hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

なんで無住にしておくの?

回答数回答 3
有り難し有り難し 67

少子高齢化や東京一極集中で地方のお寺がどんどん成り立たなくなっています。
それはわかります。ですが、無住になったらなぜそのままにしておくのでしょうか?当家のお寺も、住職が住んでるメインのお寺のほかに2箇所兼務で持っています。本体でも食えないから副業してるのに、兼務寺院が財政に寄与してるわけありません。

素人考えでは、遠隔地に建物を維持するのも大変だし、給料どころか光熱費すら賄えない名前だけのお寺はメインの中核寺院に全部まとめて潰しちゃえば効率的だと思うのですが(名前だけをお堂やスペース等で残せばよくありませんか?仏像も一箇所に集まれば豪華でしょう)そうはなっていません。今後経営が好転する可能性が全く無い場所で、無住のお寺を日本中で維持しているのは不合理だと思うのですが、これってなんでなんでしょうか?(有名な札所だから、というケースは無しで)

2020年1月6日 19:45

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

「合理か不合理か」だけでは…

至極まっとうなご意見ではないでしょうか。
たぶんゆくゆくはそうならざるを得ないと思います。

しかし
実際には法的な問題や、恐らく合併の際なんかは余った土地の処遇や法人のイニシアティブを誰が握るか等々、
少なくない混乱や衝突、痛みを伴うので、そう簡単には合理化できないと思います。

それを先陣切ってできる人がいたとしても、後に続く人がいるでしょうか。
まとめて潰せばとおっしゃいましたが、それすらも金銭的、労力的にできないのが実情なのかもしれません。

信心篤ければ何とかと申しますし、徳の至らない私たち僧侶の問題と言われればそうですけれども…。
無住を維持するのにもそれなりに理由があるのだと思います。

私の生まれたお寺は1577年(天正5年)の開創です。現在に至るまで27代の住職を歴代の祖師方が務まれた記録が残っています。
ざっと440年経っていますが、
血筋も師弟関係もバラバラ。
最初の住職さんがお寺にきたときなんか、既に開創から何十年も経ってます。
その間、何十年も無住の時代を、住職資格を持たない和尚さんや小僧さんが維持に励んだとあります。

最初だけではなく、440年ものあいだ、それは頻繁にあったのです。

小さな寺だったのでしょう。
『住職の交代多く、又無住の時多く、その間、和尚、尼僧、上座、座元など寺務を執行せり。』
上座、座元とはまだ一人前になる前の僧侶のことです。

戦国、江戸、幕末明治維新、日清日露、太平洋戦争、高度経済成長、バブル崩壊、オウム事件、リーマンショック、そして東日本大震災、

目まぐるしく変わっている情勢、主義のなかで
それでもなおバトンを繋ごうとした、繋ぎたいと思った歴史があるんです。
たとえ小さなお寺であっても。
それをたかだか何十年しか生きていない私たちの考え方ひとつで潰していいものでしょうか?

合理化がいけないとは思いません。
でも私たちは「合理か不合理か」だけで生きていられるわけではありませんから。

無住のお寺を維持しているのは、
「維持したい人がいるから」
その情熱だけだと思います。
至ってシンプルではないでしょうか。

嫌ならやらなくていいんです。

個人的には
維持したい人がまだいるぶん
そこで少人数でも支え合っている人がいるぶん
全国空き家だらけの単身世帯だらけみたいな状況よりは
はるかにましだと思います。

2020年1月6日 21:35
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


koubun
Buddhism. knowing what it actually i...

