hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

僧侶に成りたいと思っていますが、現実的な事で悩んでいます。

回答数回答 1
有り難し有り難し 23

僧侶になりたいと思っています。
私は高校入学をして間もないころにうつ病になり一年間不登校になり、高2の春に通信制高校へ転校しました。
転校後は以前よりも回復し、ボランティア活動へも従事できるほどになっていましたが完全にうつ病が治ったわけでもなく日々人との関りや両親の喧嘩が絶えない家でしたのでそんな家庭のこと、バイトをしておらず親に頼ることへの罪悪感など様々なことに悩みながら過ごしていました。

そんなあるときに、インターネットで日蓮宗のご僧侶の方が主催する唱題の会というのを見つけ、参加してみることにしてみました。
初めて参加したときはびくびくし緊張もしていましたが唱題を進めていくうちに、まるで登山でもしたかのようなすがすがしく心が空っぽになるような感覚を体験し深い驚きと感動を感じました。それから何度か通うようになり僧侶の方のお話を聞くうちに心が軽くなるような、ストレスや悩みを置いていけるような安らぎを感じました。

私は幼いころから今日にいたるまで、一貫して人の役に立つ人の心を支えたい安らぎの手助けをするような人になりたい思っています。高校時代にボランティアを通して東日本大震災の被災地やそこで葛藤しながらも前向きに生きる人たちと触れ合いました。また自分の様にうつ病や家庭のことで悩み苦しむ同級生や友人の姿を多く見てきました。
そのような人たちのために、自分が安らぎを感じた法華経・お題目で人の役に立ちたいと思っています。この様な理由から僧侶になりたいと思いました。

しかし、現実的には師僧の方を見つけることや家庭のことを考えると就職したほうが良いのか、また宗門指定の大学へ進み僧侶になるべく学びその中で師僧を見つけるか、はたまた就職をしてそれから先の人生で僧侶になるかなど日々悩んでいます。また現在もうつ病の気がある私が果たして僧侶になれるのかというのも心配な部分です。気持ちや思いはあるものの現実的な部分が漠然としてしまってます。
唱題の会の僧侶の方とは、昨年末に家庭内が大きく揉めそれが発端で一時期引きこもりのような生活になってしまい、その間唱題会へも行っておらずそれから音信不通になってしまっています。

拙い文が長々となってしまって申し訳ありません。言葉の間違いがありましたお許しください。
どうか、皆様のご意見を頂戴させていただけますようお願い申し上げます。

2017年8月10日 18:11

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

ぜひとも後輩になってください

私も日蓮宗僧侶です。
まず、うつ病に関しては心配しないでください。
私は幼少の頃から発達障害を抱えていましたが、おかげさまでたくさんの法友と出会い、楽しくお坊さんをしています。
もちろん、病気特有の苦労もあるでしょう。
しかし、その苦労があるからこそ貴方は他の病気の人では出来ない法の説き方が出来るはずです。
私の考え方では病気もまた個性です。

師僧は縁のあるお坊さんに頼んでみましょう。
唱題行を開催しているほどのお寺です、必ず力になってくれますよ。

大阪なら私でも良かったのですが(笑)

次に、経歴についてですが、本当に色んな人がいますよ。
もちろん、
宗定の大学に通う、
大学で聴講で単位を取得する、
試験を受ける。
このどれかを経て信行道場に入道することはしなければなりませんが、それ以外は自由です。

私は宗定大学中退で、二年はフリーターでした。
師匠は宗定大学卒業です。
友人は本山に高校~大学と7年務めました。
先輩は有名私大から一般企業に入り、30まで務めてから僧侶になりました。
祖父は教師と兼業していました。

それに、御祖師様は31歳まで他宗のお寺で勉学に励まれていたではありませんか。

貴方が生きた時間は誰にも真似出来ない貴方だけの個性です。
おすすめの道などを聞いてもいいでしょう。
しかし、画一的な僧侶になる必要なんてこれっぽっちもない。

貴方が僧侶になるのなら、今何をしていても、失敗しても、必ず貴方の広宣流布を助ける糧になっているはずです。

自分にも、他人にも、世間にも
「このままじゃダメだ!」と強く発信するのが日蓮宗の本分です。
貴方自身が生き、貴方自身で学んでいってください。
御祖師様の前で貴方と会える日を楽しみにしていますよ。

2017年8月10日 19:03
{{count}}
有り難し
おきもち

けいじょう
メチャクチャしてた20代も最後の年。償いにもなんとか人の役に立ちたいと思い...

質問者からのお礼

けいじょう 御上人様。
ご回答下さり本当に有難うございます。
病気のこと、経歴のこと、どれも大変心強いお言葉に心から感動しました。特に病気も個性という言葉がすごく心の持ち方を豊かにしてくださいました、本当にありがとうございます。
御祖師様のような、けいじょう御上人のような僧侶を目指して頑張っていきます。広宣流布の糧となれるよう頑張ります。
激励のお言葉やアドバイスの数々本当にありがとうございました。心から厚くお礼を申し上げます。

「出家・得度・僧侶になりたい」問答一覧

僧職を続けるかどうかについて

お世話になっております。 私は30代の会社員男性なのですが、 僧職を続けるべきかどうか悩んでおります。 元々仏道に御縁を頂いたのも 義父が地方の小さな寺院の住職を務めており 「棚経とか、休みをつかってやれば謝礼を出すから、得度しませんか?」と 副業感覚でお誘い頂いたので、深く考えず了承したという お恥ずかしい限りのものでございます。 (特に髪の毛に拘りも無かったもので(笑)) その後、棚経だけのつもりが… ・正月の会で、お経と儀式をやらされる(会前日の晩にやる事を聞く) ・本寺の副住職の「住職襲名の式」での役を勝手に受けてくる。  (その役が大変重要な役で、袈裟を3回しか着た事がない上、  お経を知らない者が出来るようなものでないものだった) ・「住職襲名の式」での内容に関しても、式の内容と問答が  書かれた本のコピーを頂くのみだった。  (その後、副住職のお寺での打ち合わせで、作法や動きの面で  知らないことが多い事が発覚、急遽義父に改めてお寺での  練習を依頼する) ・「襲名の式」当日にも知らなかった「やるべき事」がある事が  発覚。youtube等で検索して何とか乗り切る。 ・また私への確認無しに仕事を受けてくる。  (これに関しては「会社の仕事の都合があるから容易に受諾  出来ない」として保留にしています) というような事があり、会社の仕事もある中で 時間・体力の面と、何より義父の『報連相』の無さに 「これは続けるのは無理だ!」と考えているのが現状でございます。 その内、義父が勝手に「住職の修業の予約を入れてきた」などと言ってきそうで恐ろしいです… また、家内も家を空ける事に不満があるようで (お寺が地方の為、大体の場合は日帰りは不可能) 「やらないで欲しい」と言っております。 反面、文化的・歴史的な事が好きで、僧の儀式等に嫌な思いはありません。 「襲名の式」でお世話になった新命和尚様や 同年代の先輩の僧の方々には、大変感謝しており 他所者兼「にわか坊主」の私を仲間として受け入れてくれ、 大きな気持ちで導いて下さった事への恩も感じております。 (本来であれば師匠である義父が行う役割ですが(苦笑)) 「御恩や興味」と「現実」の間でどうするべきか悩んでおります。 また、厳しいご意見でも有難いので、ご助言頂ければ幸いでございます。

有り難し有り難し 15
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る