hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
2019年のあなたを表す漢字 募集中

自分の根底にあるものが分からなくなりました…。

回答数回答 3
有り難し有り難し 12

私は自分なりに考えた結果、他人にしてほしいことは自分が率先してやるべきだ、というルールを自分に課していました。
小さなことでも他人に親切にするよういつも心掛けていました。情けは人の為ならずという言葉通り、いつか自分に返ってくると信じて始めたことなのですが、いつからかそうしないと気が済まなくなりました。
良いように利用されて切り捨てられたことも何度もありましたが、運が悪かったと思うことにして、このルールを自分に課すことはやめませんでした。

気付けばいいように使われては切り捨てられ…を繰り返しすぎて友達が1人もいなくなっていました。仮にも自分なりの生き方の根底にある芯のようなものを否定したくは ないのですが、もうこれ以上どうすればいいのか、どうすれば良かったのか全くわかりません。自分はこれから、どうすればいいのでしょうか…。

2015年11月8日 1:43

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

菩薩と仏の違い

ある老師に「菩薩と仏の違いは何でしょうか?」と聞いたら、
「菩薩は人を救わなきゃいけないと思っている。仏は、人を救わなきゃいかんという事もなく救える。その違いだ。」とのお答えを頂きました。
あなたは菩薩の行としては尊いのですが、人を救わなきゃ、人に親切にしなきゃ、ということに縛られているのです。
ボランティア精神にも様々あります。
やらなきゃいけない、絶対にやらなきゃいけない、という押しつけがましい義務的ボランティアでは、ボランティアしてもらう側も暑苦しいというものです。
自分で作った自分ルールによって縛られ、それによって不幸になるという事であれば、そのルールこそ捨てるべきものです。
しかしあなたは、それを捨てがたい、のです。自己否定につながると錯覚しているのです。
そんな事はありません。そのルールだけ捨ててしまえばあなたは瞬時にリニューアルされます。
 

2015年11月8日 20:18
{{count}}
有り難し
おきもち

丹下覚元(たんげかくげん)
お悩み相談 ❝あなたの悩みという荷物をおろしてみませんか?❞ 「お寺で...

尊いと感じます。でもタイミングが。

きょうび、生き馬の目を抜くような世の中で、「自分から進んで親切にする」のは尊いことと思いますが、同時に「都合のいいやつ」=使いやすい奴、にされてしまうことは、確かにあると思います。寂しいことです。
ただ、「他人のためならず」というのは、「見返りを求める気持ち」に対して、取り敢えず今、解答を得ておくという「その場しのぎ」なのかも知れません。
そう言われると、お先真っ暗な感じがするかも知れませんが、私から見るに、実は「他人のためならず」を使うタイミングを誤っているように見えます。つまり。
自分がする時に「他人のためならずだから」ではなく、何か返ってきた時に、「ああ、ただ他人のためになったダケではなかったのだ」と気づく、そのタイミングの問題ではないかと思うのです。
あなたはおそらく、既に「困っている他人がいたら助ける」ということが身体に定着していると思います。ですから「ふと」手を出してあげたい時にすれば、それで良いのです。
ちょっと分からないのは、通常「親切な人」というのは、より頼られるようになるので、友達が減るとは考えにくいのです。メカニズムがあるとすれば、「断らない、賛成する、都合を合わせる」ことであなたが得てきたメリットは何かということです。(通常、メリットの副作用には、あまり目を向けないものです)
時々親が言いますね、「子どもの言うことは、何でも叶えてあげたい」と。でもこれ、失敗の道なのです。何でも子どもの言う通りではなく、時に「これ以上は駄目だよ」という、限度や壁を示すのも、親の役目です。「何でも」の親は、「子どもの意思と親の思いをすり合わせる・折り合う努力、否定したことへの後始末」をパスしてしまっているのです。すると子どもはエスカレートし、折り合いに慣れていない双方は「キレて、断絶」に向かいます。「友達がいなくなった」というのは、そういう経路をたどる事があり得るかな?と思います。
何れにせよ、「生きていく上での信念」は、どんどんアップデートしていって良いのです。バージョンアップの時は、基本的に「当然と思っていた事を疑う」のが含まれます。いま問題に直面しているという事は、あなたの成長の時が近い証だと思います。
「ふと」でない時には、交渉というか納得が必要なのだろうと思います。

2015年11月8日 12:16
{{count}}
有り難し
おきもち

一般大学(一般的でもないが…)から大正大学の史学コースへ。そののちお寺。坊...