信仰について

拝読させて頂きました。

信仰にはそれぞれの地域に生きた方々のあり方や生き方や信心深さや歴史の積み重ねがあります。

例えば片田舎の道路も整備されていない場所でも大切にまつられた仏像やお地蔵様や神様のやしろにもそこに今まで生きていらした方々のあつい信仰がありますし、そこで手を合わせてることで救われたあまたの人々がいらっしゃると思います。
幼くして亡くなった我が子を弔い救いとってもらおうと思う切実な願いが込められているところも沢山あるでしょう。
また私達日本人の信仰には八百万の神々がいらっしゃるのですからあまたの神々をおまつりしているところがいたるところにあります。
或は海外でも中東の死海周辺の荒野には今でも沢山の信仰の痕跡が残されているでしょう。

それらは今私達の価値観だけでは捉えきれない大切な存在だと思います。

いかがでしょうか?巨大な神殿や寺院と小さなほこらや石像ではどちらが尊いものでしょうか?
圧倒的な財力のある大寺院と小さな田舎の貧乏寺とはどちらが尊いでしょうか?

合理化ということで後先考えずにまとめてしまうことによって本当に尊いものや私達の歴史や文化や生活そしてアイデンティティを捨ててしまわないでしょうか?

まとめてしまいますと歴史的な意味や経緯もわからなくなってしまいます。そして大切なことを失ってしまうこともあるかと思います。つまり私達自身もわからなくなってしまうこともあるでしょう。

私達にとって本当に大切なものをせっかくですから見直してみることもありだと思います。

あなたがおっしゃるように無住でただ放置しておけばいいというわけではありません。それぞれ大切にしてこれからの未来にどうつないでいくことが良いのかを私達自身これからも考えていくことは必要かと思います。
ご意見を参考にさせて頂きます。ありがとうございました。至心合掌

2020年1月6日 23:25
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


Kousyo Kuuyo Azuma
脱サラして9年が経ちました。栃木県佐野市の一向寺に勤めています。(佐野ラー...

無人駅でも駅は必要

無人駅であっても、住民にとっては近くに駅があった方が便利。
隣の駅の駅長が兼務でも。
寺院は、それぞれが独立した宗教法人であり、住職(代表役員)の選任は、檀家総会や役員の同意など、手続きが必要です。
なので、檀家の皆さんが「潰す」と判断しないかぎり、残ります。

お寺の主体は檀家さん達であり、お坊さんはむしろゲストなのです。

2020年1月7日 12:55
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


浄土宗教師。四十代男。 仏教は、悩み苦しみを制御したり消したりするための...

質問者からのお礼

お二方のお返事ありがとうございました。やはり、合理性だけでは測れない心情的な部分、地域の方々の感情等々にまだまだ引っ張られているということなのですね。登記や財産の法的な問題が障害になることもよく理解できます。ただ、感情だけで対策をしないでいていいのかなぁという疑問は変わりませんが、妙案はまだまだ無い状態なのですね。

「お寺全般」問答一覧

お寺について

お寺についていろいろ教えて下さい。 こちらのサイトで同じような内容で何度か相談させていただいた時に「くよくよしてないで説法でも聞きに行ってみては」と言われました。 正直常に小さい子供を抱えている状態で、場所見知り・人見知りがあり知らない場所や人がいると泣き叫ぶ子供を連れて行く勇気がなく、まだ足を運べていません。 なのでやはり悩みは尽きず、いっぱいいっぱいになってきています。 そこで質問なのですが、説法というのは一体どういうものなのでしょうか? 大小関わらず全てのお寺でやっているものなのですか? 悩んでないで説法を聞きに行けと言われましたが、説法で悩みが解決するようなものなのでしょうか? 他にも説法を聞きに来ている方もいらっしゃると思いますが、永遠に泣き続けるような子供を連れててもいいのでしょうか? そしてこれは個人的な意見なのですが、私が関わったお寺はそんなに多くはありませんが、正直儲け主義・自己中心的なお寺ばかりだったように感じています。 1 保育園併設のお寺でしたが、住職さんのお誕生日には園児1人につき1000円を徴収し、かなり高めのお誕生日プレゼントを購入しないといけない。他にも何かと金銭を徴収されることが多かったです。 2 こちらも保育園併設のお寺でしたが、私の妹が保育園の先生として就職した際なぜか住職さんの奥様に嫌われたらしくイビリ倒されて心を病んで泣く泣く退職。 3 母方の祖父のお葬式などでお世話になったお寺でしたが、母が「お葬式が初めてでお布施にいくら包ませていただいたらいいか分からないので、申し訳ないのですが平均的なお値段を教えていただきたい」と申し出たところ、平均の2~3倍の値段を言われていました(後で他の方に聞いたみたいです)。 といった感じで、あまりお寺にいいイメージがありません。 できればこういったお寺ではなく、こちらのサイトで色々な方々の相談を親身になって聞いてくださっているような住職さんから説法を聞きたいと思っています。 何か見極める方法などありますでしょうか?

