hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

飼っていたハムスターを殺してしまいました2

回答数回答 3
有り難し有り難し 20

パパイヤです。以前のアカウントのパスワードがわからなくなってしまったため、こちらから失礼いたします。

http://hasunoha.jp/questions/2066
上記の質問へのご回答、ありがとうございました。

できる限りの供養をしました。また、これからは写真を部屋に置き、手を合わせたいと思います。
お教えいただきたいのですが、何を考えて手を合わせれば良いでしょうか。今は後悔の念が強く、同じことを二度と繰り返さないようにと自分に対して言い聞かせることしかできません。

また、了教寺の藤岡様のおっしゃる通り、弱いものに対して自分自身の怒りを吐き出してしまいます。
そして、これが虐待の要因となりました。
同じ思い、過ちを二度と繰り返さないためにも解決したいという思いがあります。
どうかお導きください。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

起きてしまったことはもう戻らない

後悔しても仕方がないと思います。
大切なことは、「ご自分の思いに騙されない生き方をする」ということです。
これから生きていくうえで、ご自分の心の動きをよく知る必要があります。

まず、物事を自分勝手な見方捉え方をしている事実に気付きましょう。
例えば、すれ違った人がこっちを見ていた。相手にとってはただ見ていただけでも、心で捉えると、こっちを見ていたのは私に対して何か思っていたに違いない。きっと不快に思っているのだ。など
自分勝手な捉えをしている可能性があります。
ハムスターはいうことを聞かなくて当たり前、いうことを聞こうともしないし、ただ自分の判断で行動していただけでしょう。良いも悪いもなかったはず、でもあなたはそれに対して自分の我見で見ているから「イライラ」が出てきたのです。都合が悪いからと。

人と接する時、生き物と接する時、第一次の感覚のみを大切にします。子供が泣いたら泣いたという事実のみ。二次的に「うるさいなあ」「人に迷惑だ」などと思いが出てきたときは、そっとしておき流していきます。それは事実ではなく、煩悩であることを知らなければならないのです。

そうした一次的な感覚(五感をたよりに)を大切に生きる練習をしてほしいと思います。ぜひ坐禅で学んでほしいと思います。きっと救われます。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


虐待した原因に向き合うこと

まず、何を考えて手を合わせればよいのかというお尋ねですが、仏教の懺悔(さんげ)という実践を御紹介しています。これについてはすでに、

http://hasunoha.jp/questions/1940

で触れています。上記にあげた二つのサイトを参照してください。

次に、「弱いものに対して自分自身の怒りを吐き出してしまいます。 そして、これが虐待の要因となりました」とおっしゃっていることについてです。私には、詳しいことは分かりませんが、一般論からいえば、学校または職場での人間関係で苦しんでおられるのでしょう(違うかもしれません)。これがに対処できなければ、第二のハムスターを作るか、あなた自身が壊れてしまうか二つに一つでいずれにせよ、よい結果になりません。逆に、この点が改善されれば愛しているものを虐待するはずなどないはずです。

身近な方に信頼できる相談相手はおられませんか。おいでにならなければ、このサイトに詳しい状況を記して質問してください。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


私はお坊さんといっても、ひと様に何か答えらしいものを提示できるような立派な...

何をして欲しかったのか

こんばんは。私も小学生の時、ハムスターを死なせてしまいました。今で言うとネグレクト(餌のやり忘れ)でしょうか。
貴女の前回の質問で気になったのは、「ハムスターが言うことを聞かないと」という部分です。私は今、熱帯魚を飼っていますが、仕事上のストレスが高まると話しかけています。「どうしたら良いのかなぁ」と。あやしぃですよね。
魚の良いところは、水槽の向こうですから、私がどんな状態でも知らん顔なことです。「そもそも言うことを聞かせる」相手ではないのです。
むしろ、「この子、いま何が欲しいのかな」と考えて、当てずっぽうでも色々と世話をするのが「動物を飼う」ということではないでしょうか。なので、水を入れ替えたり水質を調整して、草が大きく伸びると嬉しいですよ。
ですので、「何を繰り返さないのか?」を考えるより、「今度ご縁があったら、どう接しようか?」と考える方が良いのではないかと思います。その子との楽しかった・嬉しかった思い出を忘れない。今度来るご縁を大切にする。それが大切だと考えます。
また、文面から察するところ、あなたが弱いものいじめに至ってしまった原因には思い当たりがあり、それを解決しようとしているのですね。勇気あることだと思います。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


一般大学(一般的でもないが…)から大正大学の史学コースへ。そののちお寺。坊...

