hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

お坊さんちの夫婦喧嘩事情

回答数回答 4
有り難し有り難し 62

やっぱり、声を荒らげることもなく、ただ静かに「ゥム、我ハ今 頭ニキテヲル」と内観し、感情の嵐が過ぎ去るのをじっと待っているのでしょうか?あまり激しい喧嘩にはならないのですかね?

我が家は近頃、旦那ちゃんと喧嘩ばかりです。お互い間違っていないし間違えてもいるし、だからこそ我慢し過ぎて思考も感情もフリーズ、不気味な空気が張り詰めています。

お坊さんちはどんな感じですか?

2018年8月31日 20:30

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

ケンカするより、掃除してます。

みんな個々の人格です。個々が集うのですから、当然、意見の違いや、価値観が違うので揉めることはあります。
でも、家内には怒鳴ったり、まして手を出すことは過去にもありません。でも、まだまだ未熟なのでしょう。心の中では、わお~と思うことはあります。それが態度に出てしまうのも、甘えなのでしょう。
お互いの心がスムーズにいっていない時は、私はもくもくと掃除しています。

2018年9月1日 16:46
{{count}}
有り難し
おきもち

日蓮宗のお寺で、名古屋市南区にあります。 ”お寺は生きている人のためにも...

思いやりでしょうか

拝読いたしました。

不気味な空気ですか・・・
ウーム。

「ゥム、我ハ今 頭ニキテヲル」
「ナント、高圧的ナ物言ィジャ」
などと、客観的に物事を捉える思考を取り入れる試みを、行ったことは幾度とあります。

が、私も人間。
未だその境地には達していません。

私の場合、いくら腹が立っても嫌な顔はしない。
それが誠意だと思うのです。

大きな声を出さない。
汚い言葉づかいをしない。
相手が正しいと思えば素直に謝る。

それが円満の秘訣だと心得ております。

生活していれば、必ず相手に迷惑をかけます。
ご飯をこぼしたり、花壇をいじってそのまま上がり、玄関を砂だらけにしたり。

その度に𠮟責されますが、申し訳ございませんと、素直に謝るのです。
相方もそれ以上は責めず、黙って掃除してくれます。
その思いやりにまた感謝。

なにかのろけ話になってきましたね。

お互い様です。
こんな出来の悪い人間をサポートしてくれていることに、日々感謝しながら生活を営んでおります。

2018年9月1日 11:11
{{count}}
有り難し
おきもち

時宗の寺院で住職をしています。 今の時代、お寺の在り方とは、僧侶とはいっ...

お坊さんも人の子

読まさせていただきました。

想像のお坊さんの夫婦喧嘩にクスリとしてしまいました。私の師僧である父母の喧嘩に
そっくりだからです。母がなんか父に言い立てることが多いのですが、父はアルカイック
スマイルで「そうか。」としか言いません。声を荒立てることもなく、いや母はそうしてる
わけですが、静かな?喧嘩です。

私はまだまだ未熟者母にがみがみ言われると時々言い返してしまいます。まだまだ、修行が足りませんね。仏さまに懺悔する毎日です。

2018年9月1日 1:13
{{count}}
有り難し
おきもち

浄土宗僧侶ですが、時宗の一遍上人と同じころ活躍した一向上人の流れです。宗門...

まぁ、そんな感じかも

私の場合、結婚してからは、妻と激しいケンカはないです。
言い争いというか、意見の違いはあります。
しかし、最終的には妥協点をみつける感じでしょうか。

ケンカというより、自分の都合でイライラしていることはあります。
忙しくて時間に追われているときや、体調が悪いときなど、要は八つ当たりですね。

欲・怒り・怠け・プライドなどの煩悩は誰にでもあります。
煩悩は悩み苦しみやストレスの原因になる。
だから、夫婦で互いに、自分の煩悩に気をつけなければなりませんし、
相手の煩悩に慈しみの心で寛容に「お互いさま」と許す方がよい。
また、ときには、煩悩に負けそうな相手が煩悩に負けないよう、叱咤激励しあうのも夫婦でしょうね。

ダイヤモンド(仏教用語では金剛)は、とても硬い物質です。
ダイヤを磨くためには、ダイヤが必要。
互いを磨きあうために出会った、と思いましょう。
(昔読んだ詩集にそのような内容がありました。)

2018年9月1日 6:42
{{count}}
有り難し
おきもち

浄土宗教師。四十代男。 仏教は、悩み苦しみを制御したり消したりするための...

