hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

人を怒らせる天才です

回答数回答 2
有り難し有り難し 32

普通に人と話しているのに、丁寧に話しているのに、上から目線だなど人を怒らせてしまいます。
気をつけているが、なす全てがありません。

話せば話すたびに人が離れてしまいます。仕事でも交友でもこんな感じで人が離れてしまいます。

このままじゃ孤独になります。
どうすれば良いかアドバイスください。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

じっくり聞いて、ゆっくり丁寧に語る

 私は結構しゃべり方が早口になってしまいます。そのため、自分では丁寧に優しく説明しているつもりですが、相手方には下記のような受け止め方をされてしまうようです。
 1、早口なので、語尾がはっきりしないため、何を言っているか明確に伝わらない。
 2、早口なので、口調がきつく聞こえることがあるそうです。

正直、1や2のような感想を言われると心外であり、ショックです。しかし、相手にはそのように受け取られているということは真摯に受け止めなければならないと思ってます。

 しんしんさんの話を聞いたことが無いので、はっきりしたことは言えませんが、失礼ながら「気をつけているが、なす全てがありません。」という程実際には気を付けていないと思います。何故なら、質問文を読む限りでは御自身の言動を客観的に振り返る機会を持っていないように感じられるからです。「自分では気を付けているつもり」と「周囲から見ても、気を付けている」では、大きなひらきがあります。「このままでは孤独になります」と事の重要性はしっかりと認識しておられると思います。しかし、傾向と対策に関しては、更なる本気度が問われてくるのではないでしょうか?

 私がアドバイスできるとしたら、表題に書いた通り「じっくり聞いて、ゆっくり丁寧に語る」ことです。今なら、スマホでもボイスレコーダーでも簡単に会話は録音できると思います。録音して、自分の話し方を点検してみましょう。声のトーン、スピード、大きさ、抑揚、これらを点検してみたら、改善の余地があると思いますよ。
 また、まだスマホの録画機能を使って、話す時の姿勢、目線、手の位置等を点検してみてください。出来れば、誰かに見て貰って「どこが良くないのか?」「どの動作や言葉が不快感を与えているのか?」原因を掘り起こしてみましょう。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1500件を超えました


 目の前の方の悩みや気持ちをしっかりと受け留め、心を開いてもらうように努め...

心からの言葉

・上から目線なニュアンスになる「単語」
・上から目線なニュアンスになる「口調」
・上から目線なニュアンスになる「態度」 etc…

他いろいろそれを構成する要素はありそうです。例えば「話す」あなたの「人と成り」は、言葉の意味さえも過度に修飾する(ねじ曲げる)力を持っています。言い換えれば「あなたが他人にどう見えているか」という部分が、話をする上での殊更に重要な要素だということです。
言葉遣いを見直し、口調を柔らかく変え、話す態度に気を配る… あと出来ることは何でしょうか。

話す相手の為を思って「愛在る言葉を紡ぐこと」に心を配る、これですかね。
必ずその人の為を思って話すのです。私は常々これを忘れないようにしています。その結果、たまには強めの口調になることもあります。そんな時、一旦は「上から…」評価がつくこともあります。ですが「愛在る言葉」の芯さえブレなければ、それでいいと思います。本質的にはいつか必ず伝わるはずです。

自分を信じて、頑張ってください。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1500件を超えました


アラフォー若僧の超個人的なボヤキだと思ってくだされば幸いです。 いろ...

「怒られる・怒らせた」問答一覧

教習所を退校するべきか迷っています

私は現在無職で中学時代からずっと引きこもっています。 両親も高齢になり、住んでいる場所が田舎という事もあって、運転免許を取る為に教習所に通う事になりました。 そして昨日初めての技能実習を迎えたのですが、結果は散々でした。 指導員が見た目も喋り方も怖い方で、何か指示される度にパニックになってしまい、上手く出来ずに怒られる…の繰り返しでした。 私自身、運転に向いていない事は自覚しつつも、田舎だし車に乗れた方がいいよなという軽い気持ちで入所しましたが、今回の事で完全に自信を打ちのめされました。 しかし入所の費用は父に出して貰っており、私が教習所に行き始めた事を喜んでいる父の事を思うと、簡単に辞めたいとは言い出せず悩んでいます。 情けない話ですが中学時代から引きこもり続け、学校や社会から逃げ続けてきた私ですから、完全に逃げ癖がついてしまっているのだと思います。 しかし技能実習での惨状を思うと、もう運転したいという気持ちが起こりません。 今の時代は買い物はネットで出来ますし、自転車には乗れるので移動には自転車を使うという手もあります。 車に比べたら自転車はやはり不便ではありますが、事故を起こしてしまうかもしれないという恐怖を抱えて運転するよりは、自転車での移動も悪くないかなと思えるようになりました。 自分の気持ちを聞いてもらいたいあまり、つい長文になってしまいましたが、私の悩みは怒られるのを覚悟で父に辞めたいと告げるべきか、それとも我慢して教習所に行き続けるべきか、どちらにしても試練が待ち受けているという事です。 こんな事で悩む自分が情けないですし、他の方が見たら笑ってしまうような事なのかもしれません。 ですが、私は真剣に悩んでいます。 どうかご助言をいただけないでしょうか?

