生きてみてください。
それが本当に自分を生きるという事になると思いませんか?
「自分らしさ」という狙い所、理想的な自分のイメージよりも、いつでもたった今の方が、本当のそこでの真実の自分です。
そのように生きることが心の安楽につながります。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 質問 📞08020659278 どなたでも。

未来はわからないが、未来を描いてみては?

世間の評判もまるっきり嘘とは限りませんが、どんな会社でも、その会社で頑張っている人もいるわけだから、入社してみないとわかりませんよね。
その会社に入ってから、将来どのようなキャリアが待っているのかは、考えてみたほうがよいでしょう。
若い女性ばかりが目立つお店とかだと、じゃあ、長く勤めている年配の人は、裏方の仕事になるのか?本社勤めになるのか?
アナウンサーだって、若い頃はテレビに出ますが、出世して管理職になればテレビに出なくなる。
だから、ずっとアナウンサーでいたい人は会社をやめてフリーのアナウンサーになる。
未来のことはわかりませんが、何年後にはこうなりたい、何歳のときはこうなるかもしれない、というビジョンを描いてみるのは有意義だと思います。
「自分らしさ」は、固定的なものではありません。常に上書きされ更新されます。
変わらないことに執着するよりも、
どのように変わっていくかを自分でプロデュースするほうが、若い人には大切かも。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


浄土宗教師。四十代男。 仏教は、悩み苦しみを制御したり消したりするための...

「今を生きる・自分の生き方」問答一覧

私の不器用な性格について

私は40代独身女性です。 私の性格について長年悩んでいます。 特に仕事面で悩んでいます。 ちなみに仕事内容は大好きです。 私の性格は短所として自信家で我が強く、融通が利かない、言葉がキツイ、素直でない、相手が上司であっても構わず反対意見を言う、相手に合わせない、感情が顔に出る、といった所があるので、結果孤立しやすいです。 転職を繰り返してますが、どの職場でも同僚と親しい仲に発展しません。 仕事は覚えるのが割と早く、積極的に知識を得ようと努力するので頼れる存在にはなっているようですが、人望があまり無いように感じています。 本当は頼られると嬉しくて張り切るタイプです。 懐いてくれたり、頼ってくれる人にはかなり面倒見が良いです。 上司に対し、可愛い態度を取る(ごますりや話をあわせる)事が一切出来ず、自分が間違ってないと思ったら意見を主張する為、可愛がられません。 自分の可愛くない性格は重々承知しているのですが、自分の信念を曲げるくらいなら死んだほうがマシくらいまで思っています。 こんな私ですが、気の合う同僚とお食事に行ったりお話したりしたいのですが、 私の性格ではそれは諦めた方が良いのでしょうか。 一応、唯一の友人として高校時代の友達がいます。 今更結婚も希望してないし孤独は嫌いではないですが、私ははたしてこのままの人生良いのかと、思っています。

有り難し有り難し 19
回答数回答 1

一生懸命

私は真面目にコツコツと仕事に取り組んできました。周りの人はバレないように手を抜いたりうまく誤魔化していますが私は性格上できません。このような私の性格から職場で孤立し、最終的には退職ということを繰り返しいます。 真面目にやっていたら誰か見てくれているとよく言われますが本当なのでしょうか。 誰かに見て欲しくて頑張っている訳ではないのですが、どこに行っても私はやって当たり前と思われます。最後に働いた職場もキツイ、仕事の負担が私だけ大きいので改善して欲しいと上司や本社の人に訴え、あなたは必要な人だから2週間待って考えるからと言われましたが、結局放置され、私は人間として扱ってもらえなかったと思い鬱が悪化して診断書を提出して辞めました。鬱が原因で両親とも不仲です。 性格を変えるのは難しいです。私はこのような性格で働けるところはあるのでしょうか? また退職した職場でされた対応がどうしても許せず、謝罪して欲しいと訴えようと労基に相談しています。この行為はお坊さんから見たら愚かな行為でしょうか? 長々と書いて申し訳ございません。 職場で受けた対応が、私は人間として認められてなかったと感じ、今とても生きることが苦しくご相談したかったです。 よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 23
回答数回答 2

