hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

人間は心が醜いと、最近は思ってしまいます

回答数回答 2
有り難し有り難し 23

今まで家族や職場の人間関係で度々相談させて頂きました。
最近は、もう人間の心の醜さに打ちのめされそうです。

父が私にいつも「人間を避けようとするな」と言います。
又、「お前だけが辛い訳じゃない」とも言います。

母や姉からの意地悪はエスカレートし、祖父の家に帰省した際、家族全員分の食事を用意して、私と主人の分だけ、食事がありませんでした。
「可哀相だから、せめて主人の分」とお願いすると、姉達から集中して文句を言われ、最終的に「一番可哀相なのは、お前の頭!!」と言われました。
食事の準備は手伝わされましたが、白米すら分けてくれませんでした。

最近、友達に会って職場の体験談を話すと「ドラマみたいね。それ、現実に起こってるんだよね??」と言われました。
『やっぱり私だけに、こんな事が起きてるんだ』と思ってしまいます。

戸建を購入したのですが、主人が庭でタバコを吸った事に対して、後に越してきた右隣の人が怒鳴り込んで来ました。
最初は「庭でタバコ吸うの、辞めて貰えませんか!」と強めに言われたので、「主人に話してみます」と言いましたら、「何でご主人に話す必要があるんだ!」と怒り出しました。
ご近所に聞こえる様な怒鳴り声で「お前らみたいなやつは、警察に捕まるんだからな!!」と言われたので「あの・・うちの敷地内で、吸ってたんですよね?」と聞いたら「近所にお前達の悪口、言いふらしてやる!!裁判も起こすぞ!!」と益々怒って怒鳴れました。
その後、主人が直接隣のお宅に伺ったのですが、「そちらの奥さんが、『うちの敷地内だから関係ない』と非常識な事を言ってきたから、私もついついカッとなってですね!」と嘘を言い、又、近所に聞こえる大声で、私の事を非常識だと侮辱してきました。
最近越してきた左隣は子供がボール遊びで、うちの家の壁にボールをガンガン当ててきます。
あれから外で、一度もタバコを吸ってないはずですが、それを怒鳴り込んで来た左のお爺さんが、ニコニコ笑って道から見ていたりします。

・・私を特にターゲットにして、イジメられていると感じます。
外に出るのも嫌で、近所の人と会うのも嫌で、隣なので生活音も立たず、息を潜めて生活しています。

結婚して職場のセクハラやパワハラ、イジメから解放されたと思ったら、一生お付き合いする隣人です。

私の周りには心の醜い人間ばかりです。

2018年9月20日 18:49

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

悲しいですね。でも、そんな人間ばかりではないよ。

 ご質問を読んで、私も悲しくなりました。辛いですね。でも、辛抱して頑張っているんですね。立派です。「売り言葉に買い言葉」と言いますが、買い言葉をしてしまったら、あなたもあの方たちと同類になってしまいます。辛くても苦しくても、暴言や暴力を持ち出さないあなたは立派です。

 こんな仕打ちを受けたら、怒りが燃え滾って怒鳴って暴れたくなりそうです。私はまだまだ修行が足りませんね。

 因果応報と言う言葉についてhasunohaにもよく質問があります。人に暴力を奮ったら、いつか必ず其の報いがやってきます。人を怒鳴ったり排除したりしていれば、其の報いは来ます。あなたの目に見える場で現れることもあるかもしれませんが、あなたの目に見えない場で報いを受けるかもしれません。人を踏み躙って、いつまでも平穏で居られるものではありません。

 人を踏み躙るような人をことを考えるよりも、自分が健康で心静かに家族仲良く暮らしていくことを第一に考えましょう。人に笑顔で接し、挨拶を欠かさず、優しく言葉をかけていけば、いつか周囲には優しく親切な人が増えていきます。誠意を以て接していけば、わかってくれる人もたくさんいますよ。

