hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

灌仏会について

回答数回答 3
有り難し有り難し 25

今日灌仏会なので、甘茶をかけに行きたかったのですが、久々の学校で疲れてしまったのと、もう夕方なのでお茶をかけにいくのは難しいです、ですが、せっかくの灌仏会なので何か他の方法で灌仏会をお祝いしたいです、何か方法はありますか?

2020年4月8日 16:22

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

きっとくる来年のそのときまで。

ひとつの意見として
どうかお聞きください。

今日はお釈迦さまの誕生日。
なぜ甘茶をかけるかご存知ですか?

それはお釈迦さまがお生まれになったとき
龍神が大喜びで甘露の雨を降らせたという伝説に
ならっています。
灌仏は甘茶をもって“甘露の雨”にかえているのですね。

龍(竜)というのは西洋では退治すべき魔物とされることが多いですが
東洋では専ら、『水』を司り、法や教えを護り、人々の暮らしの安寧を護る
神様として崇められています。

そんな気位の高い神様が
お釈迦さまの誕生をとても喜んだのです。

「お誕生日おめでとう」と。

そうすると
お誕生日を祝う方法は
なんでもいいんですね。

祝いたいと思う気持ちが
すなわち“甘露の雨”なんです。

義務でもなんでもない
気兼ねも何もいらない
純粋に祝いたいという気持ちがあるなら
それをお釈迦さまに向けて贈りましょう。

お釈迦さまは
“仏法”という名の贈り物をくださった。

じつは至ってシンプルな贈り物。
「喜ぶ気持ち」(龍神さんでいえば甘露の雨)そのものなんです。

どうかそれを大事にして
日々をお過ごしいただきたいです。

それがすなわちお釈迦さまへのお祝いになります。

来年また灌仏会が来ると思います。
きっとくる来年のそのとき
またあらためて
ぜひ“甘露の雨”を降らせてください。

                    灌浴如来浄法身 合掌

2020年4月8日 18:31
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


koubun
Buddhism. knowing what it actually i...

こっちの事をきちんとする

 「灌仏会」なんて難しい言葉をよくご存じですね。
 うっかり忘れちゃっている人や、そもそも知らない人がいる中で、あなたはしっかりと覚えていて気にしてくださっていた事に、私はうれしいなぁと思いました。
 知らない人のために少し説明しますと、「灌仏会(かんぶつえ)」とは4月8日のお釈迦さまの誕生日をおいわいする儀式の事です。お釈迦さま御誕生の像(誕生仏)に甘茶を灌(そそ)ぐことから「灌仏会」といいます。「花まつり」ともいいます。

 ヒマラヤの山の南のふもと、カピラ国のスッドーダナ王の后、マーヤー夫人が、4月8日の朝、ルンビニーの花園で、王子をお産みになりました。この王子を「シッダールタ」とおよびすることになりました。この王子がお釈迦さまであります。
 お釈迦さまはお生まれになると、七歩あるかれ右手で天を、左手で地を指さして、「天上天下(てんじょうてんげ)、唯我独尊(ゆいがどくそん)」と叫んだといわれます。「この世の中で我が一番尊い」という意味です。この「我」とは、いのちあるものすべてをさします。一人ひとりの命の存在がいかに尊いかを表現しているのです。各お寺では、お釈迦さまのお誕生日をお祝いするため、花御堂をかざり、お誕生のお姿を安置して甘茶をかけお祝いする灌仏会(花まつり)を行っています。甘茶をかけることは、お釈迦さまが、ご誕生のとき、雨の神の竜王が、甘露の雨を降らしてお釈迦さまのおからだを浄めたといういい伝えによるものであります。

 さて、あなたはご事情があって、今日はこの灌仏会に参加できなかったとの事ですが、大切な事は、そっちではなく、あなた自身の事だと思います。お釈迦さまのお誕生日をひとつの機会として、お釈迦さまの教えをしっかり学び、守ろうと心を新たにする日だと考えると良いと思います。

2020年4月8日 18:30
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


・曹洞宗/静岡県/50代 ※質問の答えについて、話の大筋は変えませんが、...

仏弟子になることが、お釈迦様が喜ぶこと。

お釈迦様をお祝いし感謝申したいなら
その日だけにこだわる必要はありません。
常にお釈迦様のことを想い
仏教徒としての立ち居振る舞いを心掛けてください。

御縁のあるお寺様で受式して
法名(戒名・法号)を頂くのもアリかと思います。

2020年4月9日 11:46
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


和田隆恩
 1967年京都市生まれ。山形大学理学部卒業後、証券会社で勤務。30歳で脱...

