hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

心に溢れる憎しみについて・・・

回答数回答 2
有り難し有り難し 28

初めまして

高校卒業後、就職に失敗して大学に入りなおしましたが人間関係トラブルで辞めざるを得ない状況になり来年、別の大学を受験します。

就職時での面接官の言動、就職失敗による周囲の人間の対応の変化、大学での人間トラブル等々、心をえぐられたような経験をしました
そして、大学を辞めざるを得ず再受験するという自分の能力不足への自己嫌悪・・・

このように思うように人生がいかないからか、昔よりも心に憎しみが溢れるようになってしまいました。
現実の人間を憎しみ、嫉妬心を感じ、さらには縁もゆかりもないネット上の人間にすら同じ思いを抱いてしまいます。

心が憎しみで溢れるにつれ、私の思考や言動もどんどん荒くなり、それにより自己嫌悪するという悪循環

このままではいけない、と思い小さいときから親しみを感じていた仏教の教えにすがろうとこのサイトまでたどり着いた次第です。。

私の心に溢れる憎しみ、どうすればよいでしょうか?
たくさんのお坊さんからの回答を頂きたいです。

拙く、長い文章、失礼しました

よろしくお願いします


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

私は自分の不始末を責任転嫁して生きていますが

私は失敗も数多く、それを自分の責任だとは思えなくて、他者に責任転嫁して生きています。

そんな私ですが、やはり坊さんですから他者との出会いにより正しい道を指し示されています。よかったらまず、

http://bukkyotozen.blog.eonet.jp/default/2013/01/9-ce4a.html

を読んでいただけませんか。私はよそのお寺でご法話をさせていただくこともたまにあります。その際、いつもこれを拝読させていただいています。感じるところはありますか。私は拝読しながら、自然と涙がこぼれて正常には読めなくなることも多いです。

次にもしよければ、

http://www.mobilkubota.com/manabi/264.html

を読んでみてください。

人生、無駄なことなんてないのでしょう。私はこんなふうに生きているわけではないのですが、こうした方々の生き方に触れることができたことを心から喜びたいと思っています。

{{count}}
有り難し
おきもち


私はお坊さんといっても、ひと様に何か答えらしいものを提示できるような立派な...
このお坊さんを応援する

人間力

大学や就職先で嫌な思いをされたのでしょう。

確かに、就職するには知識や技術も必要ですが、それだけでは会社は成り立ちません。
なぜなら、それをこなすのは人だからです。

人同士の結びつきが会社という組織を作り、それが顧客という人たちとの繋がりを生む中で一つの社会を形成しているのです。
需要も供給も、全ての末端には必ず人がいて、人同士の関わり合いが全てのものを作り上げています。
言うなれば、この社会全体が人間関係で出来上がっているとも言えます。

ノーベル賞を取るような学者さんでも、その周りにいる人たちの協力があるからこそ偉業を成し遂げられるのです。

だからといって、そんな偉人でも順風な人間関係ばかりを持っている訳ではありません。
目的ややりたいことのためには嫌なことも数多くあるはずです。

もちろん、気に入らない事や意にそぐわない事を、飲み込みながらやらなければならないとすれば、それはとても苦痛なことです。

でも、考えてみて下さい。
あなたの周りにいる人たちは、あなたが選んだ環境の中にいるのではありませんか?

あなたの周りのものごとは、それに対応するあなたの言葉や一挙手一投足で様々に変化します。
例えば、上手く仕事をこなせば誉められるでしょうし、失敗すれば叱られるでしょう。
あなたが笑顔でいれば周りも嫌な顔はしないでしょうし、あなたが不機嫌ならば周りも眉をしかめます。

そんな風に、この世は全て自分を中心に回っていると言っても過言ではないでしょう。

逆に言えば、あなたの対応の仕方如何で180度形や状況を変えられるのです。

社会で一見順風に見える人たちも、意図するしないにかかわらずそうやって人間関係を築いてきたからこそ今の位置に存在しているのです。

虫は明るいところに集まります。
人もまた光のないところには集まりません。

人の光とは、技術や知識ではなく、その人の持つ人間性、いわば人間力です。

なにも特別なことではなく、人に対してのちょっとした笑顔、態度や言葉尻、何かに取り組む姿勢や情熱といったごく普通のこと。
振り返ってみると、何か足りなかったことがあるかも知れませんよ。

