hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

無知ですみません。

回答数回答 1
有り難し有り難し 11

先月、兄の葬儀を曹洞宗のお坊さんに来て頂いて行いました。
今月の納骨も曹洞宗のお坊さんに頼んでます。

忌中と喪中の違いは、なんとなくわかったのですが、
忌中に禁止されてることと、
喪中に禁止されてることの違いが
明確には、よくわかりません。

忌中。喪中。
それぞれに
してはいけないことなどは、
何でしょうか?

よろしくお願いします。

2018年12月10日 23:59

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

 こんばんは。
 まず喪中忌中という考え方は、仏教には関係ありません。
 詳細はわかりませんが、遺族は亡くなってから1年間、お正月に「おめでとうございます」と言わないとか、お祭りに行かないくらいだと思います。
 どちらにしても、喪中忌中は亡くなった遺族の心を癒やす期間であり、何かを制限したり禁止するものではないと考えてください。つまり、身内が亡くなってめでたくもないのに「おめでとうございます」と言わなくていいとか、お祭りなど楽しそうにしている場に行かなくてもいい、くらいに捉えていただければ良いかとおもいます。ですので、その決まりを破ったからたたりがおこる事はありません。
 忌中喪中の事であまり思い悩む必要はありません。

お礼を読んで追記
 はい。その通りです。お正月にお友達と会うのも良いでしょう。同時に故人に対する敬意も忘れないようにね。

2018年12月11日 17:03
{{count}}
有り難し
おきもち

・曹洞宗/静岡県/40歳代 ※質問の答えについて、話の大筋は変えませんが...

質問者からのお礼

今回も回答頂きありがとうございます。

基本的な決まりなどは、
ないのですね。
ネットなどで調べれば調べるほど
色々な情報があり、
結局は何が本当なのかわからなくなってしまっていました。

私自身が、
友人と会ったり出来る位に気持ちが落ち着いていれば、会っても良いんですね。

めでたい場に、
行ってはいけないとかの決まりではなく、
参加するような気分ではないから
参加しないって感じで捉えて良いのでしょうか?

間違った解釈をしていたら、
また、ご指摘頂けると助かります(^-^;

毎年、同級生と正月に集まっていて、
それに参加するかしないかで、
迷っていたのですが、
今まで通り「今年もよろしく~」って気持ちで
参加することにします。

兄への気持ちは変わらないし、
いつまでも泣いてばかりじゃ
兄が心配するので、
忌中、喪中などを気にしすぎてしまわぬように生活していきたいと思います。

ありがとうございます。

追記まで頂きまして、ありがとうございます。

もちろん、兄に対しての感謝の気持ちは忘れません(*^-^*)

喧嘩できるのは幸せなんだよ。
と言うような話は
何回も誰かと話した経験はありますが、

兄の死で本当に心で感じました。

兄への敬意は忘れずに、
少しずつ自分の生活を取り戻して行きたいと思います。

いつもありがとうございます。

「供養全般」問答一覧

結婚後の父母の供養

いつもお世話になっております。 こんな歳になって私が結婚をすることになり(同居で義父の介護のお手伝いをするため)、お墓と仏壇を、遠方の兄に託す事になりました。 兄は、お墓の祖父母と父を恨んでおり、直ぐにお墓と仏壇を終わりにして、その後の供養もしないそうです。 父は生前、お酒の依存で暴力が酷く働かず、貧乏だった事を、兄は未だに許せずにいます。そんなお墓をそのままに亡くなった母をも許せないらしく、納骨もできずにいます。 お寺さんにも相談しましたが、「貴方(私)は、嫁ぎ先のご先祖を大事にしなさい。こちらの事は全て置いて出なさい。写真に手を合わせるだけで十分です。」と私の立場を気遣ってくださいました。 そうは言っても、母はまだ一周忌が終わったばかり。母と私は、父の暴力に怯えながら、互いを置いて出ることもできずに、ずっと一緒に生きてきました。母に執着しているのかもしれませんが、この先、何もしてあげられないのが悲しくて辛いです。今はまだ一人なので、写真にお供えとお線香で手を合わせています。 先日、久しぶりに菩提寺の本山の奥の院へお参りしてきました。そこで写経セットが目にとまり頂いて帰りました。作法やお経の意味を調べつつ、母の写真の前で写経をし、心を込めて無心になれたようなスッキリした気分に恵まれました。 命日に奥の院へ納経し、御首題帳を頂いて母の写真に供えました。 仕事が朝方終わることもあり、車を使えば朝のお勤めにも間に合うようなので、次回は朝お参りにもと思っています。 こういった事でも、父や母の供養にはなるのでしょうか? 祖父母は弔い明けをしていますが、父は次が三十三回忌です。兄に託しておきながら、私がお年忌をするのも兄の顔を潰すようで申し訳なく思います。 それでもお年忌はお願いした方がよいでしょうか? 宜しくお願い申し上げます。 それから、、 前回の私の質問の直ぐ後に、他の方への回答で「恩返し」ではなく、「恩に報いる」生き方をと、お坊様がおっしゃっていました。私、質問で何度も恩返しと、、。顔から火が出ましたが、とてもためになりました。他の方への御言葉もいつも拝読して、私にとって、沢山の気づきがあり感謝しております。 いつも長くなり申し訳ありません。

有り難し有り難し 24
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る