hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

なぜオタクは差別されのでしょうか

回答数回答 5
有り難し有り難し 1168

先日、クラスメイトがオタクを差別するような発言をしていたのでこの質問をしました。

自分でオタクで、アニメやマンガ、二次元のキャラクターが大好きです。
学校でも友達とアニメの話をしたりします。

問題はその学校の昼休みに起きました。

校内放送でアニメソングが流れていたのですが、前にいたクラスメイトが

「なんでこんな曲流すの?本当に嫌。オタクとか気持ち悪いんだけど」

とオタクを差別するような発言したのです。
自分は知らんぷりしていましたが、心の中では怒りと悲しい思いでいました。

最近はオタク文化も世間に広がりつつあって周りの人達もあまり差別するような発言は言っていませんが、SNSなどではオタクを差別する文が多くあります。

確かにオタクは二次元が大好きでイレギュラーな存在かもしれませんが、それでも普通の人と同じように働いたり勉強したりしています。

オタクはこれからも差別され続けるのでしょうか。オタクが差別されるのは仕方の無い事なのでしょうか。

ご意見をお聞かせ下さい。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 5件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

『オタクだから』迫害されるのではない

オタクへの風当たりも厳しいですが、宗教への風当たりもなかなかのモンです。宗教やってる奴は心が弱いだの、気持ちが悪いだの、世襲で生まれた寺の子は本来存在すべきではなかっただの言いたい放題です。

でも、オタクや宗教だけじゃありませんやね。政治家ガー、公務員ガー、白い巨塔ガー、業界人ガー、社畜ガー、ニートガー、既得権益ガー、ベンチャーガー、老害ガー、最近の若者ガー、某国人ガー、本国人ガー、人種ガー、キノコガー、タケノコガー…。。。

ぶっちゃけ、人間はどこで何をやってても悪く言われます。やってなくても悪く言われます。逆に言えばアッチもコッチもディスらずにいられないのが人間の性(さが)なんです。心理学で言うとこの「内集団バイアス」(内集団びいき)をこじらせてしまいがちなのです。

戦争が無くならない理由だって、これだけである程度までは説明がついてしまうんじゃないでしょうかね。人類の心は「問題点を探す方向」ではなく、「寛容に向かう方向」に進まんとイカンのです。武田信玄も言っとります。「情けは味方、仇は敵なり」と。

でも、言うは易し。それができるなら人類は戦争を絶滅させとります。無くす努力は継続せねばなりませんが、迫害は無くなりません。一切皆苦です。だから腹くくって上手く立ち回りましょう。どーせオタク辞めたって何かしら迫害されるのです。

ディスる心は苦の輪廻を回します。ディスることをディスっても輪廻が回ります。だからオタクをディスる人をディスるのは愚かです。「犀の角のように独り歩け」
オタクを謳歌するのもなく、オタクをディスるのでもなく、ただ、目の前のオタクを全心全霊でやる。それだけです。それが中道です。苦を離れる道です。

{{count}}
有り難し
おきもち


曹洞宗副住職。タイ系上座部仏教短期出家(捨戒済み)。仮面系お坊さんYouT...
このお坊さんを応援する

オタクほど真っ直ぐなものはない。

きるさま、重ねて回答させていただきます。

オタクにはオタクにしかわからない世界がある。それこそがオタク自身のアイデンティティです。自信を持って突き進むべし。

オタクにもいろんなジャンルや分野がありますが。
それぞれ、共通するところは

「知らない人が入ってこれない、独特の感性や価値観、ワールドがある。」

これなくして、オタクは成り立たない。
ただ、オタクと呼ばれるまでには、それなりの知識や経験、人には理解されない投資があったりするわけで、それを下積みと考えれば、立派な努力の積み重ねの上のことだと思います。

世の中には、いろんな種類や考え方の人がいるのですが、「何かにハマれない」「私にはコレが有る。」と胸を張って言える人は少ない。だから差別というか、区別されてしまうのかもしれませんが、恐らくは、「何にハマるわけでもない方々。」からすれば「羨ましい限り。」羨望の眼差しですよ。

snowpeakというアウトドア用品の会社の社長さんは、自分たちは「変態」です。と仰っていた、キャンプを楽しむことばかり考え、何があったらキャンプが楽しくなるか、会社を上げて社員共々、日々仕事に向き合っているそうです。いつか、自分たちが、「社会のアウトサイダー、変態」から「社会のメイン」になる、くらいの意識があるそうですよ。

「変態」も「オタク」も実はどちらも「カリスマ性」を秘めているんですね。
そして、純粋で真っ直ぐな人にしかできない生き方です。

周りの反応や区別差別に対し、いいリアクションには感謝、罵詈雑言はスルーしておいてください。仲間もいるし、家族もいる。みんな同じ。オタクは一つの生き方です。社会や親しい人たちに大きな迷惑をかけない限り、真っ直ぐに取り組んでいってください、と、背中を押させていただきます。合掌

{{count}}
有り難し
おきもち


こんにちは。 埼玉県秩父市のお寺で住職をさせて頂いております、野村圭秀と...
このお坊さんを応援する

被害妄想じゃない?

