お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

過去の事でくよくよする

一昨年、不安障害で3ケ月入院していて、今は自宅で療養しています。
退院してから、昔の頑張っていた生活と今の引きこもりの生活にギャップを感じ、やる気がなくなりました。自分なりに、色々今できることを模索しましたが、どうしても、昔のいいことや入院で看護婦さんにいじめられた事を思い出し、やる気ができません。どうかご指導下さい。

心構え・生きる智慧
有り難し 31
回答 1

質問投稿日: 2019年1月31日 9:55

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

過去も未来も「今の一念」 今の心(念)という名の鐘の響き

以下「そうか」と分かるまで脳に真実の事のありようを叩きこみましょう。
我が家ではテレビで録画されたジブリがエンドレス放映されます。
子供たちは同じものを何度も見返して毎回、今日という一日を棒に振っています。
ですが、毎回それを楽しんでいるのです。
私も昔、ああ、何度見直していたでしょうか、ブルース・リー。(# ゚Д゚)👊アチョー!!
しかも映画「死亡遊戯」の主演はほとんどブルースリーの代役さんだと知った時は世界がひっくり返りました。私は本人では無いものを本物だと思っていたのです。アチャー!
さて、過去を思い起こしているのは必ず今です。今であるはずです。
過去というものは本当はどこにもありません。
無いものをあるかの如くに錯覚し↺リピート再生してしまうのが人間の脳内HDDレコーダーです。うちの子らがTVで取ったジブリを何度も見返しているような姿です。
仮に過去にネットで悪く書き込みされても、それを見るのは毎回その時その場。今。
情報はもう真実ではありません。
今の事実は、今寒ければ寒い。暖かい部屋に入れば暖かいのです。事実。
あなたは過去に生きているのではない。
今日の今。その時その都度思い起こす自分の思いを相手に、毎回、今新たにその思いを煮詰め直していただけだったのかと気づくことです。
自分のやっていることの「本質」を知ればいいのです。
言葉で言うと「過去にとらわれて生きている」「過去が気になる」「過去に苦しめられている」という表現があるだけ・成り立つだけで、本当に自分がやっていることの内容は毎日、毎回「念を起こして」それを相手にしているというだけなのです。
的確で実効性のある解決方法をお伝えしますと、自分のやっていることの内容を知り、それを止めること。そして、相手にすべきことを思考の世界から、今日の新たな現実、目前のことをに焦点を合わせることです。
過去から自由になるには、こう思いましょう。
ああ、私は毎回その思いを起こしては今という時間を無駄に費やして過去という無い煮物を煮つめて鍋を焦がして病んでいたのか。しかも、鍋の中には何もなかった。
気付きを持ちましょう。過去の記憶は今の一念。中身も手ごたえも現実でもありません。そっくりに思い起こせるというだけ。実態はない。あたかもAmazonから送られてくる物がハコばっかり大きくて中身ほぼスッカラカンみたいなもんです。

7ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

ありがとうございました。ユニークなご指導ありがとうございました。

「嫌なことばかり思い出す」問答一覧

「嫌なことばかり思い出す」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