人としての正しい生き方

はじめまして いつもお坊さんのような考え方。心掛けるようにしています。 そこで生物は生まれ持って平等ではないこと。広い心を持つ(客観的に見る)ようなことを学びました。 しかし時には自分勝手なことをしている人をみかけます。 人のものを傷つけたり大切なことを貶したり 自分は感謝の心が足りない人たちなのかなとか思います。 よく話すのがあまり良くないかも知れないのですが家畜の事です。 家畜は人に育てられて食べられるために殺されますよね?自分は命をいただくのでいただきますを大事にします。 しかし自分勝手な人はいただきますを心から言っているのか?そんなことを考えます。 そこでお坊さんにききたいのは正しく生きるってのはどのようなことなのか?ってことです。 自分らしく。周りの事を大事に。感謝の心。 実は簡単そうで難しいようなことを大事に大事にすることを自分は心掛けています。 しかしそれが正しいことか。よくわかりません。 悪い。正しい。これは自分がどう捉えるかで変わると思います。 たとえばまた動物の話しになるのですが狩りをして他の動物を食べた。これは食べられた側からしたら悪になります。しかし食べる側。狩りをした動物にお腹がすいた子どもがいたら?食べる側からしたら正しいことになると思います。 なので自分で悪い正しい。決めることはわかっていますがお坊さんの正しい生き方。正しいと言いますが人に敬われるような生き方。そして自分は正しいのか。 そのようなことをお坊さんに聞きたいです。 長くなってしまいましたがどうか意見を聞かせてください。お願いします。

有り難し有り難し 27
回答数回答 2

言い負かしたくて仕方がない

私はとにかく勝ち気な性格で、明らかに相手の言動が間違っていると思ったら相手が降参するまで徹底的に議論してしまいます。 ただし途中で自分が間違えていると気づいた時は素直に負けを認めますし、常に客観的に自分を見つめた上で理性的に議論をしているつもりです。 仕事上間違えた考えのまま進めてもらうと困る時など、確実に議論が必要になる時もあります。 しかし家族や恋人との喧嘩など、最終目標を「どちらが正しいか決めること」ではなく「これから仲良くやっていくこと」とする時でも、どうしても議論を仕掛けることをやめられません。 とにかく「言い負かしてやりたい」という気持ちが捨てられないのです。 相手に「私が正しい」ということを認めさせたくてたまらないのです。 おそらく学生時代ディベートをする機会が多かったことも一因だと思います。勝つことを目標にするクセが抜けないのです。 また、色々な事に敏感すぎるのだとも思います。些細なことでも目ざとく見つけてひっぱり出してすぐに争点にしてしまうのです。 「争い事は嫌な感情しか産まないし、とりあえずこの場は丸く収めましょう」という考え方は十分理解できますし、大人な対応ができてうらやましいなと思います。そうできたらいいなと心の底から思っているのですが、どうしてもモヤモヤが解消されないのが嫌なのです。 どうすればこの勝ち気な性格を和らげ、穏やかな人間関係を築くことができるのでしょうか? ご回答よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 49
回答数回答 2

善き心を保つには?

こんばんは。私の悩みを聞いて頂ければと思います。 日々の生活の中で、自分の欲望や煩悩に知らず知らずのうちに支配されていて、善き行いをすることができません。 例を出すと、路上を歩いている時に、目の前でコーヒーをこぼし手などが汚れている方がいるのに人目が気になって、そのまま通り過ぎてしまう。 人に感謝や想いを伝えたい時に、自分をさらけ出すのが恥ずかしくなって、正直な気持ちを伝えることができない。 また、過ぎ去った出来事に対しても「ああ、あの時こうすればあの人はもっと幸せだったのでは」などとその時点では気付かずに去ったことをクヨクヨ考えてしまいます。 私は「自分の想い」から生まれる行動が「目の前の人」を幸せにして、「世界を前に進める」。そして、それが違った形でも自分に返ってくることがあれば幸せだと考えてます。 小さな行動からなのでしょうが、普段の自分にその意識が浸透してきません。これは、腹の底ではそのように考えてないのではないかとも思ってしまいます。 「羞恥心を抑える術」、「気持ちを察するアンテナの感度を高める術」の心構えや考え方等、そしてそれを保つ方法が有れば御教示お願いします。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る