hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

愛猫が亡くなって

回答数回答 3
有り難し有り難し 34

先日猫のことで相談いただいたこまめと申します。

3日前、愛しい猫は他界いたしました。
朝から昏睡状態に陥り、夜に逝ってしまいました。
多分、そんなに苦しまなかったと思います。

先日アドバイスいただいたように、適度な距離感をもつように、依存しすぎないようにしていたせいか
比較的冷静に看取ることができたと思います。
ありがとう、大好きだよと言い続けました。

生まれつきの短い命、頑張って精一杯生き切ってくれたし、自分も出来る限りのことをしたつもりです。
今はそう言い聞かせているせいか、思っていたほど落ち込んでいないのですが、
時間が経つにつれ、ああ、あの子は私が看病疲れ、心配疲れしすぎているのを察して、慌てて逝ってしまったのだろうか?
と思い始めました(入院から自宅へ戻った次の日に急変して亡くなりました)。

正直治ることのない病気でしたので、苦しみから早く解放してあげたいとも思っていました。
でも、本当はあの子が私を解放してくれたのかもしれません。

もっと落ち込んで食事もできないようになると思っていたので、比較的落ち着いている自分が不思議で戸惑っています。
本当に寂しく、悲しいことに間違いはないのですが。

これで良かったのでしょうか?


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

あなたのおかげで、あの子は安心して逝かれたことでしょう

前回、回答させていただいた亀山純史です。

「自分自身、しっかりしなければ。」という思いの中に、今あなたはいるのではないでしょうか。だから、本当に寂しく、悲しいことでありながら、無意識のうちに、比較的落ち着いているように振る舞うことが出来ているのではないでしょうか。

あの子(愛猫)のために、あなたは精一杯のことをしてあげたと思います。そして、あの子は決して、あなたの看病疲れや心配疲れを察して、慌てて逝ってしまったのではありません。自宅へ戻ってきたことでの安心感で、そしてあなたの献身的なお世話のおかげで、あの子は安心をしてあの世に逝くことが出来たのではないのでしょうか。

「本当はあの子が私を解放してくれたのかもしれません。」とのことですが、あの子が亡くなって、確かに「いつ逝くのか。いつ逝くのか。」という気持ちからは解放されたことでしょう。その代わりに、あの子が逝ってしまったことで、あなたとあの子との思い出は純化され、あなたの心の奥に深く刻まれたことと思います。どうかその思い出をいつまでも大切にして行ってください。あなたがあの子との思い出を語るとき、あの子はあなたのそばで静かにその思い出に耳を傾けていることと思います。

最後に、「これで良かったのでしょうか?」との問いかけですが、これでよかったのだと思います。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


hasunohaを訪れてくれた皆さん、こんにちは。私は浄土真宗本願寺派の僧...

結構なことです

動物というのは非常に感がするどいようで
僕たち飼い主の「気」をいち早く察知するようです。
ですから、飼い主を思って我が命を縮めたと考えることもできますね。
でも、命とは身体とはそういうものではありません。
最期の最期まで生きようと生命維持装置が働くものです。
そこにあなたとの「愛情の歴史」が加わることで、ねこちゃんに更なる生命力を与え
たことは間違いないのです、離れたくないと。

最期までねこちゃんに愛された実感が
今、あなたの心を穏やかにしていることを
亡くなったねこちゃんのために知ることです。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


「平等」という嘘を信じるな。 仏はこの世が不平等であり辛苦から絶対に逃れ...

愛の力です

あなたが注いだ愛があなた自身を愛で包んだのです。
だから苦しくないのです。
人はやさしさを自分で産みだすことができる。
自分でない存在をいつくしむことができる。
あなたはそれを言われた通り実践して下さった。
あなたにその力が生まれた。
その力を与えてくれたのが、その猫です。
その猫はあなたの愛の力となったのです。
だから死んでません。
誰にでもその愛を注ぐことができるでしょう。
あなたとそのネコちゃんとの間に生まれた永遠の力です。
それがさらに誰かを救う力となれば慈悲になります。
時おり思い出しては、その力を使って、ひとにやさしくしてください。
職場を優しくしてください。
日本を優しくしてください。
世界を優しくしてください。
それがあなたの使命ニャ。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


質問者からのお礼

亀山様、四次元 法華塔様、丹下様

まだときどき寂しくて涙が出ますが、クロちゃん(猫の名前です)に命の重みと無償の愛のようなものを教えてもらった気がします。
皆様のお言葉で、気持ちがだいぶらくになりました。ありがとうございます。

