お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

死にたより消えたいです。

2度目の投稿ですがどうぞ宜しくお願い致します。
私は小学校低学年から死にたい願望が有り、30代に成ろうとした今でも隙さえ有れば死にたいと思います。
死にたいと言うか消えたいのです。
自分の体も骨も血も魂もこの世に有る全ての私に関する物全て消し去りたいのです。
死活も進み手元にある物を消える前提で捨て今ではスーツケース2コに収まりました。
そんないつ消えても良いようにしておりますが、
自殺だけは出来ません。
輪廻転生は信じたく無いのですが、自殺したら地獄に行くと小さい頃から教わってきました。
この矛盾とどう向き合えば良いのかまた
どうすれば早くお迎えが来るのか?
説いて頂きたく思います、宜しくお願い致します。

生きる意味
有り難し 42
回答 2

質問投稿日: 2016年1月3日 23:40

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

願誉浄史

寿命が尽きるまでは

寿命とは、単に自分自身の肉体的な寿命だけではなく、あなたを生かそうとするさまざまなご縁の集合体ではないでしょうか。
あなたに「自殺したら地獄におちる」と言った方の存在とか、あなたに生活費や衣食住を与えている社会全体とか、宇宙全体ひっくるめたバランスの都合だとか、です。
仏様は、自分の寿命をコントロールできるそうですが、悟っていない私達には、寿命のコントロールは難しいでしょう。
だから、寿命が来るまで待つしかないのです。

仏教では、悩み苦しみの原因は煩悩だと考えます。
実際にはまだ寿命が尽きていないのに、「生きるのは嫌だ」と思っている、その「嫌だ」は、怒りの煩悩なのです。
怒りの煩悩を制御できれば、生きるのが平気へっちゃらになるかもしれません。
仏教には、怒りの煩悩を制御するコツもあります。
仏教を学んでみてはいかがでしょうか。

2年9ヶ月前
回答僧

円通寺

邦元

死にたいと思っても

消えたいと思っても、その思いすら取り扱わないことです。その思いが出てきたらその思いにしがみつき、あなたが救われている事実を見えなくさせているのです。

今あなたが持っている、こだわりをすべて手放してみてください。物の話ではなく、頭の中のこだわりを。損得、善悪、べき思考、自己否定、他者否定、すべての思いを手放してください。

すべて手放したら、残るのは眼耳鼻舌身意の六根だけです。五感で感じる感覚、物事に触れて出てくるファーストインプレッションのみ。
そこに思いをつけたさないようにするのです。スッキリ救われた世界があるはずです。

2年9ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

願誉浄史さま、邦元さま
ご回答ありがとうございます。
心より感謝申し上げます 合掌

関連する問答
このページの先頭へ