もう、耐えられない。

もう、どうして私ばかり悩みというか耐えられない事ばかり起こるのか。

今度は実の母親の事です。義両親の次は実の母親かい!と言われそうです(笑)

旦那はバツイチですが、私にとっては最良の夫で、夫大好きです。のろけてる場合ではありませんね(笑)

それが結婚して子供が生まれたにも関わらず今だに文句と子供の祝い事やお中元やお歳暮駄とうで非常識な事を平気でやってきて義両親、旦那から総スカンです。もちろん私からも…。

書いていたら書ききれないので割愛させていただきます。上の子が生まれてきた時も旦那と義母に喧嘩を売り自ら絶縁状態にしておきながら、私は被害者よ!的にお寺にワン切りの電話をしょっちゅうしてきます。たまに夜中にもあります。

今日はたまたま電話がつながり義母に突然食って掛かり言いがかりをつけてきて義母を悪者にし立ててきました。電話を変わった旦那にも同様にしてきました、

そして、私と旦那は携帯を着信拒否にしているので今度そちらに行くので私に会いに行くと訳のわからん事を勝手に言ってます。私は合うつもりもないし、今が存じかと思いますが、臨月でそれどころではありません。

毎度毎度問題を起こして私のイメージを悪くしなんとしても、離婚させ自分のもとに戻そうと必死です。

そのためなら、旦那の仕事関係にまで出向いて話してやる!といい始めています。

もー手のつけようがありません。一応は警察に以前から付き出す準備はしていますが、何故そんな事までして娘の幸せを奪い取りたいのかわかりません。

実の母親からしたら、娘を取った憎い仏教!旦那と義両親でしかないでしょうね。

こんな母親に育てられ、独身時代に私は行き方がわからず、逃げてたのがお寺でした。暇あればお寺。法話会へ参加してました。

結婚する時も母からずっと言われてました。あんたはへんてこなものに洗脳されるついに坊さんと結婚?と。

そして今回は私達の死後お墓の管理だの今住んでるマンションの相続などの話で電話してきてあますが、理屈をつけて会って離婚させようとさせています。

本当に私は疲れました。
こういう事が度重なれば義両親も旦那も、私を捨てるかもしれません。

それは避けたいです。家の両親に私は命をかけてそれを伝えるべきでしょうか?

以前電話や手紙で絶縁、離婚しないこと、付き合いたくない事も伝えてます。

有り難し 22
回答 2
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

(^。^)義両親の次は実の母親かい!(笑)

ご要望?どおり、タイトルでお見舞いしました。(^<^)?
あっちゅうまにスルーしないでくださいね。
「思っていることと実際のこととは違う」
「実際の状態は、こちらが思っていることとはまるで違う在り方をしている」
「あれこれ思ったけど、実際は全然違っていた」
こういうことって、良くありませんか?
ついさっきまで月9のお坊さんドラマを見ていましたが、ドラマだって、番組前の宣伝と、実際の進行ではまるで違うものです。
ドラマではお坊さんの世界はあのようにえがかれていますが、現実の実際は全然違うものです。ドラマでは、役者さんがそういう役を演じていますが、本人たちの実生活や性格も全然違うものです。
私たちが、思い込んでいる義理の両親も、母親も【こちらが思い込んでいる姿と、実際の姿とはまるで違う】ものだったりします。

A「自分で思い描いた相手に対するイメージ」をセルフイメージと言います。
B「実際のリアルタイムで動いている実物本人様」を実物、本人といいます。
あなたがあ地手にしてしまているのは、確実にAですわい。
Bは、本当に出会った時にだけ問題にされるようになれると良いでしょう。
おなかの赤ちゃんの為にもあんまりカリカリしませぬよう…。ナムナム。
そのためにも、いよいよおつらくなったらお電話ください。
文字入力も大変でしょうし、長くなりますし、なかなか解決しませんから。
何故なら、メールやこういう文字のやり取りは、上記のA「セルフイメージ」を生み出すのです。本当は、この丹下はとっても優しくてイイ男で親切なのですが、世間の人はみなAの、ご自分の中で描かれた悪いイメージの❝私❞を観ておられるのです。(笑)

2年3ヶ月前

大変ですね

それはさぞ大変でしょうね。
是非お腹に手を当てて、一生懸命生きている赤ちゃんの事を感じ取ってあげてください。
あと、上のお子さんの手を、しっかり握ってあげてね。

2年3ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

なるようにしかならないと思います。
今は赤ちゃんを無事に産むことです。

義両親の事もの家の両親の事ものどうにもならない、諦めました。どちらも勝手にしてくださいです。

私たちは自分の家族を大切にします。

関連する問答
このページの先頭へ