「ペット・大切なものの死」問答一覧

愛犬の死について

愛犬の死の受け止め方を教えてください。 昨日10年7ヶ月一緒に暮らしていた愛犬のポメラニアンが旅立ちました。 数日前から元気が無く、食欲もない状態で心配になり動物病院へ行ったところ、血液検査はできず皮下点滴のみで帰りました。 帰ってからも脱力で横になっており、日付が変わる4日の2時頃腕の中で息を引き取りました。 1年前に血液検査で腎臓の数値が少し高いと言われ、その後経過観察でしたが、体重減少に気づかず、おそらく進行していたのだと思います。 どうして頻繁に病院へ連れて行かなかったのかと、自分を責めております。 それ以上に、愛犬との生活では私の出産、育児に追われている中で少なからずスキンシップが減ってしまい、寂しさからのストレスもあって、弱ってしまったのかなとも思います。 出産前は、国内旅行に連れて色んな景色を見せてあげたり、家で過ごす時には膝の上に置いてあげてました。環境の変化に戸惑いがあったと思います。 亡くなる少し前から、寂しそうにクッションに寝ていた姿が忘れられません。 闘病することもなく本当に飼い主孝行の愛犬で、最後看取ることができましたが、気遣いすぎる愛犬は本当に幸せだったのでしょうか。 教えてください。

有り難し有り難し 15
回答数回答 1

猫の死

2ヶ月前にボロボロの猫を保護しました。毎朝同じ場所に現れこちらを見ていました。長くないかもしれないと思い、最後を看取るつもりで保護しました。 病院につれていったところ、かなり年寄りで栄養失調ではあるが特に重篤な病気はみつからなかったので、しばらく一緒に生きていけると嬉しくなり、病院に入院させ、退院後も検査と経過観察の為に通っていました。去勢済みだったので捨てられたんじゃないかと言われました。それなら余生はこれから私とゆっくり過ごしていけばいいと思っていました。しかし、つい昨日までは元気だったのに次の日亡くなってしまったんです。2ヶ月しか一緒にいられませんでした。体重も増えてこのままゆっくり良くなっていくと思っていたので言葉では表せない程のショックです。私が病院に通ってストレスを与えてしまったからなのか?あのまま外で過ごしていた方が幸せだったのか? 保護したのは私のエゴだったのか? 正解は無いと思いますが、あの子に申し訳ないのです。捨てられたのかもしれないのに人が好きな様でゴロゴロ懐いてくるかわいい子でした。 私が余計なことをしなければあの子はもっと生きていられたのかもしれないと罪悪感があります。自分のエゴであの子の命の期間を縮めてしまった気がして心の整理がつきません。何かお言葉を頂きたく相談しました。

有り難し有り難し 20
回答数回答 1

ペットロスから抜け出せません。

14年を共に過ごした愛犬が1ヶ月半の闘病ののち天国へ渡りました。 あれから4ヶ月になろうとしていますが、未だ、悲しみと寂しさが消えません。 毎日泣いています。号泣してしまいます。 愛犬がいないことに絶望しています。 必要な外出以外は自宅に引きこもっています。外出しても泣いてしまう恐れから公共の場に出るのが怖いです。 自宅を出てからの景色に触れるのも、愛犬と過ごした日々が蘇り辛いです。 亡くなった当時より更に寂しさが増しています。 愛犬を看取れたことは良かった、今はもう苦しくない天国に居ること、大往生出来たこと、頭の中では理解しても感情が全く追いついて行きません。 うつ病になっていると思います。今日も体がだるく寝てばかりいました。 朝起きた時の絶望感、夜眠る時も隣に居ないことの絶望感、もう使ってもらえることのないあの子のあらゆる物や場所、人生で最大級の寂しさ、絶望感と共にかろうじて生きています。 私が引きこもりとうつ病から抜け出せる日は一体来るのでしょうか。 心療内科にも行きましたが薬が合わず、かえって症状が悪化したのでやめました。 この悲しみと寂しさを感じなくなる日は来るのでしょうか。 どうぞ、宜しくお願い致します。

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

猫につらい思いをさせ後悔が尽きません

猫につらい思いをさせたまま旅立たせてしまいました。 私が早く死なせてしまったと思っています。 子どもが生まれるまで大好きだった猫を、子どもが生まれてからは衛生面と子どものけがを心配し、邪魔者扱いしました。 子どもの世話で忙しいのを理由に、遊んでほしそうでも猫を無視しました。 あるとき、私が猫に噛まれ、病院へ通うことになりました。 それ以降、元々の猫の飼い主である夫にも怒りをぶつけ、 猫を一室に閉じ込め、私が猫と顔を合わせることはなくなりました。 それからちょうど1ヶ月後、以前から体調を崩していた猫は、 ご飯も水も取らなくなり、立てなくなり、死んでしまいました。 私は夫に、猫をどこかに引き取ってもらえないのならケージで飼ってくれと言い、 猫を入れるケージを買わせました。 夫は私に何も言わず、弱っていく猫の世話をずっとしていました。 夫が猫のことを話題にするのも嫌がりました。 私は休みの日でも子どもの世話をせず、猫のそばにいる夫に冷たくしました。 たった一度、猫を閉じ込めた部屋のドアを開けたら、猫が私に近づいてこようとし、私はすぐにドアを閉めました。その前後から猫は容体が悪くなり、3、4日後に亡くなったのです。 猫が亡くなった今も、夫は私を責めません。 猫は全部分かっていた、自分も猫の死を覚悟していたと言います。 私は猫を閉じこめ、夫にすべてを押しつけ、子どもだけをかわいがり、噛まれた傷が痛まなくなってからは同じ家にいるのに猫のことなど忘れていました。 弱っていく猫の部屋の隣で、笑って過ごしていました。 自分が鬼だったと思います。 けれど昔の写真を見ると、猫となかよくなりたくて、気を引きたくて、 猫が一番だった日々がありました。 最後に憎んだ猫を、今は影でもいいからどこかにいないかと探して涙が出ます。 もうどんなに悔いてもどうしようもないのだと、絶望的な気持ちでいます。 生きている間、噛んだことはもういいよ、私もひどいことをしてごめんなさいと 言ってあげたらよかった。 撫でてあげたらよかった。名前を呼んであげたらよかった。もう何も叶いません。 自分を責めて生きていくしかないと思っています。 どうしたらいいか分からずただ書いてしまいました。 厳しいことでも構いません、楽になりたいとも思いません。 ただ何か一言いただけたらと思います。

