hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

父が自死した友人

回答数回答 2
有り難し有り難し 20

高校以来ずっとつきあいのある友人のことです。
高校生の時、友人が突然休みました。仲の良かった私と数人だけが教師に呼ばれ、友人の父が自死したので欠席していることを知らされました。
私と友人たちはどう接すればいいのかわかりませんでした。
数日後、登校した友人は休んだ理由をはっきり話さず、父親が亡くなったことも口にしませんでした。私たちは知らないふりをしていつも通りに接し、結局卒業までそのままでした。
20年近くたち、最近になって友人が自ら「父が死んだこと」「自分がどう感じ、考えてきたのか」を口にするようになりました。お父様の自死にははっきりとは触れません。
私が当然知っていたと考えているようです。私も今さら驚いた風もしませんでした。
事実を知りながら、彼女の気持ちを放置したも同然な高校生時代からこれまでを思うを、今更どうすれば償えるのでしょうか。
今でもいい友人です。彼女自身はお父様の死を自分なりに昇華しているようにも感じます。
これまで通りで良いのでしょうか?恩のある友人です。今更でもできることはあるのでしょうか?

2015年11月4日 22:21

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

長い年月を要し出会える自己-それは成長の証です

亀山純史と申します。
あなたとあなたの友人との関係は、今まで通りのままでいいのではないでしょうか。20年近く経って高校時代のことを口にした友人は、そのことを話すまでに、それだけの年月を要したということだと思います。人は常に、「あの時、ああすれば良かった。」と思うものです。しかし、そのように思える自分に出会うには、それだけの年月を必要としたとも言えるのではないでしょうか。私の宗派の宗祖である親鸞聖人は、20年間の比叡山での修学ののちに、比叡山を下山し、念仏への道へと進まれました。その時、親鸞聖人にとって比叡山での20年間は無駄だったのでしょうか。私は親鸞聖人が念仏に出会うには、20年間もの月日を要したのだと思うのです。私自身も、過去の自分を情けなく思い、後悔することもしばしばです。でも、一方では、若き日の自分には、過去を後悔している今の気持ち、考えを持つことなど、難しいことではなかったか、とも思うのです。人は常に成長しています。過去の自分を後悔するのは、自分が成長してきた証でもあると思うのです。これからも、友人を大切にした人生を歩んでください。

2015年11月4日 23:14
{{count}}
有り難し
おきもち

hasunohaを訪れてくれた皆さん、こんにちは。私は浄土真宗本願寺派の僧...

見守ることもできる

とっこさん、はじめまして。
法話と天井絵の寺、觀音寺 中村太釈です。

とっこさんは、彼女の気持ちを放置したも同然な高校生時代からこれまでのことを償いたいと思っているのですね。

実の父が亡くなったことを受け入れていくことだけでも難しいものです。その上、自死であったことで、さらに悩みが深かったことでしょう。
しかし、とっこさんをはじめ20年もの間、見守ってくれた人がいたからこそ、彼女は立ち直ろうという気になったのであり、とっこさんにお父さまのことを話そうという気になったのではないでしょうか。

見守ることも、彼女に対する愛情なのです。彼女も、それは分かっていると思います。

2015年11月5日 10:30
{{count}}
有り難し
おきもち

徳島県の高野山真言宗寺院で住職をしています。 本山布教師心得として自坊の...

質問者からのお礼

亀山様、中村様、ありがとうございました。
友人は当時からお父様を亡くされたとは思えないほど淡々としており、そのまま20年が経過しました。途中、ほかのことで相談されたり愚痴ることはありましたが、お父様のことにだけは触れませんでした。それだけに、どれほど彼女にとって重いことだったのだろうと思うと、自分が情けなく申し訳なく・・・
彼女と比べると成長したとは言えない私ですが、これからも大切な友人として付き合っていきます。
ありがとうございました。

