hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

お坊さんについて

回答数回答 1
有り難し有り難し 8

私は毎日祈ります。手を合わせ、座禅をし、写経します。
虐待を受けてきた時も、差別や偏見で区別される時も、私の中の煩悩のせいでそう感じるのだと、言い聞かせてきました。ですが、無くならないのです。
私は、悲しいです。なぜいつも差別され偏見を持たれ区別されるのか、わかりません。
僧侶になろうとも思いました。しかし、その世界にも様々なことがあるのを知って、とても悲しい気持ちになりました。誰でもなれるわけではなく、檀家でもない、大学で専門的なことを学んでからどこかで受け入れてもらいなさいと言われたこともありました。
私の親族のお葬式でいろいろなことをたくさん経験しました。
お経を読んでいただき、ありがたい気持ちでいっぱいでしたが、額が少ないとお礼を返され、やりなおされたこともありました。

なぜなのか、この仕組みはなんなのか、教えてください

2019年10月6日 17:51

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

「差別や偏見」の具体的な説明がないので、それについてはわかりません。
僧侶になるためには、僧侶の弟子になる必要があります。
落語家になるのも落語家の弟子になる必要がありますよね。それと同じです。
弟子をとるということは、師匠としての責任も生じますから、知らない人をいきなり弟子に迎えることに二の足を踏むお坊さんは多いと思います。
これは、ビジネスの営業マンと同じように、買ってもらえる相手(自分を弟子にしてくれる師匠)がみつかるまで数をあたるしかないかもしれません。
葬儀のお布施が少ないからと返却されるのは、そのお坊さんにも問題がありますね。
ただ、慣例的に「相場の金額」があるのも事実です。地域によってもお寺によっても違います。
結局は、お坊さんも生身の人間であり、個々にさまざまな事情や生活がある人々です。
お坊さんに何かを頼む場合は、人間対人間のリアルな対話が必要です。

追記
重い体験談、ありがとうございます。
私は、児童福祉に関連する仕事もしていました。
児童虐待に対しては、ここ数年で、行政も警察もだいぶ素早く動いてくれるようになったとは思いますが、今でもそのような劣悪な施設が隠れている可能性がありますね。
誰かが告発しない限り、施設内のことはわかりませんし。
ただ、お坊さんにも色々な人がいますので、「数を当たる」必要はあると思います。

2019年10月6日 22:28
{{count}}
有り難し
おきもち

浄土宗教師。四十代男。 仏教は、悩み苦しみを制御したり消したりするための...

質問者からのお礼

お答えありがとうございます。
差別や偏見の具体的な内容ですか?うちは絵にかいたようなド貧乏な家に生まれました。耳の形が亡き祖父に似ているからと父には4歳のころから17歳まで虐待を受けてきました。周りの大人たちは知っていましたが、しつけだと言って関わりたくないと言って助けてもらった記憶は全くありません。スパナで殴られたり、エアガンで足元を打たれ踊れ踊れとされたり、出刃包丁で切りつけられたりしました。盲腸を患い、入院していたときは、父や母には、入院して一人だけ病院食を食べていい気になるなと、手術して5日で強制退院になりました。実家は雪国でしたので冬になれば雪が降りますが、よく靴も履かせてもらえず、ブリーフ一枚で外に出されたまま家に入れてもらえなかってので、ドラム缶のなかで夜を明かしました。理由は耳の形が祖父に似ているからということだけです。ほかの大人に相談すれば関わりたくないといわれるか、私たちが悪い、私たちがお荷物なのでは?と言われました。
しばらくして児童養護施設に入りました。親の本音は、いなくなってほしいとのことでした。児童養護施設でも暴力はなくなりませんでした。理由は、周りより真面目に部活に取り組んで成績を出しているからでした。職員や児童になぜかいきなり殴られたり、職員の派閥争いで無視されたり和に入れてもらえなかったりでした。
夜になると年上の児童から暴力の後の性的虐待を受けました。男子が男子を処理しなくてはならず、私だけでしたが、1日に3人の時もありました。何度も逃げ出しました。でも生きていくすべがないし、結局、脱走犯として捕まり、躾という虐待を受けてきました。

