hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

取り付かれた?と思うことがたまにあります。

回答数回答 2
有り難し有り難し 19

こんにちは、よろしければご意見を聞かせてください。

たまにですが、自分ではない人格が出てきたように感じることがあります。

例えば、何年か前、彼氏ができたときには、まるで自分ではないかのような言葉遣いで、性的な発言をたくさんしていたようです。
「していたようです」というのは、ほとんど自覚がなく、すぐ忘れてしまって、
「そういう言葉を遣ってほしくなかった」
と、後で言われた時気づいたものです。
私は、そういえばそんなことあったっけ…くらいでしたし、私がそんな言葉を遣ったことに、後々驚愕でした。

また、習い事の先生を好きになったかのように感じたことがありました。
が、それは2週間ほどで消えました。

その時は、もう少しで先生に告白してしまいそうになっていたのですが、
雰囲気によってはやめておこうと思っていて、実行されなかったのです。
その直後、「あれ、全然好きではなかったな…何だったんだろう
?」と思いました。

つまり、「あれは誰の感情だったの?」と思うことがたまにあるんです。
そういう感情に振り回されることが、たまにあるんです。

レッスン室にゴーストでもいたのかしら?と思ってしまったくらいだったのですが、そういうことってあるのでしょうか?

それとも、すべて自分の持っていた性質が何かのきっかけに出てきただけでしょうか?


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

外から要求された自分であろうとしない

(♯'ω'♯)こんにちは。皆さん新着質問を先に答えられている所を見ると答えづらいようですのでアダルト部門担当?の私の出番ですか。
性的な♡発言が無自覚にポロリしてしまうとのことですが、まず、そもそも、大きな本屋に行けば男女問わずアダルト♡コーナーはあります。だれでも脳内に性的な事に関する情報はそこそこ蓄積されているのは自然なことではあります。
中村うさぎさん、岩井志麻子さん、檀蜜さんの如く公然の場で呼吸をするかのようにシーモネーターを連発するほどの境地に至れば話は別ですが、状況によってはセクハラにもなりかねませんので、オフィシャルな場では慎み、控えるべきものです。
ですが、たまさんは自覚がないとのこと。
臓器移植を受けた方は自分に自覚のない人格が現れるというケースはある様です。
おそらく推論ですが、単に過度に自分の感情を抑圧し続けたことがあったのではないでしょうか。
深層心理、潜在意識には日頃抑え込まれている感情が眠っています。
・外から要求された自分を演じ続けてきた。
・無理してイイ子ちゃんであり続けてきた。
・自分が欲する何かを禁止してきた、されてきたことがあったり、
無理して人サマの前で自分本来の自分らしさを抑えこんでいたことはありませんでしたか?
❝過度に❞自分を抑圧してこなかったかどうか?していないかどうかを振り返ってチェックしてみてください。
もし、そうであった、そうでなかったにせよ、今後は日ごろから自分に嘘をつかない、無理しない、我慢し過ぎない生活をすることをお勧めします。
ある俳優は役柄を演じることばかりで自分本来の自分らしさが何であるかが分からなくなってしまった、といいます。
和尚の世界でも、なりたくもなかった和尚であろうとする自分に無理があり、ぼかーんと爆発してしまった人もいます。
自然の中で自分らしく生活をする事で自分を取り戻せる、と言います。
抑圧、演じる事、イイ人であろうとする事、自分がしたいことを過度に抑え込んできたことの反発として甘えられる相手、そのままの自分でいられる相手の前で、抑圧していた気持ちが少しずつ、現れただけ、自分が自分を開放したがっていた、と捉えられてはいかがでしょうか?

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


丹下覚元(たんげかくげん)
かくげん和尚の電話おなやみ相談  📞08020659278 そのモ...

心の問題

たま様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「取り憑き」、「憑依」や「霊感」に関連することにつきましては、下記の問いの拙回答にても少し扱わせて頂いております。

問い「取り憑かれている人」
http://hasunoha.jp/questions/126

正直、「憑依」や「霊感」に関することは、宗教的な面から捉えようとして考えますと、その根拠や論証の曖昧さが生じてしまうため、非常に難しい問題を孕むこととなります・・

そのため、「憑依」・「霊感」云々は別として、心の問題が内面において控えている場合もありますので、心療カウンセリングやメンタルケアを受けられてみることも、もしか致しますと解決へと向けた一つの有効なことになる場合もあるかと存じております。

もちろん、例えば、それを一律に何か「○○障がい」、「パーソナリティ障がい」、「人格障がい」と断定的に言ってしまいますと、誠に配慮に欠けるものとなり、当然にご批判もあるかとは存じますので、下記ウィキペディアの説明( http://ja.wikipedia.org/wiki/パーソナリティ障害 )における概要にございますように、治療とコミュニケーションに役立てるための一つの位置付けであるとして、前向きに捉えて、改善へ向けて積極的に取り組むことが望まれるのではないかと存じております。