きるさんへ

オタクの定義を理解していないので、ピント外れになるかも知れませんが・・・

それぞれの分野で特化する事をオタクというなら、
道を極める事をオタクというなら、
オタク道に専念される事は、素晴らしい事だと思います。

私の周りにも、アニメオタクの方や鉄道オタクの方がおられますが、皆それぞれに良い方ですし、自分の得意な事を語っている時の輝いた目を見ていると、時にはうらやましく思う事もあります(^^)
私自身の感覚では、オタクが差別されているように感じるのは、協調性の無い方が多いからではないでしょうか?

人それぞれに、趣味趣向に好き嫌いが出るのは致し方ない事。
嫌いな事を好きになれと言っても無理ですし、逆に、好きな事を嫌いになれも然り。

「なんでこんな曲流すの?本当に嫌。オタクとか気持ち悪いんだけど」は、趣味趣向が合わなかっただけで、率直な感想を述べただけだと思います。それを差別されてると感じるのは、被害妄想じゃないでしょうか?

{{count}}
有り難し
おきもち


昭和43年、奈良県葛城市生まれ。子授け寺浄願寺の住職、鷲尾隆仁。 日...
このお坊さんを応援する

差別はまず無くならない

相手との立ち位置を把握して見下したい、馬鹿にしたい、という人間の弱さがある限り差別をなくすことは何に対しての差別であれ、まず無理でしょう、非常に寂しいことですが。

さて、オタクへの差別ということですが虹オタであるとかアニオタであるとか車オタであるとか、そういったオタクに対して非難、差別をする方というのは総じて「それをよく知らない人」、「興味が無い人」であります。
「自分の理解できない世界」であるからそれを認めたくなくて非難するわけです。

私も昔は隠していましたが大人になれば隠すのが面倒になったのでもう思い切り晒しておりますが。
hasunohaでアニオタ僧侶くらいの位置を確立させてやろうかと前面に押し出してるくらいですから。
どうしても子供のうちは受け入れられないことに対して非難をする輩が一定数は存在します、大人になっても一定数存在はしますがある程度理解がある方も昨今では増えてますのでもう少しだけ辛抱しておいてくださいね。

たとえば最近だとおそ松クラスタですか、イチカラとか、あまり腐った方面は詳しくはないのですが腐っている方々への差別の目線はそれなりにありますよね
そしてイチカラAVが出たことで今度は同性愛の方への差別発言なども出てましたね、差別はなくなりません、そしてマイナーな文化や少数派において差別はされ続けます、なんと悲しいことでしょうか、人間とは非常に。
ですので今アニオタとして差別をされていようがあまり気になさらないでください、世界は差別で溢れています

趣味なんざ人に迷惑かけなきゃいいんだってばよ、迷惑かけたらとやかく言われて当然だけども、その場合は差別だなんだと言うな、と。
先日のサンキューマート事変的な、あれはいけない
迷惑かけた奴のせいで他の同じジャンルの優良なオタクまで被害こうむるのは辛いことではありますが。

まぁ何にせよ大人になった頃には少し今より質問者様が差別されていると感じることは減るとは思いますよ、堪えてくださいね。

どうでもいいけど今期このすばがダークーホース過ぎてびっくりしてんだよね、ラノベアニメ避けてたんだけどこれは超面白いわ

{{count}}
有り難し
おきもち


男はすべからく

オタクで宜しいのだよ。 須らく…べし、の構文だな。
彼はきっとね、「オタク」という言葉の意味をよく知らないのだよ。いい加減なイメージのままで使っているのだよ。
その割に君が過剰反応してしまうのは、何か自信がないからだろう?学生であれば、勉強か彼女だな。趣味というかそういうのに没頭して、勉強をサボってしまったり、その自分への罪悪感が潜んでいるような気がするけれど、思い当たるかな?