  すぐに成果が出る場合もありますが、成果が出るまで時間がかかることも有ります。あせらず、こつこつと、仏様の教えにかなう日々を重ねて生きましょう。そうすれば、「生きていて、良かった。」「世の中、捨てたもんじゃない。」と思える時が必ず来ますよ。其の日のために、辛くとも苦しくとも、頑張っていきましょう。

2018年9月21日 0:34
{{count}}
有り難し
おきもち

ほとんどの生き物は愚かで身勝手です。

人間に限らず、この世界のほとんどの生き物は愚かで身勝手です。
欲・怒り・怠け・プライドなどの煩悩に突き動かされています。

プライドの煩悩があるので、自分を他人より上の立場だと思いたがります。
それで、他人の悪口を言ったりします。
他人の悪口を言ってると気持ちよくなり、もっと言いたくなる、欲の煩悩が生じます。

最初は怒りの煩悩で批判している人も、批判や悪口が快感になって、怒りではなく欲で悪口を言ったりします。
タバコの件で怒っていた隣人も、途中からは悪口を言うこと自体が気持ち良くなって、もはや最初の目的(苦情を言う)はどうでもよくなり、とにかく悪口を言いたいという欲(悦楽)が優勢になります。
世の中のいじめなんかも、そうかもしれません。
ケンカの殴りあいも、最初は怒りから攻撃してパンチしますが、2発目3発目からは、殴ること自体の快感に酔ってきて、歯止めがきかなくなるのです。

勝手な想像ですが、もしかしたら、あなたには、あなたをいじめる人に快感を与えるような特別な魅力があるのかもしれません。

2018年9月20日 21:24
{{count}}
有り難し
おきもち

浄土宗教師。四十代男。 仏教は、悩み苦しみを制御したり消したりするための...

質問者からのお礼

ありがとうございます。

きっと人を攻撃する時点で、もう何か不満を抱えているのだという事は、正直思います。
あぁこの人は今、不幸なんだな、と思ってしまいます。
そう思う所は、常に自分にあると思います。
私は腹いせしようとは思わないので、最終的には軽蔑に変わります。

実年齢は30代後半ですが、20代前半くらいに若く見られます。
職場でも他会社の営業の方から、9歳も歳下の、23歳の前任者と比べられ、それよりも歳下に見られた事が何度もありました。
実年齢に見られる事は、初対面ではまずありません。
そのせいか、小娘のくせに生意気!という態度を、よく取られます。
主人は私の歳下ですが、ご近所でも主人は大人、私は子供、と見られていると思います。
年齢を知られても「全く苦労してこなかったんだね」と言われ、冷たくあしらわれたりします。
見た目の若さと、苦労は関係無いと思うのですが、もの凄く腹立たしく、悔しいです。

どうしようもない部分だと思います。
改善出来そうな所は、改善していこうと思います。
辛い気持ちを聞いて頂き、アドバイスを頂いて、ありがとうございました。

「人間とは何」問答一覧

他人とは何でしょうか

子どもの頃から親、クラス、教師など他人と関わるのに疎外感を感じてきました。 その時の自分を表現したかっただけなのに、杭として飛び出れば、やっかみやいじめや、利用してやれ、無視してやれみたいな報復が待っており、世の中の大多数の他者とは分かり合えない、という思いが形成されました。 そういった「分かり合えない、わかってほしい」という思いと他者との関係は大人になってもたいして変わらず、そういった渇望に付け込まれて、やりがいの名の下にいいように働かされ、精神を病んで休職してしまいました。 自分が、他人と仲良くなるかどうかは別として森羅万象の相互関係性のなかで生かされていることは理解できます。他人の存在がなければお米を食べることすら不可能です。 それでもやっぱり、休職から社会に戻って人と関わるのが怖い。というか、自分の中に他人を位置づける場所がないのです。 他人と折り合えない、悲しい、深く傷つき、自分さえもそれを癒せない。ましてや外の世界に救いなんて無い。 また、わざわざ傷つきに戻るのだろうかと... そこで、そもそも自分そして他人とは何かということを考えています。 仏教では、自分さえも固定的な本質を持たない、相互関係性でその瞬間ごとに成立しているただの現象であると説いていますよね。 では、同じような原理で発生している「他人」、例えばジャンケンしようとして相手が何を出すのかすら観測不能なまでに隔絶された「他人」というものについて、仏教はどう説明しているのでしょうか? 教えてください。

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

人間であることに違和感があるような者と話をして頂けます処は.

