hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
家から匿名・オンラインでお坊さんと話せる!hasunohaオンライン個別相談
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

責め立てられるような声が断ち切れません

回答数回答 2
有り難し有り難し 6

過労でうつ病を発症してしまい、離職してから3年が経とうとしています。
ようやくWebサイトを読み漁る気力と体力が戻ってきて、仏教を学んで心がどんどん軽くなっている様子を実感しています。
 
お釈迦様は「みんなそう思ってしまいがちだけど、こう考えてごらん。」と仰っているように思います。しかしながら、私の育った環境では「みんなそう思ってしまいがち」の考え方こそが正しいと、学校や周囲の環境から教わってきた(かなり強力に刷り込まれた)ように思えてなりません。
 
例えば、
必要のなくなったものを、捨てたり売ったりするとします。そうすると「もったいない」と、むしろ非難されてしまう声がどこからなく聴こえてきてしまいます。
「もったいないの元来の意味は活用できていないってことだよ。だから、仕舞い込んでしまうことの方がよほどもったいないだよ。」などと言い返したりしてしまうのですが、相手にとっては人格否定されたかのような反応が返ってきてしまう。
(ご先祖様もそういう執着が強かった。)
 
職場環境でも、うまくいった時は無意識的にお釈迦的な価値観を優先していたのに(今ではそう思える)、一部の人との価値観との違いに責め立てられ続けているような想いを感じていました。
 
カウンセリング的には、十数年前に仲間に取り囲まれて責め立て続けた実体験(価値観の違いが浮き彫りになって)が、パワハラ・モラハラを受けたのと同じ状態になっていると分析できるようです。
(カルト的な意識が強い繋がりであった実態と、私も若かったので自分の主張にどんどん固執していってしまった事もあったのですが。)
 
上記の繋がりはとっくに断っているのですが、同じような存在が常に現れるのが辛いです。
 
諸行無常を意識すると「世の中の変化を阻止してでも、変わらないありようを継承することが伝統を守るということだ!」というように罵られているように感じてしまう。
 
罪は罪と認めると「仲間の罪は事実を捻じ曲げてでも正当化するのが正義だ!」と罵られているように感じてしまう。
 
価値観は人それぞれなので否定するつもりはないのですが、このように聴こえてくる(責め立てられる)無意識の声を断ち切ることができません。

2020年1月14日 15:03

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

矛盾を受け入れ、自然を感じれば

拝読させていただきました、慈陽院の平本と申します。

ご質問ありがとうございます、無意識の声に悩まされてしまいお悩みになっているのですね。

まず心を豊かにする方法と社会を豊かにする方法は、相反しています。その中でも一番違うことは、欲望です。

社会を豊かにするには、欲望を肯定しないといけません。しかし心を豊かにするには、欲望を否定しないといけません。
そして大事なのは、どっちが正しいと思うことではありません。

「矛盾をどう受け入れるか」であると思います。

次に感覚に意識を向けることで、無意識な声をだんだん聞こえなくする方法を紹介したいと思います。

まず無意識の声が聞こえたら「考えずに、感じる!!」ことに意識を向けます。

そして五感で外の自然世界を感じるようにします。

朝日や夕日などの太陽の様子、空の様子や風の匂い、木々や草花や鳥の様子や気温を五感で感じて、ゆっくり深呼吸をします。そして美しい自然を見つけたら写真に収めるようにします。

また椅子などに座って目をつぶり、呼吸の流れを感じながら、ゆっくり吸って、ゆっくり吐いたりします。

人は、考えることで無意識の不安を生み出してしまいます。しかし感覚に意識が向いている感じをつかめると、思考が止まり不安や無意識な声も収まっていきます。

すぐに効果がでませんが、毎日行えばきっと効果がでると思います、よかったらお試しください。

またお悩みごとがありましたら、ご相談お待ちしています。

2020年1月14日 16:49
{{count}}
有り難し
おきもち

平本 優眞
横浜市神奈川区 東白楽の「倶生山 慈陽院 なごみ庵」という「浄土真宗」の小...

