お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

障害者

脳出血により中途障害者になって、3年が経ちましたが、今だに障害者という諦めがつきません。これからどのように生きていけるのか、不安です。どのように生きていけば、良いのでしょうか?

心構え・生きる智慧
有り難し 20
回答 1

質問投稿日: 2016年2月5日 18:51

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

慈眼

禅を学んでください

障害者は諦めですか。
障害があることで、できないことはあるかもしれません。しかしそれはできた時と比べてどうかという話です。
人と比較したり、過去と比較することは仏教でいう救われる道とは違います。
仏道を知り、救われたいと願うならば、今できないことはできない。今のありようのみで生きるということです。

あなたの中に障害=マイナスという考えがあるのでしょう。人をさげすんで見る部分があるのでしょう。そこが解決したら、きっと安心して生きる道があるはずです。

禅を学び救われてください。

3年5ヶ月前

「心・体の障害と向き合う」問答一覧

「心・体の障害と向き合う」問答一覧をすべて見る
関連する問答
関連するワード
このページの先頭へ