お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

ギャンブル依存だと思います。最低な嫁、母親です。

こんな情けない私が母親であり嫁です。
気がつけば、ギャンブルにはまっています。
派遣社員で勤めていますが、時間があれば生活費を
稼ごうと2時間余り、パチンコをうち勝てば、生活必需品や、食材を購入し、その他携帯の支払いなどをし、勝ちのお金がなくなると、またうちに行くという。

いい時ばかりでは当たり前になくて、生活費まで手を出してしまい、本当に情けないと言うか。
なんで地道に生活が出来ないのだろうと自己嫌悪に陥り、しばらくすると、また行くの悪循環。
本当に辞めて
穏やかに暮らしたいです。

精神的に追い詰められ、パチンコしてる時が癒され
ストレス発散になってましたが、
今本当に地獄です。
主人、娘に申し訳ないです。

主人に打ち明ける勇気はありません。
変わりたいです。
どうすれば、いいでしょか。
こんなダメな人間
救いようのない馬鹿ですが、
信じている家族の為
生まれ変わりたいです。

後悔・自己嫌悪
有り難し 39
回答 3

質問投稿日: 2013年12月23日 21:58

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

我々僧侶にも嘘をつくのか?

あなたは夫や子供ばかりか、我々にも嘘をついていますね。
自覚がないのでしょうね。
夫や子供に申し訳ない?依存症を理由に嘘をついているだけ。
「夫も子供も自分も愛せません」と言ったらどうでしょうか。
生まれ変わりたい?
夫と子供と自分との間に距離があるのを縮めればイイだけです。
原因はそこでしょう。
だから自分に嘘をつかなきゃいけない。ストレスがたまる。自傷行為に等しいギャンブルに進んでいるのです。これは単なるコミュニケーション不足と、コミュニケーションの未熟さが原因なだけです。
あなたが夫と子供を信じていないのです。
愛せなくなったきっかけ・原因は何だと思いますか?
そこを話し合えばパチンコに逃げなくなりますよ。
・家庭に居場所がない・許せないことがある・受け止めてもらえないことがある、という点にめをむけましょう。
厳しいのはここまで。
むしろスロットやパチにならったらどうすか?
77…6、…77…8… …
家族が777にならない最大の原因は、あなたが他にばかり求めて、合わせようとしないからじゃないでしょうか。自分のナンバーの居場所を決めてかかっているんですよ。
夫が3なら3に。娘が5なら5にあわせれば、二人揃えるだけでもうリーチかかってんじゃないスカ?
数字や絵柄三つそろえればいいだけなら、あなたが家族たちの数字に合わせりゃフィーバーです。アナタは機械じゃないんだから、自分で数字や絵柄を夫か娘に合わせれば即、リーチ。
夫、娘が向き合ってくれない、とあきらめず話さなきゃいけないことを話し合うべきです。
ーーーーーーーーーーーー
回答に御礼を頂いて
厳しいことを申し上げまして申し訳ありません。
表面に捉われず根本が解決されれば必ず立ち直っていけますから大丈夫です。(^-^)

4年5ヶ月前

ご家族に全てを話した人から

夢を見ている人は、今自分が夢を見ていることに気付きません。
るみぶーさんはご自身が依存であることに気付かれているのですね。これは、かなり大きな一歩ではないでしょうか。

とはいえ、自分で分かっていても辞められないのですね。これは本当にお辛いことです。辞められないのも無理はありません。そもそも、辞めさせないように、依存するようにできているのがギャンブルなのですから。

それでも「信じている家族のため生まれ変わりたい」という、そのお気持ちをどうぞ大切になさってください。やはり依存とから抜けるにはそれなりの『覚悟』が必要ではないでしょうか。それは恐らく、ご家族に全てを話すことだと思います。それが難しいのは当たり前ですから、できなくても仕方ありません。しかし、できた人から、依存を抜けられると私は思うのです。あくまでも一意見としてご参考にされてください。

4年5ヶ月前

きっかけ

るみぶー様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

パチンコ依存症・・様々な依存症は、ある種の脳の病気、心の病とも言えますので、しっかりと専門のカウンセリングを受けることも必要かと存じております。

パチンコ依存症による家庭崩壊、多重債務・・更にはパチンコ中に車内に乳児を放置しての死亡例まで・・恐ろしい悪い結果を招くことさえもあります・・

拙生は、ギャンブル依存症やパチンコ依存症、アルコール依存症はなく、告白致しますとタバコのニコチン依存症がございました。1mgでしたが、大体、一日一箱は当たり前でした。

何度か禁煙・断煙に挑戦したこともありましたが、最大で半年ぐらいしか続かず、なかなかきっかけも無く、結局はダラダラと続けてしまっておりました。

そのような中で一つの転機が訪れました。登録していた骨髄バンクから、ドナー提供へ向けたコーディネート開始についての手紙がきたのであります。説明、問診・血液検査と進みました。残念ながらコーディネートは途中で終了してしまいましたが、ここで真剣に自分の「いのち」、助けられるかもしれない「いのち」について考えることができ、その中で、ここはやはりしっかりとタバコをやめようという意思が生じまして、禁煙・断煙を開始しました。

もちろん、ネットで色々と調べて、禁煙外来に行くことも考えましたが、拙生は市販のニコチンパッチを使って、最初の一週間は誠につらかったですが、現在も継続して、ようやく半年が経過しました。

あと、もう一つのきっかけは、二男の誕生を控えていたこともありました。やはり、二男が二十歳になるまでは何とか健康でいないといけないと・・もちろん、病気・事故・災害とそれまでに死ぬことも当然にあり得ますが、タバコが原因による病気であれば、きっともの凄く後悔するだろうと思ったからであります。

るみぶー様もこの「hasunoha」にご質問なさられたこと、誠に大きな一つの「きっかけ」ではないかと存じております。

大切なるご自身、ご家族を守るために、是非、共に依存症と闘い、そして勝利しましょう。

一年後のクリスマスにお互い、しっかりと依存症から抜けきれていたら、共に祝杯を挙げましょう。

メリークリスマス。まずはどうか今日はパチンコのことは忘れて、幸せな家族との団欒をお楽しみ下さいませ。。

川口英俊 合掌

4年5ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

ありがとうございます。
いつも、現実から目を背けて逃げていました。
自分のコミュニケーション不足
わかっていながら、変えようとしなかった
身勝手さを、思い知りました。

現実から目を背けないで、自分から家族に合わせて行きたいと
思います。
ありがとうございます。

関連する問答
このページの先頭へ