「ペット・大切なものの死」問答一覧

大好きだったペット死なせてしまった

もう、今から8年ほど前です。  懺悔させてください。 大好きだったうさぎを私の不注意で熱中症で死なせてしまいました。 その子は、とても人懐っこい子で飼い主私の心の不安などをよく気づいてくれる子でした。 掃除が終わった後、いつも日陰においていました。しかしいつもは、誰かがいて、日陰がなくなれば日陰にとうつしていました。しかし死なせてしまった日は私はおろか家族もだれもいずに日陰にうつしてあげる事ができず死なせてしまいました。 暑い中苦しませてしまいました。 大好きで、私が元気になれるよう助けてもらっていたのに私は最悪なことをその子にしてしまいした。 そして、その大好きな子には番の大好きお嫁さんがいてその子からも奪ってしまいました。 そして数ヶ月後最悪なことに、番のお嫁さんも死なせてしまいました。 私がもっと強く家族に掃除が終わったあと外にださないでと言えず熱中症で死なせてしまいました。熱中症で、大好きな子を死なせてしまったので、家にいれておいてと訴えたのですが、何故か外に出されていました。私がもっともっと強く家族に伝えていればお嫁さんだけでも助かったのにと後悔しています。 それなのに私は、いつまでも生きていて、自分だけが幸せになるのが許せなくて死にたくなります。私がかわりに死ねばよかったとおもい本当に代わってあげたいです。 毎日、毎日心が締め付けられるような痛みになります。誰も怒ったりしないで罰をうけていません。

有り難し有り難し 17
回答数回答 1

ペットを見殺しにしてしまいました

はじめて質問させていただきます。 向き合う気持ちを整理するためのアドバイスをいただきたいです。 日本でいう大黒ネズミを2匹飼っていました。 ねずみの寿命は2~3年で、人間換算では2年で60~80歳、3年で90~100歳くらいです。 1匹めの子は肺炎の治療をしつつ、とても頑張ってくれて1年半生きてくれました。 2匹めの子は大きな病気は1度もなかったのですが、2歳の誕生日辺りに後ろ足の踏ん張りが弱くなりました。 病院でも診てもらったのですが、原因は見当たらず反応も少し鈍いぐらいで老化の可能性が大きいということで、サプリメントで様子見になりました。 それから1週間ぐらいの頃、全身麻痺のような症状が出ました。 かかりつけの病院に行こうとしたのですが、お休みなのを失念しており 他の病院に行けばよかったのですが、その時の私は、様子を見て明日かかりつけ医に診てもらった方が良いと考えてしまいました。 その子はその日の晩に亡くなりました。 私が様子を伺う為に近づいた時に少し足をバタバタさせたので(発作だったのかもしれない) 名前を呼びながら撫でたその時に息を引き取りました。 ・違う病院に行って、明日かかりつけ医に行くのはねずみに負担がかかるかもしれない。 今まで元気で病気知らずだったから明日までの体力もあるのでは。 ・1匹目の時にいろんな病院に行ったのですが、診れると謳っていてもねずみをちゃんと診れるお医者さんが少なく 今のかかりつけ医がいちばん信頼できる方でした。 その時がそう考えましたが 人間で同じような症状が出たら救急車を呼ぶでしょうし、病院もかかりつけ以外にアテがなかった訳ではありません。 今までだったらすぐに病院に行っただろうに、なぜ今回こんな選択をしてしまったのか後悔してばかりです。 大切にしていたにもかかわらず、私は大事な時に向き合うことから逃げてしまったから 安易な選択をしてしまったんじゃないか、私には悲しむ権利はないんじゃないかと日々苦しいです。 病院に行っていたら絶対に助かっていた訳でもないのは分かっているのですが、楽に亡くなれたと思います。 おじいちゃんになって、これから介護していくつもりでいたのでこんなに早くにお別れになるなんて、何も返せていない、という思いでいっぱいです。 うまくまとまらず長文乱文になり申し訳ありません。 よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 11
回答数回答 2

猫に呪われているのかもしれない

飼い猫が先月逝きました 実家の飼い犬2匹のうち1匹も先々月逝きました もう1匹も危ない状態です 猫とは仲が良かった時期もあったのですが、仕事でも私が精神的に追い詰められることが多くなり、猫を嫌いになっていってしまいました 猫が嫌いになってしまった原因は鳴き声です 私を責めているように聞こえる鳴き声でした 今までも、煩く鳴く事が多く 音で驚かせたり、水をかけて驚かせて 鳴くのをやめさせようとしていましたが 効きませんでした 実家の犬が逝ってしまう前の日 いつも以上に煩く眠ることすらできず 怒りに任せて私は猫に水をかけました とても煩くて眠れなくて大人しくなってほしくて 猫はとても怯えて隠れてしまいました その姿を見てとても後悔したけど あの猫の鳴き声を止ませるためには仕方がないとも思いました その次の日飼い犬が亡くなりました もともと寿命も超えていて、弱ってきてはいましたがタイミングが… 私が猫に水をかけたから猫が飼い犬を…と思ってしまいました その後、猫もどんどん弱っていき なんとか元気にさせようとしましたが、結局亡くなってしまいました そして今は実家の残された犬も、もういつ逝ってもおかしくない病状だそうです 私が猫に優しくしてあげられなかったから、猫も私の大好きな飼い犬も亡くなってしまうのだろうかと毎日後悔しています ただ…この間夢に飼い猫が出てきて 死ぬ間際のようにとてもボロボロの毛並みでした 私は会えて嬉しくて何度も名前を呼んでたくさん撫でて その度にどんどん元気になって最後は光になり消えてしまいました 猫は私を許してくれたのでしょうか