質問者からのお礼

【台風が近づいています。皆さん、どうかご注意下さい】

鈍阿さん
ご回答、ありがとうございます。
アルカイックスマイル!ま、眩しい!
動じることなく、ただ「そうか」と微笑みで受け止める(流す?)、そんな境地になれたら最高でしょうね。
とはいえ、こちらの言い分もあるのだから言い返したくなるのです。喧嘩するつもりはなくても相互理解、コミュニケーションのつもりで返そうとはするのですが、感情を押さえようとすればするほどに、段々と↑ 徐々に↑ 語気が↑ 荒く↑ なってしまうんです。反省。

「お坊さんも人の子」ですよね。高みを目指すお坊さんでも、まだまだだなぁと反省する人間的な部分があるのは、親しみやすくてステキだと思います。もしご結婚がまだでしたら、良き伴侶をじっくり見つけて下さい。


願誉浄史さん
ご回答、ありがとうございます。
そうなんです妥協点!
私の尊敬する方々の一人、ガンディーさんの言葉を引用し、「妥協点を見つけよう」と何度か言ったことがありますがスルーです(笑)
夫婦が「お互い様」の精神で許し合うって難しいのですよね。まず同じ意識でなければ始まりませんから。我が家はそこが難関なのです。

夫婦喧嘩という究極の(思い通りにならない)状況で、怒りに対しどのような対応をするのか、その人の生き様がよく表れるのだろうなと、皆さんのご回答を拝見して感動しているところです。
奥さんと同じ立場であろうこの質問に答えて下さったということは、きっと奥さんに対しても誠実に向き合っておられるのだろうと想像します。
これは回答頂いた皆さん、同じなのでしょうね。


海老原学善さん
ご回答、ありがとうございます。
“不気味”なんて言うと、「空気は空気、不気味なものなどありません」とお坊さんからは叱られてしまいそうですね。
この時は部屋の中でブラックホールが誕生し、全てが飲み込まれて行くぐらいの雰囲気でした。

嫌な顔、ズキッ…
何度も同じ事で言い合いになると、なってしまうんですよね。気を付けます。
しかし奧さん、素晴らしい方ですね。おのろけ話にほっこりしました。たまには感謝の気持ちを、言葉で伝えてあげて下さい。
ちなみにフォローさせてもらいますと、我が家は笑顔と笑いを大切にする明るい家庭なのです。良し悪しはありますが、なるべく早く仲直りするように心がけていますし。普段は(多分)仲良しですっ。

※台風がそちらに近づいています。どうかご注意下さい。


鈴木海祥さん
ご回答、ありがとうございます。
目の前の掃除に集中するのは、仏教的な答えでもあるのでしょうね。綺麗にもなって良いこと尽くめです。

他人であれば価値観の違いも気にならないのに、何故か夫婦間では大問題。もしかしたら、これも甘えなのでしょうか。
あ、今お礼を書きながら閃きました。 そう考えると「たまには甘えたっていいじゃない夫婦だもの」と思えます。夫婦喧嘩って悪い側面だけではない気がしてきました。
どうしても避けられないなら、見方を少し捻ってみて「じゃれ合う犬」と解釈してみたら、と。追いかけ回したり甘噛みしたり犬パンチしたり。(イメージです。実際に暴力はありません。)
笑えてきて良いかもしれません。掃除と合わせて、今度試してみます。
※ ご回答内容からずいぶん飛躍してすみません。化学反応だとご理解下さい。