また、障がいの有無に関係なく、同じく概要に書かれていますように、100人いれば100通りの色々な問題があるというのは、誠にその通りであり、私たちの心は非常に複雑かつ繊細、思うようにはなかなかならないものでございます。

皆一様に、生きていく上で色々な悩み苦しみがあるかと存じます。それをこれは「障がい」、これは「障がいではない」と決めつけてしまうのではなくて、その心のありようを改善させて、成長させていくことにより、悩み苦しみを解決させて、より良く幸せに過ごすことができるようにとして調えていくことが大切なのではないかと存じております。その一つとして、心の問題を扱う仏教は大いに役立つのではないかと手前味噌ながらにもその学びを推奨させて頂く次第でございます。

是非、仏教の学びも進めて頂きまして、たま様の悩み苦しみが少しでも無くなって参りますことを心から祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


川口 英俊
チベット仏教 ツォンカパ大師中観思想・後期二諦説の研究

「不思議なできごと・夢を見た」問答一覧

戦争のグロい写真や作品が観たくなる

私は小さい頃から家族に戦争の真実を知る為にと戦争作品を観させられていました。 怖くて何度もうなされたりしていました。 しかし、大人になってからも積極的に作品や写真などを観ていました。 私は戦争の歴史や偉い人の事より、市井の人々がどんな状況だったのかに興味があります。 家族で、当時の人々の気持ちを考えたり、自分だったらどうしたか?などを語り合っていました。 特に満州にいた人の話に強く関心があり、体験談を読んだり、当時の写真をみては、何故か胸が締め付けられるような懐かしさを感じていました。 また霊感か? 新幹線で知らずに戦場の跡地を通過した時に戦の映像が頭に浮かび、調べたら実際に戦地だったり。 寝ている時に頭上にB29が来て、機銃掃射をされる夢を見たので調べたら、空襲で焼け野原になっている地域だったり。 原爆ドームでは見られている感じと、真実を知って言って欲しいと言われた気がしました。 沖縄では戦地には行っていないものの、亡くなられた方をみたこともあります。 精神疾患で寝たきりになった時、凄惨な遺体の写真が頭に浮かんだり、亡くなった方が生きて動いている妄想に悩まされました。 それ以降はみないようにしていたのですが、いわゆる原爆の日や終戦記念日以外の時期、オールシーズン、戦争作品や写真などを観たくなり抑えられません。 最近では、よりグロテスクな物をみたいという最低な衝動にかられて苦しいです。 お坊さんにお聞きしたいのは4つです。 1.亡くなられた方の想いとは? 夫は自分だったら同情されたり、可哀想と思われたくないと言います。 ひとりひとり違うとは思いますが、無念だったり、平和が続くように願っているのではないでしょうか? 2.供養の仕方 今まで真実を知ること、気持ちを考える事が一番の供養だと思っていましたが、最近は資料館などに寄付もさせてもらっています。 他にできることはありますか? 3.グロテスクな物をみたい衝動は何故起きるのでしょうか? 後で思い出して怖くなるのだから抑えたいのに無理です。抑える為の心構えを教えてください。 医者では服薬以外の対処法がないみたいなので。 4.前世の記憶の可能性? 懐かしく感じたり、興味を持つのは前世でその当時に生きていたからでしょうか? たくさん質問してすみません。 ご冥福と恒久平和を願う気持ちはあります。

有り難し有り難し 11
回答数回答 2

不思議な夢と越法罪について

こんにちは。私は色々自分の中で整理ができなかったので質問させていただきます。 去年の4月頃、当時の私はコロナやこれからの事など色々な不安なことがいっぺんに来て心を病んでいました。本当に先も見えない日々で私は、ふと十数年前に見た何かの雑誌の特集の守本尊を思い出し、わらにもすがる気持ちで阿弥陀如来様の真言を唱えました。すると、数日の間に夢に阿弥陀如来様が出てきました。(夢の内容は長くなってしまうので割愛しますが、怖い印象の夢ではなかったです。) とても偶然には思えなかった私は、ネットで色々とどんな神様か改めて調べていました。すると、あるサイトで真言と一緒に印も掲載されていて、迂闊だった私は一緒に印も結ばないといけないと早とちりをしてしまいそこから真言と印を結んでました。 つい先日に、越法罪の存在を知りそれは越法罪にあたるのではないかと、だとしたら自分はなんて愚かで軽率なことをしてしまったと後悔しており、深く悩んでしまうようになりました。また、初めて印を結んだ時から大分時間がたってしまっていたこともあり、記憶も曖昧になってもしかしたら印を結んだ事で夢に出てこられたのではそうすると、ヤバいことをしてしまったのではと段々思考もエスカレートしてしまい自分でもよくわからない状況になってきています。  このような場合は越法罪に当たるのでしょうか?  もしそうだった場合どうすればよいのでしょうか 拙い文章で申し訳ないですが御回答をいただけたらと思います。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

母が亡くなった時の出来事はあり得ない?

