hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

誰も信用できず、何から手を付けてよいのか

回答数回答 2
有り難し有り難し 12

永年の難病を持つ母と、ギャンブル狂いの父のもとに生まれました。

小中と、両親の存在が恥ずかしくて、友人を家に入れたことはありません。

父のようにはなりたくないと、奨学金のお世話になって、
なんとか名のある大学で修了することができ、
名のある会社で安泰な日々を過ごしておりました。

なんと、仕事の楽しいことでしょう。
求められている場所があり、話を前向きに聞いてくださる。
この私めを育てようという意思が感じられる。
両親からは、まったく感じなかった感覚です。
それだけでも感謝です。

おかげさまで、好きな仕事を20年間続けてまいりましたが、
不況の煽りでリストラになってしまいました。

仕事している間に母は他界。
父は、残念ながら生きていました。

母に対しては、会社の制度のお世話になりながら、
わたしとしては精いっぱいの介護をしてきました。
悔いはないです。往生したときは、やり切った感がありました。

同じ介護を父に行う気は毛頭ありません。
リストラ後に家出。
ギャンブルで、少なくとも4人以上の家族を苦しめたのに、家出。
怒りが収まりません。

リストラした会社。
父の家出。
リストラあっせん会社の二枚舌。

誰も信用できない状態です。

何から手を付けてよいのかわかりません。
方丈様。お導きを、お願いします。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

事実をよりどころとしよう。情報なんて信じるに値しないもの。

だからこそ、その負の因縁を断ち切るための良い機会です。
どんな困難も、どんな厳しい審判も、どんなハードな殴り合いも終わればそこで終わっているんだ!と言ってみましょう。
あなたも本当に大変でした。
ですが、それはもう、終わっちゃったことは終わったのです。終わっちゃってくれたのです。大変だったけど、事実の上では終わってくれたのです。
後、あなたが今引きずっているのは、情報の方だけ。
タイトルを見直してみてください。
情報っていうのは、あなたが今も頭の中でリプレイしている方のことです。
別のことを情報だと思ったでしょう?
本当の情報っていうのは、いつでも頭の中で再生されているそれでしかないのです。
そっちがニセモンだと分かればいいのです。
いつの時代も真実は、事実であって情報ではありません。
いつの時代も、この身心が接している真実は、今の目前だけであって、どんなに悲しかった過去も記憶も所詮情報なのです。
だから、そんなものはいつまでも引きずっていなくていい。
引きずるものは不幸自慢に浸る。
そっちが心地よけりゃいつまでも浸っていてください。近々開催予定の不幸自慢コンテストに招待しますので参加なさってください。大切なのは、情報の世界にとどまらないこと。
もう、そのしょうもない父親とのやりあいも、哀しい母との別れも、リストラされたことも、事実の上では終わって済んでいるということを明らかに見極めてください。
そして、今からもう一度、新しい一歩を踏み出すのです。あなたの不幸を慰めてあげることもできますが、あなたはそれでは前に進めないと思いました。私も何度もくじけましたが、そんなものはアタマの中にとどまっているだけのことですよ!さあ、今‼自分の負の思いを断ち切り、自分の脳内情報という過去の記憶を捨て、現実の一歩を踏み出すべく、職と出会いを求めて一歩踏み出しましょう。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


丹下 覚元(たんげ かくげん)
今月の提唱 「菩提心をおこす」 菩提心をおこすということは、たとえ...

今、この瞬間から新しい人生のはじまりです。

大変な人生でしたね。しかし、毎日、毎秒、新しい瞬間の始まりです。

記憶としては、過去のことを思い出すと、過去に引きずられます。まるでお化けの長く引きずる髪のように。未来をどうしたらいいのか。それを心配しすぎ悩む姿は、お化けの前に垂れる両手。
過去や未来に引きずられ、足地面から離しゆらゆらと漂う姿、それが生きているお化けそのもの。
あなたが「お化け」にならないように、しっかりと地に足をつけ「今」を生きるのです。
それが生きる人の姿。

今のこの瞬間、周りを見渡せは、過去の記憶や、未来の不安なんて存在していないでしょ。ですから、問題なく生きていることに気付き、新しい人生の瞬間を生きればいいのです。仕事が必要なら、仕事を見つける。過去と比べたりすることもなく、今のありようで生きてみてください。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


禅宗 曹洞宗 僧侶。神奈川県西部円通寺副住職。 悩みを吐き出す事で、ちょ...

