hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
2019年のあなたを表す漢字 募集中

色々辛すぎて訳がわからない

回答数回答 1
有り難し有り難し 10

37年生きてきました。それなりに反省し、前に進んできたつもりでした。

でも、周りと比べると、まだ忍耐がたりない、ここを直さなくてはならない、と自分の未熟さがポンポン見えてきます。

いつまでも子供で未熟で臆病だから、友達もいないし、会社でも孤独で結婚もできずに実家暮らしなんだと思います。

しかし、これでも一生懸命生きてきたつもりでした。そこをさらに頑張って、我慢して、自分を磨かないと、友達も恋人も夫もできない寂しい人生を過ごし続ける人生で終わるんだとおもいます。でももう頑張れない。限界です。

後、職場では自分より経験はないけれど、人柄の良さを買われて社員になった人がいます。

私は経験はあっても、頑張って戦力になるとアピールしても、扱いにくい人柄のために会社に受け入れてもらえず、社員にしてくれませんでした。そうされた会社は沢山あります。

力をぬけ、気楽にやれ、と言われても、迷惑をかけたくないし、お金をもらっているからちゃんと仕事をしたくて働いているのに、
会社は私の頑張りを受け入れないどころか、軽く笑われたり、引かれたりして終わります。

昔働いていた会社の先輩には
「意識高いな〜笑」って笑われました。これは本当に辛かった。

他人と関わると、頑張ればいいのか頑張らなくていいのかわからなくなります。でも私はもう頑張れません。しんどすぎてやりたい事もありません。
今すぐ心不全になってサクッと死にたいです。

2019年6月23日 17:33

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

頑張る人が報われないのは残念です

一生懸命よい仕事をなさろうとしているあなたが評価されないのは残念です。1990年代の初頭までの一時期、日本は、Japan as No.1でした。1億ちょっとの総人口で世界のGDPの18パーセントくらいを占めていたのですから。それが今は6パーセントないくらいでしたっけ。凋落の一途ですね。そうなったのは、いくつもの要因があるのでしょうが、妙な職場環境の会社が増えているからなのかもしれません。

私の回答例をご覧になると、私が以前〇史学芸員の嘱託をやっていたときの話がいくつか出てきます。すごい所でした。いた部署もトンデモナイところでしたが、不祥事が続き、東日本大震災の折は義援金をパッチった職員まで現れました。しかも、その職員は少し前に他のお金をパチってお縄になったばかりだったのです。職場とはそんな所なんでしょう。

だから命を終えてしまいたい、ということは誰でも多かれ少なかれ思うことですが、死んでも花実は咲きません。

したがって、あなたが取る選択肢は二つです。一つは、職場環境に合せるということです。さきの例でいえば、隣の机でカネを懐に入れる姿を見ても見ないふりをして生きるという選択です。これを多くの人がやっています。もう一つは、自分で生きていくというものです。youtubeを見ていると、マナブさんとか、キミアキさんとかその他多くの方々が企業の仕方みたいなことを教えてくれています。以前に比れば、この選択をする人が増えているようです。この春、大学を出た知人の息子さんは、就職して仕事のやり方を学んでから起業するというパターンを経ないでいきなりビジネスをお始めになったそうです。すごいなぁ、と思いましたが、そういう時代なのかもしれません。

私自身、死んでしまった方が楽かなぁ、と思うことはあります。しかし、自殺なさった方の周囲の人たちが如何に深く傷ついておられるかを知ると、やっぱり生きなきゃ、となります。ご両親もいらっしゃるのですから。

頑張っても報われないと辛くなります。その頑張りが空回りでなく、周りのギアとかみ合うようにならないといけない。そうなるにはどうすればいいのか、私も同じことで悩んでいるんです。一緒に考えていきましょう。またお尋ねの文を送ってください。

2019年6月24日 8:42
{{count}}
有り難し
おきもち

私はお坊さんといっても、ひと様に何か答えらしいものを提示できるような立派な...

質問者からのお礼

それは私の今までの頑張りが全て無駄だったという事ですね。
それじゃ今まで積み上げてきたものが全て無駄じゃないですか。
私がバカみたいです。ますます気力がなくなりました

「自分に自信がない」問答一覧

自分の選択に自信を持ちたい

こんにちは。 いつも悩みが思い浮かぶたびに相談してしまって申し訳ありません。 私は結婚前に正社員として働いていましたが、体を壊してしまい、結婚と同時に辞めてしまいました。 その後もなんとか自分ができる範囲で仕事を見つけ、現在は週三のパートで落ち着いています。 夫は激務のため、家事全般は私が100%やっています。(家のお金はほぼ旦那に頼っています) この分担は夫婦の話し合いの中で決まりました。 しかしこのパート先の上司や周りの人から、「正社員になればいいのに」とか「折角時間があって働けるのに勿体ない」などと言われます。 共働きでバリバリ稼いでいる人の話も聞きますし、今はそれが主流になりつつあることも分かっています。 周りの人の言うことも分かるのです。今のうちなら正社員できるかな…この先年齢を重ねたらもう戻るのは難しくなるのかな、そう思ってぐらついてしまう自分もいます。 しかし体を壊してしまったこともあり、戻るのがとても怖いです。 今戻ると、また同じことの繰り返しになるのは目に見えています。 さらに今妊娠中で、これから育児のこともあります…。 自分は「これからは仕事については自分のできる範囲のパートをして、家族を第一に思って支えていこう」 そう選択をしました。夫婦で話し合ってそう決めました。 でも周りの、もっと頑張っている共働きの方を見ると、心がぐらついてしまいます。 私は甘えているのではないか。逃げているのではないか。もっと仕事も家事も育児も、全部頑張れるようにならなくてはいけないのではないか。 分からなくて毎日悩んでしまいます。 家庭を支えることを選んだ自分、その選択に自信を持ち、流されないようにするにはどうしたらいいでしょうか。 どうか助言を頂けないでしょうか。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

