hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
2019年のあなたを表す漢字 募集中

弟の気持ちが理解できません

回答数回答 1
有り難し有り難し 20

何度も相談を仕手申し訳ありません。弟なのですが、母の遺骨が私のもとにあるのに 全く寄り付こうとしません。49日の法要の話も「これた来てください。来れなければ遺骨と白木は私が持って行きます」というメールを送ってきました。弟は以前から私の電話を着信拒否しているので 電話をかけてもでてはもらえません。私はいいのです。嫌われていrも。。でも母の遺骨にだけは お墓に入るまでの数十日間しかないのに、お参りに来てほしいと思うのです。親戚に相談をしても「忙しいんじゃない?」と言われます。なぜでしょうか?土日は弟も休みなのになぜお参りに来てはくれないのでしょうか?私にはそのことが理解できず、母に「ごめんね、私がいるから来ないんやね・・」と謝ってばかりです。弟は母の生前にはよく遊びに来ていました。ですが、母が入院してからは一度も来ず、先日のお葬式でも私は母の遺骨と遺影、白木を持ってタクシーで一人帰りました。
私がいけないのでしょうか?義理を欠いたつもりはまったくありません。弟はそういう人なのだと割り切るしかないのでしょうか?答えが見つからず 一人悶々としています。何卒ご指南のほど よろしくお願いいたします。

2018年11月3日 20:25

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

あなたは、あなたで、お母さんを偲びましょう。

そうですか。。。あなたは、お母さんに会いに来ないのが、不思議なんですね。お骨がここにあるのに、って。

別々に暮らしていたら、遠慮もあるのかなぁと思いますよ。また、満中陰(四十九日)までの、中陰のお勤めはどうされていますか? 弟さんのところでされているの?それとも、あなたのところかしら。お参りがあれば、手を合わせに、皆 集まるでしょうにね。

お骨がそこにありますから、亡き人はその壺の中にいるように思いますが。実は、仏様の世界にいらっしゃるのですよ。
だから、亡き人を偲び、出会うためには、手を合わせ、お念仏を唱えること、お仏壇に向かうことが、一番なのよ。

本来なら、ご本尊(宗旨の仏さま)のお側に、お骨を。そして、中陰のお勤めを 満中陰まで欠かさず勤めていただきたいので。そのときに、縁ある方々は、仏さまや、お骨のお側に、集まられるはずなのですがね。

まぁ、弟さんも、お母さんを亡くした悲しみがあります。皆、それぞれにね。お骨に会いに来ないから、冷たいかと言われたら、それだけでは決めつけられません。弟さんは、弟さんで、大事に仏さまに向かい 手を合わせていらっしゃるかもしれません。理由があるのでしょう。やはり、話し合える環境にあるのが一番ね。

弟さんのことを気にせず、
あなたは、あなたで、お母さんを偲びましょう。手を合わせることを、大切に。

2018年11月3日 22:29
{{count}}
有り難し
おきもち

はじめまして(*^^*) 中田みえです。 住職として、中学生の息子の母親...

質問者からのお礼

いつもありがとうございます。弟には弟の考えがあるのかもしれませんが、私はやはり母はまだお骨が私の手元にある以上、来てほしいのではないかと思ってしまいます。ほんの一瞬だけでもいいから 母に会ってほしいと願ってしまいます。。母のお友達は 皆さん母を偲びに来てくださっています。私は朝昼晩問わず ずっと母に話しかけ、影膳を供え、お祈りをしています。母は私で満足なんだろうかといつも思ってしまいます。兄弟でこんな状態 本当に悲しいです。。話し合いたくても、弟が電話に出てくれません。。ありがとうございました。もう母に対しては 私一人でお祈りをすることにします。いがみ合った姿を見る方が 母も辛いと思うので。。母にはゆっくりと成仏していただきたいので・・温かいご回答ありがとうございました。

「供養全般」問答一覧

結婚後の父母の供養

いつもお世話になっております。 こんな歳になって私が結婚をすることになり(同居で義父の介護のお手伝いをするため)、お墓と仏壇を、遠方の兄に託す事になりました。 兄は、お墓の祖父母と父を恨んでおり、直ぐにお墓と仏壇を終わりにして、その後の供養もしないそうです。 父は生前、お酒の依存で暴力が酷く働かず、貧乏だった事を、兄は未だに許せずにいます。そんなお墓をそのままに亡くなった母をも許せないらしく、納骨もできずにいます。 お寺さんにも相談しましたが、「貴方(私)は、嫁ぎ先のご先祖を大事にしなさい。こちらの事は全て置いて出なさい。写真に手を合わせるだけで十分です。」と私の立場を気遣ってくださいました。 そうは言っても、母はまだ一周忌が終わったばかり。母と私は、父の暴力に怯えながら、互いを置いて出ることもできずに、ずっと一緒に生きてきました。母に執着しているのかもしれませんが、この先、何もしてあげられないのが悲しくて辛いです。今はまだ一人なので、写真にお供えとお線香で手を合わせています。 先日、久しぶりに菩提寺の本山の奥の院へお参りしてきました。そこで写経セットが目にとまり頂いて帰りました。作法やお経の意味を調べつつ、母の写真の前で写経をし、心を込めて無心になれたようなスッキリした気分に恵まれました。 命日に奥の院へ納経し、御首題帳を頂いて母の写真に供えました。 仕事が朝方終わることもあり、車を使えば朝のお勤めにも間に合うようなので、次回は朝お参りにもと思っています。 こういった事でも、父や母の供養にはなるのでしょうか? 祖父母は弔い明けをしていますが、父は次が三十三回忌です。兄に託しておきながら、私がお年忌をするのも兄の顔を潰すようで申し訳なく思います。 それでもお年忌はお願いした方がよいでしょうか? 宜しくお願い申し上げます。 それから、、 前回の私の質問の直ぐ後に、他の方への回答で「恩返し」ではなく、「恩に報いる」生き方をと、お坊様がおっしゃっていました。私、質問で何度も恩返しと、、。顔から火が出ましたが、とてもためになりました。他の方への御言葉もいつも拝読して、私にとって、沢山の気づきがあり感謝しております。 いつも長くなり申し訳ありません。

有り難し有り難し 26
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る