お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

自分の生い立ちが受け入れられない

いつもお世話になっております。
長年、自分の生い立ちに悩んでいます。
お坊さん方アドバイスをお願いします。

現在二十代半ばなんですが、幼少の頃の記憶といえば、
父親が母親を殴り、怒鳴っているという記憶です。
さらに、母親は少しでも自分の逆鱗に触れると、
私の事を殴るという環境でした。

5歳ぐらいから両親が別居し、
母方の実家で暮らしていたのですが、
母方の祖母から1つ下の従姉妹と比べられ、
「一人っ子だから我儘」「お父さんと暮らせばいいのに」と
暴言を言われてました。

月に数回父親と会っていたのですが、
私の欲しいものは買ってもらえたのですが
母親の悪口ばかりでした。

また、洗髪や洗顔、歯磨きを毎日すると
母親や祖母から「色気付いてる」と言われました。

高校生頃から鬱のような症状が出てきてしまい、
突然不登校になってしまったのですが、
母親は何も話を聞いてくれず…。
そういう母も働いても長続きせず、
ずっと家で寝ているような人でした。

そんな家が嫌で高校中退と共に
父親と暮らす事を選んだのですが、
度々、父親の彼女に会わなきゃいけないのが嫌でした。
それ以外は、学校を辞めて通信に編入することも
大学に進学することも賛成してくれたいい親だと思います。
でも、度々「アンタのお母さんは死んだだもんね」と
言ってくるのが嫌で嫌でたまらないです。

二十代半ばになった今でもこういう生い立ちが
認められません。
今は地元を離れ一人暮らしをしているのですが、
どうして私だけああいう子供時代を過ごさなければ
いけなかったのだろうと日々思っています。

生い立ちが原因なのかわからないですが、
恋人ができると子供のように甘えてしまいます。
だいたい相手が私の事を重たく感じてしまい、
振られてしまいます。
また、自分に自信がなく、相手の言いなりになってしまいます。

うまく言葉がまとまりませんが、
普通の対人関係を築きたいです。
私ももういい年齢なので、
めちゃくちゃな恋愛関係より、
夫婦になれるような関係を築きたいです。

精神科に通いカウンセリングにも通ってますが、
なかなか改善されず、辛いです。

お坊さん方アドバイスお願いします。

家族親族
有り難し 15
回答 1

質問投稿日: 2018年1月9日 22:15

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

過去ではなく、今のあなた御自身の人生を生きて下さい。

 「自分の生い立ちが受け入れられない」…お気持ちお察し致します。
 自分が自分を受け入れるためには、まず親や周囲の人に自分を受け入れてもらうことが必要です。これは人間の生育、心の成長の根本のところです。
 あなたは厳しい家庭環境に置かれたために、自我が芽生える頃、そしてその後も御自身を受け入れてもらいたいという欲求が充分に満たされなかったのです。恋人が出来ると子供のように甘えてしまうのもそこに原因があるように思います。
 でも、あなたは過去には戻れません。満たされた幼児期を生き直すことは無理です。
 でも、今から そのことに気付いた上で生きることは出来ます。私の心は満たされないままに大人になってしまったのだと認めて生きることです。自分というものへの気付きです…気付きこそが仏教の根本です。
 大体 私もそうですが、完璧な、やさしい、温かい、絵に描いたような環境で育った人はそう多くはありません。また、幸運にもそのような環境で育った場合、温厚で穏やかで多くの人に好かれる性格になるでしょうが、かえってその為に世間の厳しさ、理不尽さが理解出来ず、精神的に親・家庭から抜け出せないという状況にもなり得ます…それはまさに紙一重です。
 まず、今まで、そして今生きていることに感謝をなさって下さい。これからは自分の人生を自分で生きるんだと腹を決めて下さい。もう過去は言わない、蒸し返さない、今と未来を生きるんだと誓って下さい。
 20代のあなたには充分すぎる時間と、羨ましい程の若さがあります。
 だから、やろうと思えばなんだって出来るのです。
 何か始めて下さい。やること、好きなこと決めて下さい。今は恋愛は有っても無くても良い、自分のやりたいことの その片手間にして下さい。
 あなたはあなたの人生をあなたの思いで生きるのです。生きて良いのです。自由です…でも、その分責任も伴います…人のせいには出来ません。だって自分の人生なんですから。
 あなたの人生をみ仏が支え、応援し続けて下さいます。

11ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

ありがとうございます
きちんと自分の人生を生きるために好きなことをたくさん見つけたいです。

関連する問答
このページの先頭へ