でも、その人たちは、虐待してきたりいじめてきたり性的暴力をする人達は悪くないと思っています。

はけ口がなく、都合のいいはけ口が私なだけ、苦しいけどつらいけど、されてしまう対象になる私が悪いんだ、辞めたければ死ぬしかない、でも死ねない・死ぬ勇気がない、そんな学生時代でした。

社会に出てからは暴力がなくなりましたが、ほかのことが増えました。
人と比べるのが当たり前の社会だったり、言葉ではとてもきれいなんです。一生懸命、丹精込めて、人生かけて・・・裏では・・・ということばかりでした。相手を悪く言ったりと、大人ってこうなんだなって理解していました。
そのことをお坊さんの相談に行きました。私はどう乗り越えたら良いですのか・・・ところが、檀家じゃないからお答えできません、坊主のも限界があります、なんでも頼らないでくださいとのことでした。上のお坊様がそういうのでと、ほかのお坊様もお答えいただけませんでした。仏教には忘故利他という言葉があります。それには檀家という、選ばれた人しかだめなと今でも理解しています。
六波羅蜜の実践でお布施や心の在り方、生き方が認められた人しかだめなんだなって理解したときに、お寺にいてもお坊さんとは一方的な説法しか聞けない理由がなぜか腑に落ちました。信じる者が同じでもいろいろなところに上下が存在する、仏の心理を理解していても人だからフラットには見ていないんだと理解しています。

でも、間違っていると思っています。
どうしてフラットではないのでしょうか。同じ人なら、尚更ではないですか?
富める者は宗教にすら優遇され、貧しいものは冷遇される。それこそ、差別や区別ではないですか?仏さまにすがる、それがわたしの生きがいでした…。

「お坊さん・僧侶全般」問答一覧

病んでしまった人が住職になれるだろうか?

私は寺の長男に生まれました。が保育園のころから電気が好きで、小学校1年の時の将来の夢が最初は電気屋さんになりたい。でした。ですが、住職である父に「電気屋さんがお坊さんはできないけど、お坊さんが電気屋さんはできるんだよ。」という今考えるとわけのわからない理屈で言いくるめられ、将来はお坊さんになりたい。と書き換えさせられました。かといって仏教が嫌いだったわけではなく、児童向けのおしゃかさまのでんきを友達からもらって読んだり、生まれて初めて映画を見たのが井上靖の天平の甍(鑑真さんの話)だったりしたのもそのころでした。小学5年生の時に東京の増上寺で得度しました。秋葉原に行けるからでした。生まれて初めて飛行機に乗りました。その後中学1年の時に初めてパソコンを買ってもらい、ゲームやプログラミングに夢中になりました。MSXでしたが、パソコン・モニター・データレコーダ・漢字ROM・プリンタと買いそろえてもらいました。中学2年の時に独学で国家試験を受けて、電話級アマチュア無線の免許を取りました。開局したのは高校になってからでしたが、無線も好きでした。高校では科学部物理班でアマチュア無線とパソコンに夢中でした。将来は工学部に進んで風力発電の研究をしてエンジニアになるのが夢でした。しかし文理選択で寺の後を継がなくてはなというプレッシャーに負けてしまい、文系を選択したのでその道は絶たれました。そのころひろさちやの仏教大百科を読んで、浄土宗は大正大学か佛教大学に行くことを知りました。親は大正大学に行けとは一言も言いませんでした。そして大正大学には入ったものの授業に出たことはないです。サークルにばかり逃げていました。サークルがなかったら、大学を中退していたかもしれません。テストだけは受けていたので単位は取れました。(何個か落とした単位もあるが再取得。)大学在学中に加行をなんとか御え住職資格を取り(風邪で3日休んで下山寸前だった。)そのあと大本山にある修行道場で1年間更に修行しました。大学在学中から心が病んでいて医者にかかっていたので、修行道場も医者に通いながら勤めました。修行のほうが寺にいるより楽しかったからです。町寺の法事葬式で回っている感じが嫌いでした。でも仏教は好きという矛盾を抱えていました。心の病気が酷くなって私は今は寺を離れていますが、私にはもう住職は無理なのでしょうか?