自分の中の魔羅と梵天

ご質問ありがとうございます。
うつからの復帰はなかなか難しいですね。
私が昔会社で働いていた時の多部署の上司もうつから復帰するのに2〜3年かかりました。
でも今では完全に復帰できているのであなたも希望を持ってくださいね。
ところで、頭の中で常に反論される様子ですがそれはお釈迦様も同じだったのです。
お釈迦様は頭の中で魔羅と梵天と自分の3人がよく討論していたようです。
最終的には自分が勝つのですけどね。
例えば伝統を守るかどうか。
守れるのなら守ればいいけど、変えないと守ることすらできないのなら変えるしかないですよね。
なら変える中でいかに伝統も残していけるかということを考える道もありますよね。
また、仲間の罪については法律的に罪ならやはり罰を受けないとなりません。被害者がいるのですから。その上でたとえ逮捕されたとしても仲間としてその後も支えてあげるのがいいと思いますよ。
ものごとはケースバイケースですからこういう時はこれという正解はありません。その都度違います。
迷った時はその都度、法律や道徳、仏教や信頼できる人の助言など参考にしつつ、最終的には自分で判断しましょうね。
無意識の声は魔羅や梵天という良き相談相手と思って、自分の考えをより広く深くする為に上手く付き合っていきましょうね。
時には梵天の意見のお陰で助かることもあるかもしれませんからね。
これからも慌てずに少しずつ心と体を回復させてくださいね。

2020年1月14日 17:06
{{count}}
有り難し
おきもち

私は浄土宗の坊さんです。 少しでも何か参考になればと思って回答しています...

質問者からのお礼

お忙しいなか、早々のご回答をいただき、ありがとうございます。
hasunohaのお陰で一人で頭でっかちに悶々と抱え込まずにすむことに救われました。
本当にありがとうございます。
 
ーーーーーーーーーーーーー
 
平本さま
 
>”まず心を豊かにする方法と社会を豊かにする方法は、相反しています。”
目から鱗です。(今ならそう思えます。)むしろ、他人を豊かにすることで自分の心が豊かになると信じてました。
今回の質問とは別に、”うまくいったなりの苦しみってあるよね”と思い始めていたところです。
この辺りの質問が自分なりに整理できたら、またご相談させてください。
 
>”「考えずに、感じる!!」”
考えよりも感覚を優先させた行動に対しての批判が多かったので、感じることに憶病になっていたかもしれません。
改めて五感で感じることと、ゆっくり息の流れを整えることを意識してみます。
 
ーーーーーーーーーーーーー
 
三宅さま
 
>”お釈迦様は頭の中で魔羅と梵天と自分の3人がよく討論していたようです。”
私の魔羅はあまりに高圧的で極端なことを言うので、なかなか討論を成立させるのが難しいと思っていました。
言い負かすだけなら簡単なのですが、言い負かす論調は対の極端になってしまうというか、結局のところ自分自身が消耗してしまいます。
ご回答をヒントに考えているうちに、「それは極端だよ!」を一言目にして会話すると、討論に持ち込めるかもしれないと思えてきました。あくまでも「極端」と言っているので魔羅を完全否定せずに済みます。
今はまだ梵天の姿を感じ取れていないのですが、実はhasunohaも梵天の一人であることに気づいてなかっただけかもと思えたりもします。

「うつ病・鬱の症状」問答一覧

いらない、とは?