質問者からのお礼

回答ありがとうございます
お釈迦様の教えを学び、信じることを大切にしたいと思いました。ありがとうございます
回答ありがとうございます
喜ぶ気持ちを大切にしたいと思いました。ありがとうございます。

回答ありがとうございます、仏教徒としての立ち振舞いをしっかりしたいなと思いました、また是非法名欲しいなと思いました。

「お寺に参拝・訪問」問答一覧

安井金比羅宮でのお願い

去年の夏頃、京都の安井金比羅宮で お願いをしました。 勉強嫌いな自分を変えたくて、 「毎日勉強する自分との縁結び」のお願い 英語に関心が向いていたので 「英語、海外との縁結び」のお願い 京都という場所が好きで毎年訪れているため「京都との縁結び」のお願い をしました。 しかし、あまりにも願いが抽象的すぎたのか、1つ目の願いが思ったのと違う形で叶ったのです。思い込みと言ってしまえばそれでおわってしまうのですが……。 勉強が出来る自分に変えたいというのと他に、希望する学校の進学ができるように 「勉強の習慣が付いている自分との縁結び」をお願いしたのですが、希望する学校でなく他の学校に進学する結果となりました。とても悔しくて勉強を続けていたのですが最近になって毎日勉強を続けていた自分を振り返った時、過去にそんなお願いをした事と思い出したのです。 最終的な願いは叶ったのですが、夢は叶わなかったので、「英語、海外との繋がり」を願ったことで、なにかトラブルに巻き込まれてしまうのではないかと少し不安になりました。「京都との繋がり」もよくない形で叶ってしまわないか不安です。 その時にかったお守りがあるのですが、 満足したためもう他の願いは叶える必要がないことを念じるだけでも回避することは出来るのでしょうか? 不安が拭えないので、お坊さんのアドバイスを聞かせていただきたいです。 よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 14
回答数回答 2

母を寺に入れたいです。

該当カテゴリがわからなかった為、家族関係にて失礼いたします。 60超えた母をお寺に入れたいと思っております。 現在大学生の弟と母の2人暮らしです。 母は以前大学に通う私の奨学金をこっそり抜いており気がついた私は厳しく注意をしておりました。 反省しているように見え2回程度のお金の無心はありましたが私も実家を出ていた為相手にしておりませんでした。 その後弟も大学に入り、弟の事は大事にしているように見えていた為油断していたのですが私よりも悪質に弟の奨学金にまで手を出しており、そこから父名義での借金まで発覚いたしました。(母が勝手に借りていました) 一部は返ってきたものの帰ってきてないものもあり使用用途を聞いても使ってないとしか言わず、数十万円も何に使ったのか分からず家探しをしたところ日記が見つかり 「誰もわかってくれない。私は悪くない。父や私には悪いものがとりついている。神様は私の味方」などと書いてありまともに話し合いができません。 母は以前から統○○会等々の宗教に入っており上記の考えになっているのだと思います。 この件に関して開き直ったようで反省する意思はないようです。 父が離婚を切り出してもせめて住む場所は用意しろなどとも言っており離婚の手続きも進んでおりません。 ここで、私の心配が弟にお金や住む場所など今後ねだるのではということです。 父は結婚した手前自分でどうにかしてほしいと思っておりますが弟にはなんの罪もありません。 これらを踏まえた上で以前誰からは覚えていないのですがそう言った人を引き取ってくれるお寺があると聞きました。 もちろん費用は数千万となり安くはありません。今すぐに用意できるお金ではありませんができる場所があるのであればぜひそうしたいと思っております。 ですが検索の仕方がわからずそう言った場所が本当にあるのかないのかもわかりません。 どなたかそう言ったお寺や費用の詳細などわかることがあれば教えていただきたいです。 よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 15
回答数回答 2

お寺に通うことは可能ですか

3度目の質問になり恐縮です。 新型コロナがおさまった後の話ということで、ご相談させていただけますか。 タイトルのとおり、お寺に通うことは可能かどうかについてです。 私は子供のころ、比較的お寺に親しんで育ちました。 法事以外でも、近所のお寺でご住職様のお話を伺ったこともありますし、仲の良かった友人の実家もお寺でした。 両親は、お寺の方を信頼し、お墓参りなども大切にしていたと思います。お寺の静けさと、さりげない人の気配に、子供時代の私は安心したことを覚えています。 その後、私の実家のお墓は兄が守ってくれることになり、私は地元を離れて結婚しました。 夫の実家は、事情があってどの宗教からも距離を置いており、夫の両親も夫も、今後お墓を持つ予定はないそうです。 そのため、私と家族は今、お寺や神社、教会といったすべての宗教と縁のない生活を送っています。 しかし、私は近年、年を重ねるごとに様々なことを考えるようになり、また子供のころのように、時々お寺に行ってお坊様のお話を伺ってみたくなりました。夫は「自分は宗教にはかかわらないが、君が一人で行くぶんには構わない」と言ってくれています。 少し地域のお寺を調べてみましたが、檀家でないのに一人でふらりとお寺を訪れるのは少し敷居が高い気がいたしました。法話の会も開催されているようですが、檀家の方や年上の方ばかりだと少し気おくれしてしまいそうと感じたり、一人で参加するのが不安であったり、いろいろなことを気にしてしまいます。 それならば一人で仏教を勉強しようかとも思いましたが、私は仏教を学びたいというよりは、どちらかというと、お寺やお坊様とつながりを得たいのだと思います。 私には今、ふと心が迷ったときに、自分の家以外に向かう場所がないからです。 お坊様に個人的に悩み事を相談するために伺いたいわけではなく、ただ、お堂でしばらくの時間座らせていただくだけでも十分気持ちが安らぐ気がいたします。 もちろん、自分の家は安らぐ場所ですが、ずっと引きこもってばかりです。 社会との接点として、お寺とつながりを持ちたいというのは、あまり一般的な考えとはいえないでしょうか。(ふさわしくない場合は、はっきりご教示くださってかまいません。申し訳ありません) 御多忙な折に、読んで頂きありがとうございました。

