hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

偏見

回答数回答 3
有り難し有り難し 28

人に対して偏見を抱きがちで見た目で
「うわ~、この人いじわるそ~」
「性格キツそうだな」「関わりたくないな」とか勝手に判断してる自分がいます。

いつも実際話すとみんな親切に接してくれて
いつも申し訳ないなと思います。

このような偏見、先入観を抱かないようになるにはどうすればいいでしょうか?


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

思いを先走りさせない。

本当は、目玉の方が早いのです。
ですが、その直後、考えをおこす。
先に考えごと、先入観、偏見を起こしてから、その人を見るという事は絶対にありえません。
常に、最初に事実をみて、その直後に、そこに思いを付け加えているはずです。
よって、明日から、常に目玉の方を優位にしてみてください。
その人を見るのも目玉が先。
その人がどういう人であるのかを本当に探るのも、まず、目玉が映しているように味わうことです。
思いやコメント、ツイートはその後です。
思い無し、コメントなし、ツイートなしで物事も人もみるようになればよいのです。
相手をみて思いの中でつぶやかない事。
相手をみて見えた通りに過ごすことです。

今そこで、あるものをみてください。
観た瞬間はそこに思いが入り込まないはずです。
それがみえた通りのままでいるという事です。
眼を優先させ、心や思いを優先させていなあり方です。
見えるのはウサギだと思ってください。
思いは後からノコノコついてくる亀だと思ってください。
亀(思い)を優先させると、思いが先立ちます。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


丹下 覚元(たんげ かくげん)
今月の提唱 「菩提心をおこす」 菩提心をおこすということは、たとえ...

喜心(きしん)・老心(ろうしん)・大心(だいしん)

喜心とは文字通り喜ぶ心。
私が修行道場で修行生活をし始めたころの話です。およそ三か月間、ロクに太陽の光も拝まず、超体育会系の空間で毎日毎日、いや毎秒毎秒と言っていいほど怒鳴られ、否定されてばかりの毎日でした。

今は暴力禁止になっていますが、まだ私の頃は暴力があったんですよね…おまけに中途半端に暴力禁止が言われ始めていたから「後腐れなくひっぱたけないから三時間くらい正座してろ」と座らされ、でも結局、蹴っ飛ばされるんですよ…それでいて確かに自分で自分の修行をする力量が備わっていないから文句も言えない…情けないわ痛いわ恐いわ…もう鬱々なんてものじゃありません…坐禅の時間になると本当に涙を流して喜ぶんです。その時間だけは否定されないから。

でも、三か月たったある日、外部のお婆さんと出会いました。出会って、こんにちはとおっしゃって、ニコッと笑って下さった。私はその笑顔が心の底から嬉しかった…何の変哲もないただの挨拶でしたけど、涙があふれてしまった…喜ぶ心、嬉しい心は自分自身を救うのです。

あぁ、やっぱり千字で三心に例話付きは無謀か…ちょっと飛ばします。

老心、これは老婆のような親切な心です。いわゆる真心。先程のお婆さんの笑顔のことですね。
ねこさんがおっしゃる「みんな親切」な所をよく観察してみて下さい。親切にしている人の心には何のよどみも無いはずですよ。他人に親切にすると自分の心が清らかになる。

最後に大心、これは他人に共感する心です。ねこさまが親切にされて喜べば親切にした人も嬉しい。ねこさまが他人に親切にして、喜んでくれたらねこさまは嬉しい。だから他人のことでも自分の事のように一緒に喜んだり、悲しんだりする心です。

ちょっと乱暴な説明になりましたが、この喜ぶ心、親切な心、共感する心が優しい心です。自分の心の平穏のためにこの優しさを実践していけば、そのうち先入観そのものは残っても、嫌う心が消えていきます。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


曹洞宗副住職。タイ系上座部仏教短期出家(捨戒済み) 最近YouTubeを...