重度鬱病を患っています。存在価値が分からなくなってしまいました。長文乱文すみません。 鬱病療養の為、今は無職です。 ですがこれ以上家族に迷惑をかけたくなかった為、就活や資格取得の勉強を開始しました。 その矢先に「新型ウイルス」が出てきました。 「家族を感染から守りたい。その為には情報を知らなければ対策を立てられない」 『情報=命綱』と感じたので自身の就活や勉強は後回しにして情報収集と共有に励みました。 国内外のニュースやSNSの確認。海外情報は翻訳&要約。それをノートに書き記したり、印刷していました。 これらをまとめて『対策ノート』を作りました。いつでも・誰でも・何度でも見ることが出来るように。 ※SNSやネットニュース、また海外ニュースやレポートは、情報が速いので積極的に目を通していました。 家族はネットや外国語が苦手なので、私がカバー出来ればと思い、チェックしていました。 ※収集した情報を基に、必要物資の買い出し等も行っていました(費用は自分の貯蓄を切り崩して捻出) このように防疫に努めていましたが、昨日家族から「もう情報いらない」とバッサリ言われました。更に「買い物も勝手にされると迷惑」という趣旨の話もされました。 独自に作成したノートについては「ありがたいし感謝してる。でももういらない」との事。 家族は私がノートに記した内容は目を通してくれていたようで、日常生活で注意すべき点は気を付けているようです。忙しい中ノートを読んでくれた事は感謝しています。 ですが「いらない」という言葉がグサリと刺さりました。 私が鬱病を発症した原因は学校と会社でのイジメとパワハラです。 その時「(私の存在が)いらない」と何度も言われ、無視されたり馬鹿にされたりしました。 なので「いらない」という言葉は私にとって重苦しいものになってしまいました。 今回家族から「いらない」という言葉を聞いて、どう接すれば良いか全く分からなくなりました。 鬱病を患ってから頭の回転が鈍くなりました(文字を読む、要約するといった作業が困難) でも少しでも防疫に役立てればと思い必死に取り組んだつもりでした。 だが家族には迷惑でしかなかった。何の役にも立てない私に存在価値はあるのだろうか。 鬱病の症状だと思うのですが『消えたい』と強く感じています。 私はもう「いらない」存在なのでしょうか。

有り難し有り難し 68
回答数回答 4

鬱の彼氏

初めて相談致します。長文になってしまいますがお許しください。 タイトルの通り、私の彼氏は鬱を患っています。付き合って半年ほどですが彼は出会った時から鬱で、鬱になった経緯を聞き、彼を支えていきたいと思い付き合い始めました。お互い結婚も意識しており、この春から同棲することになっております。しかし最近、本当に彼との将来を考えていいのだろうかと思うようになりました。というのも、将来を考える上でお互いのことを心から信用するために、お互い隠し事は無しにしたいと彼が言うので、私は本当は隠しておきたかった辛い過去の話をしました。ですがそれが彼の心に引っ掛かったらしく、事細かに質問してくるのですが、私はその質問に答えるために過去を思い出して辛い気持ちになります。時間をかけて彼の質問に一つ一つ答えても、彼は腑に落ちないと感じると納得できるまで質問してきます。しだいに口調も強く、責めるような話し方になります。彼はただ事実を知りたい気持ちで聞いているのでしょうが、私にとっては傷をえぐられているのと何ら変わりなく、辛くて胃が痛くなります。 さらに厄介なのが、一度納得したはずのことが何日か経つと、やっぱり納得できないと言われ、同じように何度も質問されることと、質問しているうちに彼自身が落ち込んでしまうことです。そうなると私は本当に心の余裕がなくなってしまい、右にも左にも行けない状態で、どうすればいいのかわからなくなります。最近は彼に対して恐怖心があり、彼からまた言葉で攻撃されるんじゃないかと思うようになりました。いっその事別れた方がお互いのためになるんじゃないかと考えたりもするのですが、鬱の人にこちらから離れるというのは見捨てるようで出来ません。できれば私は彼と将来一緒にいたいと思いますが、今後も過去のことを責め続けられるのかと思うと、今度は私が鬱になりそうで辛いです。今どうしたらいいのかわからずモヤモヤしています。ふとした時に涙が出て、胃も痛いです。私はどうすればいいのでしょうか。よろしければアドバイスをいただければと思います。よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 15
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る