お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

お祈り(供養)と座禅(瞑想)の作法について

先週も質問させて頂いたPalmです。その節はありがとうございました。

早速、近所のお寺さん(無宗派・単立)で、お祈りと瞑想をさせて頂きました。
そこで、疑問がいくつか湧き上がって参りました。
正しい作法かどうか、教えて頂けませんでしょうか?

(1)友人の供養
若くして亡くなった友人はさぞ悔しい思いをしているだろう、
残されたご家族も悲しく不安だろう、と勝手に想像して、
「友人の魂が成仏しますように」、
「ご家族を見守ってくれますように」と祈るとともに、
お寺に設けられている護摩木にも書かせて頂いているのですが、
そういう祈り方で大丈夫でしょうか?

また、そのお寺では、護摩供養を来週行うようなのですが、
参列しても問題ないでしょうか?

(間違ったことをして、かえって変な事態を招かないだろうかと
不安になりました。)

(2)座禅・瞑想について
そのお寺さんでは、週末にお堂を開放されていて
自由に瞑想してもよいとのことで、使わせて頂いたのですが、
特に作法の指導はなかったので、
自由にお祈りをしたり、深呼吸をしたりして過ごしました。

そういう作法で問題ないでしょうか?
あるいは、きちんと座禅の指導も受けてみた方がよいでしょうか?

お忙しい中、読んで頂きありがとうございます。
よろしくご指導をお願いします。

供養
有り難し 4
回答 1

質問投稿日: 2016年1月19日 10:07

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

わたし を しない

坐禅は自分をしない
坐禅はわたしをしない
坐禅はわたくししない
坐禅は自分を持ち込まない
坐禅はそれをやめたこころ

ということもしない。
時間のある時に当山の日曜参禅会にお越しください。

2年6ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

丹下 覚元様
ご回答いただきありがとうございます。

仏教には、坐禅という側面と、祈りという側面があるということでしょうか。
祈りの作法については、当該お寺さんのご住職に直接伺ってみます。

Facebookアカウントをお持ちとのことですので、登録させて頂きます。
いつか参禅会に伺わせて頂きます。

ありがとうございました。

関連する問答
関連するワード
このページの先頭へ