ネットにて、今、全く初めてこちらさまのご存在を存じ上げたばかりのところです。 「自己紹介」等の欄にお書きしました通り、私の中には、小学生の頃から、人間の傲慢さがどうにも許せない、ありえない、という思いが深く根を張っております。   このような感覚をもって、現世に人として生きていくことこそありえないわけで...  似通った感覚をお持ちの方がいらっしゃるのでは、と「引きこもり」の方たちの電話相談にはおかけしたことはあるのですが、私の話を一方的に聞いて頂くだけになってしまいました。  あまりにも恵まれた時代と環境に生まれ育った故の所産であることとは自覚しておりますが、この人間社会に長らえるには、自分の感覚を 鈍く鈍~く、何も感じないように... と、感性を抑え込むしかないようで...  現在、人類が いよいよ行き詰まっている、その大もとの根っこにあるものは、我々が、ほかの生き物たちを、日々、凄惨な生き地獄に突き落としている、その自覚さえなくなってしまっているという大問題であるとの思いが募っています。  ほかの生き物たちの激痛に思いをいたせない生き物の社会に、戦争がなくなるはずがない、とも学生時代から確信しています。    特に日本人は「わたしたち」という言葉には、あらゆる生きものたちを含む、という感覚が まだ残っていた(人が多かった)と思われますので、取り返しのつかないような焦燥感にも苛まれます。  西洋の、あのあまりにも人間中心の文化を思いますに.. (たかだか100世代も遡らない頃に) [人間は他の生物とは隔絶した、超別格の存在である] という理論を、きっちりと美しく構築しなければ、さすがに後ろめたくて生きにくくなってきたのだろうか? 我々農耕民族とは違って... などと考えています。  実際に困っていることは、少しは現世と関わりを持つべく、細々と活動していることの中に、[感性を抑え込]んでしまっては成り立たないことが大いに生じることとでございます。  このような者(自分を含め 全ての人間に非礼かと思われますので..)と話をして頂けますような場などおありでしょうか?  不遜なことを申すようですが、「世捨て人」「すきもの」などと呼ばれていた方々の中には、私の感覚に近いお方もいらしたのでしょうか..? ということも、一度お尋ねしたいと思っておりました。

有り難し有り難し 12
回答数回答 1

人間なんていないほうがいいのではないか

始めまして。 10月の初旬に巨大ハリケーンがハワイ島を襲い無人島が消えたというニュースを見ました。 その無人島は、ウミガメ・アザラシなどが暮らしている島です。 動物たちは生きていくことも厳しくなるでしょう。 今回は自然災害という形でしたが、人間の勝手でたくさんの動物たちの命や限りある自然が奪われています。 高価な鞄や服のために、たくさんの動物たちが生きたまま皮をはがれます。 無理やり繁殖させられた動物は、人間の勝手な価値観で優劣をつけられ待遇が変わります。 豚や牛、鳥、植物も人間のために命を奪われますが、日本の食料廃棄はとても多いです。 そのことを考えると心が痛いです。 人間なんていないほうがいいんじゃないかと思います。 お坊さんは、人間は存在してよかったと思いますか? 戦争をしたり、核実験をしたり、動物を殺したり、環境を破壊したりする労力と知恵を、地球を守ることに使ってほしいと思います。 私は菜食主義者ではないので魚も肉も野菜も食べますし、電気も使い原子の恩恵にあずかっています。 今できることは、必要なモノだけ買うこと。ご飯を残さず食べること。資源をリサイクルすること。 でもこんな些細なことが地球のためになっているなんて到底思えずに苦しんでいます。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る