有り難し有り難し 51
回答数回答 3

相手の怒りを受け取らないためには?

いつも有り難いお話をありがとうございます。hasunohaでお坊さんのお考えを読んで勉強させてもらっています。   その中で、「相手の怒りを受け取らなければ、その怒りは相手のもの」という説法がとても腑に落ちたので、実践中です。   しかし、上手い対応ができず、結局相手の怒りを受け取ってしまいます。具体的には、夫に、豊〇元議員の「ちーがーうーだーろー!」並みに怒鳴られて、その場は私の落ち度だけ謝罪してすぐ終わらせますが、後から怒鳴られた事が恐怖で泣いてしまいます。   怒りを受け取らず、相手に怒りをお返しするためにはどう対応すればいいか御教授いただけると幸いです。     以下、直近のエピソードです。   38歳会社員の夫、31歳育休中の私、1歳5ヶ月の娘の3人暮らしです。最近は娘の夜泣きがひどくなる時期で、私は朝の3時〜4時まで起きていることが1週間続きました。   ある朝、いつものように、7時過ぎに、娘と、別室で寝ている夫を起こして、私は眠すぎてふたたび寝ました。(いつもは起きています。) 夫が娘の朝ごはんの準備をしながら、私を起こしますが、私は夜泣きの対応で4時まで起きていた事を伝えるだけでなかなか起きません。夫が出社する8時近くになり、夫が「いい加減に起きろ!!」と隣の家に届くくらいの大声で怒鳴りだしました。起きなかったことは私が悪いです。夫がイライラして怒ることは理解できますが、大声で怒鳴ることは理解できません。   怒鳴られたり喧嘩になった時は、反論したいことがあっても反論せず、自分が悪かった点についてだけ冷静に一呼吸置いてから謝罪します。早く終わらせたい一心で自分の感情は表に出さないようにぐっと堪えて、速やかに終わらせます。何十回も注意していますが、娘の前で怒鳴ることをやめません。   大柄な男性(夫)に、大声で怒鳴られると迫力があるのでとても怖いです。その場では堪えられても、後から怖くなってどうしても泣いてしまいます。夫婦喧嘩自体はかなり減りましたが、夫が怒鳴ることが月に1回程あります。   以上です。     「相手の怒りを受け取らなければ、その怒りは相手のもの」が、上手く実践できません。 怒りを受け取らないようにするには、今の私の対応をどう改善すればいいか、対応の仕方や心の持ちようを教えていただけると非常に有り難いです。よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 12
回答数回答 2

一方的に怒られました。

先日「職場でブチ切れてしまいました」で相談した内容の続きです。 その後同僚の男性(既婚者60代)とはほぼ今まで通り仕事ができるようになったのですが、今度は相手女性から激怒されてしまいました。 その理由とは私が他部署でその同僚男性と女性(私と同年代の上司)ができているとペラペラ喋ったんじゃないかと疑われたからです。確かに始業前に他部署に行ってお喋りはしていました。でもそのことは喋っていません。 仕事をしていたら突然同僚女性から呼び出され、個室に連れていかれました。それから「毎朝他部署で何話しているか説明してみろ」と怒鳴られ「子供の話や雑談で」と答えても納得してもらえませんでした。 「信頼関係が築けないなら部署移動も検討する」とハラスメント的な発言もされました。 他部署にもその同僚女性は鬼の形相で乗り込んでいって私が同僚男性にキレたこと、他部署で内容をペラペラ喋っているんじゃないかと探りを入れて他部署の人もビックリしたそうです。 また、他部署で私と話していた人が無視されたり嫌な思いもしたそうです。(元々他部署には高圧的に出ることもあったようです。) 私はその同僚女性と今まで比較的仲が良かったのですが、時々マウンティングを取られたりもありました。しかし、部署移動の話までちらつかされてショックです。(部署移動は現実的に無理そうですが) その同僚女性は同僚男性との関係は絶対ないと否定し、何かできている証拠があるのかとしつこく問い詰められました。 もしその男性との内容を他部署で喋られたら私(同僚女性)は出勤できなくなるじゃないか!!男性だってキモいおじさんになるじゃないか!!どう責任とってくれる?とも言われました。 私は一方的に言われっぱなしで言葉もあまり出なかったのですが、何でここまで言われないといけないのか理解ができません。 一方的に言われたあと、「言いたいことはないか?ないならケンカはもう終わり」と言われました。 1時間くらい激怒され、一方的でケンカにもなっていません。他部署との接触も今後しないように言われました。 同僚女性とは机も隣で、その翌日からは笑顔で接してきますが、私としては関わりたくない気分です。 私より役職が上の女性上司に今後どう関わっていけばいいかアドバイスをお願いします。

