hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
家から匿名・オンラインでお坊さんと話せる!hasunohaオンライン個別相談
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

主人に申し訳なくて

回答数回答 1
有り難し有り難し 10

度々御坊様にお答えを頂き有難うございます。今回もよろしくお願いします。主人は8月末に脳出血で倒れ9月中旬からリハビリ付きの病院でリハビリを始めたところです。少しずつ意識がもどり会話もできるようになりました。でも右側のマヒに気付いたとき、この先どうなるかわかりませんがかわいそうでしかたがありません。やはり今までのわたしのおこないが悪かったのだと申し訳ない気持ちでいっぱいです。どうしても考えが消えません。

2017年10月4日 8:20

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

これからです

拝読させて頂きました。ご主人様のご病気心配ですよね。あなたもご自分の責任を感じて大変辛い思いをなさっておられることでしょうね。
あなたのお気持ちを心からお察し申し上げます。

ご主人様のご病気は様々な要因が絡まりそのような状況になったのです。あなたのせいではないと思います。

これからご主人様はリハビリ生活になられるのでしょうけれども、確かに大変辛いでしょう。
毎日毎日繰り返しの訓練ですから何度もあきらめてしまったり、心が折れてしまいそうになるでしょう。
本当に急な坂を登り行くように辛い思いをなさるでしょう。

それでもご主人様は独りではありませんからね。
何よりあなたという強い味方がいるのです。

これからご夫婦の本領を発揮なさる時です。
これからより共に喜びも苦しみも幸せも分かち合う時ではないでしょうか。
そしてあなたとご主人様とのご縁はより深まっていくのではないでしょうか?

私はこれからあなたとご主人様が共に協力なさり、素晴らしいご縁を感じてそして二人三脚で歩んで頂きますようにと切にお祈り申し上げます。

お二人ならばきっと乗り越えていかれますよ!

頑張ってくださいね。

2017年10月4日 19:23
{{count}}
有り難し
おきもち

Kousyo Kuuyo Azuma
脱サラして9年が経ちました。栃木県佐野市の一向寺に勤めています。(佐野ラー...

質問者からのお礼

誠にあたたかいお言葉を頂きまして涙がこぼれました。毎日少しずつですが、言葉もでるようになり嬉しい事もありますが、やはり体の事が気になっていて、一人であせっています。
でも絶体に良くなると信じていこうと思っています。本当に有難うございました。

「病気と向き合う・看病」問答一覧

喘息を患っています

こんにちは。いつもお世話になっております。 私は幼い頃に軽度ではありましたが、小児喘息を患っておりました。 小児であったこともあり快方へ向かいましたが、今でも体調を崩すと発作が出ます。 有難いことに喘息に対し家族の理解や知識はかなりある方ですので、家にいる時は苦しくて動けないと温かい飲み物を持ってきてくれたりクッションや枕を差し出してくれたりするのですが、全ての人がそう理解のある訳ではありません。 それは当たり前で仕方の無いことだと重々承知しておりますが、今日新型肺炎が流行っている中、呼吸器系の病気は人権を略奪されているのではないかと思うくらい軽蔑視されます。 みんな新型肺炎が怖いのは分かります。私も日々恐怖しております。 ですが私が呼吸をする度に喘鳴音がするのも、膝に手をついて呼吸しなければ満足に立っていることも出来ないのも新型肺炎のせいではありません。 このような情勢では病院に行くこともできず、かと言って喘息持ちなのだと話しても煙たがられます。 理解してくれる存在がありながらぜいたくな悩みではありますが、どうしてもっと強い身体で生まれて来れなかったのかと思ってしまいます。 私は周りの声や視線をどのように捉えれば良いのでしょうか。 身体がどうしようもなく苦しくて仕方が無いのに、心まで疲弊してしまいました。どうか温かいお言葉お願い致します。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

どうしたら精神病から解放されますか?

私は今16歳でもうすぐ17歳になります。 過敏性腸症候群になって 約2年6ヶ月になります。 過敏性腸症候群になったキッカケは 夏に二泊三日の車での旅へ行った際 渋滞にハマり、お腹を下した状態で 10分くらい耐えた後、トイレに行けて無事回復ってなったんですが何故かずっと腹が痛くなんでだろうなんでだろうと思いつつ、その日は寝ました。 そしたら、次の日もずっと痛くて何十回もトイレトイレという状態になり、明らかにおかしいと思い調べたら 過敏性腸症候群が出て来てコレだと思って、お父さんに見せたけど、気のせいだよ大丈夫と言われそのまま旅をしました この時、その後の旅とか買い物を断ってたら真剣にこの病気の事を話してたら、ここまで長引く事は無かったと思います。 買い物や旅行も誘われても断れず、一年半程この病気を薬も無しに向き合ってきた頃パニック障害にもなりかけ、限界だと思い親に伝えました。 伝える機会は沢山ありました。でも、お父さんと行った旅行からなってしまったなんて言いたくなかったし 心配もかけたくなくて軽めに辛い事を伝えました。2、3回程話したけど、なんやかんや一年半も頑張っていました。 半年は引きこもってしまいました。 でもこの半年での精神的なダメージは重く、家でも過敏性腸症候群になり恐怖や辛さで呼吸がしづらくなったりして 精神も弱くなり余裕も無くなり、好きな音楽やテレビさえも見れなくなった日もありました。 それでもいつか治ると信じて 乗り越えました。 ただ、病気と向き合い過ぎた結果トラウマも増え、なかなか立ち上がるにも立ち上がりにくくなってしまい、色々調べました。 でも私が欲しい答えは出てこなくて。(答えを求め過ぎて分からなくなっている) ただ向きあった結果、徐々に治ってきて大丈夫になってきたけど、遠出するってなったりするとまた一気に不安が来てしまいます。 大丈夫だって分かってるけど、やっぱり確信が持てなくて。いつ治るのかなって思ってしまう。こんな私に救いの言葉を下さい。 ちょっとだけでも見てもらえたら嬉しいです。ありがとうございました。

有り難し有り難し 15
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る