hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

高卒で起業したいんですが・・・

回答数回答 3
有り難し有り難し 40

はじめまして。
自分が通っている高校では、全員が大学に進学しています。
しかし、私は将来起業してみたいと思っており、「起業するなら大学に行くより、高卒で早くしたほうがいい」というのを本で何回もみたので、高校を卒業したら起業をしたいと思っています。
しかし、成績が悪いわけではないので両親、親戚は私が大学に行くものと思っており、普通科の高校なので、大学に行かないというのは間違いではないかと不安です。
やっぱり大学に行くべきなのでしょうか、それとも自分がやりたいと思うことをするべきでしょうか?


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

自分に今一度問いかけてみる。

ご質問、本当に有難うございます。

まず、「大学に行かない」という選択肢、間違いではありません。
そして「起業する」という選択肢も間違いではありません。

(起業することに、高卒で早めに...在学中...卒業してから...、タイミングはあまり気にしなくていいかと思います。)

ネットや本で
様々な情報や、素晴らしい方々のアドバイスを簡単に手に入れられる時代なだけに、振り回され迷いがちになりますが、

そんな時こそ「じゃあ“自分”はどうしたいのか?どうすべきなのか?」と

御自分をしっかりと見つめ直してみてください。

願誉浄史 様と同じく、
大学に行っても起業は出来ると思いますが、大学には行きたくないですか?
(学生起業家は沢山いらっしゃいます。皆さん大変そうにされていますが。)

もし大学に行くなら、どんなことを勉強したいですか?
(めいぷるさんには嫌いになれない分野とかってあります?)

大学進学を置いといて、
今すぐ起業するならどんなことで起業したいですか?

人生は選択の連続ですから
「あの時あの選択をして良かった」と日々思えるよう、どんな状況も
楽しみ味わう心を忘れずに過ごしていって下さい。

有難うございました。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


人の欲、悩みというものは生きている限り絶えることがないですが、そのもやっと...

起業する分野にもよりますし、起業する方の能力にもよります。

志はとても素晴らしいと思います。

ご質問だけでは、あなたがどのような起業を考えているのかわかりません。高校を卒業してすぐ社会に出た方が起業する上でプラスになる場合もあると思います。一方で、起業するにしても大学ぐらいは出ていないと話にならない場合もあると思います。でも、基本として同じ部分もあります。
 
1、社会が必要としている製品もしくはサービスを提供できるか?もしくは、社会に新たな需要を創設できるような製品もしくはサービスを提供できるか?

2、提供する製品もしくはサービスが消費者もしくはクライエントを満足させることが出来るか?その満足感を持続させられるように製品やサービスをup to Dateさせ続けることが出来るか?

起業の内容によっては、大学に行かないで、すぐ現場に入った方が良い場合もあると思います。例えば、レストランのオーナーシェフや割烹料理屋の経営者を目指すなら、なるべく早くに料理人としての技量を身に付けた方が良いかもしれません。コンピューターソフトやスマホのアプリの開発は大学や大学院で電子工学を学んだ方が良いのだろう、と私は素人考えで思ってました。しかし、現実には大学に行かなくても、また現役の高校生でも、開発に成功する場合も多々ありますので、単純に学歴だけでは推し量れないと思います。

要は、起業のために、どんな能力を身に付け、どのように資金を調達し、どのようなブレーンやスタッフを確保することが必要か、どのように顧客を獲得すれば良いか、そういうknow-howを身に付けて実行に移していけるなら、高卒大卒の学歴の差は関係ない場合も多いでしょう。高校卒業後、すぐに社会に入っても、起業にけての「設計図」を描き実行に移せるなら、大学に拘る必要はありません。
 逆に言えば、起業への「設計図」を描けていないなら、取敢えず大学に進み専門知識の習得に努力された方が宜しいと思います。

 ベンチャービジネスともてはやされて起業した例は結構多いと思いますが、経営に失敗して財産を失い、多額の負債を背負ってしまったという例も多いと思います。起業の志は大事ですが、同時に財産を失い負債を抱えることへの覚悟も必要かと思います。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


 目の前の方の悩みや気持ちをしっかりと受け留め、心を開いてもらうように努め...

大学行きながらでも起業はできる

大学行きながらでも起業はできませんか?
仕事が順調になったら退学や休学すればいいし。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


浄土宗教師。四十代男。 仏教は、悩み苦しみを制御したり消したりするための...