2月15日に最愛の母が74歳で亡くなりました。 弱った身体に追い打ちをかけるように病気が増え、 半年間の壮絶な入院生活でしたが、母は本当に頑張ってくれました。 母が亡くなった日の夜中、実家でぼーっとしていると 突然電子音のような音が短く聞こえました。 葬儀場の安置室に居る時、小さくチンとおりんのような音がしました。 通夜が終わり母のお棺の側にずっと居たのですが、 突然プロジェクターが光り、母の遺影の上辺りを照らしました。 「斎場のサプライズでスクリーンで何か映すの?!」と思い、 天井に取り付けてあるスクリーンを見たり、 プロジェクターと青い光が当たってる部分を交互に見てました。 5秒くらい?で光が消えました。 もちろん斎場は真夜中にいきなりそんな事するわけなく。 お経をあげて下さったお坊さんに話しましたら、 『仏教には非科学的な事はありません』と言われ。 そうだよね・・・と思いつつも、 マスクをしてるのに突然はっきり線香の匂いを感じる事があります。 側に居てほしいと願い過ぎて、私がおかしくなったのでしょうか。 何年も闘病して苦しんだ母には 苦痛がない極楽でご先祖様と一緒に最高に幸せでいて欲しい。 朝晩、南無阿弥陀仏を十回お称えしています。 でも私の側にいつも一緒に居て欲しい。 わたしがいつまでもそう思っていると、 私のせいで母は極楽で幸せになれないのでしょうか。 私がずっと側に居たのに、母を助けられなかった。 母に『絶対にこのまま死なさないから!』と言ったのに。 私がもっと早くもっと詳しく、母の病気を調べていたら 母は今も生きていたかもしれない。 時々、母のお世話が大変だと思ったりしてしまった。 そんな事ばかり考えているから不思議な現象が起きるのですかね・・ 私がおかしくなって幻聴幻覚なのでしょうか。 母が『ここは最高だよ!お母さんすごく幸せだから心配しないでいいよ!』 とか言って出て来てくれたら良いのに・・・と思ってばかりいます。

有り難し有り難し 14
回答数回答 1

不思議な出来事の意味を教えて下さい

こんばんは。 よろしくお願い致します。 今日は不思議な出来事だらけでした。 行ったことのない神社の階段を下った直後に左足がガクガク痙攣した夢を見て目が覚めました。 起きた直後も痙攣していましたが、再び目をつぶりました。 今度は眠ってはいませんでしたが目を閉じているのに全く同じ映像が見えて、また左足が痙攣しました。 驚いて目を開けましたが、何故かそのまま目を閉じました。 今度は自分のスマホで何かを検索している映像が見えました。 その後、隔週で行っている父方のお墓参りに父と行きました。 普段はお墓の前で手を合わせると手と頭が少し前後に揺れるのですが、今回は初めて何もなく驚きでした。 いつも起きていることが普通ではないのでしょうが、慣れている僕には何もないことが普通ではありませんでした。 帰宅後に考えごとを楽しんでいたら、突然強い睡魔と頭痛に襲われて眠りにつきました。 また夢を見ました。 知らない人(?)に笑顔で強く肩を叩かれました。 自分より若いであろう男の子でした。 起きたら左肩に痛みに近い感触がありました。 直後に小学時代からの親友から電話があり、飲みに誘われました。 普段は断っても無理やりに連れ出されるのですが、今日は素直に引き下がってくれました。 少し雑談をしていたのですが、普段は「○○○をしろ。」と説教されてしまうことが多いのですが今日は「✕✕✕をするな。好きなことだけをしろ。」と言われ、違和感を感じつつも電話を切りました。 しばらく頭痛はひどかったのですが、突然治ったと思ったら視界が明るく感じ、1人で部屋にいるのに周囲から視線を感じます。 しかし怖くはなく、何故か安心します。 特に頭上からの視線には両親以上の愛情(?)を感じます。 また寒気のような感覚があるのですが、体調不良のようなものではなく温かい寒気のような感覚です。 僕はこういった不思議な体験は元々疑ってはいませんでしたが、心のどこかで(自分は体験することはないだろう。体験した人も少し大袈裟な表現をなさっているのではないか。)と考えていました。 体験してわかりました。 不思議なことはあるのですね。 差し支えなければ、このできごとの意味を教えて頂きたいです。 よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 8
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る