hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

輪廻転生

回答数回答 3
有り難し有り難し 30

私は子供の時に小児癌を患い顔半分に障害が残りました。孫も小児癌になりました。私の母は結婚せずに私を産み、私は2度結婚し子供を産み、その娘も2度結婚し、その娘の子供が小児癌になりました。私は最初の夫の両親を看取りませんでした。今の夫の両親は介護し看取りましたが心から介護はしていません。早く亡くなってほしいと望みました。そんな私だから私もまた娘から疎まれています。もう誰とも関わらず一人で生きていきたいのですが、そういうわけにもいきません。亡くなった姑、舅。80になる実母。今まで私に関わった人にどう償えば、この悪循環を断てるのでしょうか。

2019年3月23日 18:36

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

ただひたすらに、笑顔と思いやりの言葉を以て接す

 御病気と離婚、つらいことがあったのですね。

 病気の原因がどこにあるのか?離婚の原因を何か?過去を振り返りたくなることも多いと思います。過ぎてしまったことを振り返るよりも、今を見つめ貰いを見つめることが大事だと思います。

 嫌なことがあると、ついつい下を向いてしまうものです。人も顔を正面から見れなくなってしまい、ついついそっぽを向いてしまいます。そうなると、人に対する表情は堅く暗いものになります。顔が強張ると、言葉が不明瞭になり口調も暗くなります。そうなると、周囲とのコミュニケーションがうまく取れず、人間関係も粗雑になってしまいます。という悪循環を、私は経験したことがあります。それによって、相手を不快にさせたり不信を抱かせたりしたことがあったと思います。

 なおこさんにもこれに近いことがあったのではないでしょうか?償おうとするとそれは重荷になりかねません。私がお勧めしたいのは、「二つのものを与えましょう」ということです。その二つとは、「笑顔」と「思いやりの言葉」です。この二つを御母堂様や娘さんに与え続けられれば、あなたも、御母堂様も、娘さんも、きっと明るくなれますよ。

 ちなみに、仏教で笑顔を与えることを「和顔悦色施(わげんえつじきせ)」と言います。思いやりのある言葉をかけてあげることを「言辞施(ごんじせ)」と言います。これらは、『雑宝蔵経(ぞうほうぞうきょう)』というお経に説かれている「無罪の七施(何も財産が無くても実践できる布施行)」という教えです。

 この二つの布施行の実践は決して難しいことではありません。但し、日頃下を向いてぼそぼそ言葉を話してばかりいた人間が急に「笑顔」で「思いやりの言葉を発しよう」としても、うまくいかないかもしれません。人前に出る前に両手で顔の筋肉をマッサージして、ほぐしましょう。そして鏡を見て笑顔の練習をしてみましょう。

 思いやりをある言葉を発するにしても、相手にちゃんと聞こえ聞き取ってもらうことが必要です。そのためには、口を大きく開いて一語一語丁寧に発声することが大事です。演劇やアナウンサーの学校では、授業の中で発声練習を行います。一番よく知られているのは「アエイウエオアオ 」という発声練習です。インターネットで検索すると、練習方法の解説や動画が出てきます。参考にしてみてください。

2019年3月23日 21:57
{{count}}
有り難し
おきもち

心を輪廻させないことが大事です

輪廻とは人によってその言葉自体に様々な意味を添えるものですが、根本のお話をいたしますと、何かをみた時にそれ以外の所へ心が趣くことが輪廻なのです。
人は死んだら六道という世界をグルグル回るのではないかという推測も輪廻です。
善意で席を譲ってくれた事に私はまだ若い!と腹を立てるのも輪廻です。
そのものをその事として受け取らず、私的な解釈や思い違いをすることも輪廻なのです。
多くの人は、輪廻というと死後、どこぞの世界に趣くようなことと思っておられますが、そもそも誰が言い始めたことでしょうか。人間はもっと理知的にならなければいけないと思います。
心が旅立たなくなる事。
心がしっかりと地に足着いていること。
事実に住して思考のいたずらに心が振り回されなくなること。
幼少期からのご病気、本当にお辛かったことと思います。
ならばこそ、なおさらその輪廻から即、解脱する必要があります。
それは今日のこの今一秒を過去に振り回されなくなること。こころが他の思いへ旅立ってしまうという輪廻をあなたがあなたの中から無くすのです。
自分がそのように思ってしまうからこそ、そのように思えてしまうというのが悲しい人間のサガです。
まずは、あらゆる煩悩や迷い苦しみの根源というものが「私が自分流な思い方をする」「悲しい苦しい思い方をしてしまうことで生ずる」という事にお気づきください。
確かに過去は壮絶な苦しみだったと思います。
お子さんのことを考えると未来も不安に思えることも多くあろうと思います。
そこを自分ん目線ではなく、一度客観的にみてみましょう。
心が旅立つことでこの今一秒を見失って思いの世界に旅立ってしまうという事を。
その輪廻=思いの旅立ち=現実離れ=今の事実に住せず思想の世界に旅立つことを無くすことです。
一日の中にたとえ数秒でも今、その時を生きているという感じの時があるはずです。
ご飯を食べる、お茶をのむ、調理で野菜を切る、運転をする…。こころがそこに地に足着いていなければ時には事故を起こしかねないものです。
悪循環から脱するには、今日の今一秒を新たに生きること。そして、その一秒に憑い習慣的に伴わせている負のペースト(貼り付け)をしない深呼吸、新呼吸な生き方をお勧めします。
私も思考の世界をアドレスとせず、事実の世界に住することで救われました。
是非、井上貫道老師の動画をご覧ください。

