お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

達観する道を開くには?

初めまして。

私は、過去に辛い思い出、別れをいくつか経験しながら20代になりました。

多くの方がそうなのかも知れませんが、私はこの思い出に縛られすぎています。

例えば、二度と会いたくないと言われた人に、一年経っても連絡したくなったり、いつまでも腹を立てていたり…

自分が嫌になります。

達観して感情に支配されず、世の中を温かく見守りたいです。もちろん、人に深入りせずに。

しかし、そういう人はお年寄りに多いイメージがあり、若く未熟で感情的な自分がなれるのか不安です。

達観、と言うのが仏教の教えであるかすら余り分かっておらず情けないのですが、ぜひ、
動じない心を手に入れるアドバイス頂けると嬉しいです。

心構え・生きる智慧
有り難し 10
回答 1

質問投稿日: 2019年8月13日 13:31

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

慈しみの心

慈しみの心を意識しましょう。
慈しみとは、人の幸せを願うことです。
好きな人、嫌いな人、友人、他人、家族、その他みんなの幸せを願いながら生きていきましょう。
例え自分がふられても、彼女が幸せになるならそれで良いと思いましょう。
慈しみの心をどんな時も忘れないようにしてくださいね。

12日前

関連する問答
関連するワード
このページの先頭へ