お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

ペットの供養について

先日、12年間飼っていた愛犬が亡くなりました。
突然の死だった為悲しくてたまりません。

火葬を済ませ、遺骨が家にありますが、
供養について色々調べていたところ、いつまでも遺骨を手元に置いておくのは良くない、埋めるよりもペット霊園などに納めて仲間と一緒に供養してもらった方がいいとありました。
やっぱりいつまでも手元に置いておくのは良くない事なんでしょうか?人間の様に49日などを目安に手放すべきでしょうか?
また、亡くなった子が使っていた餌入れやお気に入りのおもちゃも置いておくと、執着していつまでも、居続けるから処分した方がいいと書いてありました。
遺骨は埋めるなりしたとして、長年お気に入りだったおもちゃを捨てるなんてすごく辛いです。出来ません。
でも、やはりこれがいわゆる執着ということになってしまうんでしょうか?

お坊さん方の考えはいかがでしょうか?

供養
有り難し 19
回答 2

質問投稿日: 2018年11月5日 14:18

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

そのような決まりは一切無いですよ。

人間の御骨も、
49日に納骨しなければならない決まりもありません。
いろいろな仏事の決まり事はあくまで目安であって、
絶対守らなければならないものではありません。

どうぞ、きなこ様の思うように御供養なさってください。
将来もし手放しても構わないと思うようになったら、
それは御供養が充分にできた証しとお思いください。

5ヶ月前

それは執着ではなく想いやる気持ちですよ

拝読いたしました

悲しいお気持ち お察し致します
でも それだけ愛されていたワンちゃんは
とても幸せな時間をこの世で過ごされたのだと思います

きなこ様のワンちゃんへの今の思いは
執着ではなく 
ワンちゃんを想いやる
暖かなお気持ちだと感じます

食器があって遺骨があって
側にいて家族の心に住んで頂いて
良いじゃないですか
どうぞ 思い出の品を大切にお持ち下さい
心で話しかけてあげて下さい
それが 一番ワンちゃんが喜ばれる
供養だと思うのですよ。

合掌

5ヶ月前

「ペット供養」問答一覧

「ペット供養」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