2019年3月24日 8:05
{{count}}
有り難し
おきもち

丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 📞08020659278 坐禅会 法話・提唱会 毎週...

心を輪廻させないことが大事です

輪廻とは人によってその言葉自体に様々な意味を添えるものですが、根本のお話をいたしますと、何かをみた時にそれ以外の所へ心が趣くことが輪廻なのです。
人は死んだら六道という世界をグルグル回るのではないかという推測も輪廻です。
善意で席を譲ってくれた事に私はまだ若い!と腹を立てるのも輪廻です。
そのものをその事として受け取らず、私的な解釈や思い違いをすることも輪廻なのです。
多くの人は、輪廻というと死後、どこぞの世界に趣くようなことと思っておられますが、そもそも誰が言い始めたことでしょうか。人間はもっと理知的にならなければいけないと思います。
心が旅立たなくなる事。
心がしっかりと地に足着いていること。
事実に住して思考のいたずらに心が振り回されなくなること。
幼少期からのご病気、本当にお辛かったことと思います。
ならばこそ、なおさらその輪廻から即、解脱する必要があります。
それは今日のこの今一秒を過去に振り回されなくなること。こころが他の思いへ旅立ってしまうという輪廻をあなたがあなたの中から無くすのです。
自分がそのように思ってしまうからこそ、そのように思えてしまうというのが悲しい人間のサガです。
まずは、あらゆる煩悩や迷い苦しみの根源というものが「私が自分流な思い方をする」「悲しい苦しい思い方をしてしまうことで生ずる」という事にお気づきください。
確かに過去は壮絶な苦しみだったと思います。
お子さんのことを考えると未来も不安に思えることも多くあろうと思います。
そこを自分ん目線ではなく、一度客観的にみてみましょう。
心が旅立つことでこの今一秒を見失って思いの世界に旅立ってしまうという事を。
その輪廻=思いの旅立ち=現実離れ=今の事実に住せず思想の世界に旅立つことを無くすことです。
一日の中にたとえ数秒でも今、その時を生きているという感じの時があるはずです。
ご飯を食べる、お茶をのむ、調理で野菜を切る、運転をする…。こころがそこに地に足着いていなければ時には事故を起こしかねないものです。
悪循環から脱するには、今日の今一秒を新たに生きること。そして、その一秒に憑い習慣的に伴わせている負のペースト(貼り付け)をしない深呼吸、新呼吸な生き方をお勧めします。
私も思考の世界をアドレスとせず、事実の世界に住することで救われました。
是非、井上貫道老師の動画をご覧ください。

2019年3月24日 8:05
{{count}}
有り難し
おきもち

丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 📞08020659278 坐禅会 法話・提唱会 毎週...

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。
嫌な事や辛い事があると、ついつい仏頂面になってしまいますね。自分自身があまり親から褒められた事がなく、同じように娘も育てたかも知れません。今からでも遅くないのなら、言葉を惜しまずなるべく笑顔でいようと思います。

ご回答ありがとうございます。
いつも自分を責める癖があります。今のこの現状も、自分がしてきたこと、前世に何か悪いことをしたからと。
幸い好きな仕事をしています。
今は仕事一生懸命頑張り続けようという気持ちになってきています。
井上貫道老師様の動画観させていただきました。
たくさんあるのでじっくり観させていただきます。

「輪廻転生」問答一覧

死んだら輪廻転生しないですよね?