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

お坊さんに対して怒り出す参拝者

こん◯◯わ!以前私がお参りに行った時に、話をしてるのを聞いた時に思ったことです。別々のお寺で何人かタイトルの質問通りの方がいました。 1、お寺で御朱印をいただいてクレームを言う方 そこのお寺さんは書き置きの物しか渡せないお寺さんでした。受け取られる前に、お坊さんがせつめいしてるのに、参拝の方は頂いてから、返品すると言っていました。お坊さんはそれに対して、 これは貴方が最後まで持つ物ですよ。返品は出来ないからやるならお焚き上げですね…と言っていました。 御朱印帳に直に書け!と怒り出すお参りの方… 御朱印を何のために貰っているのでしょうか…私は疑問でしょうがないです… 2.お願い事の相談に来て、参拝のやり方や、その他お寺さんとの付き合いがわからないので、説明してくださいと言うお参りの方 お願いごとをする時にお守りが良いのか、絵馬が良いのかというお話でした。 絵馬でお願いする際に名前を書こうとしたようで、友人?の合格祈願がお願いだったみたいです… 友人の名前で書いても良いのでしょうか?というお話でした… 又、友人にお守りをお渡ししても良いですか?という質問もされていました。それに対してお寺さんは それは貴方のお願い事であって、友人が本当にそれを望んでいるかと言うことはわからない。そして、友人に頼まれたわけでもないのに、友人の名前を書くのはやめた方が良いのでは? との内容の回答をしていました。又、お守りに関して、 日本は宗教の自由が憲法にあるから、渡して嫌がられてしまうこともある…と言う内容のお話をしていました。 この話の後に参拝の方が、お前にはお守りや絵馬なんて必要ない!と感じたのか、お寺の別の方に罵声を浴びせていました。 宗教で戦争が起こる、宗教上の理由で食べられない食べ物がある。など日常生活で溢れていることですし、高校の社会科教師の友人は歴史の授業で宗教関連と国関連の話をする時には物凄く気を使う。ということを話していたくらいです。 私はこの話をきき、理解できないということは恐ろしいことだと思います。お寺さんが細かいところまで心配して説明してるのにもかかわらず… 上記二点について、お坊さん方が遭遇したらどのようにご対応されるでしょうか? 正直、金を払えばなんとかなる!がお参りの考えですかね? 又これらのような場合第三者の私はどうすれば良いですか?

有り難し有り難し 14
回答数回答 1

弟がお参りに行きたがりません

何故だろうと私の中で不思議に思っていたことがあったのですが、今日親戚とお話をしていてそれを思い出し、その答えがとても気になってこちらに質問させて頂きました。 私には二つ下の弟が居ます。 弟は実家で両親と祖母と暮らしているのですが、数年前仕事が嫌になり仕事を辞めてしまいました。辞めて3年程になります。 就職もせずです。かといって引きこもっているわけではないのですが、明らかに仕事をしっかりしていた時期に比べると覇気はありません。 そして私ともなかなか目を合わせなくなりました。心の中を見透かされるのではと怖がられている気がします。 そんな弟が仕事を辞めてからだと思うのですが、家族でお正月に神社にいったりしても気がついたら私達について来ずお参りをせずに階段の下でいるんです。 たまにお坊さんのお話を聞いたりもするのですが、その時も気がつけば一緒におらず、一人でささっと何も言わずに下で待っているんです。私はおかしいなと思って何度も一緒に行こう?と言ったのですが、異様な程に頑なに嫌がるんです。 以前の彼はそうゆう場に行っても普通についてきて他の一般の方々と一緒で普通にお参りをしていました。 今日その事をふと思い出して少し気になりました。異様な程の拒否感にとても引っかかっております。 そういった方は他にもいるのでしょうか。

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る