{{count}}
有り難し
おきもち


一般大学(一般的でもないが…)から大正大学の史学コースへ。そののちお寺。坊...
このお坊さんを応援する

「世の中・社会のできごと・風潮」問答一覧

AIの台頭、自我の喪失

今 悩んでいるのは最先端技術、AI (人工知能) や VR (仮想現実) の事です。そしてそれを取り巻く社会全体のことです。 . 今 SNS などで話題になっている一つ、"AIアート"によって、芸術界隈は炎上しています。AIは今や、技術的にプロ級の絵を誰でも精製できるまでに進化しているので、人間の商業アーティストは需要が激減すると心配されています。絵を描く、という文化も衰退するでしょう。 私は趣味人ですが、幼少から今まで、絵に人生を捧げてきました。障害がある自分に与えられた数少ない得意分野だったので、絵を一つの主軸に人生に価値を紡いできました。 しかし今、その軸が折れたような気持ちになっています。誰でも簡単に絵を精製できるのなら、もう人間の手仕事は必要ない未来を予感しているからです。持って生まれた才能も、何の有利にもならなくなる。 私は絵を描くこと自体が楽しくて好きですが、やっぱり描いた以上ひとに認められたいし同じものが好きな人同士栄えあいたいです。でもAIが芸術活動を自動化、大量生産化できるのなら、創作活動の価値や尊厳が大幅に削がれると予感しています。 私の今までの人生なんだったんだと、無気力になるし、未来が恐ろしいです。 . 今は色んな分野で歴史の転換点なんだと、デジタルテクノロジーの時代なんだと分かっているけど、希望を持って受け入れられません。新しいものが出る度に、自分の習慣や生きる軸が崩されるのではないかと強く不安になるし、人間の人格や文化がどんどんAIに移行していったら人間とは何なのか、アイデンティティを見失う気がするのです。 もともと流行りものなどを楽しめず、むしろ不安しか感じないタイプなので、これからどんどん新しい世界になっていく度に不安に苦しまなければならないのかと戦慄しています。 自分が時代に合わないなら、これ以上世界が変わる前に死んだ方がいいのかとさえ思います。もともと希死念慮が強いほうで、それでも自分に出来る楽しみを続けてきたのに、新しい変化にすぐ覆されて、動揺させられて、でも適応していかないと認められない。でも食らいついていく気概も前向きさにも欠けている。 自分の遺伝子の生き残り力の限界なのでしょうか。

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

冷たい日本の世の中について

気持ちが収まらないので、こちらでお話させてください。 今日母と一緒に出かけていて、帰宅する電車の中でのことです。席が空いていなかったので、母と対面に座っていましたが、私の隣が空いたのでこちらに母が移動した直後、対面に座っていた女性がとつぜん脳の発作か(てんかんかもしれませんが)何かで倒れて、もがき暴れだしました。床に倒れて何か呻きながら頭も抑えていました。何かに取り憑かれたみたいに振り払う様子もありました。 救急車をと思いましたが、電車だったのを思い出し、非常ボタンを探しました。その間、周りの人は誰も何も動かないのです。電車は混んでいて立っている人は少なかったですが、ほぼ満席でした。きっと何十人も同じ車両にいたのに、誰も…です。母と非常ボタン押してくださいと周りの人に大きな声で叫びましたが、みんな唖然とするだけだったので、ようやく見つけたのを自分で押しました。振り返ると倒れていた人は発作が収まったのかヨロヨロと立ち上がり座っていたところに戻りました。 そのあとも、誰も声をかけることなく、私たちは次の駅でその人に、降りないで大丈夫か聞いたあと駆けつけてくれた車掌さんに事情を説明して降りました。 母と帰りながら、なんと恐ろしい世の中なんだと話ながら帰りました。 みんな、電車に乗るとスマホを見つめ続け倒れて苦しんでいる人がいても何も助けようとしない。 私のプロフィール見て頂いてるお坊さんにはわかると思いますが、娘がいなくなってしまったのはこんな世の中だったからなのかと思うと、これから自分が生きていくのも本当に怖いです。 電車を降りてからも、怖くてしばらく手の震えが止まりませんでした。 質問にはなっていませんが、ご意見が聞きたいです。よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

これが私の真の悩みです

高校時代からの悩みですが、スケールのデカいどうしようもない悩みなので憂鬱になり、ほかのどうでもいい悩みまで付いて回っていました この悩み以外は茶番なきがします 何かというとこの国は生き残るために必要な諜報機関やスパイへの対処、危機感への理解など足りていないことが多すぎることに長年絶望しています 原因は敗戦によるものですが、西郷隆盛、山岡鉄舟等過去の先祖が築き上げた精神性やいい面をアメクソ含め向こうの都合で否定され続け、今もなお土地や国益 をむさぼられている現状に怒りがわいております 海外の掲示板では日本に核を100発落とすべきだっただの背景も知らずただ表面で二元論で語る無知な外人とそれに乗っかる日本のメディアに殺意が抑えられません 何より許せないのは日本の言い分を我々が知らないことはおろか主張しないこと 例えば日本はアジアに攻め入った それを連合国は止めた正義側である というのを馬鹿どもは鵜呑みにし続けていませんか 戦前のアジアは白人のもので管理主のイギリスなどに攻め行った が正しいでしょうなぜ最初からアジアが独立している前提なんだと 学生のころから世の中のおかしさに気づいてしまいました あれから何年もたちましたが一向に改善しない世の中、何となくで仕事をしない政治家を脅かすことを私は遠い先確実にするでしょう  そのために生まれた気がします そうする未来を考えると心が躍ってしまうのです どうすればもっと狂えますか 世の中をかき乱せますか 