「お坊さん、お寺の結婚夫婦問題」問答一覧

親の望む道を行くか、自分のために生きるか

私はお寺の長女として生まれました。弟もいますが、軽度の障害があるため、父も母も「あいつには無理だ」と言っており、長年私がこの寺を何とかするものという暗黙の了解がありました。 大学を卒業後、付き合っていた在家の彼氏と結婚をしました。彼は大手のITの会社で働いていましたが、寺を継ぐために、後々修行をして住職として働くことを了承の上結婚をしました。ですが、快くOKしてくれたわけではなく「一緒にいるためには、そうするしかないから、仕方なく継ぐ」と言った感じでした。 2年後、会社を辞め修行の道へ入ることになりました。彼は会社を辞める際、なぜそんな人と結婚したのか?もっと良い人がいたのではないか?と言われ傷ついていました。かと言って離婚するわけにも、修行を断念するわけにもいかず、結局春からの修行へ行くこととなりました。 しかし、その内容は本人も私も想像を超えるものでした。私が寺の娘なばっかりに、好きな人に辛い思いをさせ、仕事も辞めてもらうことになり、とても負い目を感じていました。私の人生に付き合わせて申し訳ないとも思っていました。 私は自分のせいで辛い思いをしている彼をそばで見ていることが出来ず、彼は仕方なく始まったお坊さんの仕事に意義を見つけられず、結局夫婦関係は破綻してしまいました。 それから私は、もう一般の方と普通に恋愛をして結婚することは叶わないと思うようになり、お見合いもしました。しかし、父の仕事に対する姿勢や、本山の悪い噂など、仏教に対する不信感は強まってしまいました。 両親は、今まで寺を修繕したり、家を建てたりしてきたので莫大なお金を寺につぎ込んでいます。それは、私が継ぐ時に困らないようにとのことだったので、そうならなければ今までの努力もお金も失うと思っているようです。 自分たちは今まで住んでいた家を失い、私は実家と呼べる場所がなくなります。 でも、私には今やりたいことが他にあります。父や母を悲しませたくはありませんが、親の思うようにだけ生きていくのももう限界です。 それを父に伝えましたが「考えが甘い」「自分が幸せならそれで良いのか」「周りを幸せにして初めて自分が幸せになれる」と言われ全く聞く耳を持ってもらえません。 親は強者で、子どもは弱者。こちらが真剣に話をしても、所詮子どもの言うことと片付けられてしまいます。 どうすれば良いでしょうか?

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

世間体に関して

先程 姑さんから言われた言葉で 納得ができないため お言葉を頂きたいです。 お寺に嫁いで2年目です。 今はまだ、お義父さん お義母さんの代なので 私たち夫婦は副住職でその妻です。 いろいろありますが乗り越えて頑張っております。 平日 火曜から金曜はパートにでていて うち2日は14時〜18時までの 子どもに関わる仕事 うち2日は11時半〜20時半 ただし通勤時間が長い為 帰宅は23時頃 販売に関わる仕事 土日はお寺の法事やらお寺の仕事をしています。 全てパートに出るに、姑さんから許可をとり働いていましたが 今日帰宅したら 「帰り時間が遅い、寺嫁として世間体がよくないから帰り時間を早めた方がいい」 と言われました。 帰り時間が遅くなる旨を伝えていたものの 販売の仕事は帰り時間が遅くなる。と伝えていた為、お姑さんからしたら 遅くなる時間は18時とか20時の事だと思った。との事 意見の相違があり私の伝え方がいけなかった所は反省しました。 ですが、今までパートで週2回 23時に帰宅してた際は 姑さんが寝ていた為 目で見てないから 何も言われておらず、 今日は起きていたから言われた感じでした。 「いつもは遅くないじゃない。 あ。私が寝てたから知らなかっただけか。 でも、世間体が悪いから早く帰ってきた方がいいと思う。」 という感じでした。 さらに言われたのが、 「遊びで帰りが遅いのはいいけど、仕事で帰りが遅くなるのは寺嫁として世間体が悪い」と言われました。 この言葉がわたしには理解ができません。 お寺さん側の方の考えは、 みなさんこのような考えなのでしょうか? 「寺嫁として、世間体が悪い。と言うなら 法事に出ず 趣味で外出してますよね? お寺の事やらず 出かけますよね? 法事中に車のエンジン音鳴らして遊びいきますよね? それは、寺嫁として世間体が悪いからにならないんですか?」 と反論してしまったのですが、 「わたしは長年やってきたから もう遊んでいい。わたしはいいけど あなたは世間体が悪いから駄目。」って いうことらしいです。 私にはいろいろ理解ができません。 お寺の方はみなさんそのような考え方なのでしょうか? それでしたら、どうしていけばいいのでしょうか? お言葉よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