質問者からのお礼

----------------------------------
丹下覚元様

過去は過去。
ずっと過去を言いかけにしていました。
そのほうが楽でした。

お会いしていないのに、ピシャリと指摘されて、
目が覚めました。

>いつの時代も、この身心が接している真実は、今の目前だけであって、どんなに悲しかった過去も記憶も所詮情報なのです。

はい。
この一文を心にいつもとめて、未来へ進みたいと思います。

ありがとうございました。

邦元様

>あなたが「お化け」にならないように、しっかりと地に足をつけ「今」を生きるのです。
それが生きる人の姿。

お化けでした。
だから、お化けを引き寄せていたのかもしれません。

さらに、お化け同士で飲んで、愚痴って、さらにお化けになってました。

いまのありようで生きる。
心します。

ありがとうございました。

「人を信用できない・信じられない」問答一覧

たまに自分でいるのが辛くなります

今年成人したものです。 私は幼い頃から上手く人間関係を築くことができません。人から聞いた話などから相手に対して裏切られたと感じたり、不信感を抱くと話し合いで解決するのではなく相手と距離を置いていました。距離を置くのもほぼ無視するような形で明らかに相手を傷つけてしまうものでした。この傾向は最近まであり、本当に情けなく、後悔しています。中学生・高校生時代にそれぞれで相手にしてしまったことを思い出しては自己嫌悪になっています。なぜ周りの友人は上手く人間関係を築けているのにいつまで経っても成長できていないのだろうと思っています。また、自分も人を傷つけた経験があるのにも関わらず、小学生時代に傷付けられた経験を乗り越えることができていません。いじめのようなものがあって、標的が何度か変わり、私が標的になった時のことです。クラスの半数以上の男女に悪口を言われていたり、暴力に近いことをされました。仲良くしてくれていた友人がいたのでその当時は完璧に心が折れることなく、やり過ごしていたのですがふとした瞬間に今でも当時の記憶が蘇り、トラウマのようになっています。現在は当時仲良くしてくれていた友人以外との交流は断ち切っていますが地元が同じであったり、友人との会話に出てくることから度々思い出しては苦しくなります。 人を傷つけてしまったことがあるのに過去にされたことを未だに乗り越えられずにいる自分がもどかしく、嫌悪感しかありません。自分でいるのが辛くなります。 今、自分にできることはこれ以上誰かを傷つけないことだと思い、これまで行ってしまったことを繰り返さないように意識していますが、人と関わったり、傷つけてしまうかもしれないのが怖くなり、現在通っている学校ではあまり関わらないように一定の友人以外の交流を止めてしまいました。生きにくいというかなんとなく前に進めていないような感じがします。前に進むためにはどのようにしていけば良いのがアドバイスをいただきたいです。

有り難し有り難し 32
回答数回答 3

他者を信頼する力が欲しい

私は20代半ばから夢を叶える為に大学に通っています。その夢は人間自体が好きであること、信頼出来ることが必須条件です。 私は幼少期から、保育士の先生によるいじめから始まり、中学生の時に不登校も経験しています。 嫌だと思った事をすぐさま言語化する事が苦手で、そんな私の気質が原因で拗れてしまった様にも思います。 そういった同じ悩みを抱える人が、少しでも器用に立ち回る術を身につけて幸せになって欲しい……という願いから、大学に通い始め、今年度から4年生になります。 しかし成人してからも対人関係で上手くいかず、付き合った男性が今まで三人いたのですが、 一人目の方には2年半のお付き合いの末に浮気をされ、二人目の方からはモラハラをされて耐えきれず逃げるように別れました。 男性を信用できない……。 せめて夢を叶えてから恋愛をしようと思っていた矢先、三人目の方から一ヶ月間に渡る強いアプローチを受けて人柄を信頼し「この人で男性を信用するのは最後にしよう」という覚悟のもとお付き合いを始めました。 しかしそれもつい最近「元彼女に感じていた好きとは違う」と言われてフラれてしまいました。 付き合いはじめた時から元彼女と比較し侮辱される事も多かったですし、私は元々寂しさを埋めるための存在だったのかも知れません。 その事を指摘して関係が壊れるのが怖くて、再び私は言いたい事を言語化できませんでした。私に対する好きという気持ちを過去の恋愛と同質とは捉えず、私自身を見て欲しかった。それだけなのに……。 幾つ歳を重ねても大学で知識を重ねても、自分は何も変えられず無能であると思い知らされて、人を愛しても上手くいかず、親身になってくれる人がいるのにそんな人ですら信用出来ず……。 夢である職業も私には向いていないのではと思い始めてきました。 食事もとれず、睡眠も断続的で、勉強にも手が付けられない日が続き自己嫌悪の毎日です。 就活があるためいち早く立ち直りたいですが、時間だけが過ぎていく毎日が苦しいです。 ここまで書きましたが、私は一体どこで躓いているのかすらも自覚が出来ていません。 私は夢を諦めるべきなのでしょうか?心の平穏を取り戻すにはどうしたら良いのでしょうか。逃げたい気持ち、立ち向かいたい気持ちが錯綜しています。 どちらにせよ、再び人間自体を好きになり信じる力が欲しいです。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