どこかで見返りを期待している自分がいる

人のため人のためと言いながら、こうしたらお礼を言われる。とか利用されたくないとか、そうしたあなたの計らいが頭の中に存在してませんか。

そうした思いが、自分を苦しめます。自分の事のように当たり前に人にできないのであれば、進んでやる事をやめればいいと思います。自分を学んでください。自分がどのようになっているのか、それを知る事が大切です。
仏道を学び、当たり前に人のためにできる慈悲の心を持てると良いですね。

2015年11月8日 9:48
{{count}}
有り難し
おきもち

「自分とは・自分を何とかしたい」問答一覧

アイデンティティーの確立で悩んでいます。

ふとした瞬間に「私って何なんだろう」と思うことがあります。 「自己同一性」で検索すると、 “「自分は何者か」「自分はどんな人生を歩みたいか」「自分はどんな仕事がしたいのか」「自分の趣味は何か」「自分はどうして生きているのか」といった問いを通して、自分自身を形成していく” という文章が出てきました。この問いのすべてに、私ははっきりとした答えを出すことができません。 寝て起きると、昨日とまったく違うことを考えている自分がいます。昨日は腹を立てていたことが今日はまったく気にならなくなっていたり、逆に何ともなかったことが妙に気に障ったりします。5分前の自分と、今の自分が同じ人間だという確信が持てません。明日の私はこんなことで悩んでいないと思います。 今一緒に働いている人は良い人ばかりですが、仕事にやりがいはないです。ただ来た仕事を淡々とこなすだけで、「職人肌だね」と褒められることはありますが、楽しくはありません。また、吹けば飛ぶような会社なので、10年後同じ仕事をしているとも思えません。誰でもできる仕事ですが、いわゆるクリエイター職なので、「何者かにならなければならない」という焦燥感に駆られます。ですが、空っぽな人間なので、焦って空回って疲れて眠って終わり、という日々です。「何者かになる必要なんてない」「私は空っぽじゃない」と言い聞かせても、いつの間にかぐるぐる考えてしまいます。 「好きなことくらいあるでしょう」と周りは言います。確かに《今》好きなものはあります。ただ「本当に?」と自問すると、本当に好きかどうか分からなくなります。子どものときからとにかく飽き性で、諦めが早く、いろんな物事に手を出してはさっさと放り出す癖があります。しかも、一度興味を失くすと、ほとんど見向きもしなくなります。 人生の目標もありません。子どもが欲しいとは思っていませんし、そもそも結婚願望がなく、誰かとお付き合いする気力もありません。友だち付き合いも希薄です。 好きなものを見つけたい、ない、やりたいことをやりたい、できない、やらなければならない、やりたくない、やりたい、できるわけない、そんなことばかり考えています。何から手をつければよいかも分かりません。もしかしたら私は恵まれているから、現状に甘えてるだけなのでしょうか。自分のことが分かりません。そろそろ発狂しそうです。

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

これまでの自分の生き方を後悔しており、前に進むことが怖い。

初めて質問をさせて頂きます。 私は40代になります。 大学院を出て、2度転職し、自営業を営んでいました。 昨年、仕事に行き詰まり、病院で2カ月をすごした後、会社をたたむことにしました。 どの職場でも周りの人に助けられたこともあり、何とかやってこれたと思っています。 そして、この度会社をたたんで、以前から関心があった飲食店を始めたいと思い、アルバイトを始めます。 思い返すと、自分のやりたいことばかりをやってきました。 ただ、自分が何の成果を残せたのか、誇れるものがありません。 現在は親に経済的な援助を受けながら、飲食店でのアルバイトを始めることになりました。 私自身が40代、そして両親が70代となり、これまでの生き方が本当に一生懸命に生きてきたのか自信がありません。 これからは一から頑張らなければと思った矢先に、自分のふがいなさ、親への負い目、社会の目がどうしても気になり、ふさぎこむことが多いのが正直なところです。 人は人と思いながらも、どうしても自分の自信や前向きな気持ちがおれることがあります。 胸をはって、少なくとも親には恥ずかしくない時間をこれからは送りたいと考えています。 このような中途半端な生き方をしてきた自分にもう一度立ち上がる勇気や図太さを持つには、どのように日々を生きていくべきでしょうか。

