お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

家族が新興宗教にはまりつつあります

初めての質問失礼します。
弟がほぼ寝たきりの病気で、それを治そうと弟嫁がカルト系新興宗教の友人と深く付き合い、家に連れてくるようになりました。
話を聞くと、弟の病気は家に悪いものがあるからであって、お清めによって幸せになってほしい、などと強く誘われているようです。
嫁は自称霊能力者にもこの友人の紹介で会い、背後霊の意思を体験したとかで信じ込んでいるようです…。
私自身は元々新興宗教に抵抗があるため、弱みに付け込んで勧誘されているとしか思えず、その友人に対し強い怒りが湧いています。

弟は病気以来大声を出して物を壊したり、暴れたり、家族を威圧したり、夜中に行方不明になったりと、本人も家族も散々苦労や辛い思いをしてきました。これで良くなるのであればと諦める気持ちもありますが、正直お嫁さんに侮蔑の気持ちが芽生え、嫌いにさえなりつつあります。さらに嫌なのが、幼い甥がこの宗教の集会に連れ出され、特徴的な行為の真似をしていることなのです。

私は今鬱病で自宅療養をしていますが、この現状が受け止められないのは自分の心が狭く醜いからだと自分を責め、滅入っております。これらのことをどう受け止め、どうお嫁さんに接すればいいのでしょうか。
父と母も新興宗教が嫌いで、これ以上心労をかけたくないので、この話はしていません。おそらく話すと怒り狂うか悲しむと思います。
未熟で情けない話ですが、何かアドバイスを頂ければと存じます。

有り難し 23
回答 3

質問投稿日: 2015年12月7日 15:53

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

姉としてできることをできる限り

いい新興宗教もあると思います。(聞いたこと無いけど)
お金のかからない新興宗教を探しましょう(聞いたこと無いけど)。
まぁ、適当な理由つけて入り込んできて、加入され集会にいって名前と連絡さきを書かされて、しょっちゅう家に来て、しつこく勧誘されて、いつのまにか信者扱いで、毎月献金。およそ利益狙いでしょう。
家族が違う価値観の人に洗脳されて行ってしまうというものは悲しいものですねぇ。
ですが、それに染まってしまう人ならば、それもそこまで。
あなたのできることは、限られていると思います。
それが受け入れられなくても、出来る限りのことを働きかけてください。

2年5ヶ月前
回答僧

願誉浄史

怒りは悩み苦しみの原因

藁にもすがりたいような人々を集めている新興宗教は多いですよね。
しかし、あなた自身の心の平安のためには、怒らないようにした方がよいでしょうね。
怒りのストレスで苦しむのはあなた自身だから。
弟のお嫁さんに助言等をなさるときも、怒りながらケンカごしではなく、にこやかに余裕をもってご意見すればよいでしょう。
ところで、人間は誰でも、目の前の苦しみから逃れようとジタバタするものではないでしょうか。
お嫁さんの苦しみは他人には計り知れないものがあるかもしれません。
私は、よく離婚しないで辛抱してくれてるなと、感心してしまいます。
お嫁さんが弟さんのために苦しんでいるのだとしたら、お嫁さんを弟さんから解放してあげる方法はないでしょうか?
お嫁さんは、宗教を介在することでしか夫婦生活を継続できないところまで追い詰められているのかも。
お嫁さんの苦労を労ってくれる存在が身内にいないから、宗教に走ってしまったのかもしれませんね。
あなた方ご家族全体の問題として、他人の娘である嫁を家に迎えたのだから、気遣ってあげて欲しいです。

2年5ヶ月前
回答僧

立正寺

常在

急ぎ悪因縁を断ち切る

ご家族みな悩ましい事になってますね。
しっかりと因縁を探り切っていく必要があります。
現状を受け止めるより変えていくことが急務かと。しっかりと因縁を探ってもらえるお寺さんに救いを求めることです。ここではこれ以上の発言ができませんので申し訳なく。
勧誘数により霊能者の地位を得る新興宗教もあり、霊能者マニュアルに基づいてあれこれ言うようですから全く信用できません。

2年5ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

ご回答頂きありがとうございます。
お嫁さんはこんな状況で本当に良く頑張ってくれていると思います。家族で気遣い大事にしているつもりでしたが、いつの間にか感謝が薄れ当たり前になってしまったのかも知れません。
これからはもっと深い愛情で接するよう心がけたいと思います。
悪因縁はやはりあるのでしょうか。何軒かの神社お寺に、家の場所が悪いと言われお祓いもしたことがありますが変わりません。あまり真に受けていませんでしたが、少し気持ちを改めて探ってみたいと思います。
本当にありがとうございました。

関連する問答
このページの先頭へ