他人も世の中も信じられません

数年前から、友人の裏切りにあったり、信頼していた人の嫌な一面を見てしまったり、色々な人から理不尽な(と私は感じた)悪意を向けられたりすることが続き、人を信じられなくなってしまいました。 その上、次から次へと運の悪いことが続き、何をしても改善せず「一見良さそうなことが起きてもどうせすぐに期待を裏切られる」「いくら祈ったり誰かに親切にして徳を積んだりしても神様や仏様はどうせ見ていてくれない」と何もかもを疑うようになってしまいました。 その結果、人の嫌な面ばかり見て嫌いな人を増やしてしまったり、何でも悪い方にとらえたりする意地悪な人間になってしまったような気がします。それが態度にも出て、つい嫌味な言い回しを口にしてしまい、人を不快にさせてしまって後悔したこともあります。 いつか運が良くなると信じたかったのですが、今も嫌な出来事ばかり周りで起こるような気がしています。本当は幸せになりたいし、素直で優しい人でありたいのに、私自身が不幸を呼び込んで自ら嫌な人間になる選択をしてしまっているんだろうかと思ったりしますが、そこからどうしたら抜け出せるのか分かりません。 こんな私にも救われる道はあるのでしょうか?

有り難し有り難し 34
回答数回答 1

信用できる人がいない

こんにちは。 いつもありがとうございます。 以前主人の不倫について質問させて頂きました。その後主人はニューハーフに振られたショックでうつ病になり、イライラして家中のものを投げたり壁を殴ったりしてるかと思えばシクシク泣いて辛い、死にたいと行ったりして躁うつのような状態です。 不倫をする前の真面目で優しく家族想いの主人はニューハーフと出会った事で居なくなってしまいました。 その事がとても悲しく辛いです。 主人のご両親は不倫のことを知っても、いい歳して何してんのと言うだけで怒るわけでもなく私に、うつ病だから頑張れとか言わずに暖かく見守ってやってと私の傷ついた心は無視でそんな事を言って主人のことを心配し、主人の従姉妹も死んだらダメだと何度も飲みに誘い出して元気づけようとしています。そしてなぜか従姉妹と主人がキスをしてその事も更に私を傷つけました。 一方私の父は亡くなっており母は昔から自分の事が一番の人で現状を話してもすぐに自分の体調の話に切り替え全く相談には乗ってくれず姉にも旦那様の母と兄のお世話で大変だからと見放されました。 不倫して家族を裏切った主人には心配してくれる家族や従姉妹や会社の人たちがいて、人に優しく真面目に一生懸命生きてきた私には頼れる人、信用できる人がいません。 唯一信用していた主人に裏切られ死にたいと泣いている主人のを目の前にして死にたいのはこっちだと思ってしまいます。 主人に裏切られた今信頼できる人が誰も居なくなってしまって辛いです。

有り難し有り難し 14
回答数回答 1

心を殺したい

自殺願望は無いけれど、欠陥だらけの自分に対する罪悪感と劣等感に疲れました。 仕事では外ヅラだけが良くヘラヘラして、無能感を持ちながら働いています。向上心も、将来どうなりたいという願望もありません。 現実でもインターネット上でも友人は一人もいません。私がネガティブで、思いやりがなく、そもそも誰のことも信用できないせいです。 ちなみに恋人もいません。子供の頃から、性格も肉体も「醜いもの」だと思っていました。誰かと恋愛をしたい、という欲求がありません。 唯一の生きがいが趣味でした。それも、ここ数年ずっと上手くいっていません。純粋な楽しさより承認欲求が強くなってしまったからです。(加えて長期のスランプです) 昔、今とは違って死にたいと言っていた時期があり、その頃に0から勉強し、少しずつ上達して自信を手に入れた大切な趣味なのです。それも自分のせいで駄目にしてしまったまま、楽しい気持ちが戻ってきません。 仕事も人間関係も趣味も、「なぜ他の人ができていることがお前にはできないんだ!!」と、他でもない私の心が叱責し、罵倒します。 ろくに努力もせず不平不満を垂れてばかり。誰かに認めてもらうことに拘っているのがみっともない。実際認められない。そもそも他人に興味が持てないのだから嫌われて当然。相手の気持ちを一切考えてない。全部こんな性格に育った自分が悪い。そんなやつが頑張ろうとするのは滑稽だ、と。 全部正論なのです。そこまで言われても自分を変える勇気がない。失敗するたびに深く傷付くのが怖くて何もせず、そんな自分に結局落ち込んで、また罵倒されます。 自信は空っぽです。それでも断固として、どんなに惨めでも死にたくはないのです。 とりあえず再び趣味が上手くいくまでじっと待ち、他の全てを気にしないようにすれば、欠陥だらけでも幸せにはなれると思うのです。 一人でも頑張って生きていきたい。そのために、毎日毎日毎日「お前は劣っている」と喚き続ける心を殺したいです。

有り難し有り難し 19
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る