hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
hasunohaオンライン個別相談開始!

お花やお供えをする意味は?

回答数回答 1
有り難し有り難し 15

お世話になります。

お墓や仏壇などにお花やお菓子などそえたりしてましたが、、

お花が枯れたままだったり、何もそえなかったりとしてるとこもあります。

故人が好きなものをそえるのは、食べてくれたりしてくれてるものでしょうか?

お花をたくさんそえた事で、魂の周りは明るく温かく包まれるという事でしょうか?

2020年1月29日 9:16

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

視点の転換~「私→亡き人」から「仏様(亡き人)→私」へ

ご相談拝読しました。

お仏壇のお世話を「お給仕(きゅうじ)」や「お荘厳(しょうごん)」といいます。

「お給仕」とは「仏様に仕えること」、「お荘厳」とは「仏様の世界を表すようにお飾りすること」です。

つまり、私がお世話しているのですが、それがそのまま仏様から私への教えのメッセージとなっているのです。

だからお花でもなんでもこちらを向けてお飾りするでしょう?こちらが仏様に差し上げるものでなく、仏様からいただくものなのですね。

お花は仏様の慈悲を表すといわれます。単純にみてパッと美しい。もうその一瞬が仏様の世界です。
そしてよく見ると赤い花は赤く輝き、黄色い花は黄色く輝く。みんなその色そのままに輝き、競うことなく調和している。やはり仏様の世界です。
でも、花を活けるのに根切りしますから自然そのままに咲く花よりは持ちません。それがまた諸行無常の命を表しますし、また、いつまでも枯れない造花であれば飽きてお飾りを怠ってしまう人間のあり方にも沿ってくださっています。

お花一つとっても色々な仏様からのメッセージがあるのですね。

「でも正直私は仏様なんかよりも大事な亡き人にお供えを…」

というのが本音かもしれません。それも大事な亡き人からのメッセージです。とても仏様の教えになど目の向かない私たちに、どうか仏様の教えに出遇ってほしいと願いをかけてはたらいてくださるのです。

その姿がそのまま私たちにとっての仏様なのです。亡き人が死んで自動的に仏様になるのではありません。
残された人がその命の終わりを通して伝えてくれる大事な教えを受け止めた時に、「ああ、亡き人は私にとっての仏様なのだ」と受け止められるのです。

その受け止めのところにはもう亡き人がどこかで迷ったり苦しんだりしているのではないか?という思いは薄らいでいくでしょう。

むしろ迷い苦しむこの私をこそ、本当に大事な仏様の教えに出遇わせようとはたらいてくださる仏様。それが亡き人との出会い直しなのです。

その仏様に敬意を示してお供えするのがお菓子などのお供え物です。亡き人や仏様が食べるわけではありません。
敬意からお供えし、そしてお下がりを私たちがいただくのです。

お仏壇は仏様の世界。亡き人は仏様と私の橋渡し役までしてくださる仏様の一人です。
亡き人を思う気持ちがそのまま亡き人からの促しなのです。

2020年1月29日 10:46
{{count}}
有り難し
おきもち

はじめまして。 北海道の道南地区にある若松という農村のお寺に所属しており...

「供養全般」問答一覧

直接知らない方のお位牌のご供養や保管

高齢の祖父と相談が難しいため、お力添えをお願い致します。 祖父には、昭和初期に亡くなった奥様がいらっしゃいます。奥様の故郷やご遺族の連絡先もわかりません。 複雑で、分かりづらい説明になることをご容赦ください。 先日引越しにあたり、その奥様(以下、先妻とします)のお位牌が出てきました。 私の母(祖父の後妻(私の祖母で既に亡くなっています)の娘)は、祖父方の親戚に辛くあたられていた過去があり、その中には先妻を理由とした苦しみもあったそうです。 ですので、母はあまりお位牌を手元に置きたくない(置いていても大切にできる気がしない)ということで、私の手元にやってきました。 先妻の方には息子(母の腹違いの兄)が一人いるそうですが、そちらも行方しれずで私も探すことができません。 機会があるとすれば、祖父が亡くなる時に戸籍等を辿って連絡できるかもしれない…程度ののぞみです。 そこで顔も知らない私ですが、若くして苦労なさり亡くなった先妻さまのお位牌を見ると不思議と涙が出て、大切に供養したいと思うのです。 当然ながら、先妻の息子さんが見つかればお渡ししようと思っております。 それまでの期間、私のような縁もゆかりも無い人間が仏壇もない自宅に安置してお位牌に手を合わせるのは良いことなのでしょうか。 もしかしたら先妻の息子さんもかなり苦労なさったそうなので断られるやもしれません。 そうなれば、どこかお寺さんに相談して供養をお願いしようと思います。 長くなりましたが、ご意見を頂きたいのは、これからの数年先妻さまのお位牌を私が預かって手を合わせることは良いことなのか。 それから最終的に、宗派もわからず檀家でもないお位牌をお寺さんに供養して頂くことができるのか、ということです。 非常にわかりづらい内容ですし私の独りよがりな考えです。 どのようなお叱りでも構いません。お坊様方のご意見をお願い致します。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る