hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
2019年のあなたを表す漢字 募集中

納骨について

回答数回答 3
有り難し有り難し 25

わたしは日頃から思っています。

自分が死んで骨になったら…

普通は主人と同じお墓に入るんでしょうが、

わたしは自分の親のとこにも入りたい。

両方に分けて入れてって、

言ってもいいのかな?

主人がイヤな気持ちになるだろうか?

2018年6月24日 16:03

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

自分の気持ち-今の問題- と 死後の問題-管理する人-

浄土真宗の宗祖親鸞聖人は

「某親鸞 閉眼せば、賀茂河にいれて魚にあたうべし」
(私が死んだならば鴨川にすてて魚のエサにしてください)

とおっしゃったそうです。

しかし、親鸞聖人を心から尊敬しその教えを受けた人々は、聖人の亡骸をそのように扱うわけにはいかず、実際には廟(お墓)を作りました。

そこは聖人を慕う人、聖人が明らかにされた教えを求める人が集う場所として大切に今日にまで守り受け継がれてきました。

納骨など自らの死後のことは現代終活というものが言われる中で、本人が生きている間にアレコレ考えることではありますが、実際にはそのお骨を納める人、納骨後のお世話をしていく人の考えによった方がその後のことも含めてスムーズな部分が大きい様にも思います。

もちろん、本人にとっては生きている間にそれらのことをきちんと話せることは、今生きている間の問題として大事な事だとも感じます。

ご主人やお子様方や有縁の方々とよくお話しいただき、自らの希望は伝える、そして実際にどうするかは残されたかたにお任せしていく、そういうスタンスがよろしいのではないでしょうか。

つまり、かーる。様にとっては実際に亡き後親御さんと同じ墓に入るかどうかというよりも、生きている今その気持ちをご主人に受け止めて理解してもらえるかどうか、ということが大きいのではないでしょうか?

いきなり自分の希望のみを伝えるのではなく、あなたは「自分の死後について、葬儀とか納骨とか何か考えているようなことってある??」と話題をふるとことから始めてみては?

きちんと聞いて受け止めてもらえることを願います。

2018年6月24日 17:07
{{count}}
有り難し
おきもち

はじめまして。 北海道の道南地区にある若松という農村のお寺に所属しており...

吐露から始まる。大切な人は?

かーる。様
①吐露から始まる。
②大切な人はどこにいますか?

かーる。様自身の臨終とその後がわからないこと(無明)という状態でしょうか。
光明はご自身の心のなかにありますよ。

文章から察するに、ご主人とご結婚され一家のお墓があり、又は、お墓を取るという選択肢があり、ご両親のお墓があり、ご親族が供養をされている。という状況でしょうか。
①かーる。様が自分自身を一人の人格として捉えていて、考えを巡らしていることはとても尊いことです。
「主人がイヤな気持ちになるだろうか?」と気遣うお気持ちも見られます。
今の生活はかーる。様の心が具現化しています。
心を表に出す時、言葉と行動で伝えますね。
この世の難しいところは、心のままに言葉にして伝わることは少ないということです。
これはご主人も同じことです。
ご主人に伝えるときは、一人称で、「私は独りおもねいています。あなたに知ってほしい。」と吐露して、結論は望まないで心を出してあげでください。

②お墓やお骨は、遺された人のためだと私は思います。「私はここにいるよ。」と道標を作る事ではないでしょうか?かーる。様の大切な人は誰ですか?

ご実家の両親と一緒に納骨すると、供養をしてるご兄妹がかーる。様も供養するということは承知のことと思います。
遺された人同士が幸せになるように旅立つために、今、かーる。様は何ができるでしょうか?

2018年6月25日 10:05
{{count}}
有り難し
おきもち

あなたにはできないことを 私はできます。 私にはできないことを あな...

やはり不安でしょうねぇ

 御質問有難うございます。本願寺第三代覚如上人の「改邪鈔」に
かつは本師聖人の仰せにいはく、
「某(それがし) 親鸞 閉眼せば、賀茂河にいれて魚にあたふべし」と云々。
これすなはちこの肉身を軽んじて仏法の信心を本とすべきよしをあらはしましますゆゑなり。
これをもつておもふに、いよいよ喪葬(そうそう)を一大事とすべきにあらず、
もつとも停止(ちょうじ)すべし。 という内容ですが、難しい内容をお伝えして恐縮いたしますが、賀茂河(鴨川)の魚の餌になっても構わないという内容ですが、実際には親鸞聖人は大谷に祖廟(お墓)を建てられましたが、今現在においての問題だと考えます。私たちは諸行無常・諸法無我でありますが、時期は決まっておりませんがいずれ浄土に還る身であるかと思います。
 さて、納骨の際に主人様と両親の所に入られたいという気持ちをお持ちですが、「縁起が悪い」という事で避けられる問題ですが、最近は納骨で揉める事が多いですが、御主人様や家族の方々に伝える事は良いと思います。
 ちなみに私は「アイバンク」や「腎バンク」を含めて献体するつもりです。少しでも役立つという思いで決めました。最近お通夜やお葬式は葬儀社任せになって、本来のお通夜やお葬式は行ってなく寂しい状況です。今一度きちんと考えるべきだと思います。    合掌