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。
起業したいと早まるばかり、視野が狭くなっていたということに気がつきました。
確かにリスクが高いことではあるので、よく考えた上で、また大学に行きながらでも起業できるということを踏まえた上で自分が進む道を決めたいと思います。

「起業・独立」問答一覧

『家業』という特殊な悩みについて

実家は福祉施設。父が経営者、母が事務で一緒に働いています。 私も大学で福祉を学び、やりがいのある仕事と感じています。卒業後は自分に自信なく、どうしてもすぐには手伝う気持ちになれず関東で福祉職に。社会人5年目です。 先日父から「そろそろ家業を手伝うのか、答えを聞かせてほしい」「いきなり経営者になれとは言わない。ただ、地元に帰ってくる気があるなら家業の手伝いをしたり、支援するから新たに起業して理想の施設を作ってみたらいい」と言われました。 客観的に見れば恵まれていると思います。父が作ってきた施設やサービスは誇りです。苦労して働いて育ててくれた感謝、年老いていく両親に孝行したい気持ちもあります。 しかし、そこに親のコントロールが入ってくるのでややこしいのです。 親に逆らうとは何事だ!という家庭文化で、私が素直に従わないと「勘当」まで言われます。 父と話す時は小さい頃から機嫌や顔色を伺いながらで…そのせいか今も真面目な話や腹を割って本音を話すことがどうしても怖く、見えない壁、圧力を感じるのです。 なので今回の家業の件も、自動的に頭の隅で『親に言われたから手伝わないといけない』と思っています。 ですが1人の人間として、どう自分を納得させるか葛藤しています。 家業についての心配は ・今は手伝うだけでも継ぐことになるのか? ・父は頑固な昭和オヤジ。家業を手伝っても私に対して強く出て『ああしろ、こうしろ』となり、それに心労する自分が想像できる… ・福祉の現場で働くことが好きで、経営や経理事務には興味なし ・家業には10年以上勤務している従業員もいる中で、娘の私が手伝い始めたらどう思われるか ・子供の頃から親が帰宅しても事業の課題を話しているのを見聞きしているので今後の家業が成り立つのか? ・将来の結婚相手に家業について理解してもらえるか? など…杞憂といえばそれまでですが、今のわたしにはとても重要な心配です。 家業は介護、私は障害者福祉で、同じ業界なので家業に移ってもキャリアとして組み立てられなくはない。 でも『自分のたった一度の人生なのに親に言われたから手伝うでいいのか?』との葛藤もあり。実際、今の職場は給与も環境もよく、離れがたい。物理的にも精神的にも親と程よく距離があり、心地良い… お坊様、どのようにして気持ちの整理をつけたらいいか、お知恵をかしてください。

有り難し有り難し 2
回答数回答 1

きれいごと・・・ですか?

今日、個人事業主として開業してちょうど一年経ちました。 まったく異業種からの参入で無い無いづくしの出発でしたが、ありがたいことに同業の方から手一杯だから代わりにやってくれとお仕事を頂いたり関連する業種の方からお仕事を頂いたりしてなんとか乗り切ることができました。 今年は2年目に入ったので、去年お仕事を回して頂いた方からまた回して頂けるように努力しながら、自分でも大元の発注者の方から直接仕事を取ってこられるように、また自分自身も今年から発注する側の業種についてもスタートするので自身で仕事を作り出せるように頑張らないといけないなと感じています。 この内容を経営者の方の集まりで今年の抱負として話したところ、「最初は泥臭いこともやらにゃいかん、何をきれいごと言ってるんだ!!」と一喝されてしまいました。 正直一体何がきれいごとだったのかわからなかったので、ただ批判されるのを黙って聞いているしかなかくてかなり落ち込みました。 日を置いて考えてみると、実際はどうなのかわかりませんが新米のくせに自分で仕事を作り出せるようになんて言ったからかなというのが一番大きいような気がしています。下請けの仕事はしたくないというふうに伝わってしまったのかな?と思ったり… 以前勤めていた職場の社長やお世話になっている同業の大先輩から「仕事は人からもらうだけじゃダメ。発注する側に何かあったときに共倒れになる。だからそうなったときに立て直せるように自分で仕事を作ってきて自分に発注できるように早いうちからやっておきなさい。」と言われていたので事業をするうえですごく大事なことなんだなと感じました。 特に社長はとても尊敬していた方でしたので10年以上経ってもずっとあのとき会議室で話した光景が頭から離れません。 私の気持ちは去年のようにお仕事を回してもらうための努力も大事、自分で仕事を作るための努力も大事。その両方をしっかりこなしていこうという思いなのですが、ひょっとしておかしいのかな?と思ってしまいました。 そのあと一喝した方とじっくり話をしていないので真意はわかりませんが、朝から気分が沈んでいます…

