お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

供養を毎日出来ません

以前に母が亡くなってどうしたらいいか質問させて頂きました。
実は足を骨折してしまい、やっと1週間経ちました。
怪我してからは友達の家でお世話になってます。
母と二人暮しだったもので1人だと心配だと言われ甘えてます。

母の供養を毎日してました。
友達がたまに自宅に行き水上げたりしてくれてますが、母の事が気がかりでなりません。
供養を出来なくても大丈夫でしょうか❔

早く治して自宅に帰りたいのですがままならず・・・
ぜひ教えてください。

有り難し 31
回答 2

質問投稿日: 2018年11月12日 6:40

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

供養とは

ご相談拝読しました。骨折してしまったのですね。お見舞い申し上げます。今は治療・療養を優先してください。

さて、供養をできなくても大丈夫か?とのことですが、それは個々人の信仰によるでしょう。亡き人が実際にどうなっているかわからない私たちにとって問題となるのは、私自身の心のはたらきです。供養できないことで亡き人に何か悪い影響があるのでは?と心配してしまうのは亡き人本人ではなく、供養する側の問題なのです。

ですからあなたがどうしても心配でままならないならば、ご友人のご自宅にいながらでもお母様を思い手を合わせましょう。供養とはどこか特定の場所で特定の作法でないとできないものではないでしょう。

そしてまた骨折から回復した際にはご自宅でこれまでどおりの供養を続けられてはいかがでしょうか。
その際にもう一つお願いさせていただくならば、是非仏教の学びを深めていただきたいということです。
言葉遊びのようになってしまいますが供養は供に養うとも読めます。亡き人を縁として仏法の学びを養うことで、亡き人からの願いや仏様の願いに目覚めていくものです。

その時には亡き人が苦しんでいるのでは?という心配から、私自身が苦しんでいることが亡き人や仏様から心配されていたのだという方向に転換されていきます。

命の終わりというのは亡き人からの最後の教えです。その大事な教えをきちんと受け取っていきたいものです。

ではどうぞお大事に。

9ヶ月前

大丈夫、心配はいりません。

供養ってなんでしょう。
単にお仏壇やお位牌に、お茶やお水をお上げすることでしょうか。もちろん、それも大切な事かもしれませんが、それは条件が整わなければできません。まさしく、こずさんができないようにです。
供養については、前記のご僧侶の方が書かれていますので、参考にして頂ければと存じますが、やはり心の想いが大切であり、まして他人にお任せてすることでもありません。
どこでもどんな状況でも、心は自由であります。ゆえに、どこでも供養、想いは通じます。
亡き方から、ましてお母さんからみれば、こずさんの状況をご覧になって、どうして水をあげて欲しいというのでしょうか。
そんなことより、早く良くなって元気になってくれることが一番の供養だと思っていますよ。
だから心配はしなくていいのです。
元気になったら、その分、他人様にも奉仕してあげてください。

9ヶ月前

「供養全般」問答一覧

「供養全般」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