有り難し有り難し 48
回答数回答 3

猫の形の仏像

こんにちは、凡斎です。 以前少し話しましたが、私は部屋の一角に「お祈りコーナー」を作りそこに香炉や燭台等を置いて毎日祈願供養をしているのですが、仏像がないので、パッと見ると「壁に向かってお経を読んでいる」という状況です。 なにか落ち着かないなぁ、と今回仏像を買おうかと考えて、ネットで探し始めました。 しかし、仏壇もそうですが、中々に…高価であり、裕福ではない私では手が出ないか…と諦めかけていました。 そこであるサイトで「猫の形の仏像」という物がある事を知り、早速見にいき、かなり気に入った訳です。 もともと私が猫が好きと言う事が大きいのですが、何より昔飼っていた猫(オス。名前は『ボウズ』でした。親父殿命名。オスだったからという理由)に似ていたのもありますが、なんとか手が届きそうな価格という事もあり、購入を考えています。 さて、ここでお聞きしたいのは ①「猫の形の仏像」を祈願供養する為に使ってもいいのか? ②「開眼法要」というものがあると聞きましたが、「猫の形の仏像」もしてもらうことができるのか? と言うことです。 あいも変わらず、緊急性はありません。緊急性のある方がいますから、後回しにしてくださっても構いません。もしお時間がありましたら教えてくだされば幸いです。 宜しくお願い致します。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

愛猫に苦しい最期を迎えさせてしまいました

懺悔もかねて相談させてください。よろしくお願いします。 昨日、愛猫を看取りました。まだ7歳の若い子ですが、末期がんで治療ができず、緩和ケアの末に自宅で亡くなりました。 子猫の時からいろんな病気と闘ってきた子で、短い人生の中で何度も入院し、注射や点滴は数え切れないほど経験してきました。 亡くなる前、獣医さんからは安楽死を数回提案されましたが、 「短い一生だけど、1日でも長く生きてほしい」 「最期までがんばって生きようとしてるこの子の気持ちを尊重したい」 「天命を全うして自然なタイミングで旅立ってほしい」 「注射が大嫌いな子だから、せめて最期は注射で終わらせたくない」 そんな思いから、安楽死を選びませんでした。 でも、実際は「この子の人生を自分の選択で終わらせる大きな責任から逃れたい、安楽死を選んだことを後悔して引きずるのがこわい」というずるい本音もありました。 しかしその結果、あの子は苦しい最期を迎えることになってしまいました。亡くなる前の1日はずっと呼吸が辛そうで、発作→少し落ち着く→発作を繰り返し、最後はこれまでに聞いたことがないような声で何度も叫んで、のた打ち回って亡くなりました。最後の最後まで必死に生きようと闘ってもがいて、まさに命のエネルギーをすべて燃やし尽くして息を引き取りました。 今にして思えば、人生で何度も病気で辛い思いをしてきた子だから、最期くらい苦しませず安らかに終わらせてあげればよかった。そうしたらあんなにこわくて辛くて、自分の身に何が起こっているかわからない混乱のまま逝かせることにはならなかった。 ですが、私のずるい責任逃れで安楽死を選んであげなかったことを謝りたくても後悔したくても、それはそれで必死に闘ったあの子の最期を否定してしまうような気がして、気持ちの持って行き場がわかりません。 私はどうしたらいいのでしょうか?また、命のすべてを燃やし尽くして苦しい亡くなり方をしても、あの子の魂はきちんと成仏して天国で安らかに楽しく過ごせているでしょうか? あわせて、私たちは海外に住んでおり、お仏壇を用意できません。遺灰と遺影に手を合わせてごはんとお水を供えていますが、あの子が天国で楽しく過ごせるように何かしてあげられることはありますか? 長くなってしまい申し訳ありません。ご回答いただけましたらうれしいです。何卒よろしくお願いします。

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る