2018年6月25日 0:22
{{count}}
有り難し
おきもち

山寺の住職です。他の仕事と兼務してます。

質問者からのお礼

お返事ありがとうございました。

「納骨」問答一覧

納骨、供養について

13年前、私が再婚する際に実母を引き取り生活しておりました。 その母が先月亡くなりました。 身内がある宗教の会員のため、叔母が亡くなった際、友人葬をあげて頂いた事がきっかけで、母は叔母のご本尊様を引き取る形で入会しました。 ただ、母は友人葬に感動したとの事でそれ以外は信仰することも活動もなくお仏壇も押入れに片付けてある状態でした。 突然母が亡くなったことで私自身パニックになり、主人といとこ(学会員)を頼るばかり… 唯一、母が感動したという友人葬にする事にし、いとこが声を掛けて下さり無事に葬儀は終わりました。 主人は長男で自宅には、主人が幼い時に亡くなった父親のお仏壇があります。 私の母とは宗派も違うので、お隣にお仏壇を置かせて頂いてもいいのか分からないでいます。 納骨に関しましても、母の実家のお墓であれば両親兄弟揃っているから…と思うのですが、これもまた宗派の違いがあり、母は旧姓に戻ってはいるものの一旦は外に出た人間だから…それに母の実家は遠方なので私自身近くに居てほしいとの想いがあります。 学会の方々にお世話になったので、そこに納骨と考えているのですが、その場合、母は自分の両親と離れ離れになってしまうのではないかと不安になります。 納骨、今後の供養 宗派は違えど一緒にさせてもらっていいのでしょうか? どうすることが最善なのでしょうか? 近くのお寺で相談することも考えたのですが、やはり宗派の違いで問題が生じたり、自分の信仰する所を勧めたりされるとお聞きしたのでなかなか前に進まずにいます。 乱文で申し訳ありませんがアドバイスを頂けたら幸いです。

有り難し有り難し 2
回答数回答 1

檀家でない場合、お経をあげていただくことは難しいでしょうか?

初めて質問いたします。何かアドバイスいただけたらありがたいです。 <背景> ・宗派:学会系(ただし熱心ではなく、父方祖母の代に親戚付き合いから宗旨変えしたと聞いています。どちらかというと宗教に関心の薄い家です)。 ・父方親戚は学会系の方が多く、これまでお葬式をあげる際は「友人葬」として親戚の方に題目?を読もらっていました。 ・父が一人っ子で祖父母も亡くなって時間がたっているため、父方親戚とは疎遠気味です。 ・祖父母のお墓は地域の共同墓地(宗派がないところ)です。 <相談内容> 先日弟が事故で無くなりました。少し普通ではない亡くなり方(犯罪等ではありません)だったため、疎遠気味だった父方親戚には知らせず、ごく身内だけで葬儀を行いました。 数か月たちそろそろ納骨を考えているのですが、納骨時にお経をあげていただく伝手がありません。父方親戚にお願いすればあげてもらえそうですが、事情により伝える予定はありません。 できたら宗派の近い日蓮宗系の方に、納骨の時だけ立ち会っていただきたいのですが、何か方法はないでしょうか? お墓近くの日蓮宗系寺院に相談したところ、檀家になることをすすめられました。ごくまっとうな意見だと思うのですが、すぐには踏ん切りがつけられず家族で悩んでいます。

有り難し有り難し 23
回答数回答 2

母親の納骨について

去年11月に病気で大切な母親が永眠しました。84歳でした。一周忌に墓に納骨をしようと準備していますが、母親の先祖代々のお墓のある寺に問い合わせたら、墓の管理者の許可が必要といわれました。母親は四姉妹の末っ子で長女と母親が先祖代々の名前です。長女と母親は生前あまり仲良くなかったらしいのですが、母親は代々のお墓に入るのを望んでいました。長女には何の遠慮もせんでいいよと常々言ってました。長女親族とはずっと連絡などしてこなかったのですが、墓の管理者となるとやはり長女の子供たちでしょうか。長女も生存してるのか不明です。今名古屋に住んで30年経ち、代々の墓は石川県で遠方で、数年に一度母親共々墓参りしていました。自分は40代独身で父親と姉の3人です。まだまだ一周忌経ってないので日々淋しさと悲しさは溢れた日々です。 代々の墓に普通に入れると思っていたので、今不安と一番最善はどうしたらいいか、そして、自分もおそらくこのまま独身で生きてくと自分が亡くなった後の不安、母親と同じ場所に絶対に入りたいのでどうすればいいか、、是非ともアドバイスいただけけたらと思います。 もし、先祖代々の墓に母親が入れないと母親との約束が果たせない辛さ、悲しさとか強く抱いてるので、不安です。 片足が不自由だった高齢の母親といつも一緒にいれたことが凄く幸せでした。側にいて当たり前と思ってた大切な存在だったので悲しみと淋しさもとてつもないです、、 今はまだ母親の遺影と遺骨をミニ仏壇に添えて日々お参りしています。涙が止まりません。 今後の残った自分、高齢の父親、姉の3人も絶対に母親と一緒に永遠にいたいのでその点も含めてアドバイスよろしくお願いします。。

有り難し有り難し 12
回答数回答 3

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る