お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

老い

母が年末から体調をこわし、元旦の夜中は大変でした。母はゲッソリでしたし、私は走り回っていたところ、兄が眉間にシワを寄せていました。寝れない、と文句まで。
一番しんどいのは母です。しかも母が一番に信頼していた兄の様子にショックのようです。
寒くなってから時々、体力的にも精神的にも母の老いを痛感します。
洗濯を手伝ったり、夕飯の準備を手伝ったりしています。早く終える事が出来ると喜ばれます。
着替える時に洋服をコタツの中で温めてあげたりしています。温かいと喜ばれます。
そんな一言が嬉しいです。
うまくいかない母でも、そんな一言から老いをさらに感じます。
できる範囲で守ってあげたい、と思います。

その他
有り難し 11
回答 1

質問投稿日: 2019年1月9日 20:50

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

忠専寺

釋 智篤

老いは平等

老いと病と死は誰にも平等に訪れますが、身近な人が弱って行くのは見ていて辛いもので、時には目を背けたくなります。
そんな中、お母さんに優しく出来る貴方は素晴らしいお心の持ち主ですね。これからもお母さんを守ってあげて下さい。

お兄さんもたまたま虫の居所が悪かっただけかも知れませんので、責めたりせずに諭してみたらいかがでしょう?

5ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

釋 智篤さん
お返事、有難うございます。
兄の件はどうでしょう。年金暮らしの話の口座からスマホの機種代や使用料、ゲームの課金占めて10万円を使い込むありさまです。

「老い・老後」問答一覧

「老い・老後」問答一覧をすべて見る
関連する問答
関連するワード
このページの先頭へ