有り難し有り難し 19
回答数回答 2

茹でガエルか地球のがん細胞でしかない

社会不信の塊です。 地球環境のためにも人類は即刻滅びるべき、としか思えません。 何をしたって気づいた時には全てが手遅れになっている茹でガエルになる未来しか見えないとずっと感じてきました。 自分の力も人間の力も信じていませんし、上位存在がこの世界を調整してくれるわけでもない。つまり、この地球は人間が食い潰して終わるしかありません。それを防ぐために人類滅亡を唱えるべきはずの権力者が、私利私欲の筆頭に立っているのだから始末に追えません。 私自身の人格が終わっているのはもうご承知のことと思います。なので私の人生ももう終わっています。ずっと、「辛いから死にたい」だけでなく「コイツ、いなくなればいいのに」「死ねばいいのに」という、普通の人が他人に対して軽率に向ける殺意を自分自身に向けてきました。自分を大事にすること、自分を満たすことを自分にも他人にも許しません。 生きていることそのものが何かの間違いであり思い上がりとしか感じられません。生き物は本能のために暴力を振るわざるをえない、他者を迫害することに快楽を覚える器官を持って生まれるものですから、生命があることそのものが世界の害悪としか考えられません。 私が他人の話を聞けないのは、私の話が聞かれないことが長い間当たり前すぎて、聞いてもらいたい欲が異常に膨張しているせいです。 そして、聞いてもらえるような話し方も価値のある話も持っていないから、この世界に私が生きて良い場所なんてありません。 この世界がもっと良いものだったら私だってこんな腐った脳みそしてません。けれどこの世界が良いものでないという事実がこうさせるのです。そんなことをいくら言おうが、また他人のせいにして、と私の人格的価値が低いことの証明以外にならない虚しさを繰り返してきました。私が速やかに死んだほうがいい人格をしているのは私が一番知っています。「そうです、私が悪かったです」以外の返事を許されませんでした。納得することを許されませんでした。私よりも世間体の方がずっと大事だという事実を幼い頃から突きつけられて育ちました。個より全が大事だと染み込まされて育ったから、誰もが幸せになろうと苦しむこの世界が理解できません。苦しいなら死ねる世界を作るほうが大事なのではないでしょうか。 人間だろうと動物だろうと苦しみから逃れられないから、私は生命であることを拒否したいのです。

有り難し有り難し 18
回答数回答 2

世の中どうかしている

昔から変なやつに絡まれます。 子供の頃プールで遊びに出かけた時にデカい浮き輪に乗って滑れるスライダーがあったのですがそれが人気で並ばないといけないものでした。 看板があったのでそこで待っていると次々と滑ってくる人たちがこちらを無視して何度も遊んでいました。 近くに係員もおらず、ずっと待たされていると滑っていた子が文句をいってきました。(昔のことなのでわすれました) それでも並んでいましたが誰も渡してくれずあきらめて家族の元へ戻りました。 そのあとそれを見ていた他の大人の人が親切にもわざわざやってきてくださって「浮き輪に先に乗るかい?」と言いに来てくれました。 もう帰りたかったので断り、しばらくしてプールを出ると文句を言ってきた子が待っていて俺に文句をいってきました。 「お前のせいで怒られた」と。 こちらは、プールにあった看板どうりに行動しただけであって文句を言われる筋合いはないと反論しました。 言い争いになり相手が何も言わなくなりました。 待っていると当時滑っていたであろう家族と子供たちがいました。 俺はみんなから責め立てられました。 納得がいかずますます腹がたってきました。 しかし早く帰りたかったので相手の要求をのみ責任をとり謝罪しても相手の子は黙ったままでした。 あとでわかるのですが、俺が言っていることを自分たちが言っているようになるように策略を考えていたようで、合法的に俺が悪くなるように話を進めていたのでした。 相手ての言い分だと俺が反論したときにバカにしてきたので「それじゃ謝れない」とのことでした。 どう考えても俺が待っているときに相手が嫌がらせしてきたのが悪いのになぜこちらが下手にでてまで丁寧な対応をしなければならないのか理解できませんでした。 奴とはそれっきりですがその後の人生でもこんな奴らによく絡まれるようになりそのたびに理不尽にも謝らされ責任を取らされました。 嫌な奴等の記憶が強制的に思い出され毎日苦しんでいます。 今後こんな奴らにまた出くわしたらどのように対処したらいいでしょうか? 自分から嫌な奴を引き寄せる雰囲気でもあるのでしょうか? 普通に生きられるようになるにはどうしたらいいでしょうか? 長くなってしまいましたが、よろしくお願いします。

有り難し有り難し 32
回答数回答 2

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