皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

嫉妬が続く

いつも回答ありがとうございます。前回から一月が過ぎました。心をさらけ出して夫に話してみました。あなたに好きな人がいるとわかっても、それでもあなたと一緒にいたいと伝えました。嫉妬で頭がおかしくなりそうだと。泣いて訴えました。人生でこんなに泣いたことがないくらい泣きました。夫は本当に何もない、ただの同僚だと、浮気も不倫もしていないと。私がラインの内容を見た事を告げると、今度は全部冗談で言っていたと、苦し紛れの言い訳をしてきました。冗談で、誰よりも愛してるって普通の人は言わないよね?って聞いても、いや冗談だから、何もないからと。もう何を信じたらいいのかわからなくなってしまって。でも、この一月は夫の言葉を信じて笑顔で頑張りました。朝のいってらっしゃいも、帰ってからのおかえりも笑顔で。夫の好きな食事をつくり、体調が悪い時もひたすら笑顔で乗り切りました。でも、また彼女とラインしてました。私のいる横で、です。見るつもりなかったけど見えてしまいました。ショックでした。そして、夫に何もないならラインみせてとお願いしました。夫はしぶしぶロックを解除してみせてくれましたが、マズイところは削除されて会話になっていませんし、他の人とのラインもみたら、私の悪口どころか、私の人格を否定し、私を辱しめるような内容で、さすがに辛すぎて、家を出ました。子供たちが心配して探してくれました。家を出ている間に、子供たちが夫と話したそうです。もう女とはラインしない、誤解させることはしないと約束したそうですが、次の日には約束を破っていました。子供たちも、もうかばいようがないと、あきれていました。人は簡単に変わらないし、変えられるものではないです。だから自分が少しでもいい方向に前向きに変わったら、何かいい変化がおきるかも、、と努力したんですが、なんか虚しいです。
夫の事は心が壊れてしまうくらい今でも好きですが、このまま一緒にいたらいけないような気がします。夫は言葉では、私の事を愛してるといいます。嘘ではないのでしょうが、沢山の中の1人で、その中でも御飯作って、用事して、セックスもできる、1番便利な女と思われてる気がします。今回も心が乱れた状態ですみません。
よくわからないです。

嫉妬・蔑み
有り難し 8
回答 1
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

あなたは、あなたの人生を生きて下さい。

 混乱していらっしゃいますね…冷静になりましょう。
 あなたは旦那様に依存していらっしゃいます。その方が経済的にラクで、また御自身の「歩むべき、生くべき道」も考えなくて済むからでしょう。そして、そのことを旦那様は見透かしていらっしゃいます。
 「マウンティング」…ちょっと前に流行った言葉ですが、あなたは旦那様に「隷属」していらっしゃいます。
 そんなあなたの言うことを旦那様が聞き入れることはないでしょう。あなたがこのままであるなら、今後も…。
 旦那様に抱いておられるあなたの気持ちは、本当に「恋愛感情」なのでしょうか? ちょっと違うような気もします…。
 お子様も含めて話し合うことは出来ませんか? その内容次第ではお子様方があなたを力強く支えて下さるでしょう。
 とにかく御自身で生活の糧を得られるようにしましょう。仕事に就きましょう…もちろん道はそう容易くないですが、そのことであなたは初めて自立出来ます。自身の尊厳を回復出来ます。
 旦那様が再びあなたに想い寄せるようになる道とは、つらくて遠回りであっても あなた自身が尊厳を回復し、魅力的になる…それしかないように思います。 
 「彼女」は嫉妬の対象ではなく、あなたと同じく旦那様に遊ばれている 弱い女性なのではないでしょうか? そんな人に恨み抱いていられる程の心の又時間の余裕は、あなたにはありません。
 どうか、御自身の人生を御自身で生きて下さい。後悔無き人生を歩めるかどうかは別としても、少なくとも目指して下さい。
 あなたはあなたです…そんなあなたから離れず、支えるとお誓い下さっておられる御仏がいらっしゃいます。


質問者からの有り難し - お礼

お答え頂きありがとうございます。仕事はしています。経済的には問題ありません。自分自身の事で夫に甘えたことは一度もありません。どちらかといえば、夫に依存されていると思っていました。自分1人では何もできない、大きな子供だと思っていました。そういう夫の世話をする事で自分の立場を確立しようとしていたのかもしれません。共依存というものでしょうか、、少し時間と冷静さが必要ですね。頭を冷やしたいと思います。ありがとうございます。

関連する問答
このページの先頭へ