お坊さんと結婚して思う事

こんばんは、はじめまして。 昨年、お寺に嫁いだ新米な寺嫁です。 本来は旦那や家族に相談して解決していく事だと思いますが…旦那(副住職)に関しての話なのと お寺に嫁いだ以上、自分が決めた道だからあまり周りに弱音を吐かず。周りに話したらお寺の内情を知られるのもよくないかと思い我慢して過ごしてまいりましたが… いよいよ。よくわからなくなってきたため 同じお坊さんにお話を聞いていただきたく質問、相談させて頂きます。 私は一般家庭から嫁いだ為、仏教を習った事もなく 全てが初めての世界でした。 旦那とは2年交際をし、入籍しました。 お付き合いしている時の旦那は、優しくて 気が利いて 行動的でいろいろ連れて行ってくれました。 束縛がかなり激しく、連絡はマメに。毎日会わないといけない。人でしたが 結婚すれば 毎日一緒だからそれに関しては乗り越えられると思い いろいろありましたが 結婚を決意し、嫁ぎました。 お朝勤も毎日やってるよ!法事も忙しいんだよ! お寺は忙しいから仕事辞めてもらわなきゃならないな…といわれ 嫁ぐ以上 中途半端にならないよう仕事を辞め 嫁ぎました。 嫁ぎましたら…嫁いだ日から180度旦那は変わりました。聞いていた話はただ旦那が見栄をはる為だったこと お朝勤もしてない、法事中も寝て手伝わない 「仕事も辞める必要なかったのに。収入なくてつらい」なんて言われる始末。 挙句には「1人の時間がなくて俺は我慢してる」と 嫁いで完全同居な私に言い放つ。 そして 日々の日常は旦那ペース。 わたしから お寺の仕事やろう。お朝勤やろう。って声かけてる現状も不思議なくらい。 義理のご両親は、自覚の問題だからな〜で終わり。 終いには、私が率先してお寺の仕事すれば旦那もやるかもしれないからやっていって!と言われたり。 旦那は、お寺さんだからなのか 言葉が上手く。 外では最高に優しくいい旦那発言をします。だからみんないい旦那だね!あなた幸せだね!って言われて それがつらいです。 何やるにも、後回し。何かあれば、旦那の両親がやってくれる。と 私も休みたい日はあるのに 休んでいいよ!俺休んできたから!なんて声かけは一回もなし。 私はどこまで頑張ればいいのでしょうか? お寺に嫁ぐというのはそうゆうお坊さんを支えなければいけないのでしょうか? 心の持ち方を教えてください。

有り難し有り難し 27
回答数回答 1

お寺に嫁いだ嫁の家族。立場は1番下。

先日、住職である義父が亡くなりました。 通夜には当然私の家族も参列したのですが、翌日に坊守である義母から呼び出されました。内容は ・私の家族が座った位置 ・役員さんが帰る際、通りすがった母もお見送りをした事 を指摘されました。 お寺では1番は住職、その次に家族、親族、役員さん方が来て嫁の家族は1番下だとはっきり言われました。 なので座る位置も1番後ろ、表立ってお見送りするのはもってのほかとの事。 そしてそれは常識だと言われました。 役員さんに文句を言う人もいて経営に差し障ると困ると叱られました。 知らなかった私たちも悪かったと思いますが、これは常識なんでしょうか? 寺では常識かもしれませんが一般常識では無いと思います。 ちなみに、副住職である主人は知らなかったそうです。 そして見送りをしていた母に義母は 「しゃしゃり出て」 と言い放ちました。本当に常識がある方はこの様な言動するでしょうか? 席順も私の家族は誰かに席を譲られたそうで流れで座ったので悪意も全く無かったと話しても義母は聞く耳持たずです・・・ 住職様方にお聞きしたいのはこの扱いはどのお寺でも当然なのか否かです。 2日間夜遅くまで手伝いに来てくれた母が不憫になり質問をさせていただきました。 長々と失礼しました。回答をよろしくお願いします。

