お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

お坊さんのお経と読経について

法事の時にいつも思うのですが、お坊さんは一体幾つのお経を覚えているんですか。修行の卒業(?)までに幾つ覚えるとか決まりはあるのですか?うちは曹洞宗ですが、3人くらいお坊さんが来られる時のお通夜やお葬式で、打ち合わせとかないのに、みんなが息を合わせてシンバルや太鼓みたいのや鐘を「チーン、ドーン、シャーン!」とゆっくりしたり早くしたりしながら鳴らすのがタイミングがぴったり合っていて間違えないのがすごいと思います。
あとお通夜などでご高齢の方丈さんなんかが30分以上もわりと大きな声でお経を唱えているのに呼吸のための肩がほとんど動きません。お経を読むときの特殊な声の出し方や呼吸の仕方があるのでしょうか。

お坊さん
有り難し 10
回答 2

質問投稿日: 2019年2月28日 14:25

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

大忍貫道

ご質問を読ませて頂きました。
曹洞宗ですか。私は臨済宗ですが、殆ど同じだと思うので回答します。
おそらく、僧堂(修行道場)によって多少の違いがあると思いますが、日常的に読経するものは殆ど暗記しなければなりません。

葬儀の際の鳴らしものはルールというか規則性があるので僧堂にて仕込まれます。覚えてしまえば間違いようがありませんから、打ち合わせは必要ないんです。

また、私が居た僧堂では、朝のお勤めで、「腹から声を出せ!!」と怒鳴られながらお経を読んでいたので、ほぼシャウト状態でした。おそらく皆さんそうなので、読経の声に関してはテクニックとかではなく、単純にお腹から声が出ているのではないでしょうか。

6ヶ月前

私は浄土宗ですが

まず日常勤行式という江戸時代にできた差定を覚えることから始めます。そして、修行を通していろいろなお経を覚え短ぽいお経は暗記します。うちは阿弥陀経でさえ暗記させられました。(結構長い)ただ、基本お経は経本を持って読むのが基本です。今の経本はフリガナがついてますし。

お葬式の鳴り物ですが、修行の中で仕込まれます。で個人的に練習します。合鉢(シンバルみたいな)のなら仕方が難しいです。ピンジャンポンと鳴らしますが、ピンは引鑫(小さいかね)ジャンは合鉢ポンは太鼓(正式名称忘れた)ですね。ピンとポンは楽なのでまだ最初のうちはそれで慣れた人が合鉢でしょうか。田舎なので派手にならすので。鳴らし方が難しいのです。
タイミングに関しては、修行で慣れれば合うようになります。法式といいますが、
お経のあげ方や鳴り物の叩き方は学べば自転車乗るみたいに忘れないものです。

じゃらんぽんとうちの地方では俗に言いそこからざらぼは葬式のことです。また豆腐と油揚げの味噌汁のことをざらぼ汁といいます。

発声に関しては腹式呼吸を徹底しています。修行で声出しますが、私はそれでのどつぶしました。

声出すからか坊さんはカラオケが好きだったり、うまかったりしますね。

6ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

大忍貫道様、ご返答ありがとうございます。プロピアニストと同じイメージのように感じました。お経を覚えるということは、ピアニストがコンサートで当たり前のように色々な曲を何十分も暗譜で弾くのと同じような感じに思いました。あとドンシャンチーンの息の合わせ方は、ピアニストがオーケストラと共演するするときに、ぴったりと息を合わせるような感じでしょうか。読経については、朝から「腹から声を出せ!」と怒鳴られてシャウトするなんて体育会系ですね。大変だったと思いますが、なんだかくすっとしてしまいました。ありがとうございます。

「お経・経典」問答一覧

「お経・経典」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