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

愛犬の死

私は愛犬2匹チワワ♂13歳、チワワ♀1歳と旦那さんと幸せに暮らしていました。 ところが今年5月にチワワ♂が亡くなりました。もともと心臓が悪く7歳から月一で東京の病院に通院してました。亡くなる1週間前から調子が悪いことは何となく気がついてましたが前日に病院へ行き検査、お薬をもらってたので安心してました。ところが亡くなる3日前にやはり心配になり病院へ相談し、仕事もあったため仕事帰りにお薬だけを私がもらいに行きました。それから3日で亡くなってしまいました。今となっては、何故あの時病院へ連れていかなかったのか、どうして仕事を優先してしまったのか、少しでも面倒と思ってしまったかもしれない、と後悔ばかりです。もはや私が死に追いやってしまったものです。バカな自分が許せません。 亡くなった子は私一筋でいつも私を守ってくれるような優しい子でした。小さい体でいつも私を守ってくれてました。(ただの通りすがりの人でも) なのに私は守れなかった… お線香をあげるたび泣いてしまい、思い出す度に悔しくて仕方ありません。 残されたチワワ♀は私に一番懐いてはいますが、私の家族にも心を許しており私がいなくなっても心配はしてませんが亡くなった子は私だけだったので、逝った先でちゃんとやれているのか、寂しくしてないか心配です。私も会いたくて謝りたくてたまりません。 今までは愛犬たちに美味しいものを食べさせるため、お薬代を稼ぐため、亡くなった子が大好きだった旅行やお出かけに行くために仕事をしてましたが、亡くなったことで仕事にも集中出来ず、生きている意味さえ分からなくなることがあります。私はこの世に未練もありません。今は残されたチワワ♀がいるから生きているという感じです。私も死ねばあの子に会えるのでしょうか。もう疲れてしまいました。 また亡くなった日はチワワ♀の1歳の誕生日でもあります。そもそも飼ってほしくなかったのでしょうか。 元々は若い子がいれば元気になるとのことで一年程前に迎えました。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

ペットの死が近くに感じます

私は小動物を飼育しております。 大好きな大好きなペットの体の中に大きな腫瘍ができてしまい、日に日にその腫瘍が大きくなっています。 日が経つにつれ元気もなくなっていき痩せ細っていき大好きなおやつもなかなか食べなくなってきました。 大好きなお散歩も腫瘍が大きすぎるため、歩くこともなくなりました。 病院に行ってみたところなすすべがないと言われ、その日から私は心の底から笑うことがなくなりました。辛く苦しいのは私ではなくその子なのに。情けなくてすみません。 私は世界一幸せな暮らしをしてあげようと、惜しみなくお世話をしていました。 なのになぜもっと早く気づかなかったんだろうと後悔で気持ちが押し潰されました。 まだ頑張って生きようとしているのが伝わります なので、食べれるだけ好きな食べ物をあげて、たくさん撫でて、たくさん大好きを伝えて、神様に祈る日々です。 いつかもう撫でることも匂いを感じることも会えなくなると考えると喉がグワッと熱くなり胸がザワザワし涙を抑えることができません。 私のせいで大好きなお散歩もできなくなり、大好きなおやつも食べれくなってしまい、果たして私の家族になれたことは幸せだったのかなと思います。 会えるのであればまた会いたいです。 ですが私はもう二度とペットを飼うことはできないと感じました。 いつかどこかで会えるのでしょうか? 私と家族になれて幸せだったのでしょうか。 この気持ちはいつか晴れるのでしょうか。 私はまたいつか笑えるようになるのでしょうか。 感情がいっぱいいっぱいで自分でもなにを言いたいのかわかっていません。直接お話して、自分の弱さと情けなさを叱ってほしいくらいです。強くなりたいです。 わかりづらい文章で申し訳ございませんでした。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

