お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

在家信者の有り様

私自身は真言宗の檀家に生まれ、
朝夕のお勤めはしておりますが、
それ以外に在家信者のすべきこと、
普段の心構え、有り様はどうあるべきなので
しょうか?

僧侶でない在家信者は、どう生き、
生活するべきなのでしょうか?

心構え・生きる智慧
有り難し 4
回答 1

質問投稿日: 2019年6月11日 20:23

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

一つの取っ掛かりとして

こんにちは。仏教徒として生きる、或いは真言宗の一員として生きる。日々のお勤めをされていることは、大変結構と存じます。
のであれば、日々のお経で「自分が何を言っているのか」を探求してみてはいかがでしょう。私はお寺に生まれたので、小さい頃から親しみはありましたが、二十代でしたが、「一体これ、何を言ってるのか分からない。意味を知りたい」と思い、聞いたり調べたりしました。
すると、結構物凄いことを日々唱えていることが分かりました。
「生まれてこのかた、いや、そのずっと前から」とか「このお経を読んだからには、世界のあらゆる存在に対して自分が施せることを全部やり」とか。
イヤイヤそんな大げさな、無理です無理ですと思いました。
だから、自分が理解でき、やれそうな範囲で心掛けようと思っています。言った通りには取り敢えずできないけれど、反対方向には行かないようにと。
自分の怠けとか横着とかケチンボが出そうな時に、自戒するアンカーとして使っています。
実現できるかはさておき、「そんな風に生きられたらいいな」という理想を忘れないために、毎日のお経をあげています。

2ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

佐藤様
回答ありがとうございました。
やれそうな範囲で心掛ける、ですか。

確かに十善戒のひとつひとつ、
とても困難でこれらを実践するなんて
無理なように思ってしまいますが、
できる範囲で心掛けてみようと思います。

実は在家と僧侶の方との差というか、
お勤めはするけど結局深いところは
密教なので解らないから、在家での
信仰なんて無駄なのかな?
という思いがありました。
今でも全くないわけではありませんが、
出来ることから、ですよね。
ありがとうございました。

「仏教全般」問答一覧

「仏教全般」問答一覧をすべて見る
関連する問答
関連するワード
このページの先頭へ