hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
2019年のあなたを表す漢字 募集中

仏教の世界では幸せはみんな平等ですか。

回答数回答 1
有り難し有り難し 6

これまで亡くなった人のことを考えてみました。
おぼれている人を必死に助けようとして、自分がおぼれ死に、助けた相手が助かったという人。
美人に生れて演劇の世界で頑張ったが、男にむちゃくちゃにされて(詳細は不明ですが)亡くなった人。
お金持ちと結婚し、月に100万円まで自由に使える身だったが、嫁姑、親戚関係そのたもろもろで相当な苦労をし、精神を患った人。
いろんな人がいますね。
いろんな人の死に、何か意味があるような気がして、不思議な感じがします。
仏教の世界では、幸せか不幸かについては、みんな同じなのでしょうか?
わたしは普通に生きて普通に長生きして死にたいです。

2019年11月9日 19:44

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

幸せって何でしょう・・・?

貴女がおっしゃるように、現世(この世)では「幸せな人と不幸せな人」がそれぞれいますね・・・。〈普通に生きて普通に長生き〉…仏教では最高の「幸せ」と考えます💛。
不幸せな人って、妙に次々と悪いことが起こります・・・😢。でも、それが「どうしてなのか」誰も分かりません。ちなみに「前世の因縁が悪い」などといって、物を売りつけたり、「供養」を強要する場合もあります・・・。気を付けて下さい、益々「不幸」になります・・・。
で、悲しいことに、現世では「幸せは平等」ではありません。その「不平等」を何とかしようとしたのが、お釈迦様の教えです。
要するに、「本当の幸せとは何だろうか」と考えながら、現実社会の「不平等を正していこう」と努力することです。
で、私見ですが、最終的には、亡くなることによって「平等」な世界に生まれるしかないと思います。(死は誰にも平等に訪れますから…)。
最後に、「幸せ」とは本来「仕合せ」と書いて、❝(一生)仕(える事や人に出)合えた❞という意味です。どんな「不幸なこと」になっても、それを受け止め「忍辱(にんにく);我慢する、耐え忍ぶ」して、人生を全うするのが、本当の「幸せ=仕合せ」です。貴女もこれから色々なことに巡り合うでしょうが、それを乗り越えて、有意義な人生を歩んで下さい。祈っております。合掌 南旡阿弥陀仏

2019年11月10日 12:14
{{count}}
有り難し
おきもち

質問者からのお礼

「幸せ」とは「仕合せ」と言うんですね。どんなつらいことも受け入れて乗り越えて行ける・・・といいですね。精神病にならない程度になら我慢するのもいいのかもしれません。ところで、わたしは、嫁ぎ先で、嫁いびりに遭っていて、自分の作ったものを「そんなひとの作ったものなんか食べたくない」と見向きもしてもらえなかったのですが、仏教の教えでは、「いただきます」とは「いのちをいただく」という意味ですということを、家族に伝えたところ、食べてもらえるようになりました。仏教の教えって深いですね・・・。

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る