hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
hasunohaオンライン個別相談開始!

宗派の違い マナー

回答数回答 2
有り難し有り難し 24

お世話になります
叔母が亡くなってしまいました、病死です
私は不自由な心身なので医師の許可や人の手を借り、なんとかお見舞へいけました。
自分の思いと感謝は、意識のない叔母に伝わったと信じるしかないですよね。お見舞の翌朝逝ってしまった…悲しいです悲しいです

お通夜告別式への参列は、医師の許可がでません…母が参列です。

そこで教えていただきたいのです
叔母は浄土真宗とのこと、母は禅宗との違い(マナーや作法•初七日や四十九日)を心配しております。教えてくださいお願いします

2018年12月7日 0:11

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

その叔母さまの家に聞いてみては?

相手の家が浄土真宗だからと言って、
こちらもそれに合わせる必要はありません。
数珠の形やお焼香の回数が違っても
全然問題ではありません。

ただただ供養したいお気持ちが大切であって、
法事の連絡があれば参列するだけです。

相手の菩提寺に連絡しても、
法事の日程も個人情報ですから
詳しくは教えてくれないと思います。
叔母さまの家の意向に沿った供養をなさってください。

2018年12月7日 11:17
{{count}}
有り難し
おきもち

和田隆恩
 1967年京都市生まれ。山形大学理学部卒業後、証券会社で勤務。30歳で脱...

お悔やみ申し上げます。立場上、たくさんの方々の最期について聞かせていただきますが、意識がない状態でも実際は聞こえているという話はよく耳にします。きっとあなたの思いと感謝は叔母さまに届いたと思いますよ。私も一緒にそう信じさせていただきます。

ご供養の作法は、同じ宗派でも土地の習慣による地域差が大きいです。また、浄土真宗さんの場合、◯◯派による違いも少なくないようです。お葬式をお勤めになったお寺さんとご相談なさって下さい。お葬式をお勤めになったお寺さん(禅宗では菩提寺と言いますが、浄土真宗さんでも言っていいのかな?)と仏事について相談したり質問したりすることもまた、ご供養の一環です。その上で何かしら不自由がございましたらまたご質問下さい。我々にも何かしら補足できるかもしれません。

追記
すみません、叔母さまに身寄りがなく、ひとりぼっち様の家から浄土真宗のお寺さんにお願いしてお葬式や法事をあげる運びとなったと読んでいたのですが、勘違いしていたようですね。和田師のおっしゃる通り、叔母さまの家のご意向にそった供養をなさってください。大変失礼致しました。

2018年12月7日 0:39
{{count}}
有り難し
おきもち

曹洞宗副住職。タイ系上座部仏教短期出家(捨戒済み) 最近YouTubeを...

質問者からのお礼

ありがとうございます
良かった。かわいがってくれた叔母には、伝わってますね。救われます…

やはり宗派の違いで作法も違うのですね…
分かりました!どこまで私が出来るか分かりませんが、お寺に問い合わせて最善を尽くしたいと思います。

ありがとうございます

お言葉ありがとうございます
お寺に問い合わせしたのですが、やはり教えてはいただけませんでした…

叔父や従兄弟と連絡しあっている間柄なので、あちらのお宅から知らせがあった時には、行事に行きたいと思ってます。年老いた母を一人で行かせるのではなく、一緒に出掛けられるよう体調•精神状態を整えたいと思います

「仏教宗派について」問答一覧

宗派の戒律を守らなくてもいいですか?

夫が急死しました。 50歳前とまだ若かったため、葬儀や宗教のことなどあまりよく話あわないままでした。 葬儀に際して、夫の兄弟が宗派のお寺に連絡をとってくれて無事に葬儀は済みましたが、その後の法要をお願いするにあたり妻である私に入信するように言われ、夫の供養のためにと思い入信しました。 (結婚した当初に宗派の話はでましたが、戒律が厳しいので無理に入信しなくてもいいと夫に言われ、その時は入信しませんでした) 夫自身も特に熱心な信者ではなかったため(お寺には行かなくても、墓参りなどはまめに行き先祖供養には熱心でした)私もあまり夫の信心する宗派のことをよく知らないままでいました。 しかし葬儀を行い、その後の供養のことなど確認すると、他の宗派に比べて色々と違うことがあり戸惑うばかりです。 そもそも私自身にその宗派の教義に心打たれての入信ではないから、その決まりごとの多さがなんだか狭量な気がして仏様とはもっと心が広いものではないのかとなんだか悲しくなってしまいます。 とはいえ、若くして亡くなった夫のためにきちんと供養はしてあげたいとう思いも強いです。 四十九日も近づき、仮祭壇を返却する日ももうすぐです。 色々用意しなければいけばいのに、仏壇がその宗派専用のものでなければいけないとか、位牌はおかないとかの決まりごとがいちいち気になって気持ちが滅入ります。 供養は残されたものの気持ちなのだから、私の好きにしたらいいんだという思いと夫をきちんと供養してあげたいという気持ちがせめぎあって夜も眠れません。 どうしてもっと一般的な宗派を信心してくれなかったのかと今は亡き、夫の両親をうらめしく思う気持ちさえわいてきます。 熱心でなかったとしても夫が入信していた宗派の戒律を守り、そのしきたりに則って供養するのが正しいことでしょうか。 それとも戒律に違反しても私がこんなふうにしたい、というやり方で供養してもいいのでしょうか。 何卒ご教示ください。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

日本の仏教の中で自分はどれかを選べません

生涯ひとりと考えるようになり、葬式や埋めてもらう時の宗教を決めておきたくなっています。そもそも誰か私の葬式を出すのかが不明ですが、子供の頃から自分はたぶん宗教というものを好きな人間だと思っています。 しかしどうも宗教‘’団体‘’、‘’組織‘’が好きでないとか合わないと感じていてどこにも属していません。 仏教への気持ちとしては、高校生くらいで般若心経を読み、「かっこいい!」と感動してたものです。 しかし自分がいいと思った面を、日本にある宗派の短い説明を読む間に、全部の宗派が持ち合わせていない気がしてきます。 他には強いて言えば慧能の言葉も「おおおかっこいい!」と感動したのですが、では禅宗かというと般若心経に私が感じた内容と違う気がしてきます。 そのうちだんだん、感動して感じたところと宗派の説明に感じる差の離れ度で考えれば、シントーの方が身近な価値観に思えてきています。 いっそ日本の仏教なしにしてシントーかなと考えはじめています。 墓考えなくていいんじゃない、でも何でも構いませんので、ご回答頂けると嬉しいです。 (大勢いると苦手なのと、たまたま話した事があるお坊さんのふたりが、ふたりとも長く関わりたくないと思ったので、どこにも行きたくなくなりました。 ひとりは不倫を勧めていて、もうひとりは座禅会だったんですが、同僚を悪く言って(私には根拠がない話に聞こえました)「あっちの座禅会より自分の方が良いですからね」と話していました。 特に不倫の人からは話を切り上げて一刻も早くここを離れなきゃと怖くもあったし、もうこれ以上お坊さん知り合いたくないわ、と思っていました。でもそういえば幼稚園が仏教だったと思い出しました。家族が冷たかった私には、その時栗をくれたお坊さんが、子供時代に会った最も情がある人だった気がします)

有り難し有り難し 19
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る