hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

兄の自死と供養

回答数回答 2
有り難し有り難し 30

初めて利用させて頂きます。 同じ境遇の方々への返信を読みながら涙が溢れました。 
兄の死から5年、恐らく今日あたりが命日です。 子供達が寝静まり今夜は涙が止まらず、ここへ辿り着きました。 
突然の自死、真坂の出来事でした。10代から運命の歯車が狂い悩み続けた36年間だったと理解しています。家族も苦しみ悩み悲しみました。何故こんなにも兄だけが不幸なのか、最後は自死を選ばなければならなかったのか。5年経ってもまだ現実ではないように感じてしまいます。
私よりも現実を受け入れられない母は人が変わった様で、父方の親族へはまだ話しもできていません。
また、遺骨はそのまま家にあり供養もできていません。 父が戒名と兄の友達がお経をあげてくれたりはしましたが、時間が止まった様な状況なのです。 このままでは報われないと思い、色々と調べていますが金銭面での余裕があまりなく悩んでいます。 
どう考えてあげれば兄の為になり、どうしてあげる事が兄や家族の為に一番いいのか教えてください。 
また、私はこの事で旦那からは酷い言葉を言われ不信感が募り色々あり離婚しました。
人の死に方が人にはいえない様な死に方でも、故人を馬鹿にする様な人が夫である事に吐き気がしました。今でも怒りの様な感情と私の子供達へは死に方を伝えられていないので後ろめたさを感じてしまいます。
どこにも、誰にも言えない心の内が爆破しているようです(涙

2020年6月7日 2:26

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

南無阿弥陀仏

ご相談拝読しました。

お兄様のご命終に謹んで哀悼の誠を捧げます。南無阿弥陀仏

お兄様の苦しみ、ご家族の苦しみはいかばかりであったかとお察しするに余りあり、どうお声がけして良いかと胸がつまるものがございます。

お兄様はまさに命を懸けて強く激しくその人生を意味を問うたのでしょうが、そのお兄様の死を受けて、ご家族もあなたもご自身の生の意味を問うご縁をいただいていることと思います。

そうであるならば今お抱えの苦しみもけして排除すべきものということでなく、そこには実は何かとても大切な深みがあるのではないかと感じます。

そしてそのことを共に考えていくことこそが供養なのでしょう。供に養うと買いて供養です。養うのは仏道を養うのです。仏道とはけしてお経を上げたり儀式を執行することだけではありません。自己の存在を問い人生の中で確かめていく歩みこそが仏道なのです。

ですから時間がとまったように見えるお母様もあなたも実は大きな葛藤の中で正に仏道を歩んでいるのです。

そしてそれはお兄様が命をかけて問わせ、考えさせてくれるご縁をプレゼントしてくれたものです。本当のことを教えてくれる存在を仏様と讃えるのが仏教徒です。お兄様は迷い苦しむ存在になったのではなく、残された人たちの迷い苦しみを心配し、本当のことに目覚めさせようとはたらく仏様の一人として見出される存在になったのではないでしょうか。

生き様も死に様もご縁からいただくもの。自死であっても病死であってもそれがご縁でした。それは運命ということでなく、いただいたご縁のなかでお兄様がたどり着いたご縁なのです。

話したくないことを話さないのと隠すというのは違います。あなたがお兄様の死を受け止めさえすれば無理に他者に語る必要もないように思います。

この人になら話したい、この時こそ話したいというご縁あってこそ話せるものです。

自責・悲嘆・疑問・怒り…様々な感情が渦巻くことと思いますが、何が良くて何が悪いということでもありません。

自然にわいてくる感情を認め抱きしめつつ、お兄様からいただいた大きな大きな問いを確かめていく道をご家族共に歩まれることを念じます。

2020年6月7日 10:12
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


はじめまして。 北海道の道南地区にある若松という農村のお寺に所属しており...