先程、寒いのに蚊が飛んでいたので殺してしまいました。菩薩心を持ちながら感謝の気持ちを持ちながら申し訳ない感情で、手を洗剤で洗い手に付いていた細菌を信じられない数で殺してしまいました。しかし人生上手くいっている人は細菌など意識すらしないでしょう。感謝や申し訳ない気持ちすらなく手を洗い成功しています悟りに近いのでしょうかね。 はてさて、これらの生き物は輪廻転生するのでしょうか?  私にはお婆ちゃんがいましたが、認知症になり自分すら認識できていませんでした。 お婆ちゃんが亡くなりましたがお婆ちゃんという根底の存在?アートマン?それってなんだったのでしょうか。自分すら認識できない彼女の根底の意思とはなんだったのでしょうか? ISISというテロ組織が色々ロケットランチャーで1人を殺害する動画を作っていました。 ロケットランチャーで跡形もなく粉のようになっていました。 死んだ彼はなんだったのでしょうか?原子が組み合わさった物としか思えませんでした。 私が輪廻転生して、また再び人に生まれたとします。それは私ではないのでは?私とは?今の私というのも曖昧です。記憶を喪失したら私? もしそれも私なら今IQが高い人のみ輪廻転生できて、自分すら認識できない人間は輪廻転生してまた人間になったら自分すら認識できない存在? 少子化とは言いますが70億人に人口が膨れています。 さて、それまでの輪廻転生があるとしたら60億人ほどの魂はみんな人間界に一斉に来れたの? 死というのは、ただ肉片になるだけではないでしょうか?そうとしか思えない感情が湧いてきます。 踊って唱えるだけで悟りを得れるのなら、知能の低い人や認知症もそれができないとおかしいでしょう。 やはり救いはなく、死という拷問に近い形の苦しみを受けて全てが抹消されて苦しい気持ちを得たという事実だけが残るのではないでしょうか。 もちろん人生楽しんだ恵まれた人は生まれつき遺伝子や環境に恵まれてるので、仏教も興味なくて人生に何の疑問も持たなくてただただこの世界は楽しみだったという感情に溢れてるんじゃないですか。(それこそもはや輪廻転生のせいというか生まれつきの条件を輪廻転生側が選ぶという暴挙) まあなんであれ死んでも輪廻転生なんてないし素粒子になるだけだよね。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

輪廻があるなら、私は天界も地獄も見て来たのでしょうか?

こんにちは。 前回質問で、輪廻思想がどうも腑に落ちない、と主張した者です。 ただ、輪廻に限らず、事物が「ある」とも「無い」とも断定するのは中道の教えに反すると感じるので、輪廻思想の側からも質問させてください。 輪廻転生があるなら、私は六道あらゆる世界を見て、生きて来た事になりますよね。何しろ仏教の宇宙観は無数劫の時間スケールで成り立ってるのですから。 また、私は、いわゆる地球外生命というものも、必ずどこかの惑星で誕生し生を営んでいると信じています。 そうなると、私の魂(?)は天上界のめくるめく壮麗な世界も体験して来たし、地獄の底の恐ろしい責め苦も受けて来た事になりますよね? また想像を絶するような異星の光景も目の当たりにしてきたのではないでしょうか? 輪廻転生が教えているものって、 「そういう一切合切の有情は、別個に生きているのでなく、過去、現在通して、物質から魂のレベルまで、密接に繋がって生きてるんや。天人も地獄の衆生も、あらゆる命も決して他人事じゃおまへんで。なにせアンタがそれ自身だったんだからな。」 と言っているようにも思えるんです。なぜか関西弁ですが。 そういう所から、いわゆる慈悲って生まれるのでは無いでしょうか? 生前や死後を無記とするのは「智慧」ですが、また輪廻をわが事として受け止めるのは「慈悲」の根源なのかな?とも思います。 この2つの考えは矛盾するものではないとも、私には思えます。 お坊様方は輪廻と言うものをどのように受け止めてるのか、気になったので再び質問させて頂きます。 お考えを聞かせて頂ければ嬉しいです。

有り難し有り難し 15
回答数回答 2

輪廻転生はあるのでしょうか

こんにちは。 私は数年前から一人暮らしをしており、1人の時間も長くなると考え事をする時がしばしばあります。 その中で昔の嫌な記憶を思い出すことがよくあり、思い出した嫌悪感に我慢できずにたまに泣いてしまいます。 自分の性格や人間性のダメな部分に嫌気がさして自己嫌悪に陥るのですが、ああしてこうして育ててくれればこんな人間にはならなかったのに、と親のせいにしてしまう自分に何より腹が立ち、情けなくなります。 もちろん四六時中こうして悩んでいるわけではなく、仕事ができるありがたさや趣味に打ち込める楽しさもあり、普段はポジティブに生活しています。 ですが、人間いつか死ぬのなら、できるだけ早く死にたいなとも考えています。 自分で言うのもなんですが、感受性が豊かな自分にとっては家族も含め人付き合いに疲れてしまい、早く楽になりたいんだと思います(叱られるかもしれませんが… 死後の話でよく『輪廻転生』と耳にします。 私は現時点で20数年しか生きていませんが、もし人間として生まれ変わるのなら、またこんな人生を送らなければならないのならないのは御免だなと思います。 やはり死後の魂は何かに形を変えて生まれ変わるのでしょうか?だとしたら魂の数には限りがあるのでしょうか? もう一度生き物に転生せずに済むのなら、魂ごと消えてしまいたいです。

有り難し有り難し 27
回答数回答 3

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る