有り難し有り難し 26
回答数回答 1

自分の信じる『神』や『仏』が何者かわかりません

はじめまして。 うまくお話しできるか、わからないのですが… ここ最近、自分の思想がどこにあるのかわからず、お話を聞いていただきたいと思い、投稿させていただきました。 まず、私は特に、何教徒である、ですとか、特定の宗教には属しておりません。 ただ、色々と自身の考えと当てはまるものを探すなかで、最も共感できるのが仏教でしたので、こちらにおります。 私は漠然と、神様が存在していると思っています。 神が人間を作ったと思っています。 しかし、それは聖書にあるような、直接的に人間を作り出すようなものというよりは、 人が一冊の本を作り上げるようなものだと思っています。 『神』が、この世界を作り上げ、そのなかで『キリスト教』『イスラム教』『仏教』といった… 語弊を恐れずに申し上げるならば、『地球というなかの物語の設定としての宗教』を作り上げているのではないか、と思ってしまうのです。 そうした、なんでもできてしまう神のような、宇宙の外にある大きな力が、私は怖くてたまりません。 あまりに苦しいとき、そうした『神』が、私に何かバチを与えているのではないか、とさえ感じます。 しかし一方で、仏教の『因果応報』という教えを知ったとき、どこか救われるような感覚がありました。 私が苦しんだり、喜んだりするのは、宇宙の外にある神のせいではなく、自分自身の行いの結果なのだ、と。 それから、少しずつ仏教について調べ始めていますが、やはり何か神様のようなものの存在は、否定できずにいます。 そもそも、誰か一人でも信じ、信仰し、救われている人がいるならば、キリスト教の神も、イスラム教の神も、はたまた新興宗教の神であっても、存在していると思うし、それを否定したくないのです。 自分の信じるもののために、誰かが信じるものを否定したくありませんし、ないものにしたくありません。 一方で、どこか神様のようなものに怯えている自分がいますし、こんな自分が仏教の教えに惹かれることは、それこそバチが当たるのではないかと思います。 うまくお話しできたかわかりませんが、心のもちようがわからず、難しく感じております。 なにかアドバイスなどありましたら、ぜひ教えてください。

有り難し有り難し 59
回答数回答 4

自分の冷たさ

私は、母親の死によって自分自身の冷たさについて考えるようになりました。 母親が苦しんでいる時、私はとても冷たかったです。 例えば私は母親が病気で苦しんでいる時に初詣に行きました。 私は、その時トートバッグが欲しかった 初詣に行く前にトートバッグを買いました。 今思うと、私は母との時間よりも物欲・・を優先したんだろうと・・ もちろん、その時はタイムリミットが近づいてる事は 分かってはいなかったけれど、 あんなに苦しんでいた母より、私はそっちを選んだ 最初はどうして初詣を断れなかったんだろうと・・そう悔やんでいました でも、よく考えると私は断れなかったのもあるけれども、結局はトートバッグが欲しくてそっちを優先したんだろうと思います。 苦しんでいる母を横目に私は何か言葉をかけるでもなく パソコンやっていた事もありました 母が亡くなって気づきました パソコンとか物欲とか母との時間に比べたらどうでも いい事だったと・・ 母が自分の死をもって私の持ってる冷たさを教えてくれたのだろうか・・と考える時があります。 あんなに苦しんでいたのに、自分の物欲、自分の時間ばかりを優先して母の事を顧みようともしなかった 私はおかしいのではないだろうか・・ と今思い出しても自分の冷たさについてやるせなくなります 私はずっと、自分中心に生きてきた 自分の中にある冷たさ、冷酷さと、どう向き合ったらいいのでしょうか?

有り難し有り難し 29
回答数回答 1

自分で自分を苦しめてしまう

自分で自分がわかりません。 思えば不登校になったことも、特にいじめをうけていたなどの決定的な原因があった訳ではないのです。 ただ、人との関わりがひどく苦手だったことは事実です。 数年間引きこもり、アルバイトをいくつか経験しましたが、自身の責任感のなさや愚かさから幼稚で身勝手な判断を繰り返し、どの職場も長続きせず、様々な場所のあらゆる方々に不義理をし続け、今日までのうのうと図々しく生きてきてしまいました。 どうして、こんな自分に手を貸してくれた人や励ましてくれた人、期待してくれた人、よくしてくれた人を裏切ってまで、内にこもってばかりいる意味は何なんだろう。自分が楽になる為だけに人間関係を壊し、引っかきまわして、後から苦しむのはわかっているのに、自分自身が理解出来ません。 生きているのが苦しいです。 精神障害のチェック項目に自分を当てはめてはため息をついたり、逆に今までの生きづらさは全て病気のせいなんだと安心してみたり、もう疲れました。 私はまともじゃないのに、病院に行っても病気だと言われたことはありません。 普通と病気の真ん中にいて、どちらの世界でも私は仲間外れです。 いつも人目が気になり、皆が自分を見ているような気がして、目線をどこに置くのかが難しく、疲れました。細かく言えば、気がするのではなくて私にとっては紛れもない事実なのに、気にするなと言われても、それができればこんなに苦しんでいません。幼いころから頭にこびりつく、自分は普通の人間とは違っていて、周りの皆もそう思っているという考えが抜けず、疲れました。 幸せな人を羨んだりするけど、これまで幸せを手放してきたのは自分自身です。 どうして同じ失敗を繰り返すのか、破滅型とか悲劇のシンデレラという言葉を最近知りました。私のことかも知れません。 いつまで経っても変われず、同じような場所で同じようなことで悩んだり、地団駄を踏み続けて、自分で自分をダメにしていると思ったら、もう自分がクズすぎて死んでしまったほうがいいのにと思います。 私はどうしたらいいですか? 変われますか? 普通になりたいです。 自分を好きになれますか? 真面目で誠実になりたいです。

有り難し有り難し 73
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る