念仏行者として自信をなくしました。

最近、祈願寺で先達さんから 何度も雷を落とされています。 お花を持って行ったら、 「お墓に持って行くなら それでもいいが、うちの様に 墓を持たない寺は最上級の 荘厳具を備える場合が多い。 持ってくる人は皆、 『持ってくるんだからいい でしょう』って言ってポンと 持ってくるけど、管理に困る。 今回は受け取るが、次からは この様な無造作な仕方ではなく 瓶などに入れてくる様に」 とのこと…。 突然だったので情報処理が 追いつかず、「知らなかった」 と言って泣いてしまいました。 「失礼なのは承知だが、 (私の下の名前)さんと俺は 親子くらい歳が離れている。 実際俺には、貴女と同年代の 息子がいて、貴女のことは 娘の様に思っていて、【親心】 からの発言だ」と始まり、 マナー意識に対する訓戒が 続きました。 私自身、改善に努めていることも 伝えましたが… 最後は、私は泣きながら何度も 頭を下げて、「ごめんなさい」 と連呼していました。 私は特に 人からの「優しさ」や「親心」 が一番理解できません。 支援者たちには共有済みで、 指導を受けながら詫び状(先達 さんの御心に気がつけなかった ことに対する謝罪)も作り、 後日持って行きます。 実は、持って行ったのですが 先達さんはご不在、代理の方に 渡して貰おうとしたら、 「気まずくなる、自分で渡した 方がいい。それと、金券や お布施は同封しない様に」 と指示されました。 入れてません、と伝えると、 「そっか!俺の取り越し苦労! ゴメンネ(笑)」と言って くれました。 こんな体たらくが続く私如き が、一丁前に格好を付けて、 輪袈裟や数珠を持って、 お寺に行ってもいいのか… 葛藤しています。

有り難し有り難し 25
回答数回答 2

他人から否定されると耐えられません。

昨年11年勤めたレストランを退職し、先週からパートでマンションの受付の仕事を始めました。施設の予約を受け付けたり、お客様の対応をしたりする仕事です。 前職では役職にもついていましたので、この経歴からの期待があっての採用だと思います。実際、予約の受付などは基本的に通じる部分は多いのです。 しかし、元々、サービス業、特に高級志向のサービスに私は向いていません。 焦りやすく、バタバタしてしまったり、人見知りですし、上がり症です。 今日、今の上司に、「すごく消極的だよね。思ってたのと違う」と言われてとても傷つきました。 今、この落ち込みから立ち直ることができません。 実際、うまく立ち回ることができません。 消極的なのも事実だと思いますし、声も小さくなっていると思います。 同じような業種について、がっかりされるのが嫌だったのに、こういった仕事しかしたことがないので、この仕事を選び、結局がっかりされてしまいました。 今はまだ入ったばかりなのですが、そのうち大きなミスをして、もっと失望されるのではないかと思うと怖いです。 前職でも、いくつか大きなミスをおかしました。 どういう考え方をすればこの状況から立ち直れるのかアドバイスしてほしいです。

有り難し有り難し 27
回答数回答 2

自信がない

結婚して約2年になります。相手の男性とは20歳の年の差があります。 彼とはひょんなことで出会い、彼の積極さに押されそのまま結婚しました。 彼は 私のことを1番に考えてくれ、話も耳を傾けてくれ、聞いてくれます。行きたいところある?と聞いてくれて連れて行ってくれたり、あまり高い買い物などはできませんが、出かけ先で美味しいものを食べたり、冗談を言って笑ったり、、 幸せな平穏な日常があります。 ですが、それを時々壊したくなる自分がいるのです。数ヶ月に1度その時期がやってきます。自暴自棄になり、自分も相手もどうでもよくなってしまいます。自分も死ねばいいのに、と思ってしまいます。 その度に彼にも八つ当たり、無視をして拗ねてしまいます。彼は様子を伺うけれど何も言わずに接しようとしてくれます。 根本的に自分に自信がありません。彼は過去に英国に留学していたり、イケメンだし、笑顔が得意な社交的なタイプです。義母曰く、私はいつもムッとした表情をしていて、いつもつまらなそうに見えるとのことでした。 結婚前は実家での狭い暮らしと、大学病院に勤めていた多忙さで、心身共に疲弊しきっていました。 そんな中での出会い・結婚でしたので、彼が初めての彼であり夫。外で遊んだことのない私にとって、新鮮なことが多かったのでしょう。 明るい彼と無意識のうちに比較してしまい、、色々がチリに積もって、何もかもどうでもよくなります。 楽しい思い出より、自分が拗ねて彼を振り回した思い出の方が多くて、 彼にも申し訳なく、最初から白紙に戻したい気持ち、嫌悪感 罪悪感でいっぱいです。 20歳も過ぎて拗ねる自分の未熟さ、自信のなさにどう向き合っていけば良いでしょうか。

有り難し有り難し 18
回答数回答 3

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る