お兄様はいつも見守っています

拝読させて頂きました。
今まであなたもご家族の皆様もとても悲しい思い、つらい思いをなさってこられたのですね。あなたやご家族の皆様のお気持ちを心よりお察しします。
そしてお亡くなりになられたお兄様を仏様がお導きなさって下さり、沢山の方々やご先祖様方が優しくお迎えなさって下さいます様心から仏様にお願いさせて頂き、お兄様を心込めてご供養させて頂きます。南無阿弥陀仏なむあみだぶつ

お兄様は必ず仏様がお導き下さり、親しい方々やご先祖様がお迎えなさり、皆さんと一緒に安心なさいます。そして一切の苦しみから救われて皆さんと円満にご成仏なさります。
これからもお兄様はあなたやご家族の皆様を優しくお見守りなさりいつも寄り添っていて下さいます。
お兄様はその人生を一生懸命に皆さんと一緒に生き抜いていかれたのです。お兄様は皆さんとのご縁の中でかけがえのない人生を生きていかれたのです。お兄様の人生はとても尊いですし、お兄様とのそのご縁はこれからもずっと続いていくのです。
どうかこれからもお兄様とのご縁を大切になさり、皆さんと一緒に心穏やかに生きて下さいね。いつもお兄様は身近にいて支え励まして下さいます。

また宜しければあなたのお気持ちをお聞かせ下さいね。あなたをお待ちしています。

2020年6月7日 9:53
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


Kousyo Kuuyo Azuma
脱サラして10年が経ちました。栃木県佐野市の一向寺に勤めています。(佐野ラ...

「供養全般」問答一覧

亡くなった母の供養

昨年末に母が亡くなりました。 私は一人っ子で母親っ子だったので、いつか母が亡くなったら、その時自分はヤバイだろうなぁ。自分を保てるのかな?なんて物心がついてから考えたこともありました。別にマザコンで母がいないと何もできないとかじゃないけど、親父含めて自分を育ててくれた両親に親孝行してやりたいと思い、たまにご飯に連れていったり旅行に連れていったりしてました。自分で言うのは変ですが、回りを見ても親孝行してきた方だと思います。 でも喧嘩もたくさんしました。詳細は省きますが、携帯メールの迷惑メールとか詐欺的なメールを信じて金を取られ、家族に無心するようになり、拒否するとヤミ金に手を出すようにもなってしまいました。目を覚まさせようと何度も対話や説得を試みましたが、元々気や自尊心が強い母は騙されてることを認めるはずもなく、それどころか何故金が必要なのかとか詳細は一切話してくれなかったので、自分の思いが伝わらない母をぶん殴ってやりたいとか、家から出て行って欲しいと思うことも多々あったし、ここに書けないような低俗な言葉とともに何度も母にぶつけたこともありました。 それ以外の時は仲いい親子関係だったと思うのですが、そんな母が急に亡くなったとき、とても悲しかったのに、取り乱すこともなく、物凄く冷静な自分がいたのです。親戚付きないもほとんどなかったこともあり葬儀は葬儀というほどのものでもなく、親父と妻と妻の両親や兄弟だけのものでした。もちろん人前だから気をはってた部分もあったのですが、よくツラいと聞く火葬の最後の場面でも毅然としていました。 何が言いたいかというと、私は私自身がわからないのです。実母に対して思い入れがなかったのか?もしかしたら無意識に母の死でヤミ金の取り立てから解放されると喜ぶ自分がいて自分が冷酷なのかもしれないと思う自分がいるのです。もちろん涙を流したり、泣き崩れたりが個人に対する思いの尺度ではないことは理解しているのですが、母が自分を見たとき悲しまないか不安な自分もいます。 死語の事には懐疑派というより否定的だった自分ですが、父の実家の宗派の僧侶に葬儀、49日、新盆を依頼し、朝と帰宅後には母のお内仏に手を合わせるのが日課で、それは純粋に母に対する感謝、あるとするならあの世でみんなを見守っててねという思いからです。 私って一体なんなのでしょうか?

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

母の供養について(浄土宗西山禅林寺派)

