hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

地縛霊など

回答数回答 1
有り難し有り難し 16

娘の自殺についてご質問させていただいたものです。
もう一つご質問なのですが、かなり類の異なる質問なので、改めてお尋ねさせていただきます。

娘には悩みがあったとはいえ、誰にでもあるごく普通の悩みであったようにも思います。基本的には明るい子で、楽しいこともたくさん経験させてきたつもりですし、突然、そこまで思い切ったことをしたことが納得できずにおります。

ただ、ここ最近、娘の部屋が足の踏み場もないくらい異様に散らかっていたこと、夜一人では怖いといって、私のベッドで一緒に寝ることが何度かあったこと、私が仕事から帰るとベランダに出て何かごそごそとやっていたことなど、心配な行動もいくつかありました。

娘の部屋のベランダの向かいの大通りでは、過去に自殺や事故で死亡者が複数出ているという話を聞きました。よく言われる地縛霊とか浮遊霊などに引き込まれた可能性はあるのでしょうか。

2019年5月6日 14:52

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

事実を事実として

前回のご相談とあわせて拝読しました。娘さんのご命終に謹んでお悔やみ申し上げます。

南無阿弥陀仏

さて、親心として娘さんの選択の原因を何としてでも突き止めて納得したいというお気持ちはわかります。
しかし、娘さんが正に命をかけてまで選択したその結果を地縛霊とか浮遊霊などのせいにしてしまうのは娘さんの選択を否定するものになってしまうのではないでしょうか。

他者から見れば「誰にでもあるごく普通の悩み」だったのかもしれません。しかしその悩みについて命をかけるまでに激しく考えた娘さんの姿勢を思うと、それがけして軽いものでないことは確かでしょう。

人間は「わからないこと」が恐怖やストレスであり、自分が「納得」するためには、事実は置いといて、いやもっと言うならば、自分の分かる範囲に事実をねじまげてでも「納得」したいという悲しい性があります。
それがいわゆる霊や祟りなどの迷信をも生むのでしょう。そう思い込めばスッキリ納得できるからです。

しかしその「納得」の背後には傷ついた人がたくさんいるのかもしれません。誰かの納得が、だれかの事実・真実をねじまげてしまうような悲劇です。

たとえ納得などしてもらえなくとも、親にも理解をしてもらえなくとも、「私はこうなんだ」「こう思うんだ」「こう感じているんだ」、娘さんはその事実をありのままに受け止めてほしかったのではないでしょうか。
納得し、共感してほしいわけでなく、「あなたはそうなのだね」とまるごとの自分をそのままに受け止めてほしかったのではないでしょうか。

今となっては悩みについての事実・真実はわかりません。しかし今からでも受け止められる事実は娘さんは命をかけてまで自身の悩みに真摯に向き合ったということです。生きる意味、死への恐怖についてある意味では今生きている誰よりも強く激しく問うたことでしょう。

その事実だけでもそのままに受け止めて尊重して差し上げませんか?

悲しみや後悔など様々な思いは尽きないことと思います。これからゆっくりと娘さんと出会い直していきましょう。

2019年5月6日 15:38
{{count}}
有り難し
おきもち

はじめまして。 北海道の道南地区にある若松という農村のお寺に所属しており...

質問者からのお礼

早速ご回答いただきありがとうございました。

おっしゃっていること、その通りですね。
このような質問をしてお恥ずかしい限りです。
私自身の逃げ場を探しているのですね。

私自身もいろいろ悩みを抱え、死にたいと思うこともありましたが、そこまで踏み切る勇気はありませんでした。

年を取るごとに、いろいろ経験するごとに、自分が強い人間であると自分に暗示をかけて、できるだけ思い悩むことを避けて生きてきたように思います。

娘は私の苦労をある程度、理解していたようには思います。
最近、私のようにはなりたくないと、もっと楽に生きたいと初めて言いました。

娘と私はまったく同じでないせよ、性格で似ているところが多くありました。
人に弱みを見せたがらないところもよく似ています。

私のせいです。ただ、この重荷を背負って生きていく自信がないというのも本音で、逃げ場を探しているのですね。

気づかせていただきありがとうございます。

「霊・霊感」問答一覧

守護霊様のお言葉

こんばんは。 頭を悩ましている事について智慧をお貸しください。 以前、守護霊様が見えるという方に霊視をしていただきました。その時に私は「残酷な最後(拷問の末殺されるなど)を迎える人・動物に心を悩まして居ます。どうしてそんな目に遭わないといけなかったのか?辛かっただろうな…と妄想が頭から離れずにいます。その者達の魂はどうなるのでしょうか?私はどうしたら、その苦しみから解放されますか?」と質問させていただきました。 すると、いただいた回答は… 「魂は最初は鉱物となり、植物となり、家畜となり、野生動物となり、ペットとなり、最後に人間に生まれてきます。殺されたり無残な死に方をした動物たちは皆、それを望んで生まれてきているのです。だから、絶対に同調しないでください。早く命を終え転成をし人間になりたいものは、残酷な死に方を自ら選んで生まれてきます。しかし、人間になれるにも関わらず動物として生まれてくることを選んでくるものはゆっくりと生き自然死を選びます。」と教わりました。更に、「動物には感情がなく、一見あるように見えるが波長があっているだけなので、あなたが思う動物への想いは妄想であると」教わりました。 今まで自分の中では出なかった答えでしたので、驚きが隠せませんでした。すこし腑に落ちて居ない面もあり混沌としてしまいました。 上記の霊視していただいた方への質問をお坊さんはどの様なお考えをお持ちでいらっしゃいますか?智慧をお貸しください。

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

離婚後の主人のご先祖様との関係は?