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

お坊さんのように清廉潔白になりたい

お坊さんねように清廉潔白になるにはどのようにしたらいいのですか? 私は心が腐っています。 人より幸せになりたい 自分だけ楽をしたい カッコいい恋人、玉の輿な結婚がしたい 裕福だと思われたい 可愛いといわれたい 愛されたい 自慢したい 良いと思われたい 言い出したらきりがないくらい、私は強欲で自分勝手です。 表向きは人に合わせていい人ぶりますが、心の中は欲と見栄で溢れています。 自分より劣っている人を心こ中で笑い 自分より優れている人を心の中で恨みます。 誰よりも自分が優れていたくてしかたありません。 しかし、実際は 頑張っていても、仕事ではミスしてばかり 顔だけで選んだ彼氏にいいように使われる 人よりモテたいと見栄をはり、くそみたいな男に一回セックスして捨てられる 上っ面な関係ばかりでつながりが薄い そんな、最底辺の生活です しかし、素敵な人に出会いました。 所得があるわけでもないし、見た目もちょっと汚くて、人に変なふうにいわれたくなくて私の虚栄心から関係を断ったのですが、 心をみたら、その人は素晴らしい人でした。 そして私を好きだと言ってくれます。 私は私を彼にお薦めできません 私が私がどういう人間で何をしてきて今があるかよく知っているため こんな汚いよごれまくった、くそみたいな男たちの性処理道具だった私を 仏さまのように澄んだ心の彼に関係をもたせるわけにはいかない。 お坊さん、教えてください。 どうすれば、私は何もなかった清廉潔白なあの綺麗て無垢な体、心にもどれますか? お坊さんたちみたいに、お寺とか仏とかいろいろ知っていたら こんなに汚い体にならずにすんだのに 体を浄めたい 過去をすべて消したい 私、綺麗な体になりたい

有り難し有り難し 18
回答数回答 1

女性に対しネガティブな感情を持つお坊様

先日より此方に投稿させていただいております。 とあるお坊様の回答に疑問を持っております。 前回のお坊様とは別の方です。 結論から言うと、そのお坊様は女性を目の敵にしておられると思います。 元々ハスノハには女性の相談者が多いのですが、そのなかでも感情面で疲弊されている女性の相談者に対し「怒るなど感情的になるは煩悩があるから」「煩悩は悪」「傷付いたのは怒っているのと同じ」といった発言をしきりに繰り返しておられます。 これは要は相談者が悪いと責めているの同じになります。 しかも相談内容には具体的に触れていないことが殆どです。 かなり前の相談(男性?夫?に対する悩み)に、女性はいい加減男性に~すべきです、といった性に対する固定観念ともとれる発言をされていました。 反論する女性の相談者に執拗に言い返すやり取りを見ても、女性に対し何らかのネガティブな感情があることは分かります。 酷い目に遭ったと怒れば「それは煩悩があるから、煩悩は悪だから」、傷付いたと泣けば「傷付いたのは怒ってる証拠、怒りは煩悩、煩悩は悪」。 これって最強の鉄壁反論じゃないでしょうか。 何故ならどんな意見も相手の自己責任にできるから。 きっと気力を振り絞り一生懸命書かれたであろう相談に対する返事ではないと思います。 そのお坊様は寺名すら晒しておりません。 つまりほぼ匿名。 仏教の資格を取得されたそうですが、仏の教えを説く者に必要なのは資格ではないでしょう。 お坊様かどうかすら怪しく思います。 ハスノハが好きな自分にとってこのような投稿をするのは非常に心苦しく、1年以上前から投稿するかずっと悩んでいました。 お坊様も、運営様も、今一度考え直して頂けないでしょうか。

有り難し有り難し 64
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る