有り難し有り難し 128
回答数回答 6

跡継ぎを探しております

私の実家は三重のお寺です。 跡継ぎがいなくて困っています。 私(女)は兄弟姉妹もいないのですが、両親は、私をお坊さんと結婚させて継がせるなどとは考えておらず、他のお寺さんからお坊さんを呼んで跡継ぎにする予定でいたため、私は小さい頃から「継がなくていい、好きに生きなさい」と言われてきました。 そして実際、父の先輩お坊さんのお弟子さんを迎え入れることになり、お盆やお葬式の時に手伝っていただいていました。 しかし、そこまで話が進んでいるにもかかわらず、その跡継ぎ予定の方と彼女さんの間に赤ちゃんが生まれ、その上彼女さんはお寺の奥さんになることを拒否しているようです。 父も、直接本人から上記の話を聞けている訳ではなく、どう切り出せばいいのやら、という状態らしいのですが、望みは大分薄そうです。 私もお寺に戻るつもりはありませんし、未来の結婚相手にお坊さんになってもらうつもりもありません。それは両親も同じ気持ちです。 そのため、三重のお寺に入ってくれるお坊さんを探しております。 彼女さんや奥さんがいらっしゃっても、お寺の奥さんになることに同意されているのなら大歓迎です。 どなたか、うちのお寺に入っていただけないでしょうか。もしくは、入ってくれそうな方をご紹介いただけないでしょうか。 よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

夫の考え方がわからない

夫は2年前から二つのお寺を兼務する事になりました。それまでは一つのお寺で約30年頑張っていました。 新しく兼務する事になったきっかけは、先代が病死し、生前から後を頼まれていた為、引き継ぎました。先代には約35年別居中の奥様と現在30歳代の娘さんがいます。 娘には先代が亡くなった時はまだ結婚をしていませんでしたが長く同棲していた人がいまして、葬儀や法事の際には2人で出席していました。 いつのまにか妊娠し、法事の頃に入籍したという話を聞きました。 夫は度々娘夫婦や奥様とお食事会をしているようでした。そこまでは構わないのですが、今度は娘夫婦の結婚披露宴を夫のお金を遣い開くとの話を聞き、なんとなく違うんじゃないかなと納得できなくなってしまいました。 先代の葬儀、法事などは全てお寺と夫のお金を遣い行い、それは常識的だと思っておりました。 ですが、娘の結婚はまた別のものと考えるべきと思うのです。 なぜ?と聞いたら私は冷酷人間、心の狭い人間だと言われました。私にも娘がいるので、そんなことしてうちの娘の来年の成人式はちゃんとお祝いしてあげられるの?と聞いたら貸衣装を借りるだけだろう?と言われてとても悲しかったんです。 実際は娘のためには既に私のお金で晴れ着は購入しましたし、私の着た晴れ着もあるので夫の世話になるつもりはないのですが、、、 先代の奥様、娘とはいつまでこのように付き合っていかなければならないのでしょうか? こんな事が続くのなら私は離婚していただき、先代の奥様にお寺に入っていただいた方がいいのではないかと思うのです。 17歳の長男もお寺はつぎたくなく、別の方面に進みたいと言っているので、将来的には先代の娘夫婦がお寺を継いだらいいと思うのです。 お寺の事は私には理解できません。 私は夫の言う通り冷血な心の狭い人間ですか?

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る