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

許される方法

今お付き合いしている人とは当初から私が人の気持ちが分からず、所謂空気を読まない言動をし、傷つけてしまっています。私が何回も同じ誤ちをし、相手の気持ちを慮った謝り方が出来ず、ここ三年位殴られてしまう程の怒られ方をさせてしまいます。 会話でもうるさい場所や、電話でも途切れて音声が聞こえず、何回も聞き直してしまう為、その度にイライラさせてしまいます。文脈が分からなかったり、何が言いたいのか分からず、返事をするとそういう事じゃない、みたいな事をしょっちゅう言われます。多分発達障害なんだと思います。以前にお前は障害があるんじゃないか、障害者とは付き合えないわ、みたいな事を言われたこともあります。 自分なりに、直そうとしても、一つ気をつけると別の事が抜けてしまい、全く進歩出来ません。その度に何時間も、何日も怒鳴られ続けます。 私が変わらないといけないのに、変われず、うまく立ちまわればいいものの、頭が悪く、逆に火に油を注ぐ事を言ってしまい、もう死ぬしかありません。 私はこういう人間だから、ある程度受け入れて、は通用しません。 どういう思考法で、相手の気持ちを考えて言葉を伝えたら良いのでしょうか?今の自分では何をしても何もしなくても、相手を怒らせる事しか出来ません。 相手の性格や、価値観を大事にし、その価値観に合った言動をしようとしても、上手く出来ません。間違いなく私の価値観でこうであろうと動いてしまい、怒らせてしまいます。 もう、お金もありません。手をつけたくなかった祖父母の遺産も全て使い果たしました。でも、明日から毎日お詫びに十万ずつお渡しせないと許されません。 私がするつもりもないのに、馬鹿にする行動をしているからです。自業自得だとわかっています。どうしたら今の自分を殺して、彼の望む言動を実行できる人間になれますか? 自分の頭で考えるのに疲れました。わかりづらい部分があれば申し訳ないです。

有り難し有り難し 24
回答数回答 2

友人を怒らせてしまいました。

友人を怒らせてしまいました。 私はネットの友人に理不尽な八つ当たりをしてしまいました。 その時はお互い謝って終わりにしようとなりましたが、私がこれを機にネットを引退しようと思い、コミュニティを抜ける際に一番信用していたその友人にリーダーを勝手に任せてしまい。 また、相手を怒らせてしまいました。 その時に八つ当たりをしたことについても納得がいっていないとも言っていました。この問題の本質を考えた時に私は相手の心に寄り添えていなかったのだと思い、相手のことを考えて許されなくとも、相手の心の重荷を取り払いたいと考え話し合いがしたいと思いました。 話が変わってしまいますが、私には持病があります。 最近、引越しもあり大きく環境が変化しました。 ネットというものは見たくないものを見てしまうことがあります。 私はストレスに弱い人間なので、それもあり、友人に八つ当たりをしてしまったんだなと思いネットを辞める決断をしました。 精神的にきてるんだと思います。 相手を思いやって行動しなきゃいけないのに、自殺報道が飛び込んできた時引っ張られそうになりました。 よくないことだと分かっていても、自分のような相手の気持ちを考えられない人間の存在価値を考えてしまいました。 自殺はしません。 けれど、問題と向き合って相手と話し合うにはもうメンタルがボロボロです。 それでも、頭は危ないというのに心はまだいけるとアクセルをかけます。 頭の中はグルグルと相手の心に寄り添わなきゃという感情と死と訳のわからない不安でいっぱいです。

有り難し有り難し 2
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る