お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

楽になりたい

もう疲れました…色々な事に。
何もかも上手くいかない。
自分だけ不幸だと思ってしまって、もう消えたい。

消えてしまいたい、何も楽しくない人生なら。
私は生まれてくるべきではなかったんだと思います。

生きる意味
有り難し 10
回答 2

質問投稿日: 2019年1月2日 21:31

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

四苦八苦の人生から学ぶことが出来た人生

明けましておめでとうございます。亀山純史と申します。

何もかも上手くいかない と、自分だけ不幸だと思ってしまいますよね。そして、何も楽しくない人生ならば、「生きていても仕方がない。消えてしまいたい。」とも思ってしまうでしょう。

「人間は悲しみ、苦しむために生まれた。それが人間の宿命であり、幸せだ。僕は、死んでも、もう一度人間に生まれたい。」

「ネフローゼという事を短所と思うよりも長所と思い、人と違った人生、変わったおもしろい人生が歩める位の気持ちが大切だと思います。私自身も修行時代、もし健康だったらと思うことはありましたが、ない物ねだりをしてもしかたがありません。もしも健康のままだったら健全な体を感謝することなく終わっていたでしょう。私にとってこの病気は体の一部になりました。もう何十年も走っていません。もう走ることはないでしょう。しかしいっぱい走る体験よりも、もっともっとたくさんの体験をこの病気はくれたように思います。」

上記の言葉は、私がこのハスノハでの回答で何度となく引用している29歳という若さで早世した天才将棋棋士、村山聖(さとし)九段の言葉です。

「この世は四苦八苦である。」とお釈迦さまは説かれました。もちろん、楽しいこともあるでしょう。しかし、私たちの人生は苦の連続なのです。本当に充実した人生だったと言える人生とは、これらの苦から学ぶことが出来た人生ではないかと思うのです。
「四苦八苦と呼ばれる人生の苦しみは、物理的に無くなりますよ。」といった方法は仏教では説きません。物理的な苦は依然としてあっても、それを私たち自身がどう見ていくか、というところに、仏教による救いがあるのです。そして私はそのような仏教に生きていきたいです。

以上が私からの回答になります。私からの回答が、少しでもゆずミカさんの悩みのお役に立てれば幸いです。

16日前

楽しいことも、苦しいことも因縁次第

ゆずミカ様

川口英俊でございます。

お疲れのご様子・・

少し気持ちの余裕がないのかもしれないですね・・

無理、頑張りは禁物です。

とにかく、一度、気持ちのリフレッシュ、切り替えが必要かもしれません。

楽しいことも、苦しいことも、実体としてあるものではなく、因縁(原因と条件)によってあり得ているものとなります。

苦しくなる因縁を除いて、楽しくなる因縁を集めていくことが必要となります。

では、どのように楽しくなる因縁を集めていくべきか、それを少し考えて実践して参りたいところとなります。

是非、hasunohaもご活用下さいませ。

川口英俊 合掌

16日前

関連する問答
このページの先頭へ