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

孤立してしまった

自分で事業を始めて数か月経ちました。 まだ軌道まで時間がかかりそうですが、ぼちぼちやっています。 新規加入の人向けの新人研修とか通常の研修とかに出席していますが 孤立した感が強いです。 新規加入した人や加入して数年しか経っていない人たちで夜集まって 研修会をやっていてお誘いを頂くのですが、その時間帯はなかなか出られないことが多いので参加できていません。 逆に別の会が主催するベテランの人から新規加入の人までの全範囲を対象にした研修は日中にあるのでよく参加しています。 日中の研修に出ていると、夜の研修に出席している人たちは割と内輪で仲良く話をしていますがいつも私は蚊帳の外です。 接点もあまりないし、その人たちの輪だけで盛り上がっていることも多く、しかもその人たちと扱っている分野も違うのでそこに入っていこうっていう気持ちも薄くなってきました。 毎回こうなので日中の研修に参加するのも苦痛になっています。 でも横のつながりも大事だと言い聞かせて研修が終わったらさっさと帰ってきて家でぐったりという具合です。 無理して夜の研修に参加してその輪に入ってお前の事業はうまくいくのならそれでいいけど、孤立したくないから出るっていうのは違うんじゃないの?扱う分野も違うやろ?とこないだ友達に言われました。 自分は自分と割り切って自分なりのネットワークを作ることを考えたほうがいいんでしょうか。 それとも多少無理してでも夜の研修に出て輪に入るほうがいいんでしょうか。 こんなことで悩む羽目になるとは思ってもみませんでした。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

コミュニティーの中に入っていけない

今年のお盆明けから独立して事業を始めました。 数か月前から手続きを進めてきてようやくスタートできました。 業務に必要な知識の習得や新しい分野への取り組みの準備等で バタバタと一日が過ぎていきます。 そんなそれなりに充実した日々の中に不安というか悩みがあります。 それは先輩方の中に上手く入っていけないことです。 何人かの方と名刺交換させて頂きましたがなかなかお会いすることもなく、 研修会等に出席しても大人数の雰囲気にのまれてしまって萎縮して 何にも話せないままため息をつきながら帰ってきます。 元々人見知りするので慣れるまでにものすごく時間がかかります。 今まで勤めてきた会社も毎日顔を合わせる人でさえ最初の2か月ぐらいは 「この人どんな人?話するの怖いな~」といった感じで気にはなるけどうまく 話せないといった状態でした。 (よく、「最初のころあんまり話してなかったもんね~。たぶん気にしすぎ なんじゃないの。普通やん、むしろ話しやすいしおもしろいやん。」って 言われていました・・・) でもわからないことがあったら誰かに聞きたいし、協力をお願いするような こともあると思うので研修会や会合には本音は苦痛だけど参加するようにしています。 同じタイミングで開業されたもう一人の方はずっと前から先輩方とお付き合いがあったうえに物怖じしない性格らしく、どんどん先輩方の中に入っていっているので自分だけ取り残された感が強くてますます沈んでしまいます。 でもまだ始まったばかり、そう悩むこともないだろう。人は人自分は自分。これからこれから!と気持ちを切り替えられるように努力はしています。 そして数人だけでいいから安心して自分の悩みや気持ちを本音で話せる先輩とお付き合いが出来たらいいなとも思っています。 これからどんどん顔を出して自分を知ってもらおうと思う反面、やっぱり 輪の中に入るのが怖い、不安だというのが消えません。 新人のくせにとかお前誰だよとか変な奴とか思われてるじゃないかとか 考えるとますます話せなくなって目立たないように大人しくしてようって なってしまいます。 こういうふうになりたい。という思いと怖い、不安だという感情が上手く 整理できません。 どうやって向き合ったら良いのでしょうか・・・

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る