お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

亡き愛犬への思いをどうしていいのかわかりません

私は昨年の夏に愛犬を亡くしました。

色んな病気と闘いながら約17年生きてくれました。

何度も安楽死か点滴での治療かの選択を迫られ、毎回点滴治療を選びました。
早く楽になりたかったのかもしれないと考えると、無理に治療して苦しい思いさせてしまったのではないかと苦しくなります。

でも心のどこかで看病で眠れない日々や毎日の点滴の治療費にどこまで治療できるのかと不安になった自分もいて、そう思った自分が凄く嫌になります。何て酷い飼い主なんだと…。

また犬は飼い主の病気を取って自分が病気になると聞いた事があります。
私は先天性の難病で神経に腫瘍ができる病気です。私の病気(腫瘍)を自分の病気に変えていたんだと思います。その度に自分が病気になっていっぱい苦しませたと思います。
私のせいで何度も病気と闘せてしまいました。
可哀想な事をしたと思います。私のせいです。

いっぱい癒してくれてありがとうの感謝でいっぱいです。
ごめんなさいとありがとうしかありません。

毎日、ごめんねって思います。
そして会いたい、抱きしめたい
もう一度会いたい、会いたい。

毎日愛犬の事を考えて涙がでます。
自分でもどうして良いかわかりません。

老い・介護・看病・病気
有り難し 64
回答 2

質問投稿日: 2015年10月28日 23:46

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

まだ首輪が一つ外れていない

あなたの犬として死なせているから苦しいのです。
確かにあなたの愛犬だった。
ですが、もともとその犬は「天地の犬」です。誰のものでもない。
命の尊厳があるのです。
誰のものでもない、天地にただ一匹の存在です。
あなたとのご縁は確かにありましたが、あなたは飼い主であり、ペットは無条件の愛情ですから、人間は特に愛着の心が沸くのです。
だからこそ、愛ゆえにその犬を強く、ワタクシしているのです。
もういちど首輪を外してあげてください。
天地の犬として尊厳を認めて天地にお返ししてください。
誰のものでもない犬にしてあげてください。
もちろん、あなたが飼わなかったら殺処分されてしまっていたかもしれない。
だから、あなたは17年間一緒に安心を与えてあげました。
すばらしいことです。家族以上の関係であったでしょう。
だからこそ、もう一度首輪を外してあげてください。
わたしの「の」を外すのがあなたの最後のつとめです。
わたし「の」大好きだった犬から、
立派だった天地に一箇一匹の尊い犬にしてあげるのです。
それが、あなたが外してあげるべき最後の首輪ですよ。

3年9ヶ月前

涙を流し、想いを吐露していくことも、大切な時間

スマイルさん
愛犬を亡くされて、苦しい気持ちが伝わってきます。

一つだけ
“犬は飼い主の病気を取って自分が病気になると聞いた事があります。”

如何なるいのちも
縁次第で病になり、必ず老い、亡くなっていきます。
スマイルさんのせいではありませんよ。

スマイルさんの
愛犬に対する、あいたい気持ちや涙は
愛犬との深い関係から与えられた感情かと思います。

辛いかと思いますが、涙を流し、想いを吐露していくことも
スマイルさんにとって大切な時間なのではないかと思います。

3年9ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

明福寺 / 中根信雄様

ありがとうございます。
私に飼われたばっかりに…と思っていましたが、あの子の縁だったのですね。
少しでも痛みを和らげてあげれていたら
嬉しいです。

安穏寺 (天岑寺) / 丹下 覚元
ありがとうございます。
私が会いたい、抱きしめたいと悲しむ事は、天国の愛犬にも悪影響なんですよね。
辛いですが、あの子の為に頑張ります

「ペット・大切なものの死」問答一覧

「ペット・大切なものの死」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