真言宗です。 娘(9歳)が小1の学校検診で、軽度の心臓病が見つかり経過観察ですが、 今回、息子(7歳)にも心臓に病の疑いがでました。 娘は霊感が強く色々ありましたが、最近では急な頭痛やだるさも 訴えるようになりました。娘と主人は幼少期から気が合わず、いつも主人 とぶつかり、先日は自立神経失調症を発症しました。 あまり続くので、四柱推命を基とする運勢鑑定師に見て頂いた所、先祖 供養がおろそかになっている。 あなた(私)がそうしている。 共働きで忙しいのだろうけど心をこめて行わなければいけない。 私も娘も非常に強い運を持ち、息子は特に先祖供養を背負っていく 運勢が濃いさだめに生まれていると言われました。 この話をに主人にすると『過剰に反応したくない』と、義両親に、 話すらする事を嫌がります。 何にでも面倒がり、今回は子供の健康まで関わっているのにと、夫の 態度に、私は、以前より考えていた離婚への気持ちが大きくなっています。 そこで質問ですが 離婚した場合、主人のご先祖様との関係はどうなるのでしょうか? 子供の体の事が何より心配です。 もし将来再婚をしたい相手と出会ったりした場合などはどうなるのか? 離婚して仏壇は無くても、主人方の供養を続けていく必要があれば、 続ける気持ちは十分あります。 どうかご教示下さい。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

これは霊夢?亡くなった親から、お浄土からのメッセージ?

 先ほどはすみませんでした。  さて、質問の後、すごく不思議な夢を見ました。  私の大っ嫌いな育ての母が、今はもうない実家の台所で 「トルティーヤ」のような料理を作ってくれていました。  私は、 「おまえ80の声聴くのに、そんな事もわかんねえの? バカじゃん。それで親とか、笑わせんじゃねえよ」 と煽りました。右の頬に平手打ちをくらいました。  言い返そうとした瞬間突如、風景がアニメチックに変わり、 養母はワニの姿に変化、大きな口を開けて、 トルティーヤを食べようとするも、食べるのをやめて、 テーブルの上に、大切そうに皿を置きました。  そこで終了です。目が覚めて意味を理解した私は、 布団の中で大泣きしました。  でも、なぜ、ワニなのか?などと気になって、後になって 色々調べてみると、  「千手観音」「宮毘羅大将(金比羅王)=ガンジス川のワニ」 「千手観音28部衆」というキーワードがヒットしました。  「宮毘羅大将(金比羅王)」は「ガンジス川のワニが神格化」 され、「千手観音」の眷属になった。  という話が説かれていました。  養母はねずみ年、本尊は千手観音です。偶然にしても、 できすぎています。  養母は生前、私を危険に晒して喜び、かつ、過干渉で過保護な 最低な親でした。  今だったら確実に、警察や児相がすっ飛んでくるでしょう。  ですが浄土で仏様になった事で、今の私を見て、事の重大さを 理解して心配になり、慌てて飛んできたのでしょうか。  最近になって、何度も夢で会います。  お浄土からのメッセージでしょうか? だったら、今すぐ供養しなければ仏様に申し訳が立ちません。

有り難し有り難し 11
回答数回答 1

霊魂も素粒子でしょうか?

御釈迦様の時代から数千年。宇宙膨張の観測にビッグバン理論に超弦理論と、我々はいま「色即是空を数式で解く」いきおいです。 宇宙の理に想いを馳せる一方で、等身大の現実に目を向けると「世のため人のため」と「おせっかい」とは紙一重であったり、分相応に「身近な恩返しからコツコツと」と思えど「喜んでいただく」と「相手のためになる」もまた非なるものであったり、それならば「ご自由にどうぞ」と見守っていても、これまた何かしら不足であったりし、どうにも私には中道の実践が苦手なようです。 しかし「中道をとの想いもまた空である」さらに極論するなら「仏法も空だ」となれば「もはやこの世に何ひとつ執着なし」との境地に至ります。とはいうものの、私の考え方を家族に押し付けることはできませんから、人並みに彼らの幸せの一助となるべく日々過ごしてはいます。 さて、仮に霊魂が未知の素粒子群だと解明されたとして「それが何の役に立つのか」についてですが、そりゃあもう素粒子組み換えで功徳積みまくり!という煩悩まみれな話しは置いといて、戦争も含めて殺生が抑制されるように思います。殺めた相手と死後の世界で対面するのは気まずいかなと思いますので。「こいつが私を撃ったんだよ!そのお陰で今があるんだけどね」みたいに昔話で盛り上がっているのが判明したら、それはそれで殺生の抑制にはなりませんが。

有り難し有り難し 14
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る