「身近・大切な人が自死・自殺」問答一覧

兄が自死しました

母の誕生日の朝、母から「兄が死んだ」と電話がかかってきました。 兄は大学卒業後に入社した会社で精神的に参り退職し、その後は嫁の叔父の家業を手伝っていました。遠方のため会うのは数年に一度程で、普段は家族のグループLINEで子どもたちの写真を送ったりとやりとりをしていました。転職してからは元気にやっているとばかり思っていたので、自死したと聞いたときはなぜ?という疑問が頭を占めました。 私は兄の様子がおかしいと感じたことはありませんでしたが、両親には度々愚痴のような電話があったようです。まさかこんなことになるとは想像もしていなかったと思いますが、両親は悔やんでも悔やみきれないでしょう。 おそらく死ぬ直前に、グループLINEに「子どものことで何かあったら嫁を助けてあげて」という内容のメッセージと子ども2人が喧嘩している様子の動画が兄から送られてきました。その時はなんか変な内容だけど、大変そうだな〜ぐらいに思っていましたが、あの時おかしいと思ってすぐに電話すれば良かったと後悔しています。 残された家族は一生後悔して生きていくんだと思います。 なぜ母の誕生日だったのか(実際には前日の夜でしたが、発見が翌日朝でした)、なぜ小さな子ども2人を残して逝けたのか、残された人の気持ちを考えられなかったのか、死ぬぐらい辛かったなら帰ってきたら良かったのに… 兄に対して怒りのような気持ちが湧いては、病気だったのだから、そんなことは考えられなかったのだから仕方がない、と気持ちが萎むの繰り返しです。 また、最近は夫婦仲があまり良くなかったらしいと聞いてからは、義姉に対して責めるような気持ちを抱くようになってしまいました。亡くなっている兄を発見したのは義姉で心に深く傷を負っただろうし、これからは子ども2人を1人で育てなければならず大変なのに… 普通は夫婦仲が良くなかったとしても自死なんてしませんし、義姉に対する思いはお門違いだと分かっているのにそんな風に思ってしまう自分が嫌になります。 友達にも相談できず、だからといって同じように悲しんでいる家族にもこんな話はできません。両親を支えなければいけないのに、自分の心がぐちゃぐちゃで気持ちの整理ができません。時間が解決してくれるものなのでしょうか。

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

二十歳の娘が自死してしまいました。

今日が初めての月命日です。 苦しくて寂しくて堪りません。息をするのも辛いです。 他人が妬ましくてたまりません。 一人娘でしたのでもう私には子供がいない。 私も一人っ子だったので兄弟はいませんが従姉妹たちが心配してくれて頻繁にに訪ねてきてくれます。 寂しさが少しは紛れて嬉しいことなのですが、醜い私は心の中で考えてしまうのです。 彼女たちには子供がいる。ご飯を食べさせて送り出し、夕ご飯を作って帰りを待てる子供がいる。でも、もう私には面倒を見てあげる子供がいない。 そう思うとまた苦しくて苦しくて堪らないのです。 外へ買い物に行くのも苦痛になりました。特に土日に家族で賑わうショッピングセンターなどへ行くと動悸が激しくなり大声で泣き叫びたくなるので、土日は何処へも出ないようにしています。 クリスマスの装飾で賑わう街。 殊更に笑顔で家族団欒を演出するテレビコマーシャル。 他人を妬んだり羨んだり恨んだりせず娘の冥福だけを祈りたいのです。 でも年末年始を平静に遣り過せる気がしません。 クリスマス、お正月の事を考えるだけでさらに憂鬱になってしまいます。 心の持ちようを教えて下さい。

有り難し有り難し 48
回答数回答 2

子どもの自殺の理由、罪の償い方

2年半ほど前に、一番上の子どもが自殺しました。 遺書はなく、私を含めて誰もその兆候に気づきませんでした。 ずっとその理由を考えていますが、いまだにわかりません。 仕事(人間関係も含め)、金銭、男女関係、健康(精神も含め)のいずれもトラブルは見受けられません。 しかし、なんの問題もなく、原因がないのに、自殺するとは思えません。 何が考えられるでしょうか。 私はいつかあの子の自殺の理由を知ることができるのでしょうか。 私があちらの世界に行ったとき、あの子に会うことはできるのでしょうか。 会えるとしたら、その時にあの子は理由を語ってくれるのでしょうか。 どうしても具体的な理由がわからなくて、私が悪い人間だから、神様的な存在が、私への罰として、あの子をとりあげた(自殺させた)としか、考えられません。 私が悪い人間であるため、ほかの子(亡くなった子の兄弟)まで取り上げられてしまうこと、ほかの子が不幸に見舞われることだけは、絶対に避けたいです。 でも、具体的に、私の何が神様の逆鱗に触れたのか、わかりません。 今まで楽しんできたことはすべてやめましたが、これでよいのかも、わからず、恐ろしくてたまりません。 私は自分の罪を、どう償えばよいのでしょうか。 穏やかな、眠っているかのような表情で、亡くなりました。さほど苦しまずに亡くなったのだろう、と言ってくれた刑事さんの言葉が唯一の救いです。

有り難し有り難し 35
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る