hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

亡くなっても本当にまた会えるのでしょうか?

回答数回答 3
有り難し有り難し 33

また質問にきました。よろしくお願いします。
先月51歳の大切な大切な彼氏を病気で亡くしました。彼はバーのマスターでたまに行ってましたが、この8月に2回目の離婚をしたあたりから急激に仲良くなり、ほぼ毎日一緒に居ました。期間も短かすぎて10月から入院したので、思い出や思いでの詰まった物や、病気が悪化しだしてからは話しもろくにできなくて。憤りの無い寂しさと後悔と自分の情けなさ、不安、などどうすればいいのかもう分からなくて。
愛してると何度も言ってくれた彼を不安に思ったり。
本当にもう会えたり話せたりできないのでしょうか? 彼は本当は無になってしまったのでしょうか?
話を聞いてくれそうな、カウンセラーや霊視のできる所をいつも探してしまいます。
愛おしくて、愛おしくて、息がつまります。。私はまだ35歳でまわりの皆んなは幸せにならないとって言ってくれますが、彼を一生忘れられないまま他の人と幸せになれるのか自信もありません。
私があっちに行くその時に彼は迎えに来てくれますか?
どうも自分本意な事ばかり書いてしまい本当にすみません。
皆様、行き場のない思いをどうか聞いてやって下さい。よろしくお願いします。

2015年12月14日 1:51

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

お浄土で会えますよ。

ノリさん、ご質問ありがとうございます。

お浄土があります。
そこは、懐かしい人に会えるところです。

ただ、これは死んでからということではありません。

亡くなった方は、諸仏となって、私たちをお導きになります。

体を備えてはいないかもしれませんが、いつもあなたを心に掛けておられます。
あなたのためにお働きになります。

仏となった彼氏を、精一杯思ってあげてください。
そして、手を合わせて、阿弥陀さまのもとで、彼氏とお会いください。

あなたが亡くなって、その後はお浄土でゆっくりお遇いください。

お浄土は、必ず懐かしい人に会えるところです。

2015年12月14日 6:03
{{count}}
有り難し
おきもち

真宗山元派上西山正善寺住職

一蓮托生

必ず、また逢えますよ。

人は、死にません。

身体には誰もが終わりが有ります、良くて、100年位でしょうか。

命、御霊、たましい、霊、などとも言いますが。終わりは有りません。

お経にも、死 とは、出て参りません。

涅槃、往生、旅立ち、出直し、西入、など、

人間には俗に、死が、三度有ると、言われます。

一度目は、肉体と、魂が離れる時。二度目ば、その人の想いか途切れる時。三度目は名前が途切れる時。

忘れないであげる事か、一番の、恩返しです。

ただ、再会した時に、笑顔で逢える様に、貴女の人生を、全うし、少しでも多くの、少しでも大きい、お土産を渡せる様な生き方を、してください。

貴女の人生を、彼はかなり見守っていてくださいます。

彼が、喜ぶ生き方をしてあげる事が、彼が喜んで下さる事です。

決して、心配は、させないであげてください。

大丈夫です。 いつもいつも護っていてくださいます。

大丈夫です。 必ず、再会する事が、出来ます。

だから、きちんと、仏様に手を合わせ、人生を全うしてください。

2015年12月14日 6:58
{{count}}
有り難し
おきもち

長谷雄蓮華 (ラジ和尚)
ラジオ パーソナリティ 『 命の 相談会 』開催 愛知県愛西市...

世界を広げましょう

※この回答は慰めではありません。
夢から覚めたくなければ読まないでください。
目を覚まして現実に帰って来たい、彼への未練を本当に、ふっきりたければ、決して怒らないを理由に読んでください。



人間は悲劇に悲劇が続くと、悲劇な自分に浸ることが快感にすらなってきてしまう事があるものです。私にも経験があります。
頭の中で過去にみた恋愛ドラマのストーリーの様なものと自分の境遇のイメージが重なり合う。
その結果、自分が世界で一番不幸の様な気持ちになります。
冷たいですが、頭の中を悲劇のドラマ化させないことが大切です。
より一層悲しくなるからです。
そこに拘泥する、陶酔すらしてしまう、陶酔の一種なのです。
おそろしいことです。
目を覚ましたければ、真摯に自分に向き合って考えてみてください。
ちょっと残酷な質問をします。
あなたは本当にその状態から抜け出したい!とは思っていない、のではないでしょうか。



まだ、その精神状態にいた方が彼と一緒にいるような錯覚を楽しめるから、自分でそこにとどまろうとしているのではないでしょうか。
本当に素直になってみてください。
1パーセントくらいはその気持ちがあるはずです。
「それ」をやめなければ、当然その気持ちの憂いは晴れるわけがありません。
占い師やら霊能力者やらは金がかかるだけで気休めにしかなりませんし、人によっていうことが変わるインチキ商法の一種ですからやめましょう。
その状態が心地よければ、しばらくそこに居てください。
そこにとどまろうとするのであれば、厳しいですが救いようがありません。
一歩踏み出す気持ちになったらまたご質問ください。
愛着、執着は自己愛とも関連しています。
あなたを「愛しくれたから」好きなのでしょう。
彼を本当に愛しているのであれば、自分の酔いから覚めることで彼への思いが成仏します。
あなたの悩みの根源には、彼への執着というより自分への執着があるやもしれません。
「I MISS YOU」
あなたを失って「私が」悲しい。から、「私」を取り除いてください。
「私」を持ち込むと、苦しみが離れていかないからです。
厳しく申し上げるのは不動明王に代わって愛着を断ち切らんが為です。今は不快に思われる事でしょうが、数年後に理解されると思います。お赦しを。

2015年12月15日 19:26
{{count}}
有り難し
おきもち

丹下覚元(たんげかくげん)
お悩み相談 ❝あなたの悩みという荷物をおろしてみませんか?❞ 「お寺で...