大学に行くならば、またたくさんの人たちと触れ合うはずです。

今あるのは今からのあなた、昨日までのあなたはもういません。

あなたの周りは180度変わってくるかも知れませんよ。

{{count}}
有り難し
おきもち


「恨み・怨み・憎しみが消えない」問答一覧

恨みや憎しみなんて消えてくれません

私は母からの精神的虐待があり育ちました。でも祖父母が大切に育ててくれて安らぎがあったことは幸運で救いだったと思います。 その為自分が結婚するときは、心の通いあう夫と祖父母のような温かい家庭を作りたいと思っていましたが、実際は結婚して夫の転勤先であるシンガポールに引っ越した途端拒絶され(数年後にマリッジブルーで仕方なかった様に言われました)大きな悲しみの中それでもたった一回で娘を授かりました。しかしどれだけコミュニケーションを試みても拒絶する夫の横で、妊娠中どんどん不安定になり、寄り添ってもらえる事もないまま出産しました。 出産は"生まれてこなければよかった"と言われて育った私にとって特別で、どうしても立ち会いで自分の娘には"生まれてきてくれてありがとう"と迎えたかったのですが、予定日前日から鬱状態の義母が、出産も私の子供も全て自分の思い通りにしてやると脅迫じみた事を何度も電話で伝えてきて、恐怖から破水し、陣痛中に乖離し緊急帝王切開になり、ショックで産後PTSDになりました。 その後も夫は変わらず、喧嘩が絶えず、娘の一番可愛い時期もずっと私は悲しみと孤独感を抱えてきてしまいました。子供の可愛さに集中したいと思っても涙が出てきて、それでも母のようになるまいと子供に対して影響が出ないようにと頑張ってきましたが、結局物心ついてきた娘に怒ってしまうことも多いし、私がずっと泣いてきたこと、夫と不仲であることも気づいています。このままでは娘の可愛い時期を無駄に過ごしてしまう…娘が幸せを感じられなかったら…とずっと焦っていましたがどうする事も出来ず、またその事が新たな悲しみになってしまいました。 ずっとこのままでは子供にも良くないし私が子供の前で笑顔でいられる様に離婚すべきかという思いがずっとあります。 夫は保健師さん等から発達障害の可能性を指摘されていますが、本人は怒り狂ったり、嘲笑したり話が出来ません。私の心も限界で、どうしたら良いのかわかりません。夫と再構築なんて出来るのか、離婚が良いのかはわかりませんが、まず、私の悲しみや恨みや憎しみが膨らんでしまってそれ一色になっていく事がまずいのだと思います。でもどうしょうもなく手放すとかどうやったら良いのかわかりません。そろそろ手放さなきゃいけないのではと感じていますがどうしたらできるのでしょうか。

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

恨みの気持ちとの向き合い方について

よろしくお願いします。 3人に対する憎しみの気持ちが常に消えないと、前回相談させていただきました。一人への気持ちは消えつつあります。相手は上司です。恨み事を思うのではなく状況や立場を理解し自分にも反省すべき事があるんだと思うようになりました。 最近、そのうちの一人に遭遇してしまいストレスを感じてしまいました。元同僚ですが私の嘘の情報を流す等周りを操作して人間関係を壊そうとした人です。中には信じてしまった人もいます。本当に本当に今でも大嫌いで、こんなに意地の悪い人がいるのが信じられません。 もう一人は顔を合わせていませんが、近況を聞いただけで大きなストレスを感じてしまいました。聞いてて辛かったでさす。とても信頼をしていた人で、今も尊敬しています。相手とは誤解から大切な事を伝えられないまま今に至ります。相手が私をどう思っていても信頼と尊敬の気持ち、ありがとうという感謝の気持ちがあります。しかし恨みの感情も出てきてしまいます。なるべく相手の良いところを思ったり、幸せを願っているのですが時々難しく感じます。しかし人伝いに相手の話を聞くとすごくストレスになるので、終わったことだと理解したほうが自分には良い気がします。 いつもは仕事や家のことは滞る事なくできていますが、今回は2人の事が同じ日に起こり大きなストレスとなり病院に行きました。恨みばかりでなく、冷静に見ることが多少はできるようになりましたが、ほぼ一日中恨みを抱えています。そのうち自分がまずいことになりそうで怖いです。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