猫が死んでしまいました

先日、私の猫が逝ってしまいました。 まだ10歳と若かったのですが、おそらく脳腫瘍と思われる症状に数年前から苦しみ、死んでしまった時も痙攣が止まらず3時間近く苦しみました。 かかりつけの病院からてんかん発作を抑える錠剤をもらっていたため、私はあの子に十全の医療を受けさせてあげられている気分になっていました。 しかし実際蓋を開けてみれば、あの子は身体中痙攣させ、口から血が出ながら苦しみ、夜間に診察してくださった他院の先生はうちの子が受けていた治療に首を傾げて苦い顔をしていらっしゃいました。 あの子はうちに来て10年間私のそばにずっといてくれたのに、私はあの子に何も報いる方ができなかったという思いが消えません。 もっと大きな病院に連れて行きct検査をさなどを受けていたら、あの子は今も私のそばにいたはずです。 あの子を飼い始める時一緒大事にすると思ったのに、私はあの子を大事にしきれませんでした。 後悔ばかりが頭をよぎり、ふとした瞬間に涙がこぼれます。 そしてなにより、あの子の声を段々忘れていく自分に愕然としてしまうんです。 昔から自分は冷たい女だと思っていましまが、これほど薄情で忘れっぽいとは思っていませんでした。 こんな飼い主のもとで育ち、若くして死んでしまったあの子が幸せだったか。考え始めると止まらないのに、考えるのを止めるのはあの子に対する忘却を肯定したような罪悪感が溢れてきます。 大切な命との別れを、他の方はどう乗り越えているのでしょうか? よかったらアドバイス頂けると嬉しいです。

有り難し有り難し 13
回答数回答 2

ペットの犬に対しての後悔

こんばんは。初めて相談させていただきます。8才の犬が末期の癌だと診断されました。 余命1ヶ月、現在ターミナルケアです。8年前まだ幼かった息子の相棒になればとお迎えしました。 とても穏やかで可愛らしい子です。 元気な頃は日中は祖父の家に連れていってました。祖父と一緒に散歩に行きのびのび遊び私が仕事終わりに迎えに行くという毎日でした。 ですが家に戻ると粗相を繰り返すという理由でゲージの中に閉じ込めていました。 ゲージを開ける時はご飯・おやつの時間、トイレシートの交換時、朝祖父の家に連れていくときのみでした。 土日は夫が散歩に連れていきましたが基本ゲージの中のみ。 粗相をしたりうんちを踏みぐちゃぐちゃになったシートを見たときなどイライラしてしまって「もういらない!」など大声で叱ったり叩いたりもしていました。 そんな数年が過ぎ、先月体調の変化に気付き病院に連れて行くとヘルニアかもしれないと言われゲージ内で安静という事で2週間様子を見ていました。 どうもおかしくて再度連れていったら末期の悪性腫瘍と…。痛みを緩和するしか道は無く余命も告知され頭真っ白の状態です。 もっと気にしてあげていたら、もっと構ってあげていたら、あの時身体を舐めていたのは具合の悪いサインだったのでは…そんなタラレバばかりです。なにより具合が悪くなってから大切に思うなんてどうかしてる、と。 元気な頃は抱っこもろくにしてあげず寂しい思いをさせ具合が悪くなったからといって急に抱っこをする飼い主をあの子はどう感じているだろうか、なんでもっと大事にしてあげられなかったのかと毎日激しく後悔しています。 今懸命に生きているあの子に最期までしてあげられることは全てしてあげたい。心底思うと同時に今更何してももう遅いんだよ!と思います。 うちの子にならなければもっと長生きし、もっと幸せに暮らせただろうに、と後悔で胸が苦しくて張り裂けそうです。纏まりのない文章で申し訳ありません。

有り難し有り難し 6
回答数回答 2

ペットの最期が近いという現実

時々相談させて頂いています。 今回はペットの病気ともう長くはないという現実。私自身も現実を受け入れようとしていますが、ストレスや不安から身体症状も出ています。 ペットが自分の病気をどのように感じているのか考えると、自分の辛さ以上にペットの方がきついんだと考えます。 更に心配なのが主人です。我が家には犬が2匹いますが、病気の犬は主人が自分の犬として、とても可愛がっていたため、ショックも大きく、撫でているだけで、涙が出るようです。 そんな主人にどう声をかければ良いのかわからず、その事に対しても、考えると涙が出て辛い気持ちになります。 こちらのサイトでも、ペットの病気や死について、沢山の方が相談されており、お坊様のアドバイスを読みながら、今を頑張って生きようとしているペットと最期のその時まで一緒に過ごそうと決めています。 ペットとの出会いは運命であり、ペットが私達を選んで私達の元に来る、と書いてあり、更にペットは私達が仏様の元に行かせて頂く時、そこで待っていてくれると、書いてありました。 聞いて頂きたい内容がまとまらず申し訳ありません。 何もしてあげられない自分が情けない事、悲しみに涙する主人を支えることができていない自分。 1番はやはり犬が苦しんでいるのではないか、という思い。 自分が楽になりたいからお坊様にコメントを求めている自己中心的な自分に嫌気がします。 まとまらない内容になり、申し訳ありませんでした。話を聞いて頂きありがとうございました。

有り難し有り難し 25
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る