お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

死ぬことがたまらなく怖いです

私が死ぬのが怖くなったきっかけは
太陽が数億年後には爆発してなくなり
地球も滅ぶと書いてある記事を読んだことです。

その記事には太陽が爆発する時には
自分達は生きていないのであまり関係ないと
書いてあったのですが

それを見て、全ての命はやがて死ぬのだと
はたと気づいてしまい
それまであまり気にしていなかった
自分の死というものに対して
強烈な恐怖を感じてしまうようになりました。

それ以来何をしていてもどこかで
死の恐怖というものがチラついてしまって
心の底から楽しいと感じることがなくなりました。

また自分や今、関わっている人達が
将来死んでいくと考えると、とてもやりきれなくなり
今を頑張っていることの
意義を見いだせなくなってしまいました。

この状態はとてもつらいのでどうか助けてください

有り難し 10
回答 2

質問投稿日: 2019年5月16日 1:23

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

こわいですけれど

拝読させて頂きました。
あなたが死を意識したこと心にずっしりと響いたことは本当に良いことです。
早いか遅いかはわからないですけれども私達は必ず死を迎えなければなりません。
死はだれにでも平等に訪れます。

私も死はこわいです、いつかわからないですけれども今かもしれませんし明日かもしれません、或いは一年後かもしれませんし五年後かもしれません。病気で亡くなるかもしれませんし、事故で亡くなるかもしれません。
ましてや今このひと時ひと時私達は死に向かって歩んでおります。そのような私達です。

死によって様々な状況が変わります。まず私達の肉体から離れます。そして持っている財産も物品も金品も全て手放します。そして所属しているところからも離れますよね。
持っていけるのは自分の心だけです。ですから全てが変わります。

変わらないものもあります。それはご縁です。つながりと言った方がわかりますでしょうか、絆と言った方がわかりますでしょうか。
例え死を迎えたとしてもそのつながりであるご縁は変わりません、以前からも今もこれからもずっとつながりを持っていきます。
今あなたがこの場所でご質問なさっていらっしゃるのも不思議なご縁、つながりの中で生じたものです。

そしてだからこそそのつながりを大切になさりながら自分に向き合うことが大切なことですし、本当に自分が何をするべきなのか、この限られた人生をどのように生きていくことが大切なことなのかも真剣に素直に向き合っていくことが大切かと思います。

生きていく中では様々な迷いや悩みや苦しみもあります、そのような中でどう生きていくことが善き道かをどうかじっくりとお考えなさって下さいね。

繰り返しとなりますけれども死は決して終わりではありません。私達が向き合うべき命題です。それぞれにその答えを探して試行錯誤を繰り返してたどり着いていく先には通過点として死がありますし、その先がまだまだあるのですからね。

こわいですけれども心穏やかにゆっくりと落ち着いてみてしっかりとお向き合いなさって下さいね。

9日前

生死は同じものです

死は怖いですよね。
子どもに「死ぬのが怖い」と言われた時に、こんなに小さいのに大きな恐怖をもう見つけてしまったと困ったことがあります。

結論は、必ず死ぬ。
だけど、死がゴールではありません。
死んで帰ってきた方に会ったことはないので、なんとも言えませんが、もしかしたら死んだあとの方が楽しいかもしれない。
死んだら「もう人に産まれるのは嫌だな」と思うかもしれない。
「生」は体感しているけど「死」は未体験で、わからないことばかりです。
わからないから怖い。
しかし、知りたいからといって「死にたい」とは思わない。

真実がわからないことに執着することより、まずは生きている実感を大切にしたいと思っています。
いつ終わるから分からないと知っているから、今日を大切に感じるし、何もないところに幸せを感じる。
死は怖いし逃げられません。
だからこそ、真剣に生きるんです。
人生には「死んだ方が楽」と思う瞬間もあります。
生死さえ、私の心持ちで変えてしまう。
きっと、死ぬ怖さや重みと、生きる怖さや重みは同じだと思います。
生かされている偶然に感謝して、人や自分を大切にすることが、怖さを紛らわしてくれる、一つの方法かもしれません。

8日前

質問者からの有り難し - お礼

回答ありがとうございます。
依然として死ぬことは怖いですが
人との繋がりを大事にして
今この瞬間を大事にして
真剣に生きていこうと思います。

関連する問答
このページの先頭へ