有り難し有り難し 56
回答数回答 5

ふとしたときに休めるお寺ありますか?

カテゴリわからずその他にしてます、、 疲れました、 なにがとはないですが、少しやすみたいです、 心をどこかに置きたいです ゆっくりしたいです 好きなことや散歩の前に、あまりにも心にガスが溜まっていっぱいで、体を動かす力がでず、感情、感覚がなくはないですが不感症ぎみで鈍くなってきてそれらじゃ、 いやな気持ちではなく、まだマシな気持ちで時間が過ぎているような感覚で、休まりません 心が疲れた時はもう外が、人が億劫なため、景色がいいところに行っても、人が少ないところにいっても休めないし少しも気持ちが晴れないです 家でも少し休んで回復できたらその分すこし家事をして、また休んで、、 自分の気持ち、考えを見失ったりなにかに強くしがみついたり、てことはあまりない分自分の中ではまだましな方なのですが それも疲れてどこかで耐えきれなくなって支障が出そうです できることなら一度でいいのでどこか、心休まれる場所で。安心できる場所で、なにも考えなくてもいい、なにもしなくてもいい、表の?礼儀やマナーがとりあえずなっていなくてもそのままで受け入れるところで少し休みたいです もともとストレスはたまりづらく自己処理してきたのですがそれも なにかがあまりにもたまり過ぎてなにかがうまく作動してくれないような、、 お金もないのですが、 何かあったときに、疲れたなぁて思ったときにふらっと駆け込めるお寺はありますでしょうか? 少しの間いるだけでいい、よっぽどじゃない限りマナーとかとりあえず一旦おいといてそのままの気持ちでいてもいい場所、少しの間休めるような そんな場所、お寺はありますでしょうか? もしあればそれはどう探したら良いか、どこにあるか知りたいです また外から見た時に門が開いてるところはお寺の中に入っても大丈夫のような特徴などあれば教えてほしいです そんな都合のいいところはなかなかないと思いますがなければないでもちろん構いません、 もし何かあれば切実に知りたいです このような状態が5年ほど続き今までどこに相談したらいいか、またここのサイトを見つけて半年ほど経つのですがなんとなくいいのかな?と思い書き込めずにいました 今もどうしたらいいのかとこれを書きながら涙がこぼれます もう全て停止してもいいかなぁと虚妄もします笑 長々と、読みづらい、どこか文がおかしいとかありましたらすいません

有り難し有り難し 40
回答数回答 2

お寺を移る場合について教えてください

一年前に父が急に亡くなり、本家に勧められるまま本家当主と住職が古くから友人関係としての付き合いがあるお寺(臨済宗になります)にお世話になることになりました。 つい先日、父の一周忌を終え、節目としてお寺を移りたいと考えています。 理由としては、昔から本家筋から難癖や高圧的な行動を受けることが多く、折り合いが悪いという状態にあります。本家と付き合いがあるお寺さんでこれからもお世話になると本家関係で不都合が生じてしまい(この一年で実際に何度かありました)、出来ることであれば避けたいと思っています。 移らせていただきたいと考えているお寺さんには事情などを説明し、受け入れていただくという話はついています。 なので、質問としては、一年お世話になったお寺さんに移らせていただきたいという旨の話をしっかりとつけるべきかどうか。つけるべきであれば電話だけでいいのか直接伺うべきなのか。お気持ちとして包ませていただいた方がいいのか。など、寺を移ることに関して、行った方がいいことなどを教えていただきたいです。 なお、お墓はまだなく、今のお寺さんに遺骨や位牌などは一切預けていない状態です。 よろしくお願いします。

有り難し有り難し 6
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る