母が62歳で亡くなりました。 「通夜も告別式も不要」「自分と父(私の祖父)は永代供養にして、祖父のお墓も終わりにする」と今年に入ってから言っており、ご住職にも伝えていたそうです。 母の永代供養については淋しいからと保留にしていて、相談が進まないうちに亡くなってしまいました。 母は金額的な負担とお寺までの距離を気にしていたんだと思います。 ---- ---- 私の気持ちとしては ・母を亡くして淋しい ・お寺が遠いので、頻繁に通うことは出来ない ・永代供養にするとしても、母の遺骨の一部だけ小さな骨壺に入れて、位牌と一緒に家に置いておきたい ・孫の事が好きだったので、私が母としていたように、命日や誕生日、お盆、お彼岸の他、ふと思い立ったタイミングで好きだった物をお供えしたりして身近に感じたい ・母が祖父のお墓参りを小まめに行っているのを見ていたので少しは大好きな母に何かしてあげたい ---- と思っていて…四十九日に母と祖父を永代供養にする前に小さな今風の仏壇の購入を検討しているのですが、以下の質問にお答え頂けないでしょうか。 ※母は浄土宗西山禅林寺派で戒名も頂きました。おそらく数代前からずっと同じお寺にお世話になっています。(母方) 私は長女で兄弟は無く、母の兄はキリスト教になってしまいました。 私の主人は仏教ですが、別宗派だと思います。 (相談できる親戚がおりません) 無知過ぎて、菩提寺の住職に相談前に少しは知識を付けたく。 ---- ・永代供養をした後でも、お家に仏壇と母の位牌、ほんの少しの遺骨を置いておいて良いのでしょうか? ・小さい今風のお仏壇でも、仏壇とお位牌を置くならご本尊は必須ですか?(仏壇のお店で聞いたら無しでも良いのではと言われました。) ・仏壇を置いたらご本尊の有無に関わらず、定期的にご住職をお呼びする必要がありますか? ・ご本尊が無く、母の位牌だけの場合お呼びする必要はないのでしょうか? (むしろご本尊が無いのにお呼びするのは失礼にあたりますか?) ・ご住職をお呼びする場合、お彼岸に亡くなったので毎年の命日とお盆の年2回と思っているのですが、回数が少ないのでお仏壇を置かない方が良いですか? ---- ご住職は仮祭壇しかない状態でしたが、初七日の法要にも着て下さいました。 七日ごとの法要はやめたため、次は四十九日となっています。

有り難し有り難し 2
回答数回答 1

旦那が死去、供養する気が起こらない。

今年の2月に旦那が自殺しました。それもたわいもない夫婦喧嘩で私が子供を連れて実家へ戻り4日後に家に行くと自殺していました。遺書などはなく突発的に思えました。なぜならその4日後には私の両親、おばあちゃん、妹夫婦に私の家族で旅行の予定だったからです。 旦那が自殺後にいろいろなことが発覚し、夫婦で貯めていた貯金が全て使われ、さらに子供の将来のためにと夫婦で貯金した分、子供の児童手当も使われてしまい約200万ほど使われていました。さらに子供の手当てはお義母さんへの仕送り(携帯代をお義母さんが家族分を払い、月々携帯代として仕送りをしていました)として使われて手元に残ったお金は5万程でした。それに借金も出てきました。 旦那は30歳すぎてから社会に出てそれまで司法試験の勉強のために実家暮らしでした。 初めて入った会社がハードな仕事であり夜間にも急な呼び出しがあるような職業でした。そして、私が妊娠中に休職をしました。診断名はうつ状態でした。そこから約1年家で何もすることなく初めは起き上がることもできませんでしたが徐々に活動する様になりました。その間私は今後の不安もあり仕事を掛け持ちしました。うつ状態で休職していることは旦那からお義母さんには黙っていて欲しいとのことで黙っていました。そして、私も出産し子育てに追われて産後クライシスにもなりました。その間旦那は一日中動画を見てお酒を飲み寝ての繰り返しでした。私は産後3ヶ月で子どもを実家に預けてほぼ毎日仕事をしました。 私も子育ても家事もしない旦那に対してキレること多々ありお義母さんへ愚痴も言っていました。その頃お義母さんはまだ休職していることは知りません。さすがに私も誰にも言えないことがストレスになり、もうお義母さんには休職して約10ヶ月経った頃に全て打ち明けました。始めに言われた言葉がなんでもっと早く言ってくれなかったの!それなら息子を実家へ戻すこともできたでしょと...私が一人でずっと子育てに家事、旦那の面倒も見て...だったのでお義母さんからはご迷惑をかけてすいません。って言われるかと思いきや、そんな言葉は一切なく旦那の心配ばかりでした。 今回の件でさらにお義母さんには私が旦那を殺したと言われました。それで旦那に対しても怒りの気持ちが大きく供養する気持ちがもてないです。今年初盆ですが、どのような気持ちで迎えたらいいですか?

有り難し有り難し 45
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る