偏見かもなと自覚していればよいのでは

偏見とか予測とかは、ヒトが生きるため・効率よく生活するために身につけてきた能力でもあります。
打率を上げるためのテクニックなのかもしれません。
相手ピッチャーの投球を予測する。それも偏見と言えば偏見です。
テストでやまをはる、とかもそうでしょう。
残念ながら、偏見が、意外と当たる場合があるのです。
偏見を使うほうが効率が良い場面があるのです。
問題は、相手が人間の場合に人権侵害の危険があること。
犯罪歴のある人と付き合わない(偏見を使う)ほうが安全面からは効率的ですが、
過去に罪を犯した人間だからといってまた悪いことをすると限らないので、
この場合は偏見を使ってはいけないのです。
あなたの「この人いじわるそう」も、たぶん、けっこう当たっているのかもしれません。急いで判断しなきゃならないときは偏見を使うのも仕方ない、しかし、じっくり吟味できる場合は偏見を使わない。
夜中に包丁持った人が家に入ってきて「強盗と決めつけるのは偏見だ」という余裕はない。
偏見は脳にインストールされた便利なアプリ、しかし人を傷つける可能性があると、自覚するのが大事ですね。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


がんよじょうし。浄土宗教師。「○誉」は浄土宗の戒名に特有の「誉号」です。四...

質問者からのお礼

大慈様
ご回答ありがとうございます。
喜心、老心、大心という大切な心を 
大慈様の実体験と共に教えていただき大変わかりやすかったです。
素敵な心だと思いました。
その3つの心を持ちながら人に接せられるように努めたいです。

丹下覚元様
ご回答ありがとうございます。
丹下様が仰られた様に私は人を見た後、
色々一人で考えをこねくり回して勝手な感想を抱いてました。
眼を優先させ思いを優先させない、
できるようになるには時間がかかりそうですがそう努められようになります。

願誉浄史様
ご回答ありがとうございます。
偏見は当たることもあります、でも偏見は人を傷つける、
その2つの事柄を私はしっかり認識せず、ただ自己嫌悪に落ちてました。
この出来事の本質に触れられたような気がします。

「人との距離感・付きあい方・接し方」問答一覧

自分のこの考え方は異常でしょうか

私は自分や身内•特に親しい友人以外、関心が無いです。 具体的に言うと、いくら親切にしてくれてその人を好きだと思っていても、その人が亡くなっても何の悲しみも関心も持てないのです。関心があるとすれば「香典出すの面倒くさいな」くらいです。 でもその人のことを決して嫌ってるわけではありません。 親切にされたらその分何かしらの形で返したいと思うし、そうやって接してくれていることにとても感謝しています。ただ、その人に何か不幸があっても何の関心も持てないだけです。 逆に良いこと(その人の子どもが大学に合格したとか結婚したとか)があっても、「あ、そう」という気持ちで喜びも嫉妬も何も無いです。 でも私は、今までたくさんの人に愛情や気遣い等色々なものをもらってきた人生だと思うので、今後はそれを誰かに与えられるような人になりたいと思っています。 しかしその一方で、他人の人生に一切関心が持てません。 これを主人に話すと「サイコパスだし異常だ。それが小さい頃からそうなら天性のものだからどうしようもないね。子どもをもうけるとその子が将来犯罪者になりかねないからやめておいた方がいい」と言われました。 私のこの考え方はそう言わせるほど異常なのでしょうか?

有り難し有り難し 18
回答数回答 2

誰かと楽しくしていると罪悪感を覚える

 初めまして、宜しくお願い致します。  仕事中は人と関わる事に抵抗は無く、寧ろ嬉しく感じるのですが、それ以外の時間になると一人で行動している時が一番落ち着きます。 というのも、私は自分が楽しいつもりでもいつの間にか相手を付き合わせて疲れさせてしまったり失言をしてしまったりして、後からそれが発覚することも多く誰かと仲良くするのが怖くなってしまった部分があります。  また、実家の母とは昔から折り合いが悪くよく好み等を否定されて嫌な思いをしていたのですが、実家を離れた今は逆に不安になるほど優しく接してくれます。自分がいない方が幸せな人達を見ていると、今仲良くしてくれている人達も本当は嫌なのに無理して優しく接してくれているのではないかという思いに強く囚われます。 この経験の積み重ねからか、他の方達が築いている人間関係があまりに輝いて見えて、自分はその輪の中に入れるイメージが全くわきません。 この様な人間関係に対する捉え方というのは月並みなのでしょうか?毎日生きていてどうしようもない虚しさに襲われます。いっそのこと命を断って何もかも無くしてしまいたいです。 もし少しでもご意見を賜れれば幸いです。宜しくお願い致します。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

「尊重する、受け入れる」がわからない

人の思いを尊重する、受け入れるという感覚がわからなくなってきてしまいました。 最近、友人や恋人と話していて「価値観が違うから距離を置きたい」と思うことが増えてきました。 ある友人グループではよく恋愛の話で盛り上がるのですが、彼氏の自慢をしたり恋愛の傷を舐め合うような話ばかりで馬鹿らしく思えてきてしまいました。 また、現在お付き合いしている恋人に関しては、エンタメなどの「にわかファン」への悪口など、数々の斜に構えたような発言を聞いていて嫌な思いをしました。 これは最近(大学に入ってから)仲良くなった人に感じることが多く、もっと昔からの友人はたとえ価値観が違っても全く気にならず「そういうものか」と受け入れています。 また、上記のような価値観や言動の違いは、少し前は気にならなかったのに、ここ数ヶ月で急に気になりだした点ばかりです。 最も気になることは、これらの気になる点はすべて「過去または今の自分にもあてはまる部分がある」ということです。 自分自身も、時折他者に対して偉そうな発言をしてしまったり、過去の恋愛の失敗をくよくよ語っていた時期があるので、本来はお互い様だと思うべきですし、実害もないので受け入れるべきだと思います。しかし、どうしてもイライラしてしまうのです。 なぜ大学以降に知り合った人に限ってこのように思うことが増えたのか、なぜ自分にも当てはまる部分にイラついてしまうのか理解できず、自分の心の狭さが悲しくなってきます。 就職したばかりで慣れない環境にストレスがたまり、普段より神経質になっているのかもしれませんが、それだけではないような気もしています。 人の価値観の違いを受け入れるために、どのようなことを心がければいいのでしょうか。 違う、合わないと思ってしまったものは仕方ないのでしょうか。 価値観が違うところもまとめて相手の特徴として受け入れて、相手の良いところを見て付き合っていきたいです。

有り難し有り難し 15
回答数回答 2

正しさへの付き合い方

現実社会からSNSや匿名掲示板まで 世の中には明らかに間違ってると思える事を言う人がいます。 でもその人はその間違ってることを正しいと確信している場合がほとんどです。 その人にとっては間違っていないのです。 もちろんそれは自分にも当てはまりますが...。 問題は正しさを人や僕自身に乱暴に押し付けてくる人への対処の仕方です。 明らかに話が通じない人に対しては関わらないようにするという選択ができ、心に苦しみもあまり生まれません。 しかし問題は、ある程度話は通じるが乱暴に正しさを押し付けてくる人と当たった場合です。 そういう人達の多くは自分の考え以外を受け入れなく、その人と異なった意見を述べると攻撃されたと認識して攻撃をしてくる人が多い印象です。 そういう人に対しても壁を作って聞き流す事ができれば心は楽なのですが、正せる間違いだったら正したいという煩悩が僕にはあり、対話を試みてしまうことがあります。 僕はその時に設けているルールがありまして ・汚い言葉を使わない、罵らない ・人格批判をしない ・論理的に話す ・自分が間違っていると思ったら認める そんな感じて対話を試みるのですが、大抵の人、特に普段から人を攻撃して攻撃し返されるのが日常の匿名掲示板の人達等は、とにかく悪口を返してきたり論点をずらし続けたり会話はできるが絶対に非を認めない人が多いです。 そして更なる問題は、そんな受け答えをしていると段々と自分もイライラしてきて(汚い言葉を使ったりはルールなのでしませんが)、相手の発言の矛盾をついたり論破してやりたい気持ちになってきます。相手を諭すつもりが、いつの間にか自分まで自分の正しさを証明する戦いに参戦してしまっているのです。 ですが仮に論破できたとしてもこういう人達は論破されたことを認めないので不毛です。 そんな不毛な事をして長い時間を費やす事もあります。 僕は何がしたいのだろう、怒ってムカムカして自分を苦しめる為に時間を費やしたのかと考えると更に凹みます。 SNSや匿名掲示板の利用頻度を絞ることでそういった機会は減りましたが、SNSや匿名掲示板にもプラスの面があるので完全に排除は難しいですし、排除は本質的な解決になっていないような気がします。 そこで聞きたいのは似たような経験をされたお坊さんはいらっしゃいますでしょうか? どうやって対処されているか教えて欲しいです。

有り難し有り難し 19
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る