質問者からのお礼

藤堂さん読んでくださり本当にありがとうございます。
会えることを教えていただき少し穏やかな気持ちに今なっています。彼にはもう私への未練や心配がないと思うと、やはりやりきれません。
今日は彼の亡くなって1カ月の命日なんです。
泣いてしまうけど、息がつまりますが、座れそうなら彼氏のお店に行って一緒にビールを飲みます。

長谷さんありがとうございます。
大丈夫、大丈夫と言ってくださって何とも言えない安心感を抱く事ができました。
彼の思いを私は信じてみようと思います。 寂しくて苦しくて泣いたりヤケになっても、それを信じて彼がつくってくれた沢山の縁を大切にしないといけないと思っています。
いつもそばに居てくれていると信じます。ずっと愛しています。

「亡くなった・死んだ人に会いたい」問答一覧

亡くなった父に会いたいです

先日ガンで父を亡くしました。55歳でした。 辛い闘病生活の後でしたのでそれなりに覚悟はありましたし、亡くなった直後は「やっと楽になれたね、良かったね」と思っていたのですが、 やはりとても寂しく辛い思いでいっぱいで、毎日遺影の前に座っては泣き、父の使っていた食器や布団を見ては泣き、父が好きだったテレビ番組を見ては泣いています。こうして文章を打っている今も涙が止まりません。 「いつまでも悲しんでいてはお父さんが成仏できないよ」とか、「乗り越えて強くなりなさい」とか、葬儀の時親戚の人に言われました。自分でもそんなことぐらいよく分かっているのです。 それでも、(こんな事を言うと怒られると思いますが)成仏なんかしないでいつまでも私と母の側にいてほしいとさえ思ってしまいます。 父も私も無口で口下手なため、元からお互い交わす会話は多くなく、私が働き始めてからは同じ家にこそ住んでいるものの関わりはあまりありませんでした。 そこにこのような出来事があり、私はこんなに父の事が好きだったのかと自覚しました。それならもっと話しておけば良かった、こんなことになるなんてとまた泣いてしまいます。 私も勿論辛いですが、最愛のパートナーを亡くした母はもっともっと辛そうで、私がいなければ後を追っていたかもしれないと思うほど悲しんでいました。そんな母を見ていると私も悲しくなってしまいます。 父の死を乗り越えるにはどうすれば良いでしょうか。時間が癒してくれるのを待つしかありませんか?

有り難し有り難し 174
回答数回答 2

恩師に会いたい。死を実感できない。つらい。

ログインできなくなり新規登録させて いただきました。今まで何度か質問した 恩師の死についてです。余命を言われ、 私が出産で入院する日に会い、小さな声で 頑張ってと言っていただきました。 無事に出産してボイスメッセージで報告すると 意識が朦朧とする中で唯一、私の声に反応して 返事をしてくれました。なんとなく、 1日早く退院して産後すぐの体で恩師に 会いに行きました。もう意識もあまりなかった けど、声をかけると頷いてくれました。 私のことを待ってる気がすると、身内の方に 言われました。そしてその日の夜に亡くなりました。私の人生を変えてくれた人でした。 亡くなる直前も、私のことが可愛い、 1番気になる存在だと言っていたそうです。 半年以上が経ちますがまだピンときません。 お盆の夜中に心の整理をつけるため、 恩師の家の前を通りました。もういない、 存在しないことを理解するために行ったのに 電気がついていました。きっと身内の方と 思います。でも、私にはそばにいるよと 言って下さるように感じました。 別の日、家族で外食をしたかったけど お店が予約で埋まっていて、別のお店に 行くことになりました。そこは恩師と食事 して以来、行っていないお店でした。 私は複雑で、できれば行きたくないし 心の準備ができませんでした。でも、恩師の 死を実感するいい機会と思い、腹を括って 車を降りると電話が鳴り、最初のお店から でした。今席が空きましたと。私は、 恩師が無理しなくていいよと言って下さって いるように感じました。きっと、たまたまで 偶然のことでそれ以上でもそれ以下でもない。 でも、たしかに恩師を感じます。 会いたい。さみしい。もっともっと恩師に 教わりたいことがあるし、もっともっと恩師と 一緒にいたかった。頭から離れる日は ありません。今も心から尊敬し、大好きな人。 私の心の支えです。今何してるのでしょうか。 私のことはもう忘れてしまったのかな。 なぜ恩師はこんなに早く私から離れてしまったのか。会いたい寂しいつらいです。 実感もないし涙も出ない。夢に出てきてほしい。 言葉にできない寂しさがあります。 どこで何をして私のことはどう思ってるのかな。 あの世とは何かな。恩師は寂しくないのかな。 私は寂しいのに。死を実感できないし あの世が見えるわけでもない。ただ消えてしまったの?